良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『映画はいつもワクワクさせてくれた…。』小中学生のとき、映画を観ることは特別な意味を持っていた…。

<<   作成日時 : 2009/05/07 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

 映画をはじめて観たのはいつだろう。1970年代前半、大阪に住んでいた幼稚園児の頃に、親に連れられて観に行った『キングコング対ゴジラ』だろうか。それともうっすらと覚えているおそらくリバイバルに違いない『怪獣総進撃』だろうか。多くの作品を劇場で観たのだが、印象に残っていない映画も多々ある。理由は分からない。

 普段テレビで見ていたゴジラを劇場の大きなスクリーン(今からすればかなり小さいのでしょうが、当時はテレビでも箱自体は馬鹿でかいくせに、ブラウン管は20型とかでも大きい方だった。)で観たのは言葉にしがたい経験でもありました。つまり、映画は大スクリーンで観るのがもっとも正しいのだ、という基本スタンスを得るきっかけになりました。迫力と音響、集中力と独特の一体感は家では得がたい。

画像


 テレビで観た映画、劇場で観た映画、それぞれにたくさん思い出があります。あまりお金持ちではなかったうちでは、映画にのめりこむ上で、とりわけテレビが果たした功績はかなり大きい。なかでも、NHKの夕方や深夜に放送されていた『リラの門』などヨーロッパ映画をできるだけ字幕版のものを選んで観るのが好きでした。なぜなら、吹き替えで観ると、俳優や女優の口パクが気になり、どうしても嘘っぽく感じてしまうからでした。

 それでも主に経済的事情もあり、圧倒的多数で見ていたのは吹き替えものでした。高島忠夫、水野晴郎、荻昌弘、そして尊敬する淀川長治さんらが解説してくれる名画や珍品、話題作を毎週楽しみに見ていました。しかしいつも思っていたのは好きな映画を観たいときに観たいなあ、という素朴な思いでした。

 のちにビデオが普及するまでは日本中のほとんどの家庭ではテレビ放送での一発勝負で見逃したらそれで終わりという環境でしたので、テレビを見るときの集中力は今の比ではありませんでした。ビデオがはじめて家に来たときの感動は今の人には理解できないでしょう。またレンタルビデオ屋が近所に出来たときのワクワク感もまた20代以下の人には分からないでしょう。

 テレビ放送に戻りますと、70年代から80年代当時はほとんどが吹き替えで、二ヶ国語放送もありましたが、今度は意味不明になってしまうし、痛し痒しの状況が長い間、続いていました。というか、衛星放送やスカパーに入っていない人で、レンタルも借りない人は今でも地上波放送だけでしょうから、何も変わっていないのでしょう。

 そういう環境の変遷がありましたが、6歳の少年が最初に興味を持ったのは東宝・大映でお馴染みの特撮映画やアニメ映画でした。もちろんテレビも平行して見ていたので、映画ではありませんが、円谷プロ製作のウルトラセブンはいまでも僕の最大のヒーローです。ビデオ発売されたときも、DVD発売されたときもすぐにすべて見ました。

画像


 円谷プロ及び東宝のロゴを見たときは僕の中では名作である証明書のように思っていました。特撮界のJISマークとでも言ったら良いのでしょうか。円谷英二・本多猪四郎・田中友幸・伊福部昭の黄金のカルテットをスタッフロールで観たとき、高野宏一・実相寺昭雄・上原正三・金城哲夫の名がウルトラセブンのテーマにのってクレジットされたとき、ぼくはなぜか子どもながらも安心感を得た。

 「このおっちゃんたちのときはおもしろいはずだ!」という信頼感は特撮を観る上でかなり大きなものでした。それとは対をなすようにぼくは東映が好きではない。何か作り物というか、子供だましだなあ、と子どもの頃に感じていた。子どもは弱く発言権がないので、大人目線で、これはつまり、「子どもが見るのだから、これくらい(程度)でいいだろう…。」という姿勢で作っても、的確に見抜かれるのだ。

 子どもが夢中になる特撮映画や番組、それを提供していたのが東宝であり、円谷プロであった。あったとあえてしたのは皆さんご存知の通り、その後、経済事情その他で、東宝作品も円谷作品も他社とあまり見分けがつかなくなってしまうからだ。そしてその後低迷していく。

 ぼくが好きだったのは東宝特撮では『マタンゴ』、およびゴジラであれば『怪獣大戦争』まで、円谷作品でいえば、『帰ってきたウルトラマン』までである。それまでの作品のクオリティが尋常ではない高みにあるのだ。『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』、そして『恐怖劇場 アンバランス』。

 『ゴジラ』『ゴジラの逆襲』『獣人雪男』『キングコング対ゴジラ』『モスラ』『空の大怪獣 ラドン』『妖星ゴラス』『宇宙大戦争』『キングコングの逆襲』『ガス人間第一号』『サンダ対ガイラ』『ノストラダムスの大予言』など。書いていても、楽しくなってきます。ワクワクするような特撮映画は今はなかなかないのが残念です。最近楽しく観たのは『ゲハラ』です。チェ・ゲバラではなく、怪獣の方です。

画像


 気づかれた方も多いでしょうが、何故か特撮には抹殺されてしまった作品もかなり多いのです。ウルトラセブン第12話『遊星より愛をこめて』はいまだに欠番扱いのままで、円谷プロはその存在すら認めないくせに、ブログで該当話の画像を入れれば、著作権を盾に圧力を加えてきました。

 『獣人雪男』『ノストラダムスの大予言』などもそうですし、『怪奇大作戦』の秀逸なエピソード『狂気人間』もまた、特撮史から抹殺されたままです。見せない事情も分かりますが、見せることによって、観るものに判断させる枠作りを検討して欲しい。CS放送では最初と最後に「おことわり」を入れることにより、これらの問題をクリアしていこうという姿勢が見える。その勇気を讃えたい。

 特撮というと子供向けという方も多いかと思いますが、実はいわゆる封印作品と呼ばれる映画も数多いのです。前記した『獣人雪男』、小学生のときに見た『ノストラダムスの大予言』、『怪奇大作戦』の狂気人間、『ウルトラセブン』の幻のエピソード『遊星から愛をこめて』など今では見ることの難しいものもまた多々あります。子どもが見るのだからという訳の分からない理由は大人の事なかれ主義を子どもに転嫁するものでしかない。

画像


 つぎに特撮分野で大好きになったのはほとんどの少年たちと同じように『スターウォーズ』『スタートレック』でした。とくにダース・ベーダー、ジャバ・ザ・ハット、ヨーダをはじめとする人気キャラクターを数多く輩出したスターウォーズはキャラクタービジネスという新しい映画のあり方を提起する画期的なシリーズとなり、映画という範疇には収まらない巨大なビジネスとなり、世界中の特撮ファンに与えた影響は甚大でした。

 小学校高学年、そして中学生になった頃はしばらく特撮とは縁遠くなり、その代わりにアニメである『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士 ガンダム』『伝説巨人 イデオン』などメカニック満載のアニメ全盛時代が到来し、夢中になっていました。前記の三タイトルはそれぞれ映画化され、ヤマトやガンダムはシリーズ化されていきました。このときのムーヴメントもプラモデルなどのキャラクターグッズが飛ぶように売れ、学校をサボってガンダムのプラモデルを買いに行く子どもが出てくるなど問題化していました。

 またガンプラ(ガンダム・プラモデル)欲しさに、悪い奴らが低学年や他校生徒にカツアゲをするという事態まで起こり、ぼくらの学校でも何人かの友達がカツアゲされたという話も聞きました。悪知恵のまわるワルは金持ちの子どもにたかり、映画やプラモなどを「借りる!」という名目で取り上げているのを見ました。ジャイアンなんて可愛いもので、実際は大人社会の縮小版でした。

画像


 大人がどんなに覆い隠そうとしても、厳しい現実は子どもにも襲い掛かってくるのです。カツアゲやたかり、いじめは暴力であり、未成年などという感覚は取り去り、12歳以下であろうと加害者は唾棄すべき犯罪者であり、加害者の人権などが過度に守られている現状は自然ではない。人間社会は力が弱くとも、抜け穴はあるものの法という知恵で解決できる唯一の動物なのですから、加害者には徹底した鉄槌を加え続ける必要がある。

 話はかなりそれましたが、調子に乗った映画会社や製作会社は当然、サイドビジネスだけではなく、本業である映画も宣伝とともに量産され、ガンダムは結局三本作られ、第二作である『機動戦士ガンダム 哀戦士編』などは映画としての出来栄えもよく、いまでも三年に一回くらいの頻度で観ることがあります。

 こうして見ていくと、少年時代で見た映画の大多数は特撮映画であり、アニメ映画であった。これだけであろうか。いや。パニック映画があった。ホラー映画があった。SF映画があった。『ジョーズ』は劇場に行った。前半20分以上はジョーズは出現しない。特撮映画の基本である。

 どんな化け物なのかを想像させる演出。これは特撮やホラーの肝であろう。小学生時代に観た『エクソシスト』『オーメン』はトラウマのように心理に刻まれ、夜中のトイレはかなり怖かった思い出がある。人間が死んだらどうなるかというのは小学3年生くらいの頃、僕の中ではもっとも大きな人生のテーマだった。それに輪をかけたのが、前述した『ノストラダムスの大予言』であった。

画像


 何が凄いかといって、この予言をはじめて知った小学生時代以来、1999年7月だから、なんと20年以上も僕の心のどこかに重石のように存在し、「どうせ、みんな7月に死んじゃうんだもんなあ…」という思いを抱かせ続ける作品となったのだ。予言はいつのまにか「テポドンが通天閣に墜ちるんだ!」とかだんだん訳の分からないものになっていったが、7月が過ぎるまでは不安でした。

画像


 こんな馬鹿な思い出はともかく、特撮映画が与えてくれた影響が甚大であったことに改めて気づかされました。あれ?じゃあ、ぼくが他の映画に目覚めたのって、いったいいつだったのだろうか?黒澤映画には小学生時代には『影武者』でもうめぐりあっていましたし、中学生時代には『椿三十郎』のビデオを何度も見ていた記憶があります。『乱』も『夢』も劇場に観に行きました。

 外国映画はどうだったろう?『西部戦線異状なし』も小学生時代に見ましたし、『史上最大の作戦』『ナバロンの要塞』『荒鷲の要塞』も高学年のときに、『Uボート』も中学生時代に見ていました。外国映画ではありませんが、『太平洋戦争 奇跡の作戦 キスカ』『日本の一番長い日』などは終戦記念日あたりに深夜でよく放送されていた記憶があります。

 ちなみに中学生のときにもっとも強い印象を残した映画が『ゴッド・ファーザー』であったことを最後に付け加えておきます。機会があれば、今度は黒澤・溝口などの日本映画の巨匠、そして海外の映画などとの出会いについて書いてみたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴジラの逆襲
ゴジラは何頭?ゴジラ映画は昭和〜平成にかけて多くの作品が作られていますが、映.... ...続きを見る
たくやのささやき
2009/06/25 23:32
ゴジラの逆襲
『映画はいつもワクワクさせてくれた…。』小中学生のとき、 ... ... 『ゴジ... ...続きを見る
りんちゅうの日記
2009/06/27 01:42
ゴジラの逆襲
『映画はいつもワクワクさせてくれた…。』小中学生のとき、 ... ... 『ゴジ... ...続きを見る
のぞみのささやき
2009/06/27 02:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こんにちは。
映画との出会いは、ひとさまざまなのでしょうが、やはり世代的にいえば、「東宝チャンピオンまつり」や大映のガメラや大魔神、妖怪ものなどを少年期にリアル・タイムで観たことです。
わたしは、その後、思春期にアラン・ドロンと出会い、B級ノワールに喚起され、「ロードショー」誌や「スクリーン」誌で一般的な映画好きになり、知的好奇心の旺盛な青年期にネオ・リアリズモやニュー・シネマ、クラシック作品に傾倒していったわけで、現在は好きなドロンと映画史との関連テーマでブログ運営、しかし、まだまだ映画のアート的要素や映像と音楽の照応、観るものの共感覚・・・など興味自体は尽きていません。ましてフォトジェニーなど映画用語自体がピンとこない段階なわけです。
出尽くされてしまった映画技術、退行したハリウッドなどと考えれば、悲観的にもなりますが、未来の映画はDVDやインターネット、衛星やケーブルなど配信などの映像伝達および流通のみの進歩以上に、古代ギリシャ、ルネサンス、市民革命、戦後民主主義など人間の発達と相関した映画の未来を、わたしは強く望むわけです。
では、また。
トム(Tom5k)
2009/05/09 10:42
 トムさん、こんばんは!
 映画技術の本は多々ありますが、難解なものがほとんどで読んでも読んでも理解できないものが多く、苦戦しております。ドゥルーズの『シネマ』はかなり難しく、それを解説した本もまた輪をかけて難解というありさまで、いまだに読了しておりません。
>人間の発達と相関した映画の未来
映画のルネッサンスがいかなるものになるのかは想像も出来ませんが、きっと素晴らしいものになることを切に望みます。イライラもしますが、悲観的になってばかりでは楽しくないですしね。
 ではまた!
用心棒
2009/05/09 18:35
世代ギャップを感じながらも…
「映画はいつもワクワクさせてくれた…」のタイトルに惹かれて。
記事読むとやはり男の子だなって思う。女の子は、今はそうでもないけれど、映画ってオシャレだったわ。映画の中のファッションに憧れて、フランス映画なんかはファッションのお手本だったわ。素敵なことはみんな映画が教えてくれた。映画の中の彼らの生き方、考え方、そんなことも全部お手本だった。
リバイバル上映で『風とともに去りぬ」は何度観たことか! 南部に戻ったスカーレットが飢えから畑の痩せた野菜を齧り、涙を拭って大地にたって『明日考えるわ」っていうシーンが大好きで、生きぬく逞しさとか女の凄さも浴びたような…
少し(?)世代はズレるけど、私も用心棒さんもトムさんも、興味の対象とか方向は違っても、映画からいっぱい夢をもらって大きくなったみたい。
シュエット
2009/05/14 15:10
最近のCGを駆使した映像より、どこか手作りの人間味が感じられる特撮映画だったから夢をもてたのかもって思ったりします。
3G映像ももうすぐとか…
果たしてこんな風に人間から遠く離れ、人間の視聴覚レベルを超えた、こんな方向の映画の進化ってはいいのだろうかって思う。
シュエット
2009/05/14 15:10
用心棒さん、こんばんは。
ほんとこの記事のタイトルにはとても共感いたします。
人それぞれ想いは違えども正にその通りだったですね。
そう、小中学生の頃、まだビデオもなく、テレビで吹き替えを見る以外は、劇場へゆくしかなかった。私の住む取手ではその当時は「にっかつ」のハコしかなく、友達同士でも映画はいつも東京(日比谷・有楽町)まで見に行ってました。
「ゴジラ」「ガメラ」などの怪獣ものはテレビでよく見、劇場でみたものは、「ヤマト」「999」「ガンダム」「ルパン三世」正に記事にかかれているものは私も夢中でみてました。特に私はヤマトの「さらば」が好きでした。(ちなみにセブンもウルトラマンの中では、一番すきです。そして新マンまでというのも同感です。)
邦画では、寅さん、「影武者」「連合艦隊」等々。あと角川映画がはじまり勢いがありました。
イエローストーン
2009/05/16 01:58
高学年から中学の頃は洋画のが多く見てました。
「未知との遭遇」「スター・ウォーズ」「007」「ジョーズ」・・・、中学になって「ファイナル・カウントダウン」「マッド・マックス」「アパッチ砦ブロンクス」「スクープ」「インディ・ジョーンズ」「勝利への脱出」思い出すところはこの辺りか、ジャッキー・チェンも夢中でみてました。そしてなによりも「トム・ホーン」「ハンター」、私が大好きなマックィーンを劇場でみたのはこの2本だけでしたね・・・。
そして、金田一や、「ゴッド・ファーザー」などは公開当時はみておらず、あとになって夢中になりました。

とにかく、ただスクリーンに夢中になり、正にワクワクして、夢の中へ連れて行ってくれたものだした。今もその想いはかわらずに同じ想いですが、やはり昔のがワクワクして特別なもののように感じますね。

では、また。
イエローストーン
2009/05/16 01:59
 シュエットさん、こんばんは!
>映画の中のファッション
 シュエットさんのコメントを読んで思い出したのは、大昔、うちのじいちゃんが家具屋をやっていたときに仕入れの参考にしたのがヨーロッパ映画に出てくる調度類だったということでした。
 またモノクロのフィルム・ノワール世界の住人たちは実際にはどんな色の服装をしていたのだろうとかは興味ありましたね。何気に『時計仕掛けのオレンジ』のファッションも惹かれました。
 映画は総合芸術ですし、道具や服装などのデザインも勿論重要な位置を占めています。画面を構成する諸要素が重層的に折り重なってはじめて映画の個性や雰囲気が作られるのではないでしょうか。
 色々考えさせてくれるのが映画の良いところかも知れませんね。ではまた!
用心棒
2009/05/16 20:15
 イエローストーンさん、こんばんは!
 この当時を知る男の映画ファンであれば、大体似たような映画との遭遇を果たしているでしょうね。
 今とは違い、ほとんどの家庭が同じテレビ番組を見ている状況でしたものね。しかもテレビは一家に一台だけで、子どもにはチャンネル権はありませんし、今の子達がうらやましいですよ。
>角川
勢いありましたね!犬神家や薬師丸ひろ子の映画などは大人気でしたね。懐かしい!ではまた!
用心棒
2009/05/16 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『映画はいつもワクワクさせてくれた…。』小中学生のとき、映画を観ることは特別な意味を持っていた…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる