良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴジラVSデストロイア』(1995)ゴジラ死す!でも復活する…。

<<   作成日時 : 2017/08/18 20:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 今回の『ゴジラVSデストロイア』は昭和シリーズから繋がるゴジラ映画にいったん区切りをつける意味では重要な作品となります。オキシジェン・デストロイヤーは初代ゴジラを殺傷しましたが、今回はデストロイアと名付けられたモンスターが最後の刺客として現れます。

 まあ、実際にはその後も『モスラ2 海底の大決戦(1997)』『モスラ3 キングギドラ来襲(1998)』『ゴジラ2000 ミレニアム(1999)』『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)』『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)』『ゴジラ×メカゴジラ(2002)』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003)』『ゴジラ FINAL WARS(2004)』などスピンオフ作品が続々と登場しました。

 それほど人気のあるキャラクターではありますが、さすがにただ出てくるだけではインパクトは無くなってしまっている。そこを補うのがドラマ性ではありますが、東宝はそこを怠り続けたためにスター性を無駄にしてしまいました。

 主な出演者は以下の通りです。辰巳琢郎、石野陽子、村田雄浩、小高恵美、篠田三郎、中尾彬、高嶋政宏、神山繁、平泉成、藤巻潤、小野武彦、そして河内桃子です。

画像


 オリジナル版のヒロインだった河内桃子を再登板させたのはこの作品に重要な意味を持たせるためだったことが推察できます。作中でもオリジナル版の平田昭彦や志村喬(写真)が回想シーンで登場するのがファンには嬉しい。

 これほどの“今まで見てくれてありがとう!”演出をするのであれば、そのあとにダラダラとスピンオフを作り続けたのは何故だったのかは興行面以外では理解に苦しみます。設定では今回の肝はゴジラを攻撃できないという制約があることです。攻撃すると核分裂を起こし、放って置くとメルトダウンを起こし、地球に穴を開けるかもしれないという状態になります。

 核分裂を起こされると本土で大爆発を起こしかねない状況で自衛隊が送り出す(実際は勝手に出動?)のは平成シリーズではおなじみの高嶋兄弟のおにいちゃんが操るスーパーX3であり、攻撃手段は火器兵器ではなく、冷凍兵器という選択でした。

 冷凍兵器のアイデアは『シンゴジラ』でもゴジラを凝結させる訳ですから、奇を衒ったものではなかったことが証明されています。カドミウム弾もG制御用に使用されていました。

画像


 大量発生した“ちび”デストロアは自衛隊とイイ感じで戦った後は何故か合体して大デストロイアになるという科学的にはあり得ない状況に陥ります。それに続く石野陽子がマスコミヘリからリポートする場面がより非現実的で引っくり返りそうになりました。

 最後のゴジラは香港が中国に再併合されるのを機に観光旅行に出かけます。どうせならば、共産党一派を全滅させてくれれば21世紀に入ってからの悪逆非道の行いが出来なかったのにと思うと残念です。

 環境破壊や進み過ぎた科学技術へのアンチテーゼとして機能するゴジラであるならば、南シナ海の環境を汚染し続ける支那の非道を懲らしめるために今こそ立ち上がって欲しい。

 敵役として登場するのはデストロイアです。彼は先カンブリア紀からオキシジェン・デストロイアーの副産物として復活してくるわけですが、40年以上もかかるのはなんだか不自然ではあります。どうせなら21世紀版『南海の大決闘』として埋め立てられたサンゴの海を復活させるために中国軍を蹴散らしていくのがゴジラの使命ではないだろうか。

画像


 デストロイアは人間と格闘するほどの大きさだったのが最終的にはゴジラと対峙するまでの大きさに成長し、リトル(ベビーからリトルに名前が変わっています)との三つ巴の戦いに入ります。燃え尽きて行く我らがゴジラの最後の勇姿を見ましょう。ゴチャゴチャ言わずに合掌。

 メルトダウンが始まり、溶け落ちていくゴジラはスーパーX3や冷凍メーサー砲の集中砲火を浴びながら、最後の咆哮とともに絶命していく。大量の放射能をまき散らして、東京を死の街にするかと思われましたが、その放射能を吸収したゴジラの息子ジュニアがさらに巨大化して新ゴジラとして復活し、暗闇のシルエットの中、叫び声をあげる。

 その咆哮に被さるように伊福部音楽とゴジラの歴史が映し出されていく。初代の艶めかしい動き、再スタートした1984年版、VSビオランテ、VSキングギドラ、VSモスラなどの平成シリーズの様子が繋がっていく。再度思う。批判はいらない。

画像


総合評価 65点


ゴジラvsデストロイア 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝
2014-06-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴジラvsデストロイア 【60周年記念版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒サン、こんばんわ。
弱小と侮った支那が戦力アップして人類の脅威に。
→デストロイヤー
日の本の最強科学であった原子力も、アホ総理KANによって使いモノにならず。
→核融合ゴジラ
真実の脅威について何も報道できず、下らない映像を垂れ流し続けて国民を危難に追い込んだ馬鹿マスコミ。
→ヘリリポーター石野陽子
先人の教えを忘却しきった日本を覚醒させた大震災。
→じゅにあゴジラ
アホ総理KANの無策の中で全力を出し切った自衛隊。
→スーパーXをはじめとする冷凍作戦
それぞれを予言していた都市伝説作品としても甦るゴジラということで、魂を感じる作品ですね。
批判しようなんて無いですよ。
きやらはん
2017/08/19 17:40
こんばんは!

その昔、時代劇は批判できない現体制を遠回しに批判する道具でした。今は時代劇は大河以外は作られなくなり、特撮しかないのかもしれません。

『シンゴジラ』にもあちこちに外国列強への批判的な考え方が散りばめられています。

ぼくらも秘められた意図を忖度しながら記事を書いていくべきなのかもしれません。

ではまた!
用心棒
2017/08/20 00:23
用心棒さんこんばんは。ゴジラには中華や朝鮮だけじゃなくアラブの油田も襲って欲しかったです(笑)奴等もオイルマネーで悪さしてますからね!今朝北朝鮮がミサイル飛ばし、いつも見てる番組のコーナーがパーとなりました。後日放送してくれるのかな?それにしても北朝鮮がミサイル飛ばしたら非難するけど、インドやイランのミサイル発射には非難せず。なぜでしょうか?さて、この映画は訳が分からない部分もありますが、デストロイア完全体はかっこいいです!見た後にソフビを購入しましたよ〜。次はミレニアムで書きこみますよ!
さすらいの映画人
2017/08/29 18:38
こんばんは!
>朝鮮

なんか鬱陶しい豚マンのヤンキーが近所の公園でギャアギャアわめきながら花火をした後に後片付けなんかするわけもなく汚すだけ汚して走り去っていく感じですかね。

イランやインドは資源だったり、マーケットだったりと魅力がありますが、北朝鮮にはなんにもありません。

>ソフビ
ぼくはキングギドラが大好きなので、何度も買おうと迷いましたよwww

ではまた!
用心棒
2017/08/29 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゴジラVSデストロイア』(1995)ゴジラ死す!でも復活する…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる