良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『gift』(2014)松井玲奈がやりたいことは歌と踊りではない。淡々としたロード・ムービー。

<<   作成日時 : 2015/06/29 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 『gift』は遠藤憲一主演でヒロインにSKE48の中心メンバーで先頃、グループからの脱退を表明した松井玲奈を迎えた作品です。

 彼女をはじめて見たのはAKBが『ポニーテイルとシュシュ』『ヘビーローテーション』の二曲でブレイクする直前にテレ東系列で放送されていたグループ・メンバー総出演のドラマ『マジすか学園』でした。

 この玉石混合(ほぼクズ石ばかり。でも一生懸命にやっているのは伝わってきます。)の演技力に問題があるドラマでの凶悪で精神がイカれている不良少女ゲキカラ役を務めた彼女のインパクトはかなり強烈でした。

 彼女の見た目は色白でスレンダー、かなりおとなしめであるため、役柄とのギャップが見た者を惹き付けます。外側に危険な香りを発散するのはもちろん、内面からの狂気を隠せない異様な眼差しはただのアイドルには出せないでしょう。

画像


 浮いた噂も一切ないままにグループから脱退をすることで、スキャンダルまみれの他のメンバーとは一線を画し、追い掛けてきたファンを強固な信者に変えていく。

 この小品『gift』での彼女の役どころはけっこうハードで、壮絶なDVを受けていた弟を庇うために母親を刺したことをきっかけに少年院に入り、母親が飲んだくれて事故死するなど家庭もバラバラに崩壊していく。

 刑期を終えた彼女自身もキャバ嬢になり、同僚だけでなく、老婆の財布にも手を出すような荒んだ心を持つ役です。夜の商売でも上手く行かずに、くだらない男の借金まで背負い込み、ソープ嬢に転落するかもしれないというタイミングでのどうにもこうにも地獄しかない境遇を這い回る少女役を演じた彼女は見ていても浮ついた感じがない。

 アイドルとしてキラキラしているときの表情とはまったく違う一面を見せてくれます。この娘が今やりたいのはもはや集団の中での歌や踊りではなくて、演じることなのではないか。

画像


 昨年は秋元康がプロデュースする乃木坂46のてこ入れにまで駆り出された結果、さらに演技への渇望が本人のなかで大きくなったのかもしれない。彼女のファンからすれば、劇場に会いに行けなくなってしまうのは悲しいことでしょうが、十代後半から二十代前半までの大
切な時間を彼らに捧げてきたのであるから、笑顔で送り出すことに納得出来るでしょう。

 年齢的なことが第一ですが、いずれアイドルにはその役割を辞めざるを得ない時が来ます。AKBシステムの中に生きる娘たちは自分でそのタイミングを決められるようなので、潔く辞められる。

 グループを背負ってきた松井玲奈にとってのタイミングは今年だったのでしょうし、自分の今後を賭けられるようなやりたいことが演技だったのでしょう。大人気グループの中心メンバーの一人でいることのメリットは非常に大きいはずですが、それよりも自分の気持ちを優先するには強固な意志が必要です。

画像


 彼女がどうなっていくかに注目しています。主演を張り続けるには華がないように思います。しかし映画やドラマでのキラリと光る脇役としてならば、十分に機能するでしょう。

 演技や脚本は無難にまとまっているのになぜか物足りなさと違和感がありました。その原因は映像がクリア過ぎること、そして画の軽さが気になってしまうことです。かなりヘビーな設定下にある二人なのに彼らを映し出すカメラに情念が希薄なのです。

画像


 ざらざらして殺伐とした思い、どうにも抜け出せない不幸から脱出する必死な思いは伝わってない。異化効果を出すのなら、カラッとした画と台詞を持ってきた方が良いでしょうし、なんだか、せっかくの主演俳優たちの演技が軽く見える。この物語ならば、映像はより暗く、昭和の刑事ドラマのような薄暗い感じの方が雰囲気が出るのではないか。

 機材が光を取り込む性能や映像の解像度が飛躍的に増した結果、かえって現実味が無くなっているように思えます。フィルムの質感が必要なのではないかと感じる作品でした。タモリ主演のロード・ムービー『キッドナップ・ブルース』のような雰囲気が欲しかったなあ。

 総合評価 58点


gift (Blu-ray Disc2枚組)
avex trax
2014-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by gift (Blu-ray Disc2枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



きんぎょばち (Blu-ray)
avex trax
2012-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きんぎょばち (Blu-ray) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



きんぎょ 松井玲奈ファースト写真集
光文社
企画/アートディレクション 櫻田厚志 撮影・丸谷嘉長

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きんぎょ 松井玲奈ファースト写真集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



キッドナップ・ブルース 【初DVD化】
ジェネオン エンタテインメント
2008-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キッドナップ・ブルース 【初DVD化】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こんばんは。
私もついDVDをレンタルしてし観てしまいましたよ。

>なぜか物足りなさと違和感がありました。
わたしも同じ印象だったのですが、
松井玲奈の商品価値にこだわり過ぎたためだったのではないでしょうかね?
もっと、乱暴な演技指導があっても良かったように思います?

>主演を張り続けるには華がない
冒頭のキャバ嬢の展開は、かなり光っていたように感じましたけれど、遠藤憲一と同行する展開になってからは、どうも中途半端な印象でした。彼女は内面の異常性や苦悩などの心象風景が表現できると、より強烈で魅力的なキャラクターになると思います。
私はやっぱり「マジすか学園」のゲキカラがよかったですね。
とても惜しい作品だったように感じています。
では、また。
トム(Tom5k)
2015/07/07 00:49
こんばんは!

「怒ってる?」のゲキカラ時代から注目している人材なので、不完全燃焼な扱いでしたね。もっと汚れて欲しかったですよ(笑)

彼女は汚れても光る娘だと思いますので振り切った役柄にチャレンジしてほしいと感じております。

ではまた!
用心棒
2015/07/08 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
『gift』(2014)松井玲奈がやりたいことは歌と踊りではない。淡々としたロード・ムービー。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる