良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『殺人ブルドーザー』(1974)これはSFと言っても良いのだろうか?ドリフみたいな…。

<<   作成日時 : 2014/02/11 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 11

 昭和50年代、テレビ局は朝6時から深夜1時位までの放送枠を埋めるため、多くのバラエティ番組、ドラマ、スポーツ中継や映画を必要としました。

 すべてに初回放送番組を組むことは出来ず、結果として再放送番組、アメリカのテレビドラマ、映画、お茶の間ショッピングがかなり多くなり、それらは学生やサラリーマンを送り出した後の午前中から夕方まで延々と続きました。

画像


 そのなかには映画の枠が数多く存在しました。ただし映画と言っても、誰もが知っているメジャーな作品群が午前中から並ぶわけではなく、ほとんどが聞いたこともないタイトルや聞いたこともない俳優ばかりで、大幅にカットされていて、俳優の口の動きとはまるで違っているのが子供ながらにも分かるお粗末な吹き替えでした。

 送り手も適当で、見る側も適当なので、後々になってから、タイトルを覚えていない作品ばかりとなってしまいました。しかも初回放送時とは異なるタイトルをつけて、別の作品と思わせて、再度同じ映画を見せるという裏技を使うため、どれを見ていたのかがわからなくなっています。

画像


 『殺人ブルドーザー』はオリジナルタイトルが『KILLDOZER』でけっこう洒落たネーミングです。そういった流れの中、この作品は度々お茶の間に登場しました。

 別題で『落下イン石の謎/キルドーザー・孤島の殺人機械』というタイトルが付けられたこともあります。なんとも怪しげなタイトルで観る前からいかがわしい。

画像


 けっして優れているとは言えない、というよりは駄作なんじゃないかと子供でも分かる作品なのに放送されていたら不思議にまた見てしまうのです。

 さすがに送り手も出来映えを認識しているためか、これを見たのは深夜かお昼だったような気もしますが、もしかするとゴールデン枠で放送されたのだろうか。

画像


 内容は簡単に言うと、リゾートではない無人の小さな島に光の生命体が隕石とともに落下し、原発や軍事基地のコンピューターではなく、なぜかブルドーザーを乗っ取って、ぼちぼち作業中の6人の作業員に襲いかかる。

 彼ら以外にはだだっ広いグラウンド(さら地?)と草むらしかない島には誰もいない。低予算映画を撮るには格好の舞台が揃っています。騒音で苦情を受ける可能性はなく、何か特別なセットを組む必要性もない。

画像


 エイリアンを待ち受ける現場監督がクリント・ウォーカー、ロバート・ユーリック(音波攻撃で死亡!)で、部下の作業員がネビル・ブランド(当然、死亡。)、ジェームズ・A・ワトソンJr(土管に逃げて潰されて死亡。)、ジェームズ・ウェインライト(ブルに轢き殺される。)、カール・べッツ(生き残る。)というB級な面々です。

 エイリアンなのか霊的現象なのかもはっきりしない、敵の姿が見えない状況下、なぜ勝手に動いているのかには誰も気にせず、ブルドーザー対人間たちの戦いが地味に始まる。

画像


 一応は遠隔操作で動かしているに違いないのでそいつを探そうという案も出るが、誰も耳を貸さない。台本には宇宙人なのだと書いてあるのだから、パントマイムでいると仮定しながらの演技だったのだろうか。

 そんなに高速では動けない建設用重機なのにギル・メレの音楽の呪いが掛かっているためなのか、光の生命体が操縦しているブルドーザーによって数人(ネビル・ブランド含む。)は仕留められる。人間たちはジープや普通車を運転しているので時速も早いはずである。

画像


 一方、ブルドーザーは戦車ではないのでそんなに高速には動けない。それなのに知恵が回る無人ブルドーザーは馬鹿な人間たちの浅知恵をあざ笑うかのようにいつも先回りしている。

 ブルドーザーによる殺戮ショーが始まる前の晩、ブルの前で佇んでいる作業員をやろうと思えばやれる状況でも、シャベルをちょっと持ち上げただけでわざと後ろ向きの彼の手前で降ろすというドリフのコント(「しむら、うしろ〜!」)を思い出させてくれる昭和の香りが素晴らしい。

画像


 しかしこれはアメリカ製作なので、向こうは昭和ではない。ということは全世界的に昭和だったのだろうか。この子供騙し感はいったい何なのだろうか。

 作業員たちはどんどん殺害されるのですが、人殺しであるブルドーザーがすぐ近くにいるのに横で死者のお墓を立てていくシーンはむしろとても芸術的なシュールな作品意図でもあるのだろうかと勘繰ってしまう。

画像


 あれこれ子供レベルの知恵比べがあった末に光の生命体は最終的に人間に出し抜かれて、感電死するというアホみたいなお話です。

 青白い光の生命体はまったくしゃべらないので、光の生命体の目的は最後まで明かされないまま、一応は退治されるハッピー・エンドとなる。

画像


 もしかすると青白い光の生命体が住む星から、幼いいたずらっ子が勝手に隕石型宇宙船に乗って、間違って地球行きのボタンを押してしまったのだろう。名前はチョビン、大人には見えないから、青白い影だけが映っていたのかもしれない。

 重機同士の対決シーンはちょっと前ならば、フジテレビの人気番組だったが、ヤラセが発覚して放送休止に追い込まれてしまった「ほこXたて」を思い出させてくれる。しかしながら、どこが記憶に残っていたのか、何に心が惹かれて、数十年も覚えていたのかは今もって不明な作品です。

画像


 あまりにも捻りがなく、あまりにもくだらなすぎて強烈な印象を残したのだろうか。もちろん日本版DVDは出ていません。

 小さい頃のジョディ・フォスターが主演していた『別れのこだま』が画質最悪ながらも無事にソフト化されていますので、こちらもついでにレンタルに並べて欲しい。

画像


 まあ、買うほどの価値はないと個人的には思いますので、無駄遣いをせずにレンタルを気長に待ちましょう。見なくとも後悔することはありませんが、ダメ映画を見ると、次に見る作品が標準レベルでも良作に思えますので、試しに映画ドーピングをするのも楽しい。

総合評価 50点



Killdozer [VHS] [Import]

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Killdozer [VHS] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



別れのこだま [DVD]
コンマビジョン
2013-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別れのこだま [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シオドア・スタージョン「殺人ブルドーザー」
シオドア・スタージョン「殺人ブルドーザー」 創元SF文庫「地球の静止する日」収録 さっそく入手して読みました。 ブラッドベリもハインラインもそっちのけで 「殺人ブルドーザー」だけ、とりあえず。 ...続きを見る
海へ出るつもりじゃなかった
2014/10/01 19:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、確か日曜洋画劇場でやってたような?
似たようなので「ザ・カー」と言うのも同洋画劇場でやってました。
小学生だった私はワクワクドキドキしながら観てました。

仙台人
2016/03/21 12:40
こんばんは!

たぶん同じ放送を見ていたかもしれませんねww

何度も再放送されているでしょうし、東京12チャンネルでは同じタイトルを題名を変えて何度も放映していますねw

>小学生
ぼくも小学生のころ見ましたよ。

ではまた!
用心棒
2016/03/22 01:31
はじめまして。
有名どこからマニアック作品まで
簡潔なレビュー、楽しく拝見しております。

この映画、ショベルカーとブルドーザーの一騎打ちが有るんですよね。
子供時代ワクワクちかしたのを覚えております。
大好きな映画ですがDVD化は夢ですかね…?
輸入盤はある店舗で見つけたのですが
やはり字幕スーパーが欲しい、
まさかテレビ放映時の吹き替えは出ないと思いますが、
あったら一萬円でも買いたい!
このようなボンクラなわたくしもいます!

ネビルブランドを初めて知った、カックいい作品、
悪魔の沼よりこちらがネビル!

drinker
2016/05/10 23:25
こんばんは!

ネビル・ブランドは印象深い俳優さんでしたね。チャック・コナーズが復讐に燃える爆弾魔を演じ、彼の娘を強姦して死に至らしめた強姦魔を演じた『マッド・ボンバー』(こっちはDVDが発売されています。記事にもしていますので、お暇があればお立ち寄りください。)のネビルも強烈でしたよww

>輸入盤
1000円くらいの廉価版を出しているメーカーさんあたりに出してほしいですよね。何度も見ましたけど、出たら買いそうですよww

ではまた!
用心棒
2016/05/11 00:45
子供の頃、テレビで日本語版を見ました。
最後に生き残った二人。
「俺たちが四人を殺したと疑われるかもな。」
「まあ、生き残れただけでも嬉しいよ。」と言って空中に赤いヘルメットを投げる。そしてストップモーションで終わる。
今でも覚えています。
蟷螂の斧
2016/05/11 22:29
こんばんは!

この映画に出ている俳優さんたちって、このころの映画の脇役としてよく見ましたよね。

美男美女の大スターとかが出演するA級作品だけでなく、低予算映画の出来の良さが映画業界全体のすそ野の広さが分かりますね。

12チャン映画で大作に出会うのはほぼ無理ですが、記憶に残るクセのある映画には結構な確率で出会いますし、駄作にはもっと出会いますww

変なのも含めての映画経験だと思います。

ではまた!
用心棒
2016/05/11 23:52
ふと思い出した映画があります。
1970年代のアメリカ映画でしょうか?
ビルのエレベーターの中に老若男女が数人乗っている。
お互い知らない者同士。
そのビルに強盗が入る。エレベーターがストップする。
憎き犯人は自分の犯行がバレないようにそのエレベーターのワイヤを切断してその人たちを殺そうとする。
低予算っぽいですが、なかなかスリルがある映画でした

>記憶に残るクセのある映画には結構な確率で出会いますし、駄作にはもっと出会いますww

そこがまた12チャンの良いところでしょうね
蟷螂の斧
2016/05/14 12:42
こんばんは!

>ふと思い出した
う〜む。タイトルは何でしょうねえ。ぼくはたぶん観ていませんねえww

>12チャンの良いところ
そうなんですよ。タイトルを全く思い出せない映画が山のようにありますね。タイトルは出てこないけど、確実に僕らの映画力を育ててくれているのは間違いないですね。

ではまた!
用心棒
2016/05/14 18:12
フェリー二とビスコンティーは若い頃仲が悪かったのが良かった。刺激しあえたからだ。
根保孝栄・石塚邦男
2016/05/18 00:45
「二つの顔を持つ女」(1973年)。
子供の頃に見ました。また社会人になってからはビデオに録画して見ました。
これもまた忘れられない映画です。
日本で似たようなドラマもあったと思います。
蟷螂の斧
2016/05/21 20:51
こんばんは!

昔見た映画って、ふいにいろいろと記憶に甦ってきて、あれかなこれかなとネットで探してしまいますね。

昔は近くの映画ファンに「こんなの覚えてない?」とか聞く程度でしたが、ネットがある現在ではいくつかのキーワードを打ち込めば、タイトルが分かる確率が上がっていますので、良い時代になったものですww

ではまた!
用心棒
2016/05/21 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『殺人ブルドーザー』(1974)これはSFと言っても良いのだろうか?ドリフみたいな…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる