良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『HERO 劇場版』(2007)テレビドラマは楽しく見ましたが、劇場版はちょっと…。

<<   作成日時 : 2009/08/03 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

 木村拓哉主演のテレビドラマは高視聴率を至上命題とされている。また彼の主演ドラマには多くのファンの期待も寄せられている。とてもプレッシャーのかかる役割を負わされている彼はどうやって、その重すぎるプレッシャーと戦っているのだろうか。

 ここしばらくのキムタク主演ドラマというと、『華麗なる一族』『CHANGE』『Mr.BRAIN』、そしてこの『HERO』でしょうか。どちらかといえば、最近は恋愛モノではなく、コメディタッチの強いものやシリアス物に変わってきているように思います。それまでの恋愛物ドラマ路線ではまったく見向きもしなかった僕らが毎週録画して見ていたくらいですから、前よりもさらに多くの視聴者層を摑んできたともいえます。

画像


 『HERO』に関しましては、ぼくはテレビドラマを全話見ておりますし、特別編ももちろん見ました。そして、ついに出たのが劇場版であるこの作品です。映画館まではわざわざ行くことはありませんでしたが、DVD化されたときにはすぐに近所のツタヤに借りに行きました。

 結構、ドラマが楽しかったので、おおいに期待して、じっくりと見ましたが、内容はドラマの延長、というか特別編のみとリンクしているだけで、ドラマとはあまり繋がっておらず、がっかりしました。こういうドラマの映画化ではドラマ期からのファンを重視する姿勢がないと盛り上がりに欠けてしまいます。

 しかもドラマ化されてから、映画化されるまでの時間がかかりすぎていて、新鮮味が全くなくなってしまっている。ただ歳を重ねただけのドラマ時からのレギュラー陣には冴えが感じられず、ルーティン・ワーク的というか、お仕事の匂いがぷんぷんと漂っているようでした。

画像


  松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清、田中要次らいつものメンバーは安定していたので、無理に劇場版だからといって、カメオ的な人々をどんどん投入して、訳が分からなくなるよりは何人かのゲストにスポットを当てていったほうが良質なコメディに仕上がったのではないだろうか。

 ちなみにあえてカメオとしておきますが、出てきたのはこの人たちでした。石橋蓮司、古田新太、国仲涼子、綾瀬はるか、中井貴一、MEGUMI、タモリ、イ・ビョンホン、香川照之、岸部一徳、そして松本幸四郎です。このうちの石橋蓮司、綾瀬はるか、中井貴一の三人は特別編にも出演していたので、ドラマ時代からのファンには理解できたでしょうが、劇場版に彼らは不必要でした。

 とくにイ・ビョンホンがチョイ役で出てくる韓国パートに至っては全く無駄で、必要性すら感じません。目玉にするつもりだったのでしょうが、思惑は外れていましたし、彼に頼らなくても、松本幸四郎、香川照之、そして恋敵役に綾瀬はるかを上手く使ったほうが映画が締まったのではないでしょうか。

 見ていて、せっかくの映画化ではありましたが、あまり楽しめず、見るモチベーションを保ちにくかった作品になってしまいました。ただこう思わせたのは俳優陣のせいだけではない。一番問題だったのはこの映画を撮っていたカメラの動きにあるように思います。とにかくカメラがはしゃぎすぎている。

画像


 無意味なカット割り、無意味なスローモーション、無意味なフォーカス飛ばしが多すぎて、一体全体、何が大切なのかがまるで伝わってこないのです。児玉清と松本幸四郎(たしかこのふたり。どちらかとキムタクだったかな?)がすれ違うだけの場面で、児玉を追っているカメラと松本を追っているカメラの視点が何度も入れ替わってくる。これがのちのち意味を持つならまだしも、まったく何の意味も発生しません。

 俳優陣の演技をゆったりと見せればそれだけで良いシーンに、みずからの存在を誇示したいだけと見抜かれるカメラはただひらすらに邪魔で、作品のクオリティを大幅に下げていました。さらにコマ落としと思えるカットもいくつか見受けられましたが、全く機能しておらず、観客が集中しようとする努力に水を差しているだけでした。

 そんなに自分の存在を誇示したいのであれば、有名俳優など一人も使わずに、潔く自主制作映画で自分をアピールすればよい。予算と宣伝費のかかった映画を撮るには不向きな人選だったのではないでしょうか。多くの人を劇場に足を運ばせる映画を作るには、自己満足のテクニックではなく、古典的編集や撮影法を効果的に用いる方がよほど分かりやすいし、見やすい。

 それでも映像に個性を出したいと望むならば、卓越した映像美を観客に示す必要がある。この作品にはそのどちらもない。ただただお話の邪魔をしてしまっているのみである。テレビの世界から映画化する際に、製作者がよそ行きのスタンスを持っていしまうと、えてしてこういった駄作に仕上がってしまう。

 もちろん映画とドラマが別物であることを理解していない者に映画を撮らせるのは愚の骨頂である。しかし映画だからといって、無理やりに普段使わないようなカット割りを持ってくるのは破滅を自ら招くようなものである。せっかく費用のかかる俳優を大量に投入しているにもかかわらず、効果を上げているとは言いがたい。残念な作品でした。

総合評価 52点




HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)
2007-08-22

ユーザレビュー:
毎回すっきり終わるの ...
爽やか正義感 個性様 ...
文句なしの面白さ出張 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



HERO 特別編 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2009-03-04

ユーザレビュー:
フジテレビの商魂に喝 ...
タイミングを逃し過ぎ ...
劇場版に連結している ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



HERO スタンダード・エディション [DVD]
東宝
2008-03-08

ユーザレビュー:
ドラマシリーズはそこ ...
普通でしたテレビドラ ...
うまいじゃない面白か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドラマ 木村拓哉 cd
 GOOD LUCK!! DVD-BOX/木村拓哉[DVD]商品価格:17,955円レビュー平均:0.0 さっちんのワッツレポの部屋 木村拓哉のWHAT&#39;S UP SMAP!(ワッツ)レポ ... 木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。 ... 亀梨君とか、ドラマの現場で一緒になった時に、結構、海の話しましたねぇ。「MR.BRAIN」 の時とか・・・ドラマで「MR.... ...続きを見る
木村拓哉主演 MR.BRAIN
2009/08/04 03:54
映画評「HERO」
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・鈴木雅之 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2009/09/07 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こんにちは。

この作品、私もいまいちでした。
仰る通り、韓国のシーンは全く不要ですし、中井貴一も・・・・。

画の詳細は憶えていないのですが、そうでしたかね。基本的に割る画はすきなのですが、無意味なのはいただけませんね。

で、やはりドラマの放送からの流れで本編を撮れば勢いがちがうのでしょうが、時がたちすぎましたね。

脇の連中も、阿部ちゃんなども主役をはるようになってしまってますし、やはりレギュラーからの勢いで、もちろん、勢いだけで撮ってしまうと主役のスケジュールもろくに確保できないで撮ってしまう『アンフェア』のような駄作もできてしまいますが、ある種大事だとおもいますね。

フジの『SP』や、『踊る』も心配です。
まあ、『踊る』はスピンオフばかりでやらないとファンが納得しないのでしょうけど・・・・。

また、勢いがあって興行的にはあたっても本編自体のデキというのはなかなかレギュラーを越えられないものが多いと感じます。本編としては残念なことですが・・・。

最近では、ガリレオ位ですかね、なかなか佳かったは。

では、また。
イエローストーン
2009/08/29 15:30
 こんばんは!
ドラマ本放送で楽しませてくれた作品が映画になると、期待が三分の一、不安が三分の二というのが偽らざる気持ちですよ。

それなりにドラマ放送時のレギュラーたちががんばってくれるのはいいのですが、この映画に関してはおっしゃるように、空白の時間が長すぎてしまい、いまいちノレなくなっていましたね。

特別編からのエピソード導入があったのも、本放送を忘れてしまっているかもしれないのでここから使ったのでしょうかね。

踊るシリーズもまたやるみたいですし、期待しないで待っていようと思います。ではまた!
用心棒
2009/08/29 21:46
ご無沙汰しております。
TBできる作品を発見しましたので、早速持参つかまつりました。

TVドラマは30年くらい観ていないので比較も何もできませんが、映画に関しては似たような印象になりますね。

俯瞰ショットが2,3あるので何かしら意味があるのかと思って観ていたらただの恰好だけなのでずっこけました。仰る通り素直なカメラワークで見せた方が良いのにと思いましたね。
韓国出張のシークェンスは(展開上の意味はともかく、ムードの変化等の意味も含めれば)完全な無駄とまでは思わなかったのですが、あれほど長い必要なく、描写のバランスが全く取れていませんでした。

「容疑者Xの献身」(「ガリレオ」の映画版)はイエローストーンさん同様なかなか面白く観ましたよ。
オカピー
2009/09/07 00:45
 こんにちは!
まだまだ暑いので、無理はしないでくださいね。

>俯瞰ショット
なんだか映画を撮るというので、監督や撮影スタッフが妙なこだわりというか力みすぎていて、しかも無意味なそれが全編を覆ってしまっていて、ムカムカするカットが多かったですね。

素直に娯楽映画に徹すれば、より良い映画になって、皆が楽しめたのではないかと思います。なんでもかんでも芸術的にすれば良いというわけではないというのが理解されていません。

宣伝を掛ける映画は皆が観に行きますので、出来るだけレベルの高い作品に仕上げて欲しいですね。

ではまた!
用心棒
2009/09/07 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『HERO 劇場版』(2007)テレビドラマは楽しく見ましたが、劇場版はちょっと…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる