『七人の侍』(1952) 歴代日本映画最高の活劇作品にして、黒澤時代劇の最高峰。ネタバレあり。

 黒澤明監督の1952年に公開された代表作です。制作費は通常の6倍(当時、時代劇一本の制作費の平均は二千万円強)、そして製作そのものに一年近くかかるという、当時としては異例尽くめの作品でした。全てを語りつくすことはとうてい不可能な映画であり、映画に必要な全ての要素が詰め込まれている奇跡の作品です。

 しかも我々は監督と同じ日本人なので、世界に通じる黒澤監督と同じ言語で、字幕なしに映画を見ることのできる喜びを味わえるのです。世界に誇る名作を、どこの言葉でもない、日本語で見ることが出来る素晴らしい機会を、日本人全員に与えて欲しいと願います。

 207分の上映時間があっという間に過ぎていき、気が付くとラストの田植えのシーンが来ていたという経験を何度もしている、信じられないほどの密度の濃い素晴らしさです。脚本、演技、演出、音響、環境、編集などの作品の本質にかかわる要素だけではなく、会社からの予算とその追加を勝ち取る監督とプロデューサーの戦略、製作日数の増加、当時のどんどん成長していく日本経済など必然偶然問わず、考えられる全ての要素が織り成す映画の理想形がここにあります。

 戦国時代に、あるひとつの農村が自衛のため侍を雇って村を守ったという言い伝えをもとに、農村が七人の侍を雇い、四十人(合戦が始まる時は三十数名)もの野盗から自分達の村を守るという物語を作り上げました。黒澤監督をはじめとする黒澤組の脚本チームが緻密に、時代考証に忠実に、しかも数多くの登場人物をダイナミックに描ききって、日本映画史上最大の、というより世界映画史上にも大きな影響力を与えた、日本映画が世界に誇る作品の設計図(脚本)が完成しました。

 この作品の根本のアイデアは、ジョン・フォード監督などの作り上げた西部劇かもしれません。のちのちに『荒野の七人』としてリメイクされるこの作品ですが、そうされたのは西部劇としてリメイクされやすい共通点を数多く持っていたからでしょう。流れ者が一日シェリフになって、悪党どもやインディアンを退治するなどという構造と基本的に変わりはありません。

 実際に、この作品はのちにリメイクされて『荒野の七人』として西部劇に生まれ変わりました。比較してみると良く解ることですが、かなり人物への掘り下げ方が甘く、守るべき町も要害ではなく、ただのガン・ファイトになってしまっています。スター俳優自体の魅力で見せてしまっていて、個人的には不満の残る作品でした。ただし興味深かったのは、町の人々が荒くれ者と七人の力関係の変化により、日和見して寝返るところで、本家の『七人の侍』ではそういう部分は描かれませんでしたが、現実的に見た時に、こういうこともありそうなことだと思いました。

 本家の『七人の侍』では、侍たちをはじめとする主な登場人物だけでなく、農民などの性格描写や設定までも細かく丁寧に作りこまれていて、観客が感情移入できるキャラクターを、少なくとも二十人近く作り出すことに成功しています。唯一の弱点は、野盗側のキャラクターが首領以外はあまり伝わってこないことです。

 それでも侍は勿論のこと、農民、あぶれ者などまで活き活きと描かれているのは驚異的です。キャラクターの存在感がしっかりと描ききれているのは、脚本チーム(黒澤・橋本忍・小国英雄)が優れていることの証明です。

 あくまでも侍と農民の視点から撮られた作品ですので、観客の視点を混乱させること無く、一気に見せていくには、野盗側の視点や、彼らに感情移入を許すようなシークエンスと台詞は必要の無いものだったのかもしれません。彼らは西部劇のインディアンと同じで、あくまでも粉砕されるべき憎くて恐ろしい敵でしかないのです。感情移入は無用であるという脚本の判断でしょう。

 この作品を見ていて、演出において特に優れていると思われるのは、何気なく劇中での必要性から示される、志村喬の見る村の地図です。七人の配置と村の全方位と主要な要害、そして戦いが始まってから、一つ一つ消し去られていく丸印で示された野盗の数がとても分かりやすい。作品を見ていく時に、観客の混乱を避けるのに大きく貢献していて親切でした。

 画期的な演出は戦略・戦闘シーンに見ることが出来ます。一連の戦いのシークエンスをただのチャンバラにせずに、戦争(戦略)と戦闘(戦術)をきちんと描き分けています。弱い者がどのようにして勝利を掴めば良いのかという戦術をはっきりと示すことにより、一層の現実性を持たせて観客の注意を強烈に引きつけ、集中と緊張を高めていきます。

 戦術的に見ても、大変優れているものに思えました。四方八方をただ固めるだけでなく、奇襲、誘導、各個撃破、民兵教育、情報将校の選出、作戦立案、地形の利用など軍事的に見ても興味深いものではないでしょうか。

 技術的な意味で画期的だったことには、マルチ・カメラによる撮影を挙げておきます。特に一回きりのぶっつけ撮影で、撮り直しのきかない最後の雨中での合戦場面では、この撮影方法は絶大な効果を発揮しました。あちこちからカメラが狙っているために、カットが入る最後まで誰もどの場所にいても気が抜けません。

 総ての出演者及びスタッフは、複数のカメラの「目」に見続けられているため、通常よりも更に緊張感が持続したのは勿論のこと、ワン・シーン・ワン・カットを基本にして同じ時間での一斉撮影を実行したために、編集時にフィルムを何処から繋いでも時間や呼吸のずれが無く、カメラを意識しない自然な表情をも同時にフィルムに焼き付けることに成功しました。仕方なしに回した多くのカメラでしたが、のちのちの黒澤監督の代名詞にもなるマルチ・カメラ撮影のきっかけともなりました。
 
 次に、演技について述べていく前に、個人的に非常に興味がある疑問がひとつあります。それは何故この作品に京マチコが出ていないのかということです。『羅生門』の俳優陣の中で、この作品以外の黒澤作品にただのひとつも出演していないのは彼女だけなのです。溝口監督の『雨月物語』に出演するなどして、今で言う国際女優の仲間入りをしていた彼女が、一本もその後の作品に出演していないのは不可解です。

 黒澤監督は三船敏郎、志村喬、森雅之、上田吉二朗、本間文子、加東大介、そして千秋実というその他の出演者の全てをその後も何度でも使い続けたのに何故、彼女だけは使わなかったのでしょう。演技が既に固まってしまっていて、融通が利かなかったのでしょうか。それとも大映が彼女の出演を渋ったのか。今でも分からない謎です。

 それはさておきこの作品は、三船敏郎の魅力が思う存分に発揮された一大スペクタクル作品です。彼が見せる刻一刻と変わっていく表情と常に発散されている感情は、まさに観客が彼と一体となって作品にのめりこんでいくきっかけであり、彼への感情移入が出来なかったならば、残念ながら、この作品の楽しみの半分以上は失ってしまったも同然です。

 この作品のみならず、黒澤監督作品にのめりこめない方はひょっとすると三船敏郎その人のキャラクターに違和感を持つためかもしれません。それほどの凄まじいエネルギーと真剣さを感じ取ることが出来る入魂の一作です。魅力的なキャラクターを、大勢作り上げたこの作品の中でも、三船敏郎演ずる菊千代の魅力は群を抜いています。 

 また志村喬、宮口精二の演じた、2人の侍は凡庸の作品では決してまねの出来ない描き方をしていました。若くも色男でもない2人が、この作品で見せる男振りは圧倒的で比類なきものです。志村喬には今回、最初から最後まで見せ場が用意されていて、黒澤監督の彼への信頼が伝わってきます。『生きる』は確かに志村喬の代表作品ではありますが、この作品での彼の落ち着いた人格者・指揮官の演技もまた、彼の個性を発揮する素晴らしい出来であり、日本映画史に残る名演技でした。

 侍としての孤高を演じた宮口精二は、ある意味で一般の人が思い描くであろう侍、剣客のイメージを体現するキャラクターとして登場します。日本人好みの不言実行の侍。観客が自分を侍に重ね合わせる時に、最もこうなりたいと思わせるキャラクターだったのではないか。何も言わずとも仕事をやり遂げる職人気質はまさに日本人が惹かれる性質です。「個」としての最高の資質を持っていた侍を体現していた彼が、皮肉にも科学の力である「種子島」で殺されてしまうのはやりきれない結末でした。

 侍では、津島とのラブシ-ンなど見せ場のある情報将校を務める若侍を演じた木村功(黒澤作品での木村の登場シーンは、何故か花に埋もれるシーンが多いのは偶然か。)、緊張感溢れる作品の息抜きを務めるユーモラスな侍を演じた千秋実、素朴で実直な副官役を演じた稲葉義男、そして爽やかに貴重なバイプレーヤーを演じきった「ずん胴」で胴長短足の「日本人」加東大介の、各侍達が見せる個性の違いを存分に味わって欲しい。

 侍ばかりがクローズ・アップされることの多いこの作品です。しかし忘れてはならないのは格好良くは無いが、作品の土台を支えた農民を演じた俳優たちです。土屋嘉男、高堂国典、左卜全、藤原釜足、小杉義男、そして津島恵子。彼らの素晴らしい演技があってこそ、始めて作品の奥行きが広がり、深さが増します。侍の見た目の良さが目立つあまり、あまり注目されることも無い農民達を演じた俳優達こそが、この作品の最も大事な演技者なのです。主役は農民であって、侍は彼らの土地を守るために雇われたに過ぎません。

 不思議な事が一点あります。ここで描かれるのは農民、浪人武士、そして野武士です。本来の権力層である、領主や代官が全く出てきません。あくまでもこの戦闘に焦点を絞ったからなのか、それとも当時から、権力は弱者などには全く構わない、助けてもくれないということを表したためなのか。謎です。これは社会のはみ出し者である野武士と浪人、そして弱者である農民の生き残りをかけた死闘を描いた映画です。

 音響の効果も素晴らしい作品です。地鳴りのようなオープニング・テーマ、それを受ける苦痛に満ちたうめき声のような男性のハミング、水車小屋での水音と杵を打つ音。一連の音のつながりは苦痛の連続です。この苦しみを打ち砕くために雇われる侍たちには、明るく勇壮なテーマが用意されています。いざ野武士と戦う戦場、つまり村に着いた時には、農民のテーマと侍のテーマが同時に演奏されています。協力して戦うことが音でも語られています。その他ではファンファーレの使い方が絶妙であり、後々には『天国と地獄』、『夢』でも効果的に使われます。

 セットやロケを含めた環境の作りこみの徹底振り、衣装の独創性も見逃せない見所のひとつです。一箇所に見える「村」も、実は数箇所で撮られています。その移動や天候待ち、そして凝りに凝ったセットや小道具、そして待機させる俳優やスタッフのために莫大な予算が掛かり、通常の作品の6倍もの制作費がつぎ込まれました。まさにこの作品は、黒澤監督と彼の腕利きの黒澤組と呼ばれたスタッフ達の持てる技術と工夫の総てを集中してつぎ込んだ、日本映画の『イントレランス』だったのです。米一粒のアップがこうも美しい作品、柱や板の木目がこれほど美しい作品を他に知りません。

 これら環境面での徹底した追求姿勢は、作品のグレードを何段も引き上げています。映りこむ小道具、衣装、カツラのひとつずつが一体となり、映画的「現実」を作り上げ、まるでこの時代にタイムスリップして、現実を切り取ってきたかのような錯覚を覚えるほどのリアリズム溢れる映像が全篇に貫かれています。

 環境のみならず、戦闘シーンの現実味(刀を何本も地面に刺しておき、折れたら取り替えるという発想は、歌舞伎から来る殺陣を何のためらいも無く、ずっとやってきた当時の常識からはかけ離れていたことでしょう)は、作品に厳しさと信用を与えています。『荒木又右ヱ門 決闘鍵屋の辻』で既に実験していたリアルな時代劇の完成形を見ることが出来ます。あの作品ではリアルになりすぎて、かっこ悪かった部分はここでは上手く修正されていて、映画的リアリズムに基づいた演出がなされています。

 しかし、撮影の遅れと、あまりにも強すぎる黒澤監督の作品へのこだわりに、業を煮やした東宝は、後々には黒澤側にも製作責任とリスクを分散させるべく、黒澤プロ設立を迫るようになります。三船にも三船プロを作らせることになりますが、各々が会社を立ち上げてしまったために身動きが取れなくなり、『赤ひげ』以降でついに交わることなく終わってしまったのは日本映画界の損失です。

 演出、演技、脚本、音楽、環境などの作品の品質を高めるためになされたスタッフ全員の極限までの忍耐と努力、度重なる会社からのクレームに対しても折れることの無かった黒澤監督の鉄の意志、そしてあまりにも膨大に超過していく予算金額と撮影日程の遅延にもかかわらず、とにかくも撮り終えるまで待った東宝の忍耐があってこそ、はじめてこの超大作である映画は完成しました。そして大ヒットしたのみならず、二十年以上経ってからリバイバル上映されても、多くの観衆を集めるほど、全国の映画ファンの心に焼きついてはなれない永遠の一本として今も愛され続けています。

総合評価 100点
七人の侍
七人の侍 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年01月07日 17:26
 TB有難うございました。
 今回の映画評は、例の大論争に際し見直した時に書かれたものですので、妙な論調になっていますが、悪しからず。
 欠点がないこともないのでしょうが、何度観ても面白いですね。どういう感想を持とうが自由と言っても、「戦いまでが長すぎる」なんて的外れの意見を聞くと、がっかりです。そんなレベルの人には何も語って欲しくないですね。
2006年01月08日 00:16
 映画の組み立てとは、観客の興味をスクリーンにひきつけるオープニングから始め、感情移入のために中盤の物語を膨らませて興味を持続させて、終盤で一気に盛り上げてラストで弛緩させる。この構成が、言ってみれば古典的というものでしょう。

 監督が一番見せたいクライマックスが、作品において最大の効果を上げるにはどうしたらよいのか、ということが最も肝要なのではないでしょうか。

 「静」のプロットである「タメ」がきちんと描かれているからこそ、「動」のプロットである、あの雨中の合戦が活きてくるんですけどね。

 短い尺の作品しか集中が持たないというのは、スタローンやシュワなどの80年代ハリウッド製アクション作品群の影響もあるのか、はたまた精神的に落ち着いて映画を見れない環境にいらっしゃるのかもしれませんね。

 まあいろんな意見があるのが映画鑑賞の醍醐味でもありますので、あまり気になさらないほうが良いですよ。たしかに「うーん?」と首をかしげるような書き込みを見かけることもありますけど。

 ではまた。
2006年01月09日 17:09
 僕が気になる他人のコメントとは、作者の狙いから明らかにポイントを外した意見に限られます。「模倣犯」という作品に寄せられたコメントの7割がポイントを外した上で酷評しバッシングしていることに非常に不快感を覚えたことがあります。それを正そうと思い、かなり長い文を作り、それをまとめたような映画評を先日ブログで発表しました。僕の文を読んで「考え直す」といってくれた女性もいらっしゃいます。
 色々な価値観を認めるという考えが甘さになってはいけないと思います。何故なら映画という芸術は、他の芸術に比べ大衆が作品の傾向を作り出すからで、観客のレベルが低くなると映画のレベルが低くなる。その意味でCGやワイヤーアクションが絶賛される現在は映画にとって歓迎せざるべき時代と言えましょう。我々のようなセミプロを含めて映画批評家はやはり一人でも多くきちんとした鑑賞眼のある観客を育てる、宣教師のような役目があるのではないでしょうか。それは結局良い映画を観たい自身の為でもあります。その為にブログで、拙いとは言え、それなりにポイントを抑えていると信ずる映画評を発表しているのです。用心棒さんも恐らく同じだと思います。
2006年01月09日 19:00
 名前の通り、「良い映画を褒める」ために、このブログを立ち上げました。

 少しでも映画、それも過去の名画や顧みられることも無くなってしまった作品に光を当てて、興味を持ってくださった人が見てくださると良いなあ、というのが元々の趣旨です。

 映画への愛情があってこその映画批評であり、ただけなすだけにはなりたくないものです。

 とかく多くの人がけなす映画であれ、自分の意見を持って書き込むべきなのに、他人の意見(特に酷評や絶賛などの極端なもの)に影響され、周囲に同調することで妙な安心感を得たり、見ていないのに知ったかぶりするのは嫌なので、そういうものとは無縁の文章を書いているつもりです。

 駄作であれ、名作であれ、いろいろ感じる部分はあります。駄作のどの辺が「まずい」のか、そして名作のどの辺が「良い」のかを少しでも伝えられれば、本望です。
モカ次郎
2006年09月07日 23:38
こんばんは。ようやく朝晩は少し涼しくなってきました。
なぜか?いつもTBエラーになって、コメントさせていただきます。
私事で恐縮なんですが、本日(2006.9.7)Yahoo!カテゴリに登録されました。
今後ともリンク仲間として、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
2006年09月07日 23:52
>なぜか?いつもTBエラー
「七人」と「姿」は保留TBとして編集画面に来ていましたので、すぐにTBをアップさせていただきました。モカ次郎さんからいただいたものはすべて反映させていただいておりますよ。
 ただプロバイダー同士で相性の悪いものもあるようで、頂いてこちらからもTBを返してもいつまでも反映されないものもあるようです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
 ではまた。 
オタクイーン
2009年11月24日 22:23
TB、コメントありがとうございました。
この作品に関してはもう語りつくされているので、拙記事で紹介した橋本氏のインタビューについて書きますと
「七人の侍」で黒澤監督と例のシナリオ書き較べ(黒澤氏・橋本氏両者が同時に書いたシナリオの「面白い方」を、ジャッジ役の小国英雄氏が判定するという黒澤式シナリオ作成法)の際、ストーリーを書き進める橋本氏の傍らで黒澤監督は、登場人物の人物設定(「掘り」と言います)を膨大な文章量で作成していたそうです。
当時それを見た橋本氏は「人間技ではない」と驚嘆したそうですが、「七人の侍」でキャラクターが生きている理由の一端は、黒澤監督のそうした人物の掘り下げにもあったんですね。
現代においてますます神格化される「七人」ですが
その裏には黒澤監督はじめ、多くの才能の目に見えない努力があった事も、忘れたくないものです(笑)
2009年11月24日 22:31
 こんばんは!
しかしなんともはや、惜しい番組を見逃しました(泣)

橋本さんの新刊本を今年の初めくらいに本屋で見かけて気になっていたのに、どうして見落としていたのでしょうね?もったいないことをしました。

また再放送してくれることをほのかに期待しつつ、まだ文章化していない黒澤作品を少しずつアップしていければ良いなあと思っています。

ではまた!
トム(Tom5k)
2009年12月03日 00:26
用心棒さん、こんばんは。
久しぶりにオカピーさんと用心棒さんの記事を直リンで紹介しました。
さて、ドロンと三船の関係は、以前から記事にしたかったんですが、何だかまだまだ書き足りていないような・・・。クレマンのときの記事もそうだったんですが、なにぶん二人共通の資料が少なくて・・・。
黒澤側、三船側からのドロンの記事など、もっと存在してもいいと思うんですがねえ。
「七人の侍」については、書き始めるときりがないですので、お二人の記事紹介で終わらせたのですが、人物のキャラクターがあまりに素晴らしいので、いずれ単独記事でアップしたいと思っているほどです。
長老の描き方、志村の仕草・話し方、三船と左朴全とのコンビネーション、木村の従順、志村と稲葉の友情、宮口の自尊心、木村の忠義、千秋のデリカシー・・・。
きりがありませんが、とにかくヒューマニズムが貫徹しています。
しかし、武士と農民の階級矛盾の描き方はシビアですよね。津島の木村にとるラシト・シークエンスでの対応・・・すべてはあれが結末なのでしょうね。三船が生き残っていたら、どうだったでしょう?
では、また。
トム(Tom5k)
2009年12月03日 00:33
上記コメント、木村の忠義→加藤の忠義でした。
あっそうそう「灰とダイヤモンド」の記事を準備されてるとのこと、無理なさらないでください(とは言っても、たいへん楽しみなんですが)。ほんとにすみません。
では、では。
2009年12月03日 22:51
 トムさん、こんばんは!

この映画は書いても、書いてもきりがないですね。コッポラの『ゴッド・ファーザー』とともに映画の奇跡だと思いますよ。

>『灰とダイヤモンド』
 いまも書き続けています(笑)あれもこれもと書いているうちに原稿用紙でいうと10枚分くらいは越えてしまいました。『地下水道』との絡みも書きたいのですが、あえて別物として扱おうと思い、今回はほとんど触れていません。
 これを見ていると『カティン』や『大理石の男』なども書かねばならなくなってきますね。しかし僕は『カティン』を未見なので、『灰とダイヤモンド』『地下水道』『大理石の男』までしか書けません。
 リクエストがあってから、三回ほど見ました。良いものは良い。そう思える映画ですので、楽しいですよ。
 そういえばスカパーで『アラン・ドロンのゾロ』を先月放送してくれたので、しっかり見ました。数十年ぶりでしたので、嬉しかったですよ。最近、ドロン映画って、よく衛星やCSで放送されていますね。
 ではあと2日ほどで完成しますので、ご連絡に伺います。ではまた!
蟷螂の斧
2015年08月29日 20:02
子供の頃は「こんな暗い映画は嫌だ!(この作品よりも先にテレビで見た)『荒野の七人』の方がいい!」と思ったのですが、今は逆です。
菊千代がスタンドプレイをした為に、防御の一角が崩れる。そして、勘兵衛の参謀である五郎兵衛が戦死。あれはよく出来た場面です!
2015年08月29日 23:38
 こんばんは!

>スタンドプレー
寄せ集め部隊ですし、そもそも求められていなかった者をむりやり加勢させてしまった時点である程度のリスクは覚悟していたでしょう。

功を焦る者の軽挙妄動により、より重要な味方を死地に陥らせてしまうのは避けられないのでしょうね。短期決戦において、経験のない菊千代を加えるのはリスクとリターンが合わないのが明らかですから、現実問題では手勢に加えるべきではなかったでしょうね。

まあ、彼がいるから楽しい映画として不動の人気を誇っているのも事実です(笑)

ではまた!
蟷螂の斧
2015年09月01日 19:03
>本来の権力層である、領主や代官が全く出てきません。
同じ事を仰る方がいます。そう言われて見ればそうです。僕は気がつかなかった(情けない・・・)。
日本史上あんな事はあり得ないとまで言う人もいます。でも、映画として素晴らしいからいいのではないのでしょうか?

>彼がいるから楽しい映画として不動の人気を誇っているのも事実です(笑)
決戦の前日「今日は十分おっかあを可愛がっとけ!」農民が大爆笑!笑えます!憎めません!
それと菊千代を演じた三船敏郎。うちの親父が「当時の日本人としては背が高いし、脚が長いなあ!」といつも言ってました。それと僕がいつも思うのは彼の運動能力の高さです。殺陣にしても乗馬にしても。さすが、世界のミフネ!

>経験のない菊千代を加えるのはリスクとリターンが合わないのが明らか

そこまで見抜いた用心棒さん。恐れ入りました!
いつもレスをありがとうございます。
2015年09月02日 01:03
こんばんは!

>日本史上
う~ん、これは劇映画ですからねえ。あり得ないと言われても困りますね。そもそも文献が正しいかもわかりませんし、生き残った者や勝ち抜いた者が全部書き換える権利を持つのが歴史ですから(笑)中共を見れば納得されるでしょう。

 ただ室町幕府の末期、つまり戦国時代には寺社勢力が統治していたり、蜂須賀家みたいな野武士が広くはないが局地的に幅を利かす勢力もあったわけですから、七人の侍的な立地もあったかもしれません。

 また食うに困ったサムライが農民に食べ物をもらう代わりに用心棒を務めるくらいのことはあったでしょう。命を懸けてまで守り抜いたかどうかは疑わしいですが、似たようなことはあったかもしれませんね。

ではまた!
蟷螂の斧
2015年09月05日 12:20
>蜂須賀家みたいな野武士が広くはないが局地的に幅を利かす勢力
なるほど。勉強になりました。ありがとうございます。
>侍としての孤高を演じた宮口精二
彼の存在も大きいです。久蔵の剣の腕前だけでなく、その人柄にも心酔する勝四郎。
久蔵が射殺された時に号泣する勝四郎。子供の頃、あの場面を見て涙ぐみました・・・。
2015年09月05日 23:41
 こんばんは!

>久蔵
彼のモデルは剣豪宮本武蔵だったと記憶しています。渋いですよね。

魅力的な登場人物がばたばた死んでいくのは寂しいのですが、皆が生き残るような甘ったるい演出をしてしまえば、誰も評価しなかったでしょうし、難しいですね。

ではまた!
蟷螂の斧
2015年09月06日 10:15
>皆が生き残るような甘ったるい演出をしてしまえば、誰も評価しなかった
まあ、そう言う事ですね。平八(千秋実)は利吉(土屋嘉男)を止めようとして射殺される。あっけない死・・・。

ところで、結構有名な話。前も書いたかな?
「七人の侍」で生き残った三人の方が実生活では先に亡くなっていますね。案外そう言うもんです。
そう言えば「シェーン」でウィルスン(ジャック・パランス)に挑発されて射殺される農民を演じた人は、すごい長生きだったそうです。
2015年09月06日 19:26
 こんばんは!
>実生活
あくまでも役柄ですし(笑)

よく見ていくと脇役にも味がある俳優さんが大勢出られていますね。ここ二年くらいは見ていませんが、また観たい作品です。

ではまた!

この記事へのトラックバック

  • 映画評「七人の侍」

    Excerpt: ☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1954年日本映画 監督・黒澤明 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-01-07 15:41
  • 黒澤明 監督作品 『七人の侍』

    Excerpt: 黒澤映画のブログを始めました。よろしくお願いいたします。...日本映画の代表作であるばかりでなく、世界のアクション映画史に燦然と輝く金字塔。『七人の侍』は、全世界の映画ファンのアンケートをとったら、... Weblog: 黒澤明 監督作品 『七人の侍』 racked: 2006-08-04 00:15
  • おすすめ映画 #24 『七人の侍』

    Excerpt: ご存知、世界のクロサワによる日本映画の最高傑作。 Weblog: おすすめ映画 ~名作、感動、涙~ racked: 2006-08-26 23:12
  • Yahoo!カテゴリ掲載されました

    Excerpt: いつもお世話になっております。私事で恐縮ですが、本日(2006.9.7)Yahoo!カテゴリに登録されました...今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m Weblog: 日本映画 監督篇~黒澤明~ racked: 2006-09-07 23:34
  • 日本映画が勝った

    Excerpt: 邦画の萌芽アメリカ映画のドンパチにもうええ加減にしてそれが、日本映画に目を向けたんです恋愛映画での涙が失恋を癒す 恋の時々、わたしには映画がありました。 だから、その映画の題名を書くと私の年がすぐ分っ.. Weblog: 日本映画が勝った racked: 2007-03-21 15:10
  • 批判力VS創造力

    Excerpt: 先日から、HDDに録り溜めたエアチェック番組をけっこう精力的に、DVDへダビング Weblog: オタクイーンの「恋するネヴュラ」 racked: 2009-11-24 21:50
  • 『レッド・サン』②~観たかった奇跡の黒澤作品『青い目のサムライ(ブルーアイ)』~

    Excerpt:  アラン・ドロンは、2007年10月8日に放映されたジャニーズ事務所所属の人気タレント・グループ 「SMAP(スマップ)」がレギュラー出演しているバラエティ番組『SMAP×SMAP 秋の超豪華 アラン.. Weblog: 時代の情景 racked: 2009-12-02 23:48