『日本以外全部沈没』(2006)B級テイスト?それ以下ですが、怪作です。毒気を評価!

 2006年に話題になった邦画のひとつに『日本沈没』のリメイク版がありました。大昔に東宝系で公開された、あの作品のリメイクで、当時は結構衝撃的だったのを覚えていますし、ラスト・シーンも印象に残っています。

 宣伝を見た限り、それを現代風にアレンジして、不必要で無意味な恋愛シーンを盛り込み、肝心の破壊シーンをどこかソフトで気の抜けたものにしてしまっている、まるでTVドラマの延長版のようなレベルまで下げてしまった2006年度版『日本沈没』の製作者には失望しておりました。観に行く気が失せましたしね。

 テレビ等のマスメディアと一体となったその宣伝姿勢にムカムカしてしまい、違和感を覚えていました。その絶妙なタイミングで発表されたのがこの『日本以外全部沈没』だったのです。

 公開する時期も素晴らしく、かの「沈没」の大量の宣伝のおかげもあり、そこそこ、この作品も注目を集めていました。原作に筒井康隆、原典が小松左京、監修が実相寺昭雄とくれば、特撮ファンならば、一見の価値があるかもしれません。今回は劇場まで行けなかったので、DVDでの鑑賞になりました。

 結果としては「DVDで良かった!」という内容でした。あまりにもお金が掛かっていない特撮シーンには失笑しかありません。東宝的な破壊シーンもあるにはありましたが、全篇を通してみると稚拙という言葉しか思いつかない。

 出演者は寺田農、村野武範、藤岡弘、、など個性的な俳優を揃えていましたが、その他の主演級の俳優に人を得なかったようで、なんだか安手のコントを見るような思いでした。

 配役でカルト的に素晴らしいのは『日本沈没』で主役を張った二人が出ていることです。つまり藤岡弘、と村野武範は各々「旧沈没」とドラマ版の「沈没」で小野寺役だったのです。このへんのこだわりは異常なほどです。

 ただB級を名乗るのであれば必要なのはアイデアと勢い、そして一種の狂気なのです。狂った台詞や行動は確かに描かれています。排他的な日本人と迫害される外国人、威張り散らす日本人と卑屈な外国人、さりげなく語られる食糧問題と差別などが多くの時間を占めています。白人金髪女性がみな街の女になってしまったり、メイドとしてこき使われるさまは放送コードギリギリで「×」かもしれません。

 路上で暮らす外人ホームレスを退去させるためにバーナーで火炎放射したり、外人が道端で英語を話しているだけで、GAT(外人攻撃チーム)が検挙しようとする様子は結構恐い。食料を盗む外人たちや清水寺の鯉を捕まえて食べてしまい、そのために検挙される外国人、うまい棒を盗んで逮捕されるトム・クルーズもどきなど禁断の映像は随所に盛り込まれている。

 問題なのは映像に切れ味がないこと、それに尽きる。作品に毒を盛り込むのは歓迎しますが、そのほとんどが「おふざけ」の域から出ていない。抉ってくる何かが足りなすぎる。中国や韓国の首脳が日本に定住して、「神社に行って、心が洗われる思いでした。」という台詞を吐き、日本の首相に媚を売るシーンがあるのは評価します。

 何故かといえば、大量宣伝を掛ける作品では決して描かれることのないだろうなあ、という台詞だからです。反骨精神を持つのであれば、徹底的に貫いて欲しい。全てにおいて中途半端な演出であり、演技でした。

 日本語をしっかりとしゃべれない外人たちに敢えて日本語をしゃべらせているので、とてもたどたどしく、聞き苦しい。これは独特で異様なムードを醸しだしている。それが狙いなのは承知していますが、外人・日本人にかかわらず、主な俳優達のその台詞の多くが上っ面のもので、心の底から感情を表現しているものには見えない。特にその傾向は外人俳優に多かった。

 コメディではなくパロディなので許される部分もありますが、皮層的過ぎてどうも引っ掛かります。もっとシリアスに事の重要性に迫っていかないと、かえって笑いも取れないのではなかろうか。シリアスさとおふざけのギャップが大きければ大きいほど、観客は大いに笑えるはずなのですが、どうも物足りない。

 日本の時代劇に出るようになるハリウッド・スター、ゴミ箱を漁るセレブ、バーで芸をするブルース・ウィリスやシュワルツェネッガーのそっくりさん、AVに出演するハリウッド女優、クジラ復活に喜ぶ食卓(捕鯨反対国が全て海に沈み、誰も反対しないから)、ホームレスになるトム・クルーズもどき、外人を踏み潰すスーパー・ヒーロー「電エース」など小ネタを満載しています。

 駅前留学は倒産し、代わりにデーブ・スペクター主催の日本語学校が大流行し、彼がインタビューに答える。日本人の5倍もの外国人が流入し、治安が悪化したために結成されるGAT(外人攻撃チーム)が暴れまわる近未来の日本は強烈です。

 よりシリアスに作った方がカルト映画としても確固たる地位を築けたのではないだろうか。ラストでのテロリスト役で金正日もどきの役者が出てくるのは笑えました。

 本編(ドラマ部分)の上滑り感とあまりにもチープな特撮のために真価を発揮できなかったのがこの『日本以外全部沈没』だったのでしょう。しかしながら随所に禁断の差別ネタや政治ネタなど「毒」を盛り込んでいった制作姿勢を評価します。

総合評価 52点
日本以外全部沈没
日本以外全部沈没 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月27日 22:35
 TB致しました。
 僕が評価を下した作品の中でワースト作品である「美乳大作戦 メスパイ」を作った河崎実先生としては極めて充実した出来栄え。^^;
 日本のエド・ウッドを目指すには、ちょっと上出来すぎて、期待を裏切られましたよね。(笑)

 トム・クルーズもどきのジェリー・クルージングの細君の名前がエリザベス・クリフト。オールド映画ファンならにやっとしたのでは? これは原作からの流用でしょうかね。
2008年01月28日 00:41
 こんばんは!
 これって、彼の作品としては結構まともな作りでして、個人的には大作ぶっても中身のまるでない『日本沈没』の平成版よりも、こちらの「毒」に軍配を上げます。

>エリザベス・クリフト
モンゴメリー・クリフトとエリザベス・テイラーなんでしょうね(笑)

たしかこれの原作は筒井康隆でしたが、元ネタがしっかりしているので、さすがの河崎先生のセンスのなさでも原作のテイストは失われなかったということでしょうか。

逆説的ではありますが、良い脚本があれば、最悪な映画にはならないという証明になったのでは?ではまた。
猫姫少佐現品限り
2008年02月06日 05:51
こんばんわ!
あたしは筒井康隆の後輩で、先輩の大ファン(でした)!
この映画、正調筒井節です。
仰るように、河崎監督にしては、かなりまとも。
原作良ければ、すべて良し!
2008年02月08日 00:45
 ひめさま、こんばんは!
>後輩で、先輩
ということは近鉄京都線通学だったんですね!
知り合いに何人かあちらの大学の出身者がいますが、良いヤツが多いですよ。しかし新田辺の夜って、本当に真っ暗ですね。

>原作良ければ、すべて良し!
まさに劇映画の根本ですもの。屋台骨さえ、しっかりしていれば、少々の地震には耐えられるようになりますね。姉歯建築のような「匠」である河崎氏でも崩しようがないということでしょう。ではまた!

この記事へのトラックバック

  • ★「日本以外全部沈没」

    Excerpt: 予定通り、「ワイルド・スピードTokyo~」ではなく、 こちらの作品をチネチッタの公開初日2006.09.16にナイトショウ(0:00~)で観て来ました。 「日本沈没」の超・パロディ・・・ ブラ.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-01-18 03:07
  • 日本以外全部沈没@我流映画評論

    Excerpt: 今回紹介するのは原作は小松左京の『日本地没』のパロディB級映画作品『日本以外全部沈没』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 2011年、原因不明の大規模な天変地異が起こりアメリ.. Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG racked: 2007-08-27 00:18
  • 映画評「日本以外全部沈没」

    Excerpt: ☆☆(4点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・河崎実 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-01-27 12:05
  • 日本以外全部沈没 07014

    Excerpt: 日本以外全部沈没 2006年  河崎実 監督   筒井康隆 原作小橋賢児  柏原収史  松尾政寿  土肥美緒  ブレイク・クロフォード  筒井康隆 .. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2008-02-06 05:37