『一度死んでみた』(2020)武漢ウイルス騒動明けで新作を観に行きました。

 日本全国の地域によって差はありますが、大阪府の吉村知事の戦略に協力して試練に耐えた大阪府を後追いした関西の他府県(吉村寝ろ!とか兵庫の知事は起きろ!とか言われていましたが、奈良はどこだ荒井!とみんなでからかっていましたwww)では武漢ウイルスが一応は沈静化しつつあります。

 シネコンなどの近くの映画館が営業再開後、かなり傷んでしまっている経済を回していくためにも、馴染みの食べ物屋さんで外食をしたり、ちょこちょこ旧作を観に来ていましたが、しばらくは新作を見ていませんでしたので、今日は広瀬すず主演の『一度死んでみた』を選んでいます。

 今日来ている映画館は売店のポップコーンに熱々のバターオイルが掛かっていて、他よりも美味しい。ただサイズがMでも食べきれない巨大な代物で毎回完食に苦労しましたが、最近はSサイズでもバターオイルがトッピング出来るようになったのでついついここへ来ると頼んでしまう。

death201.jpg

 まあ原付で来ているので帰りは一人だし、気にすることもない。作品は人気女優、広瀬すずの魅力を引き出してくれればそれで良い。脇を支える俳優陣に堤真一、木村多江、嶋田久作、吉沢亮(去年の朝ドラでも共演していました)、小澤征悦、松田翔太、でんでん、原日出子、妻夫木聡らを配し、ついでに乃木坂の元エースの西野七瀬を起用していました。

 今日は広瀬すずか能年玲奈(のん)かどちらかの主演映画を見るつもりでしたが、のんちゃん主演作にお笑い芸人で大嫌いなラサール石井が出てくるのが分かったので、すずちゃん出演『一度死んでみた』のチケットを購入しました。

 両方とも朝ドラの主役を務めましたが、両者の起用は意味合いが違い、新人女優として活躍した能年玲奈と違い、すでに人気女優だった広瀬すずではプレッシャーが重くのしかかったのではないかと思います。作品の質自体では『あまちゃん』には敵いませんでしたが、そこそこの評価は得たでしょう。

death202.jpg

 そのあとに出演したのがこれらの作品ですので、プレッシャーに耐えたことへの息抜きの意味もあって、作品を選んだのではないでしょうか。歌ったり、蹴りを入れたりと楽しそうに動き回っている姿をファンも楽しみましょう。

 ストーリー展開はロミオ(生き返り)とジュリエット(仮死状態になる)に着想を得たコメディであり、『ゴースト ニューヨークの幻』『ラン・ローラ・ラン』『2001年宇宙の旅』『ベルリン天使の詩』『ファウスト』『家族ゲーム』『ロミオとジュリエット』を思い出す下りがたくさん出てきます。

 三途の川に一級河川の看板(バックには『モルダウ』が掛かっている。フザケていますねwww)がかけられていたり、郷ひろみをストーリー展開のリンクに使ったりとあちこちにベタな笑いが散りばめられており、「トントントントン日野の2トン〜♪」がリリー・フランキーと堤真一の会話から飛び出した時には館内で爆笑が起こりました。

death206.jpg

 広瀬すずちゃんがデスメタルバンドのボーカルと社長令嬢という極端な振り幅の役柄を演じていましたが、楽しそうにヒャダイン作の歌を熱唱していました。

 物語の鍵を握るのは科学者親子らしい元素記号と番号であり、ちょこちょこベタになり、ちょこちょこ微妙に笑いをズラしていく感じが心地よい。「すいへーりーべ ぼくのふね~♪」ですね。名前もキーワード(パスワード?)になっていて、野畑七瀬はN-O-Ba-Ta Na-Na-Seなので、元素記号と数字の組み合わせが楽しい。

 ファブリーズを始終吹き掛けられるオヤジ(堤真一)は死んでも臭いので、幽霊として出てきても臭いでばれるというのは笑えるような笑えないような複雑な思いがします。科学者らしく、近親相姦を避けるための仕組みだと論理的に娘を説得しようとする堤の姿はどこか痛々しい。

death204.jpg

 母親(木村多江)が死にかけているときにも実験に没頭し、臨終に間に合わなかった父を責め続けるすずちゃんに本当のこと(妻の不治の病を救うために新薬開発を行っていた。副産物がロミオ(若返りの薬)とジュリエット(二日間死ぬ薬))を伝えない堤も切ないが、死んだことで誰が悪で、何が大切だったかを気付くのもテーマになっていて、結論としては色々あるけど、生きているうちに嫌でもしっかりとお話ししましょうというのはコメディの中に筋が通っていて良い。

 デスメタルバンド(魂ズ)のボーカルを務めたすずちゃんの歌声は透き通っていて、良い意味でとぼけていて楽しい印象を受けましたし、サンドバッグに蹴りやパンチを入れる姿も様になっています。

 個人的に楽しかったのはクリスマスのケーキにろうそくがないからといって、遺体を安置している棺桶を灯す百目ろうそくを一本ブッ刺してクリスマス用に使ってしまう罰当たりな感覚とそれを何とも思わない死者となった父(堤)という場面でした。

death205.jpg

 『響』で平手友梨奈が北村有起哉に飛び蹴りをかました時は爆笑しましたが、今回のすずちゃんの蹴りとパンチのコンビネーションは見ていられます。体重移動も良い線行っていて、姉妹喧嘩でアリスちゃんに本気でハイキックとか入れると危ないレベルの筋の良さですので、是非ご覧ください。

 事件が解決後に父親の目前で大っぴらにキスをする吉沢亮とすずちゃんをニコニコしながら見ている堤真一の様子が何とも言えません。

 なんやかんやと広瀬すず作品は映画館で観ています。スクリーンの巨大なアップに耐えられる数少ない女優の一人です。まだ10年くらいは大丈夫そうです。

 自宅に戻ってからは最近また聴き出しているサザン・オールスターズのLPレコード『NUDE MAN』『綺麗』とシングル『ボディスペシャルⅡ』などをプレーヤーに掛けていました。

 まだまだ地域差はありますが、閉じこもっているのも限界ですし、出来る予防措置をして、覚悟を決めて経済を回していきましょう。

総合評価 65点

小説 一度死んでみた (角川つばさ文庫) - 澤本 嘉光, 石井 睦美, 榊 アヤミ

連続テレビ小説  なつぞら 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray] - 広瀬すず, 松嶋菜々子, 藤木直人, 岡田将生, 工藤阿須加, 草刈正雄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マサムネ
2020年06月28日 17:22

今年は岩手の日本最古のライブハウス、そして三島由紀夫の東大紛争@安田講堂。
関西は安定の民高官低、大阪も十万給付は一割に満たない進み具合だとか。
映画は豊作な感じですね。
https://mobile.twitter.com/chowtingagnes?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
五月蝿い雑魚ラサールは香港へ逝けよ、と呟きつつ、映画化すら憚られる惨事が香港に招来せぬことを祈りつつ拝観ですね。
用心棒
2020年06月29日 22:11
こんばんは。

香港はアジアでの金融センターとしての役割を終えてしまいます。
はじめて行ったのは1988年、その後数回行きましたのでどこか愛着のある外国です。独特のにおいがしていて、良い香りではありませんが、「ああ、また来たな!」という感覚になりました。

40%くらいの人は域外へ移住しそうですし、金融センターとしての役割はシンガポールと東京に変遷していきそうですね。

民主化運動を行っている人たちも無理をせずに旧英国連邦の国々に移住できればいいのですが、中共がスパイを諸外国にばらまくことを意味しますので、難しいところです。

ではまた!