良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967)完璧な悪役スター、ギャオスをしても駄目なのか?

<<   作成日時 : 2006/06/07 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 8

 ガメラ・シリーズのライバル怪獣の中で、もっとも人気のあるギャオスがはじめてその勇姿をスクリーンに現した記念すべき作品が、この『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』です。大映の作り出したすべての怪獣の中で、ギャオスこそが完璧なフォルムを持って命を与えられました。

 鳥類、爬虫類の素晴らしい機能的な形状と機能を持ち、獰猛さとずる賢さをも合わせ持つ完璧な怪獣がギャオスです。大映の特撮がもっとしっかりと彼を描いていたならば、歴史に残るほどインパクトの強い作品に仕上げられる事もできたと思うと、その機会が失われてしまった事がとても残念です。

 いかにもピアノ線か何かで吊っているのがバレバレの空中飛行シーンにはがっかりさせられます。リアルだったら良いというわけではないのですが、あまりにも安易な特撮には子供でも見向きもしません。

 ドラマ自体は道路公団に色目を使う政治家達の思惑と、政府による土地買収で暴利を貪ろうとする地元民の形だけの道路工事反対運動を絡めて、人間達の汚さを前面に強調する。実写部分にも一本の太い軸を通しているのです。

 今でも通用する人間の汚さを暴こうとするドラマがこの作品を、他の怪獣映画とは違うものに導こうとしていました。つまり名作に成る可能性は十分にあったのです。

 大映怪獣らしく、生物的な特徴を多く持つギャオスには、人間をついばんで食べるという恐ろしい習性や、ガメラに襲われ捕まりかけると自分の足を超音波で切断して逃げるというエグサと狡さを持ち合わせています。

 また、吸血鬼ドラキュラのように夜だけ出現し、血を求めて街を彷徨って、人々を恐怖のどん底に陥れるなど、大映怪獣映画らしい素晴らしい設定、シーン、個性が数多く盛り込まれているのです。であるにもかかわらず、数ある怪獣映画の中でも、そんなに評価されていないのがこの不幸な作品であります。

 名作になり得なかった最大の理由は何か。名作になる可能性をぶち壊してしまったのはヒーローのように振舞う子役の登場であり、彼の出現とともにガメラが堕落してしまう。「子供の味方」、「正義の味方」のガメラの登場である。

 ゴジラが歩んで失敗した道をガメラも歩んでしまいました。大甘のシロップ付けのような作品に成り下がるターニング・ポイントの作品になってしまったのです。

 そもそもギャオスという名前自体がこのガキが勝手に命名したものであり(しかも鳴き声が「ぎゃおす!」に聞こえるからだ、というふざけた理由。)、謂れがあるわけではありません。ガメラの甲羅の上に乗った初めての子供であるこのガキはギャオスの目撃者でもあった為、自衛隊の本部に招かれていました。

 大人の重要な戦略会議にいるだけでも無茶なのですが、作戦まで提言してしまうのは異常です。さらにそれが採用されるのはもっと異常。自衛隊は子供の知恵にも劣るとでも言いたげな演出には苦笑するしかない。

 「ギャオスが襲ってくるのは夜だから、昼間は安全だよ」と子供に教えられる馬鹿な大人達に国防を任せておいて良いのだろうか。

 自衛隊の今回のバカボン並みの作戦は「グルグル椅子作戦」に止めを刺します。首が回らないギャオスの特性を活かし、三半規管を麻痺させようとする間抜けな方針の下、ガメラホイホイに続き、ギャオス回転台を作ってしまいました。結果は当然失敗。

 ゴジラの自衛隊よりも火力が少なく、作戦は子供任せというのは情けない限りでした。日光に弱いギャオス(UV対策が必要なんていうのは若いおねえちゃんみたいだ!)を倒すために採られたのがグルグル椅子作戦でしたが、結局はガメラ頼みになってしまいます。

 平成ガメラ・シリーズで復活した時には子供など出さずに大人だけで作品を構成しており、そのために名作になった第一作目でしたが、もしこれを昭和シリーズでもやっていたならば、東宝よりも支持されていたかもしれません。大映は読み間違えました。怪獣映画の基本は大人の鑑賞に耐えられる作品をまずは作り上げる事なのです。

総合評価 65点
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス ( 1967 / 日本 )
人間が ギャオスを何とかしようと、次々に考え出す作戦が また見ていて実に楽しい。 いつも あともう少し というところで失敗に終わるのも定石ですが、それでもハラハラドキドキしますよね! それにしても あの“おぼっちゃま”(笑)、ギャオスの弱点を次々に見つけだすあ... ...続きを見る
くんだらの部屋
2006/10/08 09:47
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス (昭和42年・1967)
ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX湯浅憲明 田中重雄 金子修介 人喰いギャオスが殺人音波で帰ってきたぞ! つっこめガメラ火炎噴射のマッハ3で体あたりだ!  『大怪獣ガメラ』、『大怪獣決闘... ...続きを見る
Godzilla and Other A...
2006/12/06 00:12
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス - Gamera VS. Gyaos
ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX湯浅憲明 田中重雄 金子修介 人喰いギャオスが殺人音波で帰ってきたぞ! つっこめガメラ火炎噴射のマッハ3で体あたりだ! ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2006/12/06 00:43
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 07151
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオスGiant Monster Mid-Air Battle: Gamera vs. Gaos 1967年   湯浅憲明 監督本郷功次郎 笠原玲子(新人) 丸井太郎 北原義郎 上田吉二郎 蛍雪太朗 主役は? ガメラに乗った少年、えいいち君ですよね、、、 監督インタビューでも.... ...続きを見る
猫姫じゃ
2007/07/11 19:53
映画評「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」
☆☆★(5点/10点満点中) 1967年日本映画 監督・湯浅憲明 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2007/12/28 14:57
『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967)
富士火山帯に群発地震が発生、それは怪鳥ギャオスの眠りを覚ました。空を飛び、超音波メスで切り裂き、人を食らうギャオスの出現。しかしそれに呼応するかのようにガメラも飛来! 今、二大怪獣の死闘が始まろうとしていた!! ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2008/01/09 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
まぁまぁまぁまぁ、、、
しかしこの映画の飛行シーンは、ホント、お粗末でしたね、、
猫姫少佐現品限り
2007/07/11 20:13
 猫姫様、こんばんは。TBとコメントをありがとうございます。
 酷かったですね。固まったまま飛行するギャオスにはラドンの滑らかさはありませんでしたし、ガメラの回転飛行も「思い入れ」のある方には(僕も含め)素晴らしいシーンとして美化しがちではあります。
 実際には夏場に物干し竿に括り付けた鼠花火と大差ないですもんね。いやはや。
用心棒
2007/07/13 00:12
TBより半日遅れでコメント致します。

僕は一応昭和シリーズの中で一番高く評価することにしました(5作目以降は観ませんが、およそ想像がつきます)。
確かに子供の意見が活用されすぎてはいるのですが、科学者や作戦指揮者の態度がこれまでほど受動的ではない感じがしまして(記事そのままです)、割合自然に観られたんですね。
ギャオスの特撮はともかく、科学的に細かく設定されていてなかなかでしたよ。超音波メスの切れ味には惚れ惚れしました。最近のホラー映画もびっくりです。(爆)
主題歌はかなりひどい出来栄えでしたね。

それに引き替え第4作はフィルム借用でお粗末、しかも宇宙人が大間抜けで興醒めでした。用心棒さんは第4作については書かれていませんよね?
オカピー
2007/12/29 01:47
 こんばんは!
モノクロの第一作目(単体物)、バルゴン、ギャオスで三作目ですね。

確か五作目でギロンが出てきます!「小さき〜」のなかで、お父さんが料理をしている最中に、包丁が落ちてくるショットがありまして、それは五作目で登場するギロンへのオマージュであるので、僕等特撮ファンは大喜びで観ておりました。
 ギャオスとの格闘は大映らしいファイトでした。4作目バイラスより5作目ギロンのほうが見た目にも楽しいですよ!

※4作目書きましょうか?

 ではまた!
用心棒
2007/12/30 01:20
>4作目書きましょうか?

お暇な時に宜しくお願い致します。用心棒があの変てこぶりを何と表現するか楽しみなだけなんですけど。(笑)
5作目以降は無視してしまいました。調べたら再放映予定なし、ガクッ。

ということで、本年も1年間有難うございました。来年も宜しくお願い致します。
良いお年を。
オカピー
2007/12/31 03:34
>何と表現するか
 う〜〜む…。良いとこ探しをするのはかなり難しい作業になるのが確実ですね…。
 敵役もどんどんしょぼくなっていき、『宇宙怪獣ガメラ』に至ってはガメラが「宇宙人?」になっている始末。書けば、500字以内で終わりそうですよ。
 こちらこそ、今年一年ありがとうございました。良いお年を。
 
用心棒
2007/12/31 18:34
明けましておめでとうございます。

上の文章で読んだら冷や汗が・・・。

用心棒さんを呼び捨てにしてしまいました。
申し訳ございません。気付きませんでした。

新年早々誤ることになるとは間抜けですね。
オカピー
2008/01/01 02:56
 新年明けましておめでとうございます。

いえいえ、お気になさらず。

今年もよろしくお願いいたします!
用心棒
2008/01/01 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(1967)完璧な悪役スター、ギャオスをしても駄目なのか? 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる