『ビートルズと映画スター』テレビがなかった頃の彼らのヒーローは映画スターだった。

ビートルズがイギリスで出したアルバムの中ではおそらくもっとも地味な一枚を選ぶと、それは『ア・ハード・デイズ・ナイト』と『ヘルプ!』という2枚の主演映画のサントラ盤に挟まれた『ビートルズ・フォー・セール』だろう。

 個人的にはもっとも好きなアルバムは『ア・ハード・デイズ・ナイト』だが、『ビートルズ・フォー・セール』も疲れたときによくターンテーブルに載る1枚です。

bfs005.jpg

 アルバム・ジャケットと同じく、ザラザラしたサウンドが好みでやっつけ仕事で無理くりクリスマス・シーズンに間に合わせたとは思えない程に落ち着いた雰囲気が全編に漂っています。

 単純に過密日程のために新曲を捻り出す時間的余裕がないためにすぐに録音できるものを探すとこれらしかなかったのであろう。BBCのラジオショーでもしょっちゅう取り上げていたお気に入りのカバーを使えば何とかなるという消去法の選択肢だったのであろう。

beatlesfs001.jpg

 結果として、ハンブルグ時代に飽きるほど演奏していたであろう『ロック・アンド・ロール・ミュージック』『ミスター・ムーンライト』『カンサス・シティ』『ハニー・ドント』『ワーズ・オブ・ラヴ』『みんないい娘』をさらっと収録しています。

 この内の2曲を落として、A面トップに『アイ・フィール・ファイン』、B面トップに『シーズ・ア・ウーマン』を持ってきていれば、アルバムとしての魅力はぐんと増したのではないだろうか。


beatlesfs00.jpg

 そんなことを考えながら、つい先日、B-SELSさんで購入したイギリスのパーロフォンのモノ・シングル盤『アイ・フィール・ファイン/シーズ・ア・ウーマン』を聴いてから、赤盤『ビートルズ・フォー・セール』を続けて二回ほど掛けていました。

 そのときにふと、「そう言えば、内ジャケットにある二枚の写真はいつのものだろう?」と気になりだしました。

 一枚の演奏シーンを捉えたものはワシントンDCでのひとコマ、もう1枚はトゥイッケナム・スタジオでのスナップだと言うのは知っていますが、スタジオ壁面の映画宣伝と思われるコラージュに写っている俳優や女優は誰なのだろうと気になりだしたのです。


beatles-for003.jpg

 それぞれ見たことがある顔もありますが、それが映画で見たから覚えているのか、40年以上前からこの内ジャケットを見てきて、それが刷り込まれているだけなのかが不明になってきたのです。

 普通に判別できるのはジェーン・マンスフィールド(『女はそれを我慢できない』)、ヴィクター・マチュア(『聖衣』)、イアン・カーマイケルくらいで印象的なサイレント時代の女優みたいな人も誰なのか分からない。

beatlesfs002.jpg

  ずっと見てきたのに何故か『サージェント・ペパーズ』のように各々が誰かまで気にならなかったのは何故だろう。またサージェント・ペパーズではCDのライナーにも何番がどの顔とか解説されていたが、"フォー・セール"には一切記載がない。

 ちなみにサージェントにはメイ・ウェスト、シャーリー・テンプル、ダイアナ・ドーズ、マーロン・ブランド、マリリン・モンロー、タイロン・パワー、トニー・カーチス、ジョニー・ワイズミュラー、フレッド・アステア、そしてマレーネ・ディートリッヒなど錚々たる顔ぶれがそろっています。

sgt.pp004.jpg

 また本人が出演しているわけではありませんが、映画ファンには『アラビアのロレンス』で有名なトーマス・エドワード・ローレンスも写っています。ついでにガンジーもいましたが、政治的忖度で削除されています。

 海外でも事情は同じようで、英語記事を検索してみても山賊風なのは誰とか、サイレント映画の女優さんっぽい女の人は誰などの記載は見つけられませんでした。なんか、ずっと引っかかっています。コメディアンはローレル&ハーディ?

ビートルズ・フォー・セール - ザ・ビートルズ


サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - ザ・ビートルズ


女はそれを我慢できない [DVD] - トム・イーウェル, ジェーン・マンスフィールド, フランク・タシュリン


砂塵 [DVD] - マレーネ・ディートリッヒ, ジェームズ・スチュワート, ミシャ・オウア, チャールズ・ウィニンガー, ジョージ・マーシャル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック