『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)黄金色に輝く悪役スター、キングギドラ遂に登場。

 伊福部昭による不穏で不気味なオープニング・テーマが鳴り響く中、金色の鱗とともにタイトル『三大怪獣 地球最大の決戦』が赤字で染め抜かれる。このときの金色は暗がりの中で画面に映され、ボディの部分のみであるためにどの怪獣のものかは解らない。

 いまでこそ、これはギドラのものだと誰でも答えられますが、何の先入観もなくこの作品に接し、キングギドラの映像を見たならば、あまりの悪趣味でしかもとんでもなくカッコ良いそのフォルムにさぞ驚かれたことと思います。

 序盤はゴジラとラドンが日本近海や本土で暴れまくり、それまでどおりのヒールとして活躍します。暗闇で客船を沈めたりする様子は悪役以外の何者でもない。作品中盤までは人間対ゴジラ・ラドンという構図は続きます。この作品の序盤を見る限り、厳密に言えば「ゴジラ対ラドン」の趣もあります。

 その展開を覆してしまうのが、平和の使者モスラと極悪な宇宙怪獣キングギドラでした。彼らが象徴する概念である善と悪がはっきりと対照的に描かれてしまうと、その両者の間に入ったゴジラとラドンはその存在意義をまったく失ってしまいます。戦いを始める時も終えた時も主役はモスラとキングギドラであり、ゴジラとラドンは添え物でしかない。

 本来ならばメイン・イベントとしても十分に機能するはずの「ゴジラ対ラドン」がただの前座試合に落ちぶれてしまいました。ラストシーンで置いてけぼりを食い、両者を呆然と見送るゴジラとラドンは惨めであった。そしてこの映画を象徴したシーンでもありました。

 ヒールとしての存在意義を失くしたゴジラとラドンが手に入れた新しい存在理由は人間に迎合する形での「地球の正義」になってしまいました。人間をお子様に代えても文章は成り立ちます。哀愁を漂わせながら街を破壊しつくし彷徨うゴジラは1984年に新シリーズが始まるまで見られない。

 またモスラといえば小美人(ザ・ピーナッツ)がまたまた登場し、日本のTVに出演したり、モスラをギドラと戦わせたり、日本の平和に大きく貢献してくれます。最初に彼女たちが登場するTVショーの時にゴジラ映画が子供向け映画にシフトした最初の演出が行われます。漫才師と子供を登場させ、小美人にモスラを日本に呼んでもらうように懇願するというシーンがあるのです。

 怪獣を日本に呼ぶという発想は彼らがスターになってしまい、恐ろしい者ではなくなったという証明でもあります。人間の生命を脅かすか、自然の脅威として存在すべきだった怪獣達を子供の夢にまで退化させてしまった瞬間でした。これがゴジラが堕落する第一段階です。

 第二の堕落への一歩はキングギドラに対抗するためにモスラによって行われたゴジラとラドンへの説得シーンでした。爬虫類代表のゴジラ、鳥類代表のラドン、昆虫代表のモスラで行われる話し合いはイスラム教、キリスト教、仏教代表による話し合いのようなものであり、纏まる訳はない。纏まるとしたら、「敵の敵は味方」という発想しかない。

 さらなる恐怖であるギドラを迎え撃つためにはじめて地球防衛怪獣軍が設立された瞬間でもありました。彼らはモンスター語で話し合い、その通訳として彼らの言葉を翻訳してくれるのがマルチリンガルである小美人でした。長くて悪い夢が始まってしまいました。

 ドラマパートは充実していて、航空機事故によって暗殺されたはずだったが生き残っていた若林映子(サルノ王女)を付け狙う暗殺者達と彼女の護衛を任務に負う夏木陽介(進藤刑事)との攻防が見応えがあります。記者であり夏木の明るい妹役でもある星由里子が夏木と若林をリンクさせる重要なキャラクターとなっていました。

 星由里子と夏木陽介が喫茶店でコーヒーを飲むシーンがあるのですが、このとき注文していたのがブルー・マウンテンだったのには意外な感がありました。いまでもブル・マンは100gで1500円とかえらく高い値段が付いています。当時だと、いったいいくらだったんだろうか。

 コーヒーが好きで、自分で挽くこともありましたので、ついついこのような何気ない台詞が気になって仕方ありませんでした。個人的にはコク、キレ、香りがしっかり揃っているマイルド・コーヒーであるコロムビア産、グァテマラ産、タンザニア産の豆が大好きです。ついでにいうとフレンチ・ロースト以上に深炒りしたもののほうが香りも良いのでどんどん飲んでしまいました。

 飲み比べするのも好きでモカ・マタリ(イエメン産)、ブラジル産、ペルー産、マンダリン(インドネシア産で花の香りがします。)、メキシコ産などを交互に楽しんでいました。胃を壊してからは控えるようになり、一日一杯くらいしか飲めなくなったのが残念です。

 それはさておき、いきなり金星人を名乗って日本語をしゃべるサルノ王女には違和感がありますが、若林の演技はしっかりしていますのでそれほど気にはなりません。ラストシーンでの『ローマの休日』を思い出す記者会見という設定もさりげなく行われていました。

 もうひとつ気になったのがスーツの色の良さでした。カラーであることを強烈に意識していた頃の作品らしく、細部の色使いへのこだわりが嬉しい。

 カラーの効果でもっとも恩恵を受けた怪獣こそがこの映画の悪役としてそのキャリアをスタートさせたキングギドラではないでしょうか。黄金色で覆われた圧倒的な質感はカラーでしか表現できません。

 流れ星のように地球に落下してきたギドラの卵が徐々に活動し、金属を吸収する磁気を発し、火炎と放射能を帯びた蒸気煙を噴出してついには爆発し、炎の中から形を作り、キングギドラになっていく一連のモンタージュを捉え続けるにはカラーこそが最適な技術でした。もしモノクロでこれを表現しようとすれば、大変な照明の苦労があったと思います。

 このときに付けられる伊福部昭の音楽がとてもマッチしていて、不気味さと恐いもの見たさの期待感が一体となるにはピタリとはまった音楽でした。いつもながら思うのは何故こんなに伊福部音楽は怪獣映画に合うのだろう。

 何気ないシーンでもうひとつ覚えているのは金星人(若林)が暖炉の暗がりで本を読むシーンでした。子供の頃から何度も観てきた映画だったので気にもならなかったことでしたが、実はそんなに暗い場所ではありませんでした。では何故暗いと思っていたのか。それは台詞で語られるからなのでした。言葉というものは結構重い。

 映像の作り方でも前半はゴジラが出現するシーンは夜の海で客船を破壊するところから始まりますし、ラドンも最初は音だけで存在を示したりして結構真面目に作られている。出来れば最後までその調子で行って欲しかったのですが、仲直り会話翻訳シーンや「ゴジラ頑張れ!」キャンペーンの高まりとともに急激に萎えていきました。

 ドラマと怪獣同士の戦いもリンクしていて、王女がまさに電気ショックで殺されようとした瞬間に、キングギドラによって攻撃されたゴジラが送電線を破壊したために命拾いするというサスペンス的演出があります。同じように銃撃されようとした瞬間にゴジラによって踏み壊された岩肌がスナイパーを直撃し、命拾いします。つまり王女を助けたのは二度ともゴジラだったのです。
 
 ただここで根本的な疑問がある。三大怪獣とはゴジラ、ラドン、モスラなのか。それともゴジラ、ラドン、キングギドラなのか。「地球最大」がそのあとに繋がるのでゴジラ、ラドン、モスラ組のことなのでしょう。シングルではギドラには勝てないことを最初から証明してしまいました。

 怪獣界のアンドレ・ザ・ジャイアントとも言えるのがキングギドラなのです。倒されるためだけに存在価値がある哀しき定めを背負わされています。ゴジラがベビーフェイスに転向するためにもキングギドラの存在は不可欠でした。

 地上に降り立つ場所に神社の境内を選んだのは偶然なのでしょうか。鳥居をバックに蠢くキングギドラの三つの首と黄金の翼はまさに邪神が地上に降臨した瞬間であり、ゴジラからギドラに悪役が移行した瞬間である。ちょうど大渡島での神楽がゴジラの呼び水になったように、神社の鳥居がギドラの露払いである。

 ギドラ登場のテーマ、オープニング・テーマに加え、なによりも一回聞いたら忘れないギドラの鳴き声も含めて音楽と効果音響に優れた作品でもあったようです。個人的にはキングギドラにもっとも魅力を感じます。子供の頃に持っていた塩ビ人形のキングギドラはなぜか緑色でした。なんでなんでしょうね。怪獣らしくお城(松本城?長野方面でしたしね。)を壊したキングギドラの癖とともに不明な点です。何で怪獣は必ず城を壊すのだろう。

総合評価 68点

三大怪獣 地球最大の決戦
三大怪獣 地球最大の決戦 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トム(Tom5k)
2006年09月11日 21:00
う~む、ふかい!怪獣同士の対人いや対怪獣関係の分析には納得せざるを得ません。ゴジラとラドンは人類の味方にならざるをえない必然が、己の存在証明から・・・なるほど、さすが用心棒さんです。

火星でも土星でもなく金星というのが、キングギドラのゴールド(金)色のイメージとかみ合っていましたね。短絡と言えば短絡ですが・・・。そして、あのザ・ピーナッツの同時通訳も凄かった。わたしの友人には、動物と話すことができる(自称ですが)者がおり、よく鳥や犬と話し込んでいるので、あのカットは、わたしにとってはリアリズムの極致でしたね。
それから、ゴジラ・ラドン・モスラのチームには、アンドレ・ザ・ジャイアント、ミル・マスカラス、ダスティ・ローデスのマディスン・スクエア・ガーデンのドリーム・チームを連想してしまいました。
では、また
2006年09月11日 22:12
トムさん、こんばんは。
 動物語を理解する人といえばムツゴロウさんくらいしか思い浮かびませんが、自分ちで飼っているペットに関しては何を言おうとしているかは結構理解できます。
 モスラやゴジラはペットとは違いますが、イグアナや南米の蝶々に魅せられる人もいますので彼らなら理解できるのかもしれません。『ウルトラQ』で南米か何処かの蝶に魅せられる人の話もありましたね。
 おおっ!WWFですね(マスカラスはルチャ系ですが)。ギドラ、メカゴジラ、ガイガン組という追放された人々を思い巡らせば、ブルーザー・ブロディ、スタン・ハンセン、エル・カネック組で対抗しなければなりません。
 ガメラ映画は基本的にルチャ・リブレだと思っています。残酷な描写と華麗な空中戦が同居する、不思議な戦いのワンダーランドです。
ではまた。
猫姫少佐現品限り
2007年06月24日 15:33
こんにちは!いつもありがとうございます!
TBお送りできているでしょうか?だめなのかな?
そうか、、、ゴジラ対ラドンという映画、無いんですねぇ、、、
小美人の同時通訳は、良かった!
2007年06月25日 01:04
 猫姫様、こんばんは。
TBはしっかりと届いていますよ!
>ゴジラ対ラドン
 そうなんです!ないんです!欽ちゃん対ジローさんみたいなもので、誰も見たくなかったんでしょうかね?
 ラドンは飛び道具がないので、戦いが成立しにくいのも一因でしょうか?モスラは燐粉やら糸を吐いて攻撃できますからね。ではまた。
ラドン温泉
2014年04月24日 00:08
初めましてです。今日このサイトを拝見させていただきました。
仰言ってらっしゃる『ヒールとしての存在意義を失くしたゴジラとラドン‥』同意です。
ただ自分はラドン好きなのですがゴジラシリーズの中のラドンはこの作品が一番カッコいいと思っています(^ ^)
2014年04月25日 23:16
 こんばんは!はじめまして。

>ラドン
ぼくも前半部分のラドンの場面は素晴らしいと思いますよ。また光線も吐かず、身体能力で戦う姿はアンギラスとともにいぶし銀の魅力がありますね。

これからもお気軽にお立ち寄りください。

ではまた!
さすらいの映画人
2017年10月23日 18:39
用心棒さんこんばんは。実はゴジラ映画を初めて見たのはこの映画が初めてです。中学生の時テレビ放送で。ガメラや大魔神など大映特撮は頻繁に放送してたので小学生の時に見たのですが、ゴジラなど東宝特撮はあまり放送されませんでした。放送しても寝ちゃったか裏に見たいのがあったのかも・・・。以後ビデオやテレビ放送でたくさん見てます。さて、キングギドラのデビューにふさわしい作品で、若林映子さんもミステリアスな雰囲気が出ていましたね。まさか三年後にはボンドガールになるとは!メインではないけれど。
2017年10月24日 00:33
こんばんは!

この映画って、名作とは言い難いのですが、何といっても最大の悪玉スター、キングギドラのデビュー作ですからそれだけでもテンションが上がります。

>若林
ゴジラ映画の中でも水野久美と並び、印象的な女優さんでしたね。

>大映
よく放送してましたね。ぼくは東宝特撮もすべて最初はテレビで見ましたよw小学生の時に見た『ガス人間第一号』はかなりシュールでしたよww

ではまた!

この記事へのトラックバック

  • 『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)

    Excerpt: 真冬だというのに夏のような異常気象に見舞われ、各地で流星雨が降り注ぐ。そんな中、極秘で来日しようとしていたサルジナ王国のサルノ王女を乗せた飛行機は、反対派によって爆破されてしまう。彼女の護衛を命ぜられ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2006-09-23 07:33
  • 三大怪獣 地球最大の決戦 07135

    Excerpt: 三大怪獣 地球最大の決戦GHIDRA,THE THREE-HEADED MONSTER 1964年   本多猪四郎 監督  円谷英二 特技監督  田中友幸 制作  伊福部昭 音楽夏木陽介 平田昭彦 .. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-06-24 15:22
  • 三大怪獣地球最大の決戦(1964)

    Excerpt: ビデオパス(2019.4.27視聴)◆メーカー東宝◆監督本多猪四郎(怪獣総進撃、怪獣大戦争モスラ対ゴジラ、キングコング対ゴジラ、地球防衛軍、ゴジラ)◆再生時間93分◆原作香山滋◆特典配信の... Weblog: 映像記録 racked: 2019-04-29 11:52