テーマ:音楽

『アビイ・ロード』ここぞで掛けるこの一枚。

 高校入学の祝いでアンプ、レコード・プレーヤー、スピーカー、カートリッジを買ってもらってから、40年近くが経ちます。時代はまだ昭和でしたので、その後の平成、令和と元号が三つ目になるので、長生きするとあと二つくらい行けそうです。  中学まで使っていたのは知り合いの喫茶店で使っていた一体型の家庭用オーディオをもらったもので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『33回転イギリス・モノラル盤』英国オリジナル・モノ盤コンプ!そして気になる45回転『レット・イット・ビー』。

ここ半年余り、どっぷりとビートルズのイギリス・オリジナルのモノラル・アルバムを主に集めており、仕事から帰ってきた後に自宅のプレーヤーでレコードを掛けるのが日課になっています。  デビュー作『プリーズ・プリーズ・ミー』の疾走感、ハーフ・シャドウが強烈な印象を与える『ウィズ・ザ・ビートルズ』、個人的にはジョンがもっとも魅力的に映る『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビートルズのレコードとの出会い』買い始めてからすでに40年が経とうとしています。思えば遠くへきたもんだ…

 お年玉を握りしめて、ビートルズのレコードを買って、不良に遭わないように帰路についたのはたしか1982年でしたので、実に40年も前のことになります。  買ったのは中学に入ってからでしたが、ビートルズをはじめて意識して聴き出したのは1982年のたしか春先にオンエアされた、徳光さんと福留さんの司会の番組でした。  たしかラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『45回転イギリス・モノラル盤』ビートルズがイギリスで現役時代に出したシングル枚数は22枚。

 音圧が異常に高い『ペイパーバック・ライター/レイン』『愛こそはすべて/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチマン』などをちょこちょことは購入してきたが、昨年末から本腰入れて集めていたのがビートルズが現役時代に本場イギリスでリリースしてきた、ほとんどがモノラルとなる、22枚のパーロフォンとアップルのシングル盤レコードでした。  ステレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビートルズと映画スター』テレビがなかった頃の彼らのヒーローは映画スターだった。

ビートルズがイギリスで出したアルバムの中ではおそらくもっとも地味な一枚を選ぶと、それは『ア・ハード・デイズ・ナイト』と『ヘルプ!』という2枚の主演映画のサントラ盤に挟まれた『ビートルズ・フォー・セール』だろう。  個人的にはもっとも好きなアルバムは『ア・ハード・デイズ・ナイト』だが、『ビートルズ・フォー・セール』も疲れたときによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マッカートニーⅢ』(2020)聖ポールから届いたクリスマス・プレゼント。80歳手前でも制作意欲があるのがスゴイ!

 久しぶりに記事を書いておりますが、映画ではなく音楽になってしまいました。ウイルス感染が収まりかけたように見えた矢先、さらなる感染者が爆発的に増えてきてしまい、春はまだまだ遠そうです。  僕自身の関心も今は散発で公開される映画よりもレコードを聴くことに向けられていて、ビートルズ&各メンバーソロやレッド・ツェッペリン、ディープ・パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』(1986)日本でこれを観に行った人って、何人くらいいるんだろうか?

 金曜夜にGoogleで大阪ミナミの心斎橋辺りにあるアナログ盤専門店を検索したところ、土地勘がある場所の近くで営業されているお店を見つけたので、本日、お昼に早速奈良の田舎からそちらに向かって歩いていきました。  武漢ウイルスが欧州でも猛威を振るい出し、先月くらいまではアジア人を差別したり、日本のダイアモンド・プリンセス号への対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シングル・マン』(1976)この歌の良さが、いつかきっと君にもわかってもらえるさ。いつかそんな日になる。

 はじめてRCサクセションのアルバム『シングル・マン』に収録されている『夜の散歩をしないかね』『スロー・バラード』を聴いたのは当時のニュー・アルバム『BLUE』をラジオで特集していた番組で、『ガガガガガガ』『多摩蘭坂』などとともにカセットテープに録音し、何度も聴いていました。  RCサクセションはバンドとしては『ロックンロール・シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドアーズ』(1991)ドアーズの伝記映画と思ったら、ストーン監督のいつもの映画でした。

 はじめてドアーズの『ジ・エンド』を聴いてから、すでに40年近くは経っています。普通はラジオかレコードなのでしょうが、映画ファンらしく、ヘリのプロペラ回転音で幕を開ける、フランシス・フォード・コッポラ監督の狂気に満ちた問題作『地獄の黙示録』のサントラで耳にしたのが最初でした。  もっともしっかりとドアーズのアルバムを聴くようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『イエスタデイ』(2019)ビートルズが存在しないこの星はなんとも味気ない。皮肉がこもったパラレルワールド映画。

 しばらく前に劇場予告編を眺めていて、始まったら見に行きたいなあと思っていたものの、近所の映画館の上映作品をチェックしていても、なかなか予定が記載されない作品がありました。それがこの『イエスタデイ』だったのです。  まだ公開されていないのかなあと不審に感じながら、大阪でたまに通っていたマイナー館のスケジュールを見たら、普通に公開さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フェスティバル・エクスプレス』(2003)ジャニスの絶唱と叫びを聴け!

 『フェスティバル・エクスプレス』と言っても、なんだかピンと来ないでしょうが、これは1960年代後半に盛り上がりを見せた、ウッドストックなどの各地で行われたロック・フェスの一つを撮影し続けたドキュメンタリーの音楽映画です。  『ウッドストック』や『バングラデッシュのコンサート』のように通常のコンサートやフェスが大きな会場や広場に大…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『イマジン』(1988)ジョンの歌には魂がこもっている。ただ祭り上げて欲しくはない。

 ジョン・レノンに対してはビートルズ・ファンの一人一人に独特の想いがあります。ビートルズの中期までのリーダーは間違いなく彼でしたし、発言でももっとも目立つ存在でした。ビートルズ解散後のラジカルな活動は政治的で、急進的でついて行けない人も多かったでしょうが、彼を崇拝する人は死後、神格化してしまいます。果たして彼は喜んでいるでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『バングラデシュのコンサート』(1972)ライブ・エイドの原点はジョージ発案のこのコンサートでした。

 おかげさまで今回の記事で映画関連の累計がちょうど1000本目になりました。ブログを始めてから15年目になってようやく1000本目なのでかなりペースは遅いわけですが、自分で無理なく続けていける程度の更新でやっていく方針に変わりはないので、今後ともよろしくお願いいたします。  ジョージ・ハリスンの出ている映画というと、ビートルズ時代…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『ヤァ!ブロード・ストリート』(1984)ポールはまだぼくらとともにいる!

 何度やっても面倒臭い、毎年恒例の決算処理作業と書類作成が徹夜も挟んでようやく終わり、一息つこうとAmazonでCDや本の購入を済ませ、今月の支払い金額を確認しに三井住友のサイトへ出向き、真夜中11時にログインしました。今月の金額を確認したところ、普段より2倍以上の支払総額になっていました。  まあ、先月はオーディオ・アンプやCD…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『マイ・ビートルズ・ブームが再びやってきた!』お金が掛かって、かなりヤバい!

 先日、近鉄奈良駅近くにオープンしていた中古のビートルズ・レコード専門店のB-SELSさんで『ビートルズ・フォー・セール』『リヴォルヴァー』を買ってから、レコードの魅力を再発見し、自分の中でのビートルズ・ブームが再燃し、レア・バージョンが多数収録されている『ビートルズ・ボックス(レアテイクの宝庫!)』『ビートルズがやって来る ヤア!ヤア…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『B-SELSがやってきた ヤア!ヤア!ヤア!』奈良にビートルズ専門レコード店が誕生していた!

 週明けにAmazonから届いたプリメインアンプの配線を深夜に繋ぎ替え、CDはベートーベンのピアノソナタ『月光』、レコードプレーヤーはビートルズ『アビーロード』でチェックし、そのまま眠りました。  そして昨夜は残りの配線となるBDレコーダー、CD-Rレコーダー、DATデッキなどを繋ぎ、音の出方をチェックしていきました。昨日の段階で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『プリメインアンプを20年ぶりに購入しました!』AVアンプと迷ったが…

 20年くらい使い続けたYAMAHAのアンプがとうとう動作不良になり、延命措置をまずは考え、YAMAHAさんに連絡してみたところ、さすがに20年前のアンプの部品のコンプレッサーを持っておらず、御愁傷様を告げられました。  そんな話を自室でした後に再度、アンプのスイッチを入れると急に正常に動き出したため、コイツも捨てられたくないのか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『パープル・レイン』(1984)プリンス最大のヒット曲満載の青春映画。

 ここ数年、というよりもぼくらが中高生のころに聴いていたロックの大スターが次々に亡くなっています。デヴィッド・ボウイが逝ってしまった後にまさか、プリンスが急死するとは思いませんでした。  ぼくが中学生だったころ、女の子たちはデュラン・デュラン、カルチャー・クラブ、カジャ・グーグー(グループは『君はトゥーシャイ』『ライオンズ・マウス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ポールの思い出』まだ亡くなってはいませんが、聴き始めたころを思い出しました。

 ザ・ビートルズのメンバーの一人で、ジョンではない方の有名な人。ウィングスでも大儲けした人で、もっともリッチな元・ビートルズ。若くして亡くなったジョンの亡霊と常に比較される気の毒な天才。リンゴとは仲が良さそうな人。ちょっとスケベそうで、女の子が喜びそうな歌を次々に生み出したヒット・メイカー。  ポール・マッカートニーのイメージって…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『ビートルズ武道館ライブ』(1966)ついに50周年を迎えた武道館ライブ!まだソフト出ない?

 年末にお休みだった日曜日に近くの三輪のお山まで原付に乗って、運転していると奇妙な光景をあちこちで見かけました。交差点にやたらと警官たちと揃いのジャンバーを着込んだおじさんたちが立っているのです。  信号で止まったときに近くのお巡りさんに何かあったのか聞くと奈良マラソン開催日がこの日だったことが判明しました。奈良から桜井辺りにかけ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

『オデオン盤とアップル盤』ビートルズのシングル盤解説が当時の雰囲気を伝えてくれる。

 思春期に差し掛かるころ、好奇心と感受性は日に日に敏感になり、貪るようにあれこれ聴きまくった中高生の頃、地元の中古レコード屋さんの存在は神様のようでした。  普通のレコード屋さんの半額以下でビートルズ、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、キング・クリムゾン、ブルース・スプリングスティーンら憧れのロック…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

『モンティ・パイソンのザ・ラットルズ』(1978)ビートルズのパロディとしてはベスト!

 モンティ・パイソンがビートルズの歴史をパロディに仕立てあげたのがこの『モンティ・パイソンのザ・ラットルズ』(1978)です。オリジナル・タイトルは『オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ』、つまり『金こそはすべて』というなんとも皮肉っぽい題名です。  さすがにそのままではリリースしにくいと思われたのか、『モンティ・パイソンのザ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『シャイン・ア・ライト』(2008)ストーンズの円熟したライヴ。ロックなお爺ちゃんは今も元気!

 ローリング・ストーンズのライヴ映画でまだ書いていなかったのが比較的最近の彼らを扱った『シャイン・ア・ライト』でした。  2008年製作ですので、ミックもキースもすっかりオジイちゃんになり、ビル・ワイマンがいなくなってからでも十年以上も経っています。  ハル・アシュビーが監督した『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コックサッカー・ブルース』(1972)ストーンズが体現したセックス、ドラッグ&ロックンロール!

 ずっと長い間、お蔵入りとなっていた1972年度製作のツアー・ドキュメンタリーが『コックサッカー・ブルース』です。コックサッカーとはフェラチオするヤツという意味であり、女性が男性に対してする行為というよりもホモ野郎という意味の方が強いし、より侮辱的でしょう。  契約に不満を持っていたストーンズによる古巣デッカ・レコードや悪辣マネー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『DATって、知ってる人いるのかな?』MDの前の録音メディアだが、普及せず…。

 DATを知っている人は周りにはほとんどいません。デジタル・オーディオ・テープの略称ですが、一部の音楽マニアか、20年以上前にオーディオ・ファンだった人くらいしか存在を知りません。『新世紀ヱヴァンゲリヲン』の主人公、碇シンジ君がいつもヘッドホンをつけて聴いている小さいのがDATウォークマンです。ぼくもこれはまだ持っています。  カ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス』(2011)一番の驚きはフサフサしたチャーリー・ワッツ!!

 来年にはデビュー五十周年(!)を迎えようとするローリング・ストーンズが出演した映画のなかで、純粋なライヴ物ではないのは『悪魔を憐れむ歌』のレコーディング風景をジャン=リュック・ゴダールが撮り続けた『ワン・プラス・ワン』のみです。  孤立していくブライアン・ジョーンズが痛々しくて、見ていて辛くなった、この映画以外はすべて彼らのライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドキュメンタリー頭脳警察』(2009)全3部作品からなり、収録時間は5時間半弱。PANTA健在!

 なんとまあ、全部合わせると3部作で、収録時間が3本合計で5時間半弱の超大作となってしまったのが2006年から2008年の頭脳警察再結成までのPANTAとTOSHIを追い続けたドキュメンタリー映画『頭脳警察』である。こういったビッグ・ネームのドキュメンタリー映画というと思い出話と自慢話ばかりのぬるいものが思い浮かびます。  しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ギミー・シェルター』(1970)この曲を演奏すると、いつも何かが起こるんだ…。

 なかなか決着が付かず、膠着状態と厭戦気分が蔓延していたベトナム戦争の影響からか、反権力的だったロック文化やヒッピー文化が若者の間で影響力を持ち始め、いつの間にか最高潮を迎えようとしていた1969年には、ロック史上で有名なロック・コンサートが3つ行われました。  一つは1月に解散間際のビートルズがアップル・ビルの屋上で突然演奏した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『THIS IS IT』(2009)“キング・オブ・ポップ”マイケルのラスト・ステージが観たかった。

 マイケル・ジャクソンの名前をはじめて意識したのは中学一年生のときで、マイケルの大ヒット作となったアルバム『スリラー』からちょうどポール・マッカートニーとの初デュエット『ガール・イズ・マイン』がシングル・カットされたときだった。レコード屋さんに買いに行ったとき、二人がにやけた顔で写っていたジャケットが妙に記憶に残っています。  中…
トラックバック:3
コメント:12

続きを読むread more

『爆裂都市』(1982)土曜の夜だぜえ~!!!騒ごうぜ~!!!ああ…なつかしい!!

 三十代も後半になると、積年の不摂生とストレスへの対応のために、人間は精神とカラダが随分と丸くなってくるが、ふとしたきっかけで、昔の尖った感覚が蘇ってくることがある。そのきっかけは昔よく使っていた道具だったり、聴いていた音楽だったりする。  ひょんなことから、来年に大学を卒業する知り合いの女の子と音楽談義をしていたときに、日本の昔…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more