良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジェット・ローラー・コースター』(1977)あまり知られていませんでしょうが、なつかしの作品です!

<<   作成日時 : 2011/04/20 18:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 先週の日曜日、近所のレンタル屋さんのパニック映画コーナーでふと目にしたのがこの『ジェット・ローラー・コースター』のタイトルが印刷された背ラベルでした。

 大型化が進む一方のレンタル屋さんの膨大なタイトルの中から、お目当ての作品をピン・ポイントで探すのは難しいが、背ラベルの雰囲気で古いものと比較的まだ最近のものであろう作品とが見分けられることが結構ある。

 これがルール1なのです。つまり背ラベルの字体が黒地に白抜きのシンプルなものだったり、邦画タイトルの古臭さで判別出来ることが多い。この次にルール2があり、それは同じく背ラベルに貼っていることが多い“吹き替えなし”のシールです。この二つが重なると結構七十年代以前の作品であることが多い。

画像


 小学生のときに近所の駄菓子屋の外壁には公開中の映画のポスターが入れ替わり、立ち替わりペタペタと貼られている掲示板があって、この映画のポスターもそこに貼られていました。

 映画のジャンルはバラバラで、『ジョーズ』『13日の金曜日』『がんばれ!タブチクン』『ET』『ダーティ・ハリー』などさまざまなポスターが貼られていたのを覚えていますが、さすがに小5か小6のときに『ウォーター・パワー』『ミス・ジョーンズの背徳』『鬼龍院花子の生涯』『白蛇抄』が貼られたときにはドキッとしましたし、驚きがありました。

 『ジェット・ローラー・コースター』もポスターが貼られていたなかの一枚でした。とくに何の変哲もないデザインでしたし、映画館まで見に行った訳でもなかったので、長い間すっかりと忘れていました。

画像


 それがタイトルを見た瞬間に急に思い出して、懐かしくなってしまい、すぐに借りてきてしまいました。ポスターをはじめて見てから、すでに30年以上経っている作品の記憶がなぜ蘇ったのか分かりませんでしたが、これも何かの縁なのでしょう。

 当時の扱いはけっこう厚遇されていたようですが、今回作品を見た感じではいわゆるB級なのですが、名優ヘンリー・フォンダなどが出ていて、ヘレン・ハントもジョージ・シーガルの娘役で出演しています。撮影やロケーションもB級臭があり、これが逆にリアルで、アメリカン・ニュー・シネマ時代の色合いの名残があるように思う。

 今回はじめて見ましたが、ポスターにあるようにパニック映画というわけではなく、サスペンス映画でした。そもそも世界最大のジェット・コースターが爆破されるとのキャッチフレーズがありますが、ポスターの画のコースターは破壊されません。

 冒頭の田舎の遊園地のジェット・コースターを爆破する場面を見たときにはパニック映画的展開を予想できましたので、大いに期待して見ていましたが、派手な爆破シーンはここだけで、あとは犯人を追い詰めていく映画に変わっていきます。

画像


 つかみはオッケーなのですが、最初に派手なシーンを見せつけておいて、あとはひたすら地味な展開に持っていくのは確信犯的な詐欺師にも思えるがシナリオの持って行き方、そして映画の盛り上げ方としては失敗していると言わざるを得ない。

 最後のほうで、もう一度ジェット・コースターがらみのハラハラさせる場面が出てきますが、爆破は一切なく、犯人を追いかけて、追い詰めるもののコースターに轢かれて死んでしまうという終わり方でした。

 このクライマックスは残念ながら、冒頭のコースター破壊シーンで受けた期待度を100とすると50くらいしかありません。ここをどう判断するかで作品への評価が変わるかもしれません。個人的にはこのバランスの悪さから、竜頭蛇尾の印象がどうしても拭えない。

 また犯人がなぜローラー・コースターばかりを狙うのかとかの犯行動機や犯人の心情などの犯人側の情報は一切語られず、捕まえる側のみの視点で語られていく。作品の上映時間は118分とけっこう長い尺です。サスペンス映画として、警察側の行動や追い詰めるプロセスを丁寧に描いている。

画像


 現在の感覚でこの映画を見るとなんだかかったるい印象を受けるでしょうが、1970年代当時の映画は普通にこれくらいの上映時間を持つ作品がほとんどでしたし、撮影等に監督の遊び感覚もありました。効率一辺倒ではない時代の名残を楽しみましょう。

 カメラワークとしてはループするジェット・コースターからの観客視点で描かれているのは楽しく、まるで一緒にこれに乗っているような体感が得られます。

 ただ字幕に大きな問題があり、セリフによって付いたり、付かなかったりで変に端折っていたりで、まるで一貫性がない。まあ、単純な映画なので、ある程度の英語力があれば、なけりゃないでも十分なので安心して見られます。

画像


 最近はDVDも過去の有名作品はあらかたリリースされてしまっているので、発売されるのもマニアックなカルト映画が増えてきているように思います。

 『変態殺人鬼 鉄の爪野郎』『悪魔の凶暴パニック』『悪魔の調教師』『日本暗殺秘録』『犬神の悪霊』『ラストハウス・オン・ザ・デッドエンド・ストリート』『スナッフ』『絞殺魔』などタブー扱いだったり、ビデオ時代ならば、発売数量が見込めなかったようなタイトルがどんどんリリースされてきている。

 つまりホラー映画マニアにはたいへんありがたい状況が生まれている。幻の作品『シェラデコブレの幽霊』なども著作権がそろそろ切れるでしょうから、ぜひとも安価版で発売してほしい。

 カルト映画マニアとしてはホラーだけではなく、『ゴンドラ』『博徒七人』『徳川一族の崩壊』『ガキ帝国 悪たれ戦争』『きつね』『夕映えに明日は消えた』など大昔の邦画のマイナー系やメジャーでも現在のぬるい放送コードには引っかかってしまう問題作品をもっと見たい。

 タイトル名の言い換えや問題シーンのみをちょっとカットしただけであとは問題がない作品もけっこうあるので、ここは各社の英断を待ちたい。

 見せておくれよ!

総合評価 60点


ジェットローラー・コースター 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-08-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジェットローラー・コースター 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして いつも楽しく拝見させていただいてます
ジェットローラーコースター! 懐かしすぎです
私もこのポスターのデザインよく覚えています
当時の日本には 一回転するジェットコースターはなかったんですよね
アメリカは凄いなんて思ったものです
まさ
2011/04/22 23:57
 こんばんは!はじめまして!

>アメリカ
 昭和のときは外国というのはアメリカのことを指していましたね。特にエンターテインメントに関しては圧倒的なレベルを誇っていて、たまにアメリカの遊園地などを特集する番組があって、その番組の目玉になるのはジェット・コースターでした。

>一回転する
 小学5年か6年のときに横浜ドリームランドのシャトル・ループというジェット・コースターが登場し、これがたしか日本で最初の一回転コースターでした。

 当時、神奈川県に住んでいたので、すぐに乗りに行きました。めちゃくちゃ混んでいて数時間以上待たされたのを覚えていますよ(笑)

 ただ短時間で終わるジェット・コースターよりもあの遊園地にあった観覧車がかなり高いところまで昇っていくとんでもないヤツで、こちらの方が恐怖がありましたよ。

 ではまた!
用心棒
2011/04/23 21:06
こんばんは用心棒さん。この映画高校二年の時テレ東の昼枠で見ました。放送当日ちょうど休日だったのでラッキーでした。当初はゴールデン枠でやる予定でしたが何故か昼に回されました。パニック映画と思ったら心理サスペンス映画ですね。DVD見つけたら買おうかな。
さすらいの映画人
2011/04/25 18:57
こんばんは!
>テレ東
かつての東京12チャンネルの頃から、この局は午前中(子どもが楽しめる映画)、昼枠、深夜に洋画を持ってきていて、数多くの映画を見ることが出来ました。

この局らしい雑多なB級映画を多く放送してくれていて、ほとんどの映画のタイトルは覚えてきませんが、CS放送時に何かの拍子で「ああっ!これ昔見た!」という感じになることがままあります。

小学生の頃からTV放送される映画はかなり見ていましたが、12チャンネルで放送されたものも映画を見る際の血肉になっているんでしょうね。

>DVD
アマゾンで買えますよ!
ジャケットがポスターと違うのは残念ですね。

ではまた!
用心棒
2011/04/25 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ジェット・ローラー・コースター』(1977)あまり知られていませんでしょうが、なつかしの作品です! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる