『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)FOX製作での最終作品。『LOGAN』で燃え尽きたファンたちにどこ…

 シリーズ最終話とも言える『LOGAN』で最も有名かつ人気があった、このシリーズのアイコン的な存在でヒュー・ジャックマンが演じたウルヴァリンの最期の姿を感動的に描いていた為、ずっと観に行っていたぼくも「ウルヴァリンも死んじゃったし、もういいや…」という思いがありました。  そのためか、今回の新作に関してはあまり乗り気ではなく、見に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ローズ』(1979)ジャニス・ジョプリンの壮絶な人生をモデルに描いた作品。

 今年に入ってから、かつて中高生の頃に繰り返し繰り返し、何度も聴いてきたロックを再びアナログ・レコードで集め出しています。きっかけはビートルズのアルバムを数枚集めて行く中で、音圧や音の配置などがレコードとCDではかなり違いがあることに気づいたからでした。  CDにフォーマットが変化してから、かつてアナログ時代に大好きだったアルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)怪獣バトルロイヤル開幕!

 マイケル・ドハティという監督は知りませんでしたが、出来上がった作品を見れば、はっきり理解できるのが彼の東宝ゴジラ・シリーズへの愛情の深さです。脚本がその要因ではありますが、昭和シリーズだけではなく、平成シリーズもしっかりと観続けてきたのかなあという日本のマニアならばニヤニヤする構図がやたらと多い。  オリジナルの『ゴジラ』『空の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『フェスティバル・エクスプレス』(2003)ジャニスの絶唱と叫びを聴け!

 『フェスティバル・エクスプレス』と言っても、なんだかピンと来ないでしょうが、これは1960年代後半に盛り上がりを見せた、ウッドストックなどの各地で行われたロック・フェスの一つを撮影し続けたドキュメンタリーの音楽映画です。  『ウッドストック』や『バングラデッシュのコンサート』のように通常のコンサートやフェスが大きな会場や広場に大…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『女はそれを我慢できない』(1956)往年のロック・スターが多数出演!

 タイトルを聞くと、なんだかエッチな映画なのかなあと思う人がいるかもしれません。しかし、それは勘違いで実際は1950年代に活躍していた偉大なロックンローラーたちが実名で大挙出演するロック映画なのです。  今と違って、躍動感のある大きな映像で彼らをしかもカラーで見られることは皆無の時代でしたので、それらの価値もオープニングで表現して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『イマジン』(1988)ジョンの歌には魂がこもっている。ただ祭り上げて欲しくはない。

 ジョン・レノンに対してはビートルズ・ファンの一人一人に独特の想いがあります。ビートルズの中期までのリーダーは間違いなく彼でしたし、発言でももっとも目立つ存在でした。ビートルズ解散後のラジカルな活動は政治的で、急進的でついて行けない人も多かったでしょうが、彼を崇拝する人は死後、神格化してしまいます。果たして彼は喜んでいるでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『バングラデシュのコンサート』(1972)ライブ・エイドの原点はジョージ発案のこのコンサートでした。

 おかげさまで今回の記事で映画関連の累計がちょうど1000本目になりました。ブログを始めてから15年目になってようやく1000本目なのでかなりペースは遅いわけですが、自分で無理なく続けていける程度の更新でやっていく方針に変わりはないので、今後ともよろしくお願いいたします。  ジョージ・ハリスンの出ている映画というと、ビートルズ時代…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『V.マドンナ大戦争』(1984)懐かしのアイドルや子役が出演。

 『V・マドンナ大戦争』は中学生の頃に封切られた作品でしたが、じつは原作小説を先に読んでいて、そのあとに映画を見るという現在の個人的なルールからは外れた見方をした作品でもあります。  ちょうど夏休みで、友人が買った小説を借りてきて読んだのが最初の出会いでした。話の筋としては『七人の侍』の舞台を現在の学校に置き換えたパロディで、当時…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『ヤァ!ブロード・ストリート』(1984)ポールはまだぼくらとともにいる!

 何度やっても面倒臭い、毎年恒例の決算処理作業と書類作成が徹夜も挟んでようやく終わり、一息つこうとAmazonでCDや本の購入を済ませ、今月の支払い金額を確認しに三井住友のサイトへ出向き、真夜中11時にログインしました。今月の金額を確認したところ、普段より2倍以上の支払総額になっていました。  まあ、先月はオーディオ・アンプやCD…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『マイ・ビートルズ・ブームが再びやってきた!』お金が掛かって、かなりヤバい!

 先日、近鉄奈良駅近くにオープンしていた中古のビートルズ・レコード専門店のB-SELSさんで『ビートルズ・フォー・セール』『リヴォルヴァー』を買ってから、レコードの魅力を再発見し、自分の中でのビートルズ・ブームが再燃し、レア・バージョンが多数収録されている『ビートルズ・ボックス(レアテイクの宝庫!)』『ビートルズがやって来る ヤア!ヤア…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『シエラ・デ・コブレの幽霊』(1964)伝説のホラー映画をついに見ました!ダイジェストだが…

 かなり前から映画マニアの間で存在が知られてはいたものの、多くのファンがなかなか全編はおろか、ブツ切りの動画すらなかなか見る機会がないままに数十年以上経過していた作品が『シェラ・デ・コブレの幽霊』でした。  淀川長治さんが司会を務めていた日曜洋画劇場にて1960年代に放送があったようですが、ぼくはまだ生まれる前の回だったようですの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『翔んで埼玉』(2019)世界埼玉化計画発動へ!こういうのが作れるようになったんだ!

 『翔んで埼玉』というフザケたタイトルを聞いたときはまったく観に行くつもりはなく、DVD化されても借りることもないだろうなあと思っていました。  しかしながら、原作が魔夜峰央だということが分かり、一気に見に行く方に気持ちが切り替わりました。僕ら世代にとっての魔夜峰央という名前は特別で、中学生の頃に放送されていた『パタリロ』から好き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『B-SELSがやってきた ヤア!ヤア!ヤア!』奈良にビートルズ専門レコード店が誕生していた!

 週明けにAmazonから届いたプリメインアンプの配線を深夜に繋ぎ替え、CDはベートーベンのピアノソナタ『月光』、レコードプレーヤーはビートルズ『アビーロード』でチェックし、そのまま眠りました。  そして昨夜は残りの配線となるBDレコーダー、CD-Rレコーダー、DATデッキなどを繋ぎ、音の出方をチェックしていきました。昨日の段階で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プリメインアンプを20年ぶりに購入しました!』AVアンプと迷ったが…

 20年くらい使い続けたYAMAHAのアンプがとうとう動作不良になり、延命措置をまずは考え、YAMAHAさんに連絡してみたところ、さすがに20年前のアンプの部品のコンプレッサーを持っておらず、御愁傷様を告げられました。  そんな話を自室でした後に再度、アンプのスイッチを入れると急に正常に動き出したため、コイツも捨てられたくないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いい湯だな全員集合!!』(1969)い~い湯だな!ははは!「宿題やれよ!」「歯ァ磨けよ!」

 昨日、時間を無理くり作り出し、確定申告書類を税務署に持って行きました。e-taxで提出しようとしたのですが、送信の最終局面になり、送信ボタンを押したところ、正常に送れませんでしたという無慈悲なポップアップが表示され、ぼくの深夜一時からの一時間半がまったく無駄になってしまいました。  しかたなく、書類を印刷して税務署に送るか、直接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『七つの会議』(2019)池井戸潤原作だが、堺雅人と野村萬斎が入れ替わったら、半沢直樹じゃないか?

 なんだか急にお肉を食べたくなったので、『七つの会議』を観る前にステーキを食べに行きました。まあ、昔に比べると食べられる量も減っていますし、食べたいお肉もヒレステーキなので、肉好きというわけではないのでしょう。  ほとんど映画化作品の情報を入れずに観るのが普通ですが、さすがに半沢直樹シリーズで有名な池井戸潤作品でしたので、期待度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファースト・マン』(2019)アポロ月面着陸までを描く骨太の作品。

 IMAX版の大音響での140分超えの上映時間の終了後、まず思ったのはお尻の筋肉や肩の筋肉がずっと締まったり、固まったままに緊張を強いる映画だったなあという身も蓋もない印象でした。つまり体力的に疲れる作品でした。  ジェミニ計画からアポロ計画に突き進んでいくアメリカの焦りが痛々しいほどで、それほどまでに旧ソビエト連邦に脅威を感じて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『トクサツガガガ』(2019)国営放送のドラマですが、オタク必見!

 映画ではないのですが、今年始まったドラマの中で気になったタイトルがあり、その名も『トクサツガガガ』というのがあります。ぼくにとっての“ガガガ”はRCサクセションの『ガガガガガ』ですが、このドラマの主題歌は金爆が担当しています。  まずはデビルマンのエンディングテーマの歌詞(だ~れも知らない 知られちゃいけ~ない~♪)をオマージュ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『マスカレード・ホテル』(2019)キムタク&長澤まさみ共演の群像劇ミステリー

 最近、うちの近所に“いきなりステーキ”という変わった名前のステーキハウスがオープンしました。関東とかでは立ち食い店として知られているチェーン店のようですが、僕らが住む田舎町では普通に座席(めちゃくちゃせまい!)があるスタイルです。  駅近の場末の飲み屋やソバ屋さんでもそうですが、立ち食いだからこその良さがあり、それが売りだと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魔女の宅急便』(1989)スタジオジブリの新作が待ち遠しかった頃。

 平成最後の紅白で良いところをかっさらっていったのはサザン・オールスターズ、サブちゃん、米津玄帥、そしてユーミンでした。ここ数年、あまり見ることのなかった紅白ですが、久しぶりに楽しくテレビの前で見ていました。  最大の見どころはテレビではじめて歌う米津玄帥の『Lemon』でした。彼の歌をはじめて聴いたのはアニメ“ヒロアカ”のオープ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『アリー/スター誕生』(2018)レディ・ガガが『SHALLOW』を熱唱!

 最初にこの映画の予告編を映画館でぼんやりと眺めていたときは誰か出ているのかは気にもとめていませんでした。テレビCMが流れるようになって、ようやく「なんか、レディ・ガガに似てるなあ…」と本人のアップを目にしているにも関わらず、間の抜けた感想を持った程度でした。  先日、『上田慎一郎ショートムービーコレクション』を観に行った帰りにモ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『上田慎一郎ショートムービーコレクション』(2018)カメ止め監督の過去のお仕事!

 年末はなんだかんだと雑事も多く、映画館通いだけではなく、自宅でのDVD鑑賞もままならない状況です。ようやく久しぶりに映画館まで来れましたが、まだ何を見るか決めていませんでした。  どれにしようかと掲示板のスケジュールを眺めていたら、目に飛び込んできたのが上田慎一郎監督、つまり大ヒットした『カメラを止めるな!』の監督が過去に発表し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)じつは最後の勇姿だったライブエイド!

 昨日の金曜日から公開が始まった『ボヘミアン・ラプソディ』を観に来ています。ご存知の通り、今から二十年以上も前の1991年に病死したボーカリストのフレディ・マーキュリーとギタリストのブライアン・メイが中心になって1970年代から活動していたイギリスのロックバンド、クイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』にまつわる誕生秘話を辿りながら、グ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『2001年 宇宙の旅』(1968)50周年記念デジタル版が上映されました!

 何故か突然、近所の映画館でIMAXの字幕版として、めったにやらない旧作、しかもスタンリー・キューブリック監督の不朽の名作『2001年宇宙の旅』が上映されています。  おそらくは1968年の初公開後、50周年となる今年に合わせて企画されたのでしょうが、キューブリックのマニアとしては素直にうれしく、この勢いで『シャイニング』『時計仕…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『地球へ2千万マイル』(1957)大好きな特撮映画の一つ。実は未公開だった。

 アフリカ象の身体の高さはだいたい大柄(そもそも象は大柄だwww)な個体で4メートル弱くらいはあるそうです。それでは我らが金星竜イーマはどれくらいの大きさなのだろうか。  囚われの身になって、動物園に売り飛ばされた彼はあおむけの状態で身体中を固定され、電流を常に流されている。このとき、横にいる科学者のオッサンの大きさから、イーマの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『シンドバッド 虎の目大冒険』(1977)一番冒険していない最終作。

 この作品『シンドバッド 虎の目大冒険』は小学生の低学年のときに公開されたものであり、電柱や掲示板にポスターが貼られていたのを覚えています。そのポスターの中央にはアラビア風の怪人らしい人物が身構えていて、何故か脚の部分が鳥の水掻きになっているという不気味なデザインでした。  シンドバッド映画を初めて見たのは『シンドバッド 七回目の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『入院生活を終えて』もっとも恐かった糖尿病性網膜症を回避して。

 月初めから2週間の入院予定でしたが、思っていた以上に回復が早く、病状の経過が良かったそうで、今週水曜日に退院が決まりました。つまり今日です。  実質的に入院していたのは1週間ほどになります。糖尿病の治療のための教育入院で、三大合併症である網膜症、腎症、動脈硬化の検査をしたところ、不整脈があるにはあるが、今のところ、特にどうこうは…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(2018)入院間際に観に行きました!

 明日から2週間ほどの予定で入院が決まり、本日は週末から公開が始まった夏目友人帳の劇場版『夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』を無理矢理観に来ています。  もともとは8年位前にアニメの第一期をCS放送で見て、それ以来、第六期までのすべてのエピソードを見ています。また単行本も新刊を見つけたときは手に取ってしまいます。  あやかし(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『響-HIBIKI-』(2018)欅坂46センター、平手降臨。初期はよく笑う娘でした。

 本日より公開が始まった『響-HIBIKI-』を観に来ています。平日なのでさすがに夕方から来られるのは早く仕事がはけたサラリーマン、熱狂的な欅坂46のてち(平手)推しのファン、原作マニアくらいでしょうか。残念ながら、客席は10人も埋まらない状況でした。  主演を務めるのは欅坂の絶対的なセンターとして常にプレッシャーに晒されているで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ア・ホーマンス』(1986)僕が間に合った優作映画の一つだが…

 僕ら世代にとっての大スター、松田優作がまだ生きていたころ、なおかつぼくが公開後に観に行けるくらいには大きくなっていた高校生時代に上映されたのがこの『ア・ホーマンス』、そして最後の作品になってしまった大学時代の『ブラック・レイン』でした。  『探偵物語』も行こうと思えば、観に行けましたが、当時のアイドルだった薬師丸ひろ子主演という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『健康で文化的な最低限度の生活』(2018)部屋に名画のポスターがいっぱい!

 映画ではないのですが、今期放送の連ドラに『健康で文化的な最低限度の生活』という吉岡里帆ちゃん主演、共演に川栄李奈や田中圭を迎えた作品があります。  タイトルでピンと来る人もいるでしょうが、いわゆる生活保護を扱った作品で、原作は人気のようです。こういうのがドラマとして成立する時代になったのですね。  まあ、仕事疲れで家に帰っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『検察側の罪人』(2018)検察側よりも製作側の罪人が大問題!

 木村拓哉と二宮和也というジャニーズの先輩後輩初共演が話題になっているこの作品ですが、ファン以外がジャニーズ色が濃いモノを観れば、どのように映るのか。  それが今回、劇場まで観に来た理由です。単純に作品として成立しているのか。それともあれはダメ、これはNGという忖度が働いている作品なのかを見極めたい。  SMAP解散後の活動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『カメラを止めるな!』(2018)モットーは早い!安い!質はそこそこ!

 我が家の録画機器がDVDレコーダーからBlu-rayレコーダーに変わったのが2009年、地上デジタル放送が始まってからもう10年近くになります。格段に進化した録画機器とテレビですが、反面薄型に変わったためにスピーカーはスペックが落ちた印象がありました。  ホームシアターとか後付けで工夫する余地があると好意的に解釈します。まあ、自…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄(ヒーロー)』(2018)タイトル長すぎ!

 異動後に仲が良くなった部下の女の子(25)と話をしていたら、昔好きだったアイドルとかはいましたかという話題になりました。ぼくはキョンキョン(キョトンとしていたので、あまちゃんに出ていた小泉今日子のことだよ!って彼女には伝えました。)のファンで何度もコンサートに行ったよと話すと、その娘は関ジャニファンだったと返してきました。  「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『魔界転生』(1981)友だちが“エロイムエッサイム”と唱えていたww

 小学校の高学年のころ、公開された作品で、当時はジュリーのカラーコンタクトの不気味さに驚いていましたが、一番怖かったのはこの映画には実際にはいないはずの人、つまり亡霊が映り込んでいるというスポーツ新聞の記事で、子供ながらにビビっていました。  場面的にはオープニング直後の島原の乱を平定した成田三樹夫(伊豆の守)らが能の奉納を受けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(2018)場面構成がまずいなあ…

 シリーズ物あるいは続編、スピンオフ映画を何だかんだ言いながらも毎年何本か観に行っています。ジュラシックパーク物、スターウォーズ物、ハリー・ポッター物、Xmen物等などハリウッド映画業界が仕組んでくる企み(マーケティングとも言う)に毎回ハメられています。  まあ、既に知っているキャラクターや設定をもとに作られているので、いわゆる安…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『小林多喜二』(1974)視聴困難だった共産党映画。ついにDVD化!

 よくある伝記映画だと思っていたら、凄惨な拷問シーンと横内正がスポットライトに照らされ、突然ギター片手に弾き語りで歌い出し、過去と現在を自在に行き来するナレーションを強引に展開するカオスにまずは戸惑うのが本作『小林多喜二』です。  つかみはオッケーですが、単なる伝記として構成するのではなく、しばらく事実関係などをナレーションで語っ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)SWマニア用。以上

 今週は我らが代表がベルギー相手に雄々しく散りました。戦前は三連敗予想が大半を占めていましたが、予想外の大健闘でコロムビアを撃破し、セネガルと好ゲームを展開し、弱者の戦略を使ってポーランド相手に計画的に負けると批判を浴び、そして真正面からベルギーとぶつかり、惜しくも敗退しました。  集中力と緊迫感が高まっていくラウンド16以降が本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『終わった人』(2018)定年は生前葬だ!お前はすでに死んでいる?

 映画館の予告編で気になっていた『終わった人』を観に来たところ、周りはジイサンばかり、まさに“終わった人”がたくさんスクリーンを囲んでいました。奥さんと一緒に来ていると思われるジイサンであふれかえっています。  こういう環境は丹波哲郎の『大霊界 死んだらどうなる?』以来です。結構座席は埋まっていき、七割程度に増えてきた枯れたジイサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『万引き家族』(2018)映画として真っ直ぐに向き合いたい作品。

 何かと話題になっている是枝裕和監督の集大成ともいえる『万引き家族』がカンヌ映画祭でパルムドールを獲ったことから、公開前の先週には先行上映がありました。  用事があったので、本日観に行きましたが、さすがに話題作だけあって、観客は240人程度は入っていました。ぼくは劇場のポイントが貯まっていたので、今回はポイントを使っての鑑賞でした…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

『Vision』(2018)美しい吉野の自然を取り入れたオカルト?

 今週末から封切られる映画の中では話題性で言えば、是枝裕和監督のカンヌ国際映画祭で賞を取った『万引き家族』なのでしょうが、僕がまず選んだのは地元奈良出身の河瀨直美監督の新作『Vision』でした。  自宅から行くと時間的にはそうは変わらない京都の劇場では本日、関係者(監督本人?)による舞台挨拶があるようですが、堅苦しいのは苦手なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゲティ家の身代金』(2018)実話に基づく富豪の肝っ玉の小ささ。

 四十代も後半に差し掛かり、だんだん草食動物化が進み、主なたんぱく源も魚介料理が増え、お肉はあまり食べなくなってきています。  食べるにしても、良いお肉をふるさと納税で取り寄せしたり、少量のみで満足できるようになっていますが、たまたま焼肉屋さんの前を通った時に中から立ち込めてきた煙とジュージューと音を立てて、食欲を掻き立てる二つが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ラプラスの魔女』(2018)すずちゃん&櫻井を無駄に使っている?

 価格と価値について考えながら観る映画になってしまったのが櫻井翔主演で謎のヒロインに広瀬すずちゃんを迎えた『ラプラスの魔女』です。  どういうことかと言うと、映画を映画館まで見に行くという行為に掛かるのは交通費、鑑賞料金、食事代などのお金の部分だけではなく、費やした時間の要素があります。  残り少ない人生の時間を配分するにお…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)現代版SF巨大生物の島!?

 先週、観に行った『孤狼の血』よりもむしろ気になっていたのが『ランペイジ 巨獣大乱闘』でした。明らかにおバカ映画だろうと誰でも予想がつく、この作品に対して、理屈とか整合性、脚本がどうかとかは意味を成さない。  特撮ファンとしてはただ巨大スクリーンで展開される派手な大暴れを楽しめるかだけを基準にして席についています。大昔だったら、巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『孤狼の血』(2018)過激な描写があるがオーソドックスな演出!

 公開前からの予告編が映画館で流れていたころ、「警察じゃけえ、何をやってもええんじゃ~!!」との役所広司の強烈なセリフが強く気になっていた『孤狼の血』を観に来ています。  最近では近所の岡山から出たお笑い芸人である千鳥によって、「くせが強いんじゃあ」などの突っ込みがあるので笑いそうになりましたが、劇中でのシーンでは局部に真珠を埋め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『楽しいSF映画はなぜ少ない』ディストピアばっかりでは楽しくない!

 最近というか、去年あたりから映画館やレンタル店でのセルフレジが増え、駅ナカのお店の一部でも採用されています。AIが徐々に人の仕事を奪い始めているようです。  このような置き換えが出来る業種としては小売なども含まれるのでしょうが、スーパーやドラッグストアは最後になりそうです。導入されにくいであろうその理由は客層が広範囲、つまりジイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『スカパー!&WOWOWはまだ必要か?』見なくなってもう5年…。

 既存のテレビ番組構成に飽きてしまい、1990年のイタリア・ワールドカップに合わせてBSにすぐに飛びつき、初日にマラドーナ率いるアルゼンチンが開幕戦でまさかの完敗を喫してからもう28年が経ちました。  同じくらいに民間衛星放送となるWOWOWの契約を済ませ、前田日明が立ち上げたUWFの中継を期待したのに、まさかの空中分解が発生した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『グレイテスト・ショーマン』(2018)超ロングラン上映作品。イイですよ!

 ずっと時間が合わず、なかなか観に来ることが出来なかった作品をようやく映画館で見てきました。ヒュー・ジャックマンというとどうしてもウルヴァリンのイメージが強烈過ぎて、他の作品が霞んでしまいますが、この作品での彼の存在感は圧倒的です。  今では描くこと自体が難しくなってしまったフリークスが大挙出演するだけでも異色作と言える。大昔のハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いぬやしき』(2018)意外と楽しめるSF版“生きる”!?

 去年、深夜アニメで放送していた頃に可愛がっていた大学生の娘に見るように猛プッシュされていた作品です。彼女はアニオタで、ぼくも好きなのでアニメの話をよくしていました。  ただ当時は忙しくて見られませんでしたので、今回の実写映画化を受けて、ようやくこの作品に接することになりました。  彼女はこの春に就職しましたので、この映画に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ペンタゴン・ペーパーズ』(2018)今も昔も世界は変わらない?

 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』はスティーブン・スピルバーグ監督によるニクソン政権下(実際に隠蔽してきたのはJFK、ジョンソンら前の政権からなのでニクソンだけではない)における公文書漏洩事件を巡る歴代政府の隠蔽体質と新聞社などメディアの機密暴露への対応を扱った社会派映画です。  ただ仰々しい邦題タイトル『ペンタゴン・ペー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more