良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ギルダ』(1946)セックス・シンボルだった、リタ・ヘイワースの魅力を前面に押し出した代表作。

<<   作成日時 : 2006/02/23 01:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 4

 チャールズ・ヴィダー監督、1946年製作作品であるだけではなく、マリリン・モンロー以前のセックス・シンボルであった、リタ・ヘイワースの代表作でもあります。彼女の魅力が前面にフューチャーされているこの作品はまた、彼女が輝いていられたモノクロ・フィルムとの相性の良さが出ているフィルム・ノワールでもあります。


画像



 彼女の名前は1994年になってから、映画ファンにとっては不滅の人気を誇る『ショーシャンクの空に』の原題である『ショーシャンク刑務所のリタ・ヘイワース』でも用いられ、劇中劇として最初の登場シーンと、彼女が歌う『Put the blame on Mame』が使われていました。

 『上海から来た女』、そしてこの『ギルダ』でのリタ・ヘイワースの美しさは尋常ではない。またモノクロでは魅力があふれ出ていたリタが、何故カラーになった途端にあの妖艶な匂いが消えてしまったのか。モノクロが映える女優もいたとしか言いようがありません。同じ監督が撮った、カラー映画『カルメン』ではたいして魅力を感じないのです。不思議ですが事実です。


画像



 モノクロが好きな人間としては、マレーネ・ディートリッヒと並び、大好きな女優さんの一人です。本当に眩しい女優さんです。彼女は歌も素晴らしく、演技もきちんと出来ている。しかも綺麗。実際に歌っていたかどうかは不明ですが、歌っていたのならば、更に素晴らしい。

 1998年に製作された『ゴダールの映画史』でも、最後の歌のシーンと彼女のクロース・アップが挿入されていて、ゴダール監督も彼女が好みであったことがわかります。ちなみにマリリン・モンローは映画史には一度も登場しませんでした。実際、モンローは演技、歌もいまいちです。でも彼女の魅力はそんなものでは測れません。彼女については違う機会に書き込みます。

 リタ・ヘイワース演じるギルダの歌う『Put the blame on Mame』はとても魅力的であり、劇中で二回使われるこのナンバーは彼女の魅力を存分にアピールしています。一回目は弾き語りで爪弾かれ、二回目はゴージャスなダンスと共に歌われます。フェロモンが画面すべてに充満している二回目のこの歌のシーンを見るだけで、彼女が如何に魅力的かが理解できることでしょう。


画像



 このカジノでのショーのシークエンスは、この映画でのクライマックスであり、「誰かファスナーを外して」と観客を挑発するリタの様子は、いかがわしさよりも可愛らしさが出ている良いシーンでした。いかがわしさを出そうとしても、不器用な可愛らしさが出てしまうリタの表情と本性がご愛嬌です。また現状の生活に失望して、素に戻った時のリタの表情は、むしろ着飾った時のリタよりも美しく思いました。

 映画自体は、男女3人の複雑な三角関係の縺れとその顛末を、第二次大戦後のナチス残党との争いを出汁に使って、スパイ物の味わいを出しています。グレン・フォード演じるギルダ(リタ)の元愛人とギルダは元恋人同士だったが、別れた後にお互いは全く知らないうちにアルゼンチンに流れ着く。アルゼンチンと言えば、ナチス幹部や戦犯が多く隠れて潜伏生活を送った場所としても有名だったので、この地を作品の舞台に選んだのは順当だと思います。

 かつての恋人ギルダは、今では自分のボスの妻の座に納まり、自分は部下として彼女に接しなくてはならない。こういったことは現実世界でもありそうなことです。お互いに忘れられないが、ストレートに感情を表せない二人は、その裏返しとしてお互いに憎しみ合うようになる。

 かつて恋人だったとしても、別れた後は別々の道を歩んでいくのが人生です。何かのきっかけでまた出会うことになっても、立場はまるでそれまでとは違うものになっていることも多い。かつて同等だったとしても、時間を経過した後では、人間関係は決して元には戻らない。また戻ったとしても、それにはとてつもない痛みが伴う。

 しかも彼女の夫は犯罪者であり、詐欺や殺人などなんとも思わない。彼はギルダら二人の関係に疑念を持ち、嫉妬してゆく。最終的に彼が二人を殺そうとした瞬間になってはじめて、お互いが必要な存在であることに気付く。とまあ、これが主な筋書きでありますが、まあありふれたものではあります。


画像



 この映画はストーリーがどうとかいうものではなく、ハリウッド・スター女優のリタ・ヘイワースの魅力を出し切ることに焦点が置かれた作品なのです。この目論見は見事に成功して、彼女の代表作として語り継がれるようになっています。ブエノスアイレス(アルゼンチン)、モンテビデオ(ウルグアイ)など南米大陸の地名が頻繁に出てくるのも、この作品の持つ異国情緒と流れ者の物語のイメージをより一層強めています。
総合評価 76点
ギルダ
ギルダ [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ギルダ」
リタ・ヘイワースですよ、ギルダですよ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2009/09/23 22:39
映画評「ギルダ」
☆☆☆(6点/10点満点中) 1946年アメリカ映画 監督チャールズ・ヴィダー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2009/10/18 20:09
『THIS IS IT』(2009)“キング・オブ・ポップ”マイケルのラスト・ステージが観たかった。
 マイケル・ジャクソンの名前をはじめて意識したのは中学一年生のときで、マイケルの大ヒット作となったアルバム『スリラー』からちょうどポール・マッカートニーとの初デュエット『ガール・イズ・マイン』がシングル・カットされたときだった。レコード屋さんに買いに行ったとき、二人がにやけた顔で写っていたジャケットが妙に記憶に残っています。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2009/11/09 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仰る通りの映画ですね。
従って、リタ・ヘイワースがそれほど好きではない僕には余り面白くないわけでして、どうもすみません。

尤も、本作のリタはヴァンプ的魅力があるのは大いに認められるところで、モノクロ映像の深みのおかげでしょうか。

それから、当方も"Put the blame on Mame"について述べようかなと思ってみたものの、皆様大同小異に述べているので、結局省略。
しかし、その為に映画の核に触れないことになり、どうにも締まらない記事になって面目ない次第であります。
オカピー
2009/10/19 21:15
 こんばんは!
>"Put the blame on Mame"
このシーンのインパクトがあまりにも大きく、他がすべて飛んでしまいました。この10分弱に彼女の魅力が凝縮しているわけですが、ここだけが記憶に残っている方もいるのでしょう。もしかすると『ギルダ』を見ずに、ショーシャンクで観た断片だけで、これを語っている人もいるかもしれませんね(笑)

ではまた!
用心棒
2009/10/19 23:02
昨日、シネマベーラ渋谷で本編を見ました…。シャープなモノクロームの撮影で、その陰影がリタ・ヘイワースの官能的な美を引き出していてお見事!!ゴダール監督もそうなんでしょうが、舞台の華やかさと歌うシーンは多くの映画人の心を捉えた事でしょう…。こんな演出が出来たらー。監督業の醍醐味かも知れません。リタ・ヘイワースはオーソン・ウエルズ監督の(上海から来た女)等でも印象深いのですが…。
PineWood
2016/06/30 08:58
こんばんは!

大きなスクリーンで観れば、より彼女の魅力を感じられたのでしょうね。羨ましいですよ。

>オーソン・ウェルズ
あの映画での彼女もとても美しく、官能的ですね。カラーになってしまうと「そうでもないな。」と思ってしまいます。何故でしょうねww

黒と白と灰色に愛された女優さんだったのかもしれませんね。

ではまた!
用心棒
2016/07/01 00:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ギルダ』(1946)セックス・シンボルだった、リタ・ヘイワースの魅力を前面に押し出した代表作。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる