良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『姿三四郎』(1943) 20世紀を代表する巨匠、黒澤明監督のデビュー作 ネタバレあり。

<<   作成日時 : 2005/11/04 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 10

 1943年という太平洋戦争の真っ只中に作られた、黒澤明監督の記念すべきデビュー作にして、理屈抜きに楽しめる素晴らしい作品。戦時中という言論統制が強い時代の中でも大衆が見たかった映画をデビュー作から作り上げた黒澤監督の苦心と才能。

 平和な時代に生きる我々には想像のつかない数々の規制がかけられていたようです。ラブシーンは西洋的だから削除しろとか、フィルムを使いすぎるなとか、今の感覚からすれば考えられないことがまかり通った酷い時代でした。

 そんな中でも戦意高揚にあまり関係あるとは思えない、柔道を題材にとったスポーツ物をデビューから撮れた事は、監督自身の『姿三四郎』映画化に向けての熱意(自分で東宝の重役を説得して、原作者からすぐに映画化の権利を獲得。)とともに、東宝と山本嘉次郎監督のバックアップを抜きには考えられません。

 先取り精神に溢れていたといわれる当時の東宝だからこそ、自由に撮れたのかもしれません。ともあれ実際にこの作品の画面からは若さを謳歌するような瑞々しさと熱意がしっかりと伝わってきます。

 当時の映画ファンが観たかったものを、はっきり形にした才能と意志は、国策映画や戦地での戦勝映像(いわゆる大本営の御用達の転進やらの嘘映像)に飽き飽きしていたはずの観客にも歓迎されたことと思います。

 映画的な表現を主にして、つまり出来るだけ俳優に場面説明的な台詞を使わせる事なく、映像の動きと音で意味を伝えようとしています。見事にそれをやってのけた黒澤監督には、デビュー作から非凡な才能の片鱗どころではなく、既に才能が開花している印象があります。

 凡庸な監督はすぐに台詞やカメラワークやカット割でごまかそうとしますが、そこまでしてもあまり観客に伝わらないのが実際のところです。

 この作品には映画本来の持つ良さが詰め込まれていますが、それらが各々とり散らかることなく、しっかりとひとつの作品として纏まりを持っています。ひとつの作品の中にこれほど多くの映画的表現の素晴らしさを味わえるものはそう多くはありません。

 黒澤作品の中でも指折りの作品が『姿三四郎』なのです。今まで貯めていたものを一気に出し切った感じがあります。後々の作品にも度々表れるテーマでもある「師匠と弟子」、両極端な人物設定、ダイナミックな殺陣のシーン、無駄の無い1カットでも成立している美しく計算された画面、編集の巧みさ、音のオン・オフの使い方の良さ。

 印象に残る映像は何度も出てくる闘いのシーンと、神社での淡いラブシーン。爽やかで切ないシーンです。殺陣のシーンでは特に工夫を随所に見せてくれます。冒頭の闇討ちのシークエンスからいきなり最高潮に達し、観客の目を釘付けにします。

 取り囲まれながらも、何人もの敵を投げ飛ばす矢野正五郎(大河内傳次郎さん)のかっこ良さ、ただし、それを納めた映像がまるでネガを見るような薄暗さ。構図が素晴らしいのに逆光のためか見にくいことが難点です。

 闇討ち事件をきっかけに弟子入りする三四郎(藤田進さん)の下駄の映像。下駄で時間の経過を表す手法(昔の外国映画からアイデアを練ったそうです)には監督のセンスの良さを感じました。弟子入りしてからの未熟な時の三四郎を表す映像のよさも素晴らしい。

 縁日で力士を投げ飛ばす三四郎。この時に実際に投げ飛ばす映像はありません。いきなりジャンプ・カットで後日叱られている映像が入ります。当時の世情からして国技の相撲が、劇中とは言え柔道に投げられるのはよろしくなかったのでしょう。その後、有名な睡蓮のシーンに続きます。

 闘いはその後も続き、後の劇画にも大きな影響を与えたとされるストップモーションや特撮を用いた門馬三郎(小杉義男)との闘い、恋話にも絡めた、村井半助(志村喬)との息を呑む一騎打ち(最初から黒澤監督作品に出演!)、そして最後のクライマックスである檜垣源之助(月形龍之介)との果し合い。

 この最後の闘いでのセットでは出せない、ロケでの遠くにそして高い位置に据えたカメラの映像美。風が吹くまで待った監督はじめスタッフ全員の執念。その風が決戦の舞台を劇的に盛り上げます。扇風機で送る風では野原一面には風が吹きません。本物の風だから出せた緊迫した臨場感。スタッフの活気も伝わる映像です。

 闘いのシーンだけでもこのように沢山の見せ場があります。しかもそれぞれの闘いを違った演出で撮り分けることにより、闘いそのものにそれぞれ違った意味を持たせています。全篇通して見てみても緊張の場面と弛緩の場面を交互に持ってくることにより、観客を飽きさせない配慮をしています。この監督、ただものではない。そう思わせる内容です。

 人によっては50年代の傑作群と比べるとどうか、という意見を持つかもしれません。しかしそれは正しくないものの見方です。歴史は過去から現在に向かってくるものであり、後の作品からするとどうも、というのはこの根本を見誤っているのではないでしょうか。

 過去作に比べると今回のはどうかなあ、というのは解りますが、逆は本来おかしいのです。全ての映画監督は自分のものだけではなく、過去に観てきた全ての映画から意識する、しないにかかわらず新しい作品を産み出します。つまり過去から学び、試行錯誤しながらその監督自身のスタイルなり、個性に気づいていくものではないでしょうか。

 黒澤明監督は既にデビューした時からそのスタイルを示してくれているのです。良いところも悪いところも含めて。良いところは脚本、演出、画面構成、テンポの良さ(ここでは編集を後藤敏男さんに任せていますが、後は自分でカットしていきます)。

 悪い点は後々でも度々指摘される台詞の聴きづらさです。音の使い方にはセンスを感じるのですが、台詞はかなりきつい。大河内が特に聞き取りにくい。(『虎の尾を踏む男達』でも何を言っているのか解りにくい)。『蜘蛛巣城』ほどではありませんが。

 それでもこの作品は偉大なものです。他の巨匠と呼ばれる監督達のデビュー作と比べてもなんら遜色の無い出来栄えです。こんなに素晴らしい作品を我々日本人は字幕なしで見ることが出来るのです。この幸せ。その当たり前と思っていることへのありがたみを忘れては日本映画の良さは味わえない。

総合評価 90点
<ASIN:B00006ITSP>姿三四郎</ASIN>
姿三四郎 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「AK ドキュメント黒沢明」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1985年フランス=日本映画 監督クリス・マーカー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2005/11/06 14:32
黒澤明 監督作品 『姿三四郎』
記念すべき黒澤監督デビュー作品。明治中頃の世相を背景に、柔術家姿三四郎が成長していく姿が描かれています。... ...続きを見る
日本映画 監督篇〜黒澤明〜:黒澤明 監督...
2006/08/04 23:55
Yahoo!カテゴリ掲載されました
いつもお世話になっております。私事で恐縮ですが、本日(2006.9.7)Yahoo!カテゴリに登録されました...今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m ...続きを見る
日本映画 監督篇〜黒澤明〜
2006/09/07 23:32
黒澤明監督 映画作品 人気投票
人気投票を始めました。お気軽にどうぞ。あなたのお好きな黒澤映画作品を選んで、ポチっと投票お願いしま〜す。 ...続きを見る
日本映画 監督篇〜黒澤明〜
2006/09/14 23:48
映画評「姿三四郎」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1943年日本映画 監督・黒澤明 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2008/05/11 14:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは!
 早速発表されましたね。
 用心棒さんはやはり僕の考えに近いようです。僕が大反論を行った事情は、用心棒さんがお考えになっているものとは恐らく違いまして、投稿され自ら掲示したものに対する反論です。些か微に入り細に入りすぎた傾向もありますが、Q&A形式として作り上げたものです。投稿者に黒澤明監督は勿論、映画史や映画批評家に関する事実誤認が多かったものですから、それを訂正するつもりで始めたものが大作になってしまったのです。今振り返ると、ちょっと大人気ない気もしますし、行き過ぎた表現もあるようですし、誤謬もあるかもしれません。誤謬については、僕より詳しそうな用心棒さんに訂正して戴ければ幸いです。下記にアクセスすれば当該ページに行き当たります。
http://www.d3.dion.ne.jp/~hokamura/com-okapi07.htm
オカピー
2005/11/05 03:33
 オカピーさん、こんばんは。さっき見に行かせていただきました。かなりご立腹の様子でしたね。その相手の方ですが、本当に映画が好きなんでしょうかね。
 邦画を貶めるような発言が相次いでいたようですが、何か怨みでもあるんですかね。
 個人的なスタンスとしては前にもコメント欄で書かせていただいたこともありますが、「映画には3種類あり、それは良い映画と、まあまあの映画と、ひどい映画だけである。」。これが第一です。国籍も時代も関係なしです。その頃の最高の努力をしたものは見れば解るはずなんですが。
 次は「映画に古いも新しいも無い。」これは第一と密です。良いか、悪いか。それに尽きると思うんですがね。
 第三は「好きか嫌いか。」生理的に合わない監督、俳優、カット割やカメラワークがあるのです。
 第四は「見てて時間が気になる作品はどこか駄目な点がある映画だ。」
 それらについてどうしてそう思うかを書いていってるつもりなんですよ。楽しむために書いているのに、伝わらない人もいるようで寂しいですね。
用心棒
2005/11/05 22:27
 あんな長い文章を読ませてしまい、恐縮です。怒ったというよりやはり悲しかったですね。
 投稿者についてですが、本当に映画が好きな人はああいう文章は書かないでしょうね。単なる生活の中のone of themでしょう。
 ナンセンスなコメントばかりでしたが、その中でも「新旧の映画をそのまま比べることが純粋な批評である」なるコメントは論外。「月世界旅行」がなければ、「2001年宇宙の旅」も「スター・ウォーズ」もない。いきなり「スター・ウォーズ」が生まれたとは思っては困りますし、まして「スター・ウォーズ」と「月世界旅行」をそのまま比較なんてできはしないし、しても意味がありませんよね。
 用心棒さんの文章を読みましたら、【我が意を得たり】といったコメントに次々と遭遇して感激しました。映画を技術的に分析するブログもウェブリーブログの中では用心棒さんと僕くらいですかね。僕は短評なのでそう詳しく触れないのですが、書かなくても技術を基準として見ています。技術で観たほうがどのジャンルについても公平な扱いが出来ますしね。
 今後とも宜しくお願い致します。 
オカピー
2005/11/05 23:58
 オカピーさん、こんばんは。まあいろんな見方があっても良いんですが、何故その映画は良いのだろう、または駄目なんだろうと思って書いていくうちにこういうスタンスになってしまいました。
 何も考えないで映画を観て、挙句の果てに面白かった、つまんなかったでは大人としてつまんないですね。少々過激ですが。ではまた。
用心棒
2005/11/06 00:55
 関連作品として「AK ドキュメント黒沢明」の映画評をTBさせて戴きました。なかなか面白かったですが、ご覧になりましたか?
オカピー
2005/11/06 14:40
 こんばんは。『乱』のメイキング映像である『AK』ですから、興味深く見ました。『メイキング・オブ・乱』もあり、頭の中でどうもごちゃごちゃになっています。
 メイキング映像はよくDVDの特典として付いていますが、中身の無いものもあるのと、何十年も経ってからネタばらしをされてもどうも、という印象もあります。まあそれなりに楽しいんですけどね。
 作品の内容は当然知っているわけで、あくまでもコレクターズ・アイテムとしての価値ですかね。それだけのためにDVDを購入するのは結構思い切りが必要です。ファン・サイトその他でそれについての要約を書く人もいますので、新鮮味も少ないのが現状です。ではまた。
用心棒
2005/11/07 00:07
こんばんは。わざわざコメントありがとうございます。
いくつかの記事読ませていただきましたが、精細な解説・レビューですね。気合いを感じます。
早速こちらの黒澤作品全記事TBさせていただこうとしたのですが、なぜか?成功しませんでした(涙)。
ブログを始めて一ヶ月。まだ今ひとつよくわかってません(^^ゞ。
未熟者ですが、黒澤つながりで、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。
モカ次郎(日本映画 監督篇〜黒澤明〜)
2006/08/04 00:06
 モカ次郎さん、こんばんは。
 TBが入りにくいとのことでしたが、一度保留させていただいてから、反映させていただく形をとっております。
 それは黒澤作品及びディズニー作品などに嫌がらせのように貼られたアダルト関連のTBスパムのせいなのです。
 ですから安心して貼ってください。確認次第すぐに公開させていただきますね。
 >ブログを始めて一ヶ月。
こちらも未だによく分かっておりません!TB返しが出来なくなっており、ご迷惑をおかけしております。プロバイダーに問い合わせて、やり方を教えてもらっても改善されず、こまっております。そのためTBをいただいた時には記事URLを貼って、コメントを入れさせていただきます。ではまた。
用心棒
2006/08/04 00:17
 今年NHK-BS2で黒澤明を全作放映ということで、ブログで上げていない作品は全部観直してみようかと思っております。

「姿三四郎」は用心棒さんが一生懸命弁護されていますが、その必要もないほど傑作です。
 全作中最も映画的な躍動感に横溢した作品と言っても良いのではないでしょうか。
 戦後の傑作群は良くも悪くもメッセージ性が強く、場合によってはくどく、ショットごとの効果、カット割りの効果という意味では本作は勿論続編にも落ちる気さえしますよ。
 20分程のカット部分がある為に☆を少なくしましたが、もっと多くて良い作品です。
オカピー
2008/05/11 18:26
 オカピーさん、こんばんは!
 国営放送はさすがですね。この間の影武者のドキュメントはビデオで所有していましたので、新鮮味はありませんでしたが、見直していると、淀川さんのロング・インタビューも含め、興味深い内容に満ちていました。
 いっそのこと、東映やフォックスに眠っているはずの『トラ・トラ・トラ』、松竹にあるといわれている切り刻まれる前の『白痴』完全版のフィルムなどを見たいものです。ではまた!
用心棒
2008/05/15 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
『姿三四郎』(1943) 20世紀を代表する巨匠、黒澤明監督のデビュー作 ネタバレあり。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる