良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『天地創造』(1966)ダイジェスト的に語られる旧約聖書の世界観。スペクタクルなシーンも多い。

<<   作成日時 : 2011/01/06 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 4

 欧米はもちろん、南米を含めた外国映画を観ていると、何気ない部分にもキリスト教文化が深く浸透していることに気づくことが多い。十字架、教会、12使徒の名前、慣用句、お祈りなどなど様々なシーンでキリスト教的な習慣が息づいているのが分かります。

 このような習慣や彼らの血肉であるキリスト教を知識としてでも知っているか、そうではないのかで外国映画の理解度は違ってくるのではないか。

 宗教映画というジャンルを無意識のうちに避けてきている映画ファンも多いでしょうが、たとえ代表的な作品群だけでも見ておきたい。分厚い聖書を読むよりは分かりやすいのでお試しください。

画像


 大雑把にみていくと新約聖書と旧約聖書がありますが、『天地創造』『カインとアべル』『十戒』『ジーザス・クライスト・スーパー・スター』『最後の誘惑』『パッション』など有名でレンタルで借りやすいものばかりなので、好き嫌いはやめて、一度くらいはぜひ見ましょう。

 なかでもまずは見たほうが良いかなあと思えるのがジョン・ヒューストン監督の『天地創造』です。本人もノア役で出演しているので、彼の演技にも注目したい。

 映画の構成は天地創造の7日間、アダムとイブ、カインとアべル、ノアの箱舟、バベルの塔、ソドムとゴモラ、アブラハムとイサクという有名な七つのエピソードをザックリと羅列していく。

画像


 思わず「へぇー!」と唸るシーンがたくさん用意されています。日本人にとっては奇異に映るのは契約という概念の厳しさでしょう。曖昧に許すという感覚は全くありません。物事に白黒をつける分かり易い神です。第一の天地創造のエピソードでは一週間の概念の意味を知るでしょう。

 第二のエピソードにはアダムとイブが登場し、何が原因で楽園を追われたかが明らかになる。このときに蛇が出てきますが、樹の中で蠢くのでかなり見づらい。1960年代の映画で全裸の男女を冒頭に持ってくる、しかもその映画が宗教映画だというのは当時はかなりインパクトが強く、保守的な立場の人たちからみたら、それこそ神への冒涜という批判も出ていたのではないでしょうか。

 数年前に『ダヴィンチ・コード』が公開された時にカソリック系の国で非難轟々だったと記憶していますが、あの頃は何もなかったのでしょうか。興味があるところです。

画像


 第三のエピソードにはアダムとイブの子供であるカインとアべルの諍いが原因で起こる、人類初の殺人が描かれる。欲深い人間と淡白な人間の生き様と神がどちらの人間を好むかが描かれる。この映画は基本的に二元論的な聖書ダイジェストとなっているので深くまで掘り下げていかない。

 スペクタクルのないエピソードの部分では異教徒の我々のような観客には物足りなくなってくるでしょうから、家族の葛藤や兄弟の立場について、より興味を持たれた方には映画『カインとアペル』をお勧めします。たしかこれもメチャクチャ長い映画だったような気がします。

画像


 第4のエピソードで、ついにこの作品の監督でもあるジョン・ヒューストン自身が人類や動物たちの救世主であるノアの役を務める箱舟のエピソードが語られる。この映画の全エピソード中、もっとも予算が使われているのが理解できる。この時の神とノアの約束(もう人類を滅ぼさないという約束。)の印が虹であることが告げられるのは興味深い。

 人類を二度と滅ぼさない証こそが大空に架かる虹なのです。最近、というか10年以上、まったく虹を見なくなりましたが、神様は約束を忘れてしまったのでしょうか。虹を見たかい?って感じです。むかしCCRが『雨を見たかい』って歌っていたのをふいに思い出しました。

画像


 このエピソードの見所は大きな箱舟のロケ・セットや番(つがい)で収容されてくる動物たちが一列に並んで入り口を目指すシーンでの特撮などでしょう。オプティカル的な効果を使っているのでしょうが、50年位前の作品にしたら、かなり予算を使い、丁寧に作られているのが分かります。

 神様が大空の向こうからノアに語りかけるシーンは最初に見たのが小2くらいだったので、見た次の日に「もしかして、空からなんか言われたら、どうしようか?」とビビリながら空を見たのを覚えています。

画像


 つぎに登場するのはニムロデ王のお話、つまりバベルの塔の伝説となります。傲慢な人間たちに鉄槌を下す厳しいエピソードであります。もっと掘り下げていけば、ずっと深みが出てくると思うのですが、ここも予算の関係からか、かなりダイジェスト的に進んでいきます。

 名前だけは子どもでも知っているバベルですが、実際にどういう物語だったのかを知ったのは横山光輝の『バビル2世』のコミックスで語られるバベルの塔の逸話が最初でした。

画像


 後半はさらにダークな色彩が強くなり、ソドムとゴモラのエピソードが続きます。アブラハムとサラもすでに登場していて、ロトの住んでいた街を滅ぼす天使いの役で『アラビアのロレンス』のピーター・オトゥールが出演します。かなり不気味で不吉な役柄でした。真っ白だったロレンスとは正反対の黒装束なので印象的でした。

 天使によって救われる途中で、ロトの妻が天使の注意にもかかわらず、街の方へ振り返ってしまい、石に成り果ててしまうシーンは最初に見た小学生時代からずっと強く記憶に残っています。このへんのエピソードは『古事記』に出てくるイザナギとイザナミの黄泉の国のお話にも通じる要素があるように思えました。

 「善人が10人でもいたら、街はどうなりましょう?」という問い掛けに対し、「その者のために、街を救おう。」という下りはノアの箱舟以来の選民のお話であり、厳しいエピソードであります。

 逃げ出す途中に二つの街が消滅しようとするとき、まるで原爆が炸裂するようなスパークが映像として出てきたのはまるでSF映画のようでした。

画像


 最後のアブラハムとイサクの契約にまつわるエピソードも地味ながら、かなり強烈な意志の強さと信仰が峻烈で、とても厳しいものであることを覚悟せねばならないと気づかされる。

 神との契約を守るためならば、ようやく授かった我が子でも生け贄として差し出せるかという究極の選択を迫られる。なんと厳しい神様だろうか。砂漠の神はイスラムにせよ、キリスト教にせよ厳しくあるべきだったのでしょうか。

 温暖な気候にあっては民衆を導くのは難しく、暮らしにくい国々の宗教のほうが白黒をはっきりつけるので分かりやすいのだろうか。この映画には深みはないかもしれないし、大味に映るかもしれない。これら旧約聖書のエピソードについて、ひとつひとつをじっくりと考えていくのは我々観客の仕事なのです。

 キリスト教が解らない、イスラム教が解らない、仏教が解らない、神道が解らないと言う前にまずはそれぞれの代表的な書物を読んでみましょう。読むのが苦手ならば、映画で見ましょう。信仰を持つ人々の物の見方を知ることが観客としての新たな視点を手に入れることになります。

画像


 預言者アブラハムはイサクとイシュマエルの父親になるわけで、その後の宗教対立の大元でもある。本妻と愛妾が財産や身分を争うのは昔からであり、神世の時代からすでに原型があり、しかもそれが聖書で扱われているのが興味深い。

 男を誘惑し、共に楽園を追われるイブに課された罰が生理だというのも現代の感覚で見ると奇妙だが、大昔は大真面目に語られたのであろう。最初の殺人もアダムとイブの子供であるカインとアベルの間で起こる。

 生身の人間そのままであり、神が絶対的な高みから人類をコントロールしているのに比べ、登場人物が人間くさく、煩悩に溢れている様は親近感が湧くのではないか。ニムロデ王にしても、より高みを目指すのは向上心であろうし、問題だったのは彼の傲慢さであろう。

画像


 反対に天使を助けるロトは彼の仕事の邪魔をしない代わりに処女である自分の二人の娘を信仰のために投げ出そうとする。アブラハムも約束の子であるイサクを神に生贄として差し出そうとする。神が信仰を試すというのは理解できるが、あまりにも苛烈であり、現代の考えにはそぐわない。

 原典の解釈が現代ではどうなっているのかは知りませんが、変えていくものは変えていかないと運営が難しくなってくるのではないでしょうか。


総合評価 70点


天地創造 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2010-08-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天地創造 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2008-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



旧約聖書 創世記 (岩波文庫)
岩波書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旧約聖書 創世記 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「天使と悪魔」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2011/01/07 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

高校の時にリバイバルされましたなあ。当地には来なかったのではないかと思いますが。
スペクタクルに向いている旧約聖書、といったところですね!

昨年は仏教関係を大分読みましたので、今年は聖書をAmazon辺りで買って読もうかと思っているんですよ。
何しろ、アウグスティヌス、トマス・アクィナス、パスカル、キルケゴールなど後世の思想書や哲学書を読む時に避けられないですし、用心棒さんもご指摘するように、洋画を正確に理解する為には必要でしょうから。

ではでは。
オカピー
2011/01/07 00:24
あけましておめでとうございます。
用心棒さんは小学生、私、高校生でした。^^
劇場で観ましたよ。
マイケル・パークス、ファンだったF・ネロ
存在感たっぷりR・ハリス、そしてノアのヒューストン
・・・

今は日本人の1%しかいないクリスチャン。
いつぞやの時代にはお上がびびるほど広まった
キリスト教の原点、聖書の旧約を紹介した本作
内容はほんとに駆け足的ダイジェストでしたね^^
こういうのをキチンと撮って今どきの3Dにしたら〜
客入らないかもですね〜(- -)^^
でも絵的に映画的ばっちりと思うのですけれどね〜。
ことしもよろしくお願いいたします。

<この場をお借りしてオカピー様へ。>
聖書を通読してもわかりずらいと思います。
時間はシャッフルしてるし喩えは多いし
聖句ひとつ取っても解釈が幾通りもあるのです。
その解釈でもって分派が2千以上米国内であるとか。
手っ取り早いのは聖書片手に
(オカピーさんなら文語訳とか)
巷に出ている聖書に関する読みやすい関連本
数冊読んだほうが効果的と私は思いますが。
vivajiji
2011/01/07 12:03
 オカピーさん、こんにちは!
>スペクタクルに向いている旧約聖書
ですよね。バベルの塔だけでも2時間モノの映画に出来ると思います。解釈も現代風になるでしょうし、それがまた騒動にもなるでしょうが、製作する価値は十分にあるでしょう。

ワーグナーのオペラも100年経っても上演されていますし、忠臣蔵も大昔のような御恩と奉公の型どおりだけの物ではなくなってきているように感じます。

日本なら旧約聖書に近いのは神話である古事記の物語になるのでしょうが、あちこちからの圧力で表現しづらいので企画が通らないでしょうね。

ではまた!
用心棒
2011/01/10 17:14
 vivajijiさん、こちらこそ、明けましておめでとうございます。

 旧約聖書の世界って、いまこそ映画化すべきスペクタクル・シーンに満ちていて、いままできちんと映画になっていなかったバベルの塔やソドムとゴモラのお話などは現代風な解釈をしても興味深い映画を作れそうな気がします。

 解釈は難しそうですが、現代版の旧約聖書の世界観は観たいテーマですね。

 それでは今年もよろしくお願いいたします!
用心棒
2011/01/10 17:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『天地創造』(1966)ダイジェスト的に語られる旧約聖書の世界観。スペクタクルなシーンも多い。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる