良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ブレードランナー2049』(2017)遂に完成した続編!う〜む…。

<<   作成日時 : 2017/11/08 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 今週日曜日、家から一番近いシネコンに『ブレードランナー2049』を観に行きましたが、三連休最後の日曜日ということもあり、家族連れが多く、映画館の前にもたくさん人だかりが出来ていました。

 さすがに家族連れがカルト作として名高いブレードランナーを目当てにしているとは考えられなかったので何を観に来ているのか眺めていたら、周りにかなり多くの小さい女の子たちがいることに気づきました。

 どうやらプリキュアシリーズの映画のようで、公開に合わせて特設会場ではプリキュアショーも開催されるらしく、疲れきったお父さんたちが娘を喜ばせるために会場を遠巻きにして頑張っていました。ここにも奴隷はいるのでしょう。

 ただ何も知らない人が見たら、オジサンが一人で小さい女の子たちに囲まれている状態でしたので、下手をしたら最近の風潮だと「あのひと、変なオジサンでは?」と言われかねない感じでした。

画像


 先日も知り合いの娘さんの推薦での大学入学が決まり、彼女はお祝いの集金にやってきました。可愛がってきた娘でしたので、お祝いを奮発しましたが、若い娘にたかられる体質なのだろうか。

 ブレードランナーに戻ります。今回の作品で語られる未来は2049年なので、今から約二十年後です。1982年のオリジナルは舞台が2020年でしたので、さらに19年が経過しています。

 映画自体の続編が製作されたのが35年後ですので、この作品が好きだったのに新作を見ることなく亡くなっていった無念の方もいるでしょう。

 二十年後のロサンゼルスはより統制されているものの猥雑になった街並みとレプリカント差別は激化しています。まるで人種差別や宗教差別が表面化してきている世界情勢を映し出しているようです。

画像


 ちょこちょこアクション・シーンが挟み込まれるのですが、基本的には綺麗な映像美や進化している未来世界を淡々と描いていきますので起伏が乏しく、娯楽作品として一般受けするのは難しそうです。

 もうちょっと、つまり編集を上手く使って120分位に収めた方がテンポ良くまとまったのではないか。もっともこれは一般客にアピールするならという前提なので、マニアが見る分には問題はない。

 ただ前回のゾーラ、プリス、リオン、バティ(バティストゥータではない!!)、レイチェルらの魅力的なレプリカントは少なく、ホログラムの彼女ジョイ(アナ・デ・アルマス)とウォレス社が送り込んでくる女レプリカントのラヴ(シルヴィア・フークス)以外の印象はない。

 それでもこの二人の印象は圧倒的に強く、アナの可愛らしさは尋常ではないのでぜひスクリーンのアップに耐える彼女の美貌を楽しんでほしい。

画像


 物語的にはデッカードと本来生殖能力は無いようにプログラミングされているはずのレイチェルとの間に二人の子供が誕生するという処女生誕のような展開に驚きました。

 この感じだと第三部は革命までの道のりを、第四部は人間の支配からの革命を、そして第五部ではアナの息子シーザーと人類との和解でも描かれるのでしょうか。

 自分が運命の息子だと思い込み、決死の活躍をするレプリカント(ライアン・ゴズリング)の姿は努力すれば夢は叶うのだという幻想に惑わされながら生きている現代人を風刺しているようでした。

 免疫不全という病気にかかっている博士アナ・ステリン(カルラ・ユーリ)がデッカードの娘だったというのは唐突すぎるように思えますし、だらだらと二時間以上が経ってから、急にバタバタクライマックスに向かっていく後半に違和感があります。

画像


 これならば三時間掛けてゆっくり解決していっても良かったのではないか。どうせ二時間も付き合ったのだから、あと一時間延びたところでマニアは何も批判しないでしょう。ハリソン・フォードが出てくるまで2時間近くかかりますが、真打の登場は遅ければ遅いほど良いので問題なしです。

 ビジュアル的には三十年以上の時を経たテクノロジーと表現の進化が随所に見られ、もともとこういう感じで撮りたかったのだろうなあというリドリー・スコットの思いを感じます。

 映像の端々に“ブラックレイン”感が強いのは閉口しますが、両方とも好きな作品であるので気にはならない。CGで松田優作と彼を追いかける高倉健とかを復活させてくれたら、もっと笑えたかもしれない。

 巨大な映像広告は1982年版では映写されたり、画面に写し出されるモノだったのが、今回は立体的なホログラムになり、巨大な風俗嬢みたいな映像が挑発してきます。

画像


 生身の風俗嬢にホログラムの立体映像を写し出してセックスするシーンには驚きはしましたが、未来のダッチワイフはこんな感じになるのでしょう。

 その昔、僕の友人はナンパした女の子の顔が好みではなかったとの理由で彼女に祭りで買ったアラレちゃんのお面を被らせて無心に正常位で果てたという経験を語っていましたので、そんな感じだったのでしょう。

 音楽面ではエルビス・プレスリー『好きにならずにいられない』やマリリン・モンロー、映像が出てくるジューク・ボックスから流れる(最先端なのだか、アナログなのか訳が分からないw)フランク・シナトラはインパクトが強い。

画像


 ただそれ以上にぼくが気になったのが『ピーターと狼』のピーターのモチーフが携帯電話(?)が鳴るたびに流れるのが楽しかった。

 CMなどでもよく使われますが、もともと子供に読み聞かせるためのクラシックという異色の作品なので、すぐにお話が始まってしまう曲者です。

 なかなかインストだけのテイクはなく、たまに出物があっても手に入れることのできない作品でもあります。

総合評価 78点


ブレードランナー クロニクル [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-09-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブレードランナー クロニクル [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
早川書房
フィリップ・K・ディック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」、プロコフィエフ:「ピーターと狼」
ユニバーサル ミュージック クラシック
2012-05-09
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ベーム(カール)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」、プロコフィエフ:「ピーターと狼」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒サン、ゴジラ日和でやんす。
テレ朝でゴジラ番組やってますね。
今回のブレードランナー、記事を拝読しますに有名なゾンビ映画が続編で単なる映像美作品に陥る先例を誤って?準えている印象ですね。
ゴジラ作品との共通性を敢えて強弁してしまうと…。
人類の奴隷(マスコットも含めて)であったゴジラ作品は評判が低いですが、人類による存在理由の解釈を許さないゴジラの作品群は概ね高評価ですよね。
ゾンビ映画も、ゾンビのやっつけ方だとか、なぜ現世に出てきたのか、とか表現し過ぎるとB級感が強くなります〜ソレはソレで面白くもあるのですが。
オリジナルのブレードランナーの良さ、コレも似たようなところがありそうに想います。
きやらはん
2017/11/12 15:19
こんばんは!

ゴジラの良いところはあれこれ皆でワイワイ言えるところですね。もうすぐアニメ映画も始まるようですが、さすがにアニメは映画館までは行かないつもりです。

 実写のあたたかみあってのゴジラなので、アニメ化を聞いたときはなんだか複雑でした。

>ゾンビ
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』『ゾンビ』『ゾンビ3』の3作品は覚えていますが、その他はあまり記憶にないですよ。

 ブレードランナーももしかすると猿の惑星化するかもしれませんww

ではまた!
用心棒
2017/11/12 17:48
用心棒さん、明けましておめでとうございます。

>レイチェルとの間に二人の子供が誕生
>デッカードの娘
今回のテーマは、ちょっとわかりにくかったです。私には難しかった。
人類は存続する限り、その社会は何らかの在り方で成立させていかなければならないわけですけれど、次の世代以降を見通すのは難しいですよ。もちろん、優れたSF作品には未来への警告が示されているのでしょうけれど。今回は何が警告されていたのでしょうか?

今回、免疫不全の娘、ホログラムの恋人、ウォレス社の女性レプリカントと、やはり女性の登場人物(?)が多かったですね。時代(未来)の反映なのでしょうね。

現実的には、無理に女性活躍などと銘打つと、とんでもなく男性にも女性にも無理が掛かってくるように思うのですが・・・。それぞれの素晴らしさを社会に反映させていくには、今の在り方ではちょっと難しいですよね。
そもそも「内助の功」ほど、素晴らしい女性活躍の方法はないとまで私は思っているのがホンネなのですけれど・・・。

久しぶりに記事更新しました。たまに寄ってやってください。テーマは「娘・父性」です(笑)。

では、今年もよろしくお願いいたします。
トム(Tom5k)
2018/01/03 02:46
こんばんは!

明けまして、おめでとうございます!

お久しぶりです!
お元気そうで何よりです。

今回の新作はとにかく長いので驚きましたが、最初からマニア向け映画に仕上げる意図は明らかで、一見さんにはあまり興味はなさそうでしたねww

>女性
仕事には向き不向きがあるので、家事が得意な人はそうすれば良いですし、仕事に生きがいを感じる人はパートナーと話し合い、最適な解を探すのが良いでしょうね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

ではまた!
用心棒
2018/01/03 23:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ブレードランナー2049』(2017)遂に完成した続編!う〜む…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる