良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ストライキ』(1924)エイゼンシュテイン監督の処女長編作。出来はポチョムキン以上!

<<   作成日時 : 2010/01/22 00:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

 ストライキとは労働者たちが一致団結して、貴族や資本家によって制限されていた権利を回復し、弾圧及び規制されていた言動を主張しながら、労働者全体の地位向上のために行われる集団的行動のひとつであり、ストライキの究極はチェ・ゲバラの言うように国内の労働者全員によってなされるゼネラル・ストライキ(ゼネスト)である。

 ゼネストの威力は思っているよりも凄まじい。1970年代後半から、ポーランドではワレサ議長がリーダーとなった連帯が勢力を伸ばすに連れて、共産党は力を失っていきました。アンジェイ・ワイダ監督が苦労して映画製作をしていたこの国でも表現の自由は皆無で、さまざまな制約のなかで作り上げたのが『灰とダイアモンド』であり、『大理石の男』であったのです。

 ゼネストに戻りますが、全国民規模でこれが行われるというのは体制側にとっては経済的な損害のみならず、内外に自らの権威の失墜を全世界に知らしめることになる。それほど体制に対して、大きな脅威になりえる要因になるストライキという言葉の響きを聞いて、現在の若い人たちはどういう印象を持っているのだろうか。

 ストライキなどという言葉すら聞いたことがないというのは論外だが、遠い昔の時代遅れの行為であって、自分たちには何の関係もないと思うのも大間違いである。たかだか百年すらも経っていない、人類の歴史から見れば、ごく最近の行動なのである。

 また我々が住んでいる日本だけを基準にするのも大間違いで、世界中で今でも国民の言論や権利にたいして多くの制限がある地域や国が多数存在するのが事実である。エイゼンシュテイン監督自身も共産党のというより、スターリンが支配していたロシアで、プロパガンダの最大の功労者の一人であるにもかかわらず、自由度は少なくなるばかりで、検閲に次ぐ検閲で、本来の彼が意図した映画が撮れなくなっていきました。

 最終的には"時代劇”である『イワン雷帝』『アレクサンドル・ネフスキー』を撮らざるを得ない状況に追い込まれていき、1948年に、50歳という当時でも短い部類に入る年齢で、心臓発作を起こし、帰らぬ人となりました。この年齢での死はやはり疑問が残ります。死の原因は未だに解明されていないようですし、これからも公になることもないのでしょう。『イワン雷帝』は暗にスターリンを批判する内容だったために、完成したにもかかわらず、何年も上映許可が下りませんでした。

画像


 共産ロシアだけではなく、近くの地域を見回しても、共産中国、ミャンマー軍事政権、北朝鮮などに言論や表現の弾圧はあっても、自由は存在しない。もっとも、これら危険な隣国がひしめくなかでも、裏付けのない平和やら、軍縮の甘いムードに乗って、基地撤退を声高に叫ぶ輩は無責任極まりない亡国の徒であり、何を考えているのか理解に苦しむ。

 また、かつては世界一であったアメリカが何とかしてくれるという時代も、じつはもう終わっているのではないだろうか。冷静に振り返って見ても、十年前と今では、昔のほうが良かったという人が大半だろう。それでも立ち上がらないのが我が国の人々かと絶望的になりましたが、幸いにも去年は政権交代がおきました。

 なかなか進まない改革にイライラするのは解りますが、自民党が半世紀以上かけて腐らせた国を変えようとするのですから、時間はかかって当然でしょうし、抵抗はますます激しくなるでしょう。もっとも中身に関しては、リーダーであるはずの首相も幹事長も金まみれで、庶民の気持ちを汲んだ政治をしていくかは疑問である。

画像


 かといって、惨敗した自民党には微かな期待すら出来ない。絶望的なムードが国中を覆っているのがなぜ政治家には分からないのでしょうか。さて、歴史を振り返ると、わが国にも民衆勢力による反抗がかつてありました。農村で一揆が発生したり、反乱が起こることもたびたびありましたが、農民であった多くの日本人は基本的によく働くので、サボタージュやストライキという概念はなかったのだろうか。いやいや、そんなことはない。

 死を賭けて、自分たちのコミュニティーを守ろうという一念を持って、覚悟の行動である一揆を選んだ者たちは残念ながら、ほとんどの者が無名のまま、凄絶な最後を遂げたことでしょう。しかしその中には一向衆や本願寺のように一大勢力にのし上がる者もあったであろう。

 これらの原動力は宗教でした。権力に反発しようとする者が手っ取り早く、民衆の支持を受けようとすれば、最も利用しやすいのは価値観を共有しやすい宗教だったのは自明の理であったのは間違いない。しかし体制側が権力だけではなく、宗教をも牛耳ってしまった場合、虐げられた民衆が向かう先は異教か新思想しかない。

画像


 島原の乱などは前者であり、今回採り上げた、ロシア革命などは後者であろう。イエス・キリストとマルクスという二人のユダヤ人の思想の違いが多くの悲劇を生み出してしまったのは非常に残念です。ただし両者が目指したのはより良い世界の実現であったことに異論を挟む人は皆無であろう。

 さて、ここからは映画『ストライキ』についてになります。セルゲイ・エイゼンシュテイン監督の代表的な作品といえば、ほぼすべてのクラシック映画ファンは『戦艦ポチョムキン』と答えるでしょう。確かにポチョムキンはエイゼンシュテイン監督の代表作であるばかりではなく、映画史上でも重要な位置を占める作品となっています。

 しかしながら、『戦艦ポチョムキン』に比べて、彼の処女長編作である『ストライキ』が劣っているかというと、そのようなことはなく、むしろ、より彼が映画という表現方法を探求し、楽しんでいる様子が窺える。すでに『ストライキ』には『戦艦ポチョムキン』や『十月』、そして『メキシコ万歳』に至るまでの芽を見つけることが出来るし、すでに才能の花が開花しているのが解るでしょう。

 『戦艦ポチョムキン』のオデッサ階段や『アレクサンドル・ネフスキー』の迫力ある戦闘の様子は『ストライキ』のあ
ちらこちらに広がっている。むしろより残虐であるばかりではなく、混乱に巻き込まれていく臨場感があり、ドキュメンタリーの様相を見せるシーンもいくつかあります。

画像


 そしてエイゼンシュテインといえば、モンタージュ理論で有名ですが、ここでも見事なまでに彼の神業が冴え渡っています。ロシア官憲による民衆の大量虐殺の様子は妖気が漂うような修羅場の映像でした。女も子供も容赦なく殺戮していく様子はハリウッドの甘口映画に慣れきった人には驚きであろう。

 わざと支配にとって邪魔な労働者リーダーたちを殺害するために放火をして、責任を彼らになすりつけようとしたり、彼らが誘いに乗らないと業を煮やして、消防車を使って、放水を仕掛けたりするなどは現在も、デモ行動に対して行われる制圧の方法ですし、騎馬警官の出動もまた行われている訳で、けっして大昔の話ではないことを理解すべきでしょう。

 官憲は高層住宅へ騎馬警官を向かわせ、住民を襲撃し、赤ん坊をつまみ上げ、集合住宅の上層階から地面に向かって放り投げるのです。百年近く前の映画にはこんなショッキングなシーンがあるのです。牛や猫なども生きたまま首を切られたり、首を吊られたりと醜悪な映像が続く。こういう映像を観た観客は間違いなく、ロシア帝国を憎むようになっていくだろう。

 観る者の感情を一定の方向へと導いて行くモンタージュ理論の恐ろしさ、凄みをぜひ堪能してほしい。堅苦しいばかりではなく、動物のイメージとスパイ各々の人間性を重ね合わせたり、写真の人物を動かしてみたりとコミカルな描写も多々あります。

 もちろんエイゼンシュテインらしく、幾何学的な図形のイメージを使って、映像に導いて行ったり、確信犯的に労働者側の俳優の演技を自然でクセのないようなしぐさをさせる一方、前時代的な仰々しい演技を権力者側にさせたりと、悪意が十分感じられる作りになっています。

画像


 後半の攻撃的なモンタージュの連続は圧巻であり、冷静に見ることの出来る映画ファンならば、彼の映像の作り方に驚かれるでしょう。映像の意味の持ち方について、深く考えない方がこれを観たならば、エイゼンシュテイン監督の思うがままに権力側への憎悪の炎を燃やすであろう。

 いまでも力強く、観る者をグイグイとその世界観に引きずり込んでいく方法論は十分に通用する映画の製作スタイルであり、その生々しさは迫力があります。古臭いという人もいるのでしょうが、これは1924年の作品であり、すでにこのような映画が公開されていたのだという事実事態がショッキングなのです。

 ハッピー・エンディングとは相容れない、最悪のバッド・エンディングの展開となっていく。子どもですら容赦なく殺戮されていくなど、まったく救いもなく、逃げ惑う群集に自国民を守るはずの官憲が追い立てて、無差別に発砲し、死体の山を積み重ねていく様子は地獄絵図である。

画像


 劇中には実は多くのコミカルなシーンがあります。ハリー・ポッターのように写真が動き出すカット、動物と人物のイメージを重ね合わす映像のつなぎ、浮浪者のリーダーが口から水を吹きながら頭髪の乱れを直すシーンでの子分とのやりとりなどは喜劇である。

 のちのアウシュビッツの映像と同じようなインパクトのある映像がどんどん登場する。それらは脳裏に焼きつき、離れない。それこそが映像の力の悪用であり、エイゼンシュテインの言うように「映画の拳」なのでしょう。最高レベルの正統派(ベビー・フェイス)映画作家であるだけではなく、最悪の反則(悪役)映画作家でもある彼こそはロシア最高の映画監督と呼ぶに相応しい。

総合評価 95点


ストライキ [DVD]
アイ・ヴィ・シー
2006-02-24

ユーザレビュー:
何はともあれ、映画史 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
会社員の組合離れが議論されて久しい
■会社員の組合離れが議論されて久しい。組合が廃れようが何しようがど〜でもいいことだが、組合がなくなったからといってストライキがなくなるわけではないと日々「肌で感じている」のは僕だけだろうか。組合が主導する組織的なストライキは確かに時代の遺物かもしれないが、士気の低下した個々の社員が「自主的に」仕事の能率を低下させ、ひいては会社全体の業績低下を引き起こし、さらに社員の士気を低下させるという悪循環によ... ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/22 04:03
『スコルピオ』A〜ハリウッド映画での国際スターとして〜
【『スコルピオ』にも出演しましたね。 >アラン・ドロン マイケル・ウィナー監督の英語作品だ、ランカスター、ポール・スコフィールドと共演した、スコフィールドは偉大なシェイクスピア俳優だよ。アメリカ移住は私には問題外だったね。私を説得しようと連中はあれこれしてくれたが・・・『泥棒を消せ』では妊娠してた妻が出産するまで(撮影を)待っていてくれた、連中が言うように私が”クール”であるためにね。素晴らしい家も用意してくれていたんだ、でも3週間もすると、私はパリへ電話して、半べそかいて、鬱状態だった・・... ...続きを見る
時代の情景
2010/01/30 15:41
『暗殺者のメロディ』〜コミュニズムに対する賛否は別として〜
 1950年2月20日付けで、ウィスコンシンン州選出のアメリカ合衆国共和党上院議院ジョセフ・R・マッカーシーは「国務省内に57人の共産主義者がいる」との内容で議会演説をしました。  すでに1945年1月3日付けアメリカ合衆国第75国会で「非米活動委員会」を非常設設置から常設設置とするための法案が可決され、施行されていました。下院議会に設置されたこの「非米活動委員会」は、「赤(コミュニスト)の追放」を主に目的とした1940〜50年代のハリウッド映画関係者のブラックリスティングを作成し、「映画産業... ...続きを見る
時代の情景
2010/01/30 16:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こんにちは。
フランスのストライキは現在でも凄いらしいですね。
最大級のストライキではおっしゃるとおりポーランド「革命」まで行ってしまうでしょうね。
ですから、権力側当局はあらゆる手段でそれを食い止める。
>軍縮の甘いムードに乗って、基地撤退を声高に叫ぶ輩は無責任極まりない亡国の徒・・・
ここは、本当に困難ですが、どこかで判断を決して行かなくてはならない・・・ただし平和国家・国際平和への無限の努力を怠ることは、逆に政治最大の怠慢であると、わたしは思います。
>リーダーであるはずの首相も幹事長も金まみれで、庶民の気持ちを汲んだ政治をしていくかは疑問である。
全くです。しかしながら、わたしも含めて大衆というのは、貧困で不安定な良識的な政治より、豊かで安定したファシズムや金権政治を選択します。でなければヒトラーなどという独裁者が現代において生まれ得るはずがないでしょう。
社会改革は明るく行動的なものです。死を決するとまで言わずとも、貧困や少しぐらいの冒険にも耐えうるような改革政治を期待したい。
>『ストライキ』
おっしゃるように労働者の悲惨が多く描写されていながら、これほど見終わった後に明るい気持ちになれることが不思議な作品でした。
>モンタージュ
わたしは、トーキーの時代になって映画は表現を制限されたとまで思います。
音響の効果によって、せっかくのフィルム編集の工夫が説得力に欠けてしまうことも多くありますよね。
では、また。
トム(Tom5k)
2010/01/30 16:24
 こんばんは!
映画の楽しみにはいろいろありますが、この作品のように考えさせてくれるようなものはずいぶんと減ってきました。

恋愛物やスリラー、スペクタクルには興味があるのですが、政治的に難しい作品を見ること自体が減っています。一番身近であるべきテーマであるにもかかわらず、忌避されてしまうのは日本がまだまだ成熟していない証拠かもしれません。

『ヒトラー最後の12日間』で人間ヒトラーを描こうとしたドイツの映画人に比べると、わが国ではまだまだそういったテーマを扱うこともタブーなのかもしれません。

 最近はサイレント映画やフランス映画を再見しているところで、ムルナウ作品も一気に見ています。しばらくはこういったクラシック映画が続くかもしれません。

 先日、注文していた『意志の勝利』が届きましたので、休みの日に見ようと思っています。

 ではまた!
用心棒
2010/01/31 22:59
用心棒さん、こんばんは。
最近、「セルゲイ・エイゼンシュテインDVD-BOX」を購入してしまいましたよ。中古とはいえ発送料金を含めて、5,700円でした。人類の至宝がこの価格とは!
早速「ストライキ」を観ましたが、あらためて凄い作品ですね。今回は特に、労働者たちのストライキ、放火によるデマゴギー、放水による鎮圧・・・その「アクション」は圧巻です。これらは観ようによっては良くも悪くもスペクタクルとして惹きつけられてもしまうわけですが、リアリズムを基調としていたからこそ、その迫力を醸成できたのでしょうね。

この時代に4DXや3Dの技術があったならエイゼンシュテインの作品はどんなものになるでしょうか?どんな理論でそれを効用するでしょうね(笑)。
では、また。
トム(Tom5k)
2016/09/02 23:07
こんばんは!

>圧巻
ポチョムキンが有名なため、あまり陽が当たらないこの作品ですが、エイゼンシュテインのすべてはこの中にありますよね。映像のすさまじさと迫力ではこちらが最高でしょう。これを観ると、ポチョムキンは技巧に走っているきらいがあります。

>この時代
まず色をどう使い、音をどう使い、立体や動きや風をどう使うのかに興味津々ですね。

ではまた!
用心棒
2016/09/03 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ストライキ』(1924)エイゼンシュテイン監督の処女長編作。出来はポチョムキン以上! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる