『ハイティーン・ブギ』(1982)ジャニーズ全盛期といえば、僕ら世代ではたのきんトリオなんです!追悼、ジャニーさん。

 夏も終わりに差し掛かるであろうはずの今日この頃ではありますが、依然35℃を超える暑さは続いています。奈良・京都は盆地のため、湿度も高く、大阪よりも2℃くらい気温が高い。

 そんなときは辛い物が一番、というわけではなく、寒かろうが、暑かろうが、変わりなく毎月数回は通っているインド料理レストランに顔を出しました。するといつもと違うことがありました。それは店内に立ち込めるお香の薫りでした。

 インド料理とお香の組み合わせは異国情緒たっぷりでとても懐かしい感じがしました。インドには行ったことはありませんが、お香の薫りになんとも言えないノスタルジーを感じたのです。インド料理好きなので、とうとうお香やスパイスでホッとリラックスするほどになったのかと感じていました。

 お店のマネージャーさんに、「お香を焚くようになったの?」と声を掛けたところ、「あ〜!これ?そんなええもんちゃうで!蚊取り線香やねんWWW」という答えが帰ってきました。話を聞くと、夏はドアを開けると蚊が入ってくるけど、殺虫剤を撒くわけにもいかないので、仕方なく、蚊取り線香で我慢しているとのことでした。

highteen01.jpg

 先程の僕が感じていた感想を話すと、「そりゃ、昔嗅いだ香りやから、懐かしく感じたんちゃう?」と返ってきたので、二人で「昭和だもんね!」としばらく大笑いしていました。

 豆のカレーとベジタブルカレー、タンドリー・チキン、そしてローティー(庶民はナンではなく、こちらを食べます)で食事を終えてから、奈良駅前のレコード屋さんに向かい、ビートルズの2枚組『ザ・ビートルズ(おなじみのホワイト・アルバムですね)』の赤盤で状態が良い物を予約しようと歩いていました。

 本日は最強シングルの『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニーレイン』でも買おうかなあと考えながら店内に入ったところ、ちょうど掛かっていたのはイギリスのパーロフォン『愛こそはすべて/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチマン』のモノラル・シングル盤でした。ビートルズのシングル盤はモノラルの方が力強さと勢いを感じます。45回転なので、音も良い。

 「めちゃベースが効いてますねぇ!」と声をかけて、マトリックス1と2を交互に聴きながら、B面『ベイビー・ユー・アー・ア・リッチマン』のテイクが好みだったので、マトリックス1のシングル盤を購入してきました。ついでにキャピトル盤『ミート・ザ・ビートルズ』のエコーたっぷりで日本人ファンには評価が分かれそうなステレオ盤を手に入れました。

 個人的にはアメリカ盤特有の粗っぽくて、ガッツのある感じとエコーが好きなので、評価が低いのは不思議です。家に帰り、レコードを夜七時くらいに聴いていたところ、突然ドンドンと爆発音が響いてきたので、窓を開けてみたら、ちょうど平城京辺りからの音で、すぐに理由が分かりました。

highteen002.jpg

 その日の晩はちょうど花火大会だったようです。PLや淀川に慣れている方が見れば、ショボいと言われそうな規模ですが、奈良にしては頑張っている方で、自宅二階の窓から夜空に打ち上げられた、仕掛け花火がしっかりと見えるので毎年楽しみにしています。

 時間としては十分にも満たない時間でしょうが、春の桜、夏の花火を毎年恒例で見ることが出来る環境なので、満足しています。ぼくは打ち上げ花火は横から見ます。オーラスの大きなフィナーレを告げるような大掛かりな花火も終わり、しばらくは満足感に浸っていました。

 そんなこんなで夜に見たのはビデオ時代に録画(40年くらい前の物)していた、たのきん主演第四弾『ハイティーン・ブギ』(マッチ主演は三作目)でした。若い人は今のジャニーズしか知らないでしょうから、田原俊彦や野村義男についてほとんど知らないのではないかと思いますが、僕ら世代にとってのジャニーズは彼らとシブがき隊(本木雅弘、薬丸裕英、布川敏和)、そして少年隊でした。

 シブがき隊はデビュー当時かその前くらいに"シブがきトリオ"と言われていて、明星などにもそう表記されていた記憶がありましたが、勘違いだったのだろうか。

highteen007.jpg

 田原俊彦、近藤真彦、野村義男の三人は『三年B組 金八先生』の第一シリーズに出演していたのも懐かしい。当時からトシちゃんは人気で、マッチは長ランを着ながら登校するエピソードを覚えています。ヨッちゃんはこのころから人の良さがにじみ出ていて、好感が持てました。ついでにこの作品に出てくる三原順子も金八出身なので、4人とも桜中学3Bです。

 卒業後にグレちゃったんでしょうか。彼らは歌番組でも引っ張りだこで、近藤真彦名義ならば、『スニーカーぶる〜す』『ヨコハマ・チーク』『情熱☆熱風☽せれなーで』『ミッドナイト・ステーション』『ギンギラギンにさりげなく』が思い出深い。

 田原俊彦ならば、『哀愁でいと』『ハッとして!Good』『ブギ浮ぎI LOVE YOU』『原宿キッス』『ラブ・シュプール』『シャワーな気分』『ピエロ』『抱きしめてTONIGHT』はファンでなくても覚えているでしょう。多大な貢献をしていたのは事実なのですから、認める部分は認めるべきではないか。意外と二人で出したシングルというのはないようです。出せば、間違いなく売れたでしょう。

 嵐のコンサートなどの演出でも、近藤真彦の名前や少年隊は出てきますが、ジャニーズに多大な貢献をしたはずのトシちゃんのことは全くスルーされていて、当時を知っているぼくはなんだか寂しい感じでした。

 その他で覚えているジャニーズ系の歌ではTOKIO『宙船』、嵐『Love so sweet』『Happiness』、少年隊『君だけに』『デカメロン伝説』『仮面舞踏会』、男闘呼組『TIME ZONE』、KinKi Kids『フラワー』『ぜんぶ抱きしめて』、SMAP『青いイナズマ』『セロリ』『SHAKE』『ダイナマイト』『夜空ノムコウ』『らいおんハート』などは好みでした。

highteen004.jpg

 田原俊彦についてはのちのトラブルが原因なのでしょうが、いつまでも根に持って、嫌がらせをするのはどこぞの国みたいなので、いい加減大人の対応をしてほしい。実際、あれだけ大ヒットしたたのきん主演映画がいつまでもお蔵入りしたまま、熱狂的に観に行っていたファンたちがDVDで楽しめない状況は良くないと思います。

 本作の内容としてはありきたりではありますが、不良少年の挫折と更生を描いた作品で、マンガ原作『ハイティーン・ブギ』を舛田利雄監督で映画化したものでした。演出には正直、首をひねる謎の展開が多すぎて、かなりシュールな仕上がりになっています。

 中盤まで、ごく普通の不良更生物語だったのが急にミュージカルになってしまう頃から雲行きがどんどん怪しくなり、トシちゃんやマッチが歌い出し、武田久美子が混ざっていくなど混迷を極めて行くなどして、製作側の狂気を感じます。ジャニーズサイドがあちこちに口出しをしてきたのでしょうか。イライラしながら、渋々従う舛田監督ら撮影陣の姿が思い浮かんでしまう。

 演技は下手なのはご愛敬ですし、ファンはふだん小さなブラウン管テレビでしか見られなかった大好きなアイドルたちを大きな画面で見られれば、それでオッケーだったはずです。ファンでない人が演技や歌唱力がどうのこうの言うのは野暮でしかない。映画はお金を払って、観に行く人のために作られるのです。主役はマッチで、トシちゃんは脇役でしたが、むしろトシちゃんの方がカッコよい。ヨッちゃんはいつも通りに脇に徹しています。

highteen005.jpg

 ヨッちゃんのバンドにマッチが参加する展開になりますが、曽我泰久が出演しているもののTHE GOOD-BYEではないのが残念です。収録されている曲は『MOMOKO』『カモン・ロッキンロード』、田原俊彦『重のバラード』、近藤真彦・田原俊彦『あ・ら・しのLong run』でした。

 ヨッちゃんは今では日本でも指折り数えるほどのギタリストとして名声を得ていますが、たのきんの頃は脇役でドラマに出ていたりしていたので、その方向に向かうのだとばかり思っていました。若い時代でしたが、それでもきらりと光る存在感を見せてくれていたので、俳優業もやって欲しかった。

 あくまでも絶頂期のアイドルを見る映画なので、演技をどうこうの言う必要性はありませんが、もっとも印象的だったのは三原順子が演じた暴走族の女リーダーで、彼女がまき散らす嫉妬と執念のいやらしさが強烈でした。この映画で起きる災難や受難エピソードのほぼすべては彼女のせいで起こります。

 まさに魔女のような禍々しさでした。トシちゃんはこの女のせいで、『青春グラフィティ スニーカーぶる〜す』の時と同じようにバイク事故でこの世を去ります。違った死に方を探せなかったのでしょうか。バイクから放り出されて、空中へ飛んでいくさまは合成ショット感が強く、なんだか『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』のラストの打ち上げ花火を見るような妙な感慨に浸りました。

highteen006.jpg

 またこのシーンを挟むように唐突に始まるのが大ヒットした主題歌『ハイティーン・ブギ』のミュージカル・シークエンスで、小林桂樹、二瓶正也、刈谷俊介、加藤武らオジサンたち、そしてバイクレースに参加しているトシちゃんと観戦している三原順子以外の主要な出演者たち、つまり、主役のマッチとヨッちゃん、武田久美子らがニコニコして踊り狂いながら、歌っています。

 エンディングは歌唱シーンの後に胴上げされるマッチとともにストップモーションがかかり、再度『MOMOKO』とスタッフロールが流れますが、そこへバイク事故で亡くなったトシちゃんの無念の表情のアップが心霊写真のように浮かび上がってきます。これが一番怖い。

 ぼくは男の子アイドルには興味はありませんでしたが、知らず知らずに刷り込まれていたジャニーズ系歌謡曲は数多くあることに気づき、驚かされます。普遍的な楽しさがあるのでしょう。そういった意味では追悼ジャニーさんですね。

 色々とゴタゴタが続いていますが、いずれ落ち着けば、小中高生の女の子たちをキャーキャー言わせる大スターが生まれてくることでしょう。ただ五年以内をめどに作れなければ、それまでの蓄積だけでは厳しくなってくるでしょう。

総合評価 48点

近藤真彦THE BEST - 近藤真彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2019年10月04日 19:54
この映画、未見です。原作漫画はちょっとだけ読みました。第1巻かな?

>最強シングルの『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニーレイン』

最強としか言いようがありません!贅沢過ぎるシングルです。
ちょっと前に買ったレコードプレイヤーでレコードを聴きまくっている僕は改めてそう思います。

>B面『ベイビー・ユー・アー・ア・リッチマン』

インド料理(ほうれん草カレーやトマトスープ)を食べながら、インドのビールを飲みながら聴くのがふさわしい曲です。
用心棒
2019年10月05日 18:13
こんばんは!

>未見
ぼくも読んでないです。そこそこ人気があったから映画化されたのでしょうね。

>レコード
良いですよね!昔レコードで買ったアルバムやシングルはCDよりも味わい深いですし、音も細かいところまで再現されていて、妙な硬さがないですね。

ぼくは明日、またビートルズ専門店に何か探してきます!

>インド
『ジ・インナー・ライト』ではなく、これなんですかwww

ぼくはこの曲にテクノを感じてしまいますwww

では、これからラグビーを見ます!

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月06日 03:16
>ぼくはこの曲にテクノを感じてしまいますwww

テクノと言えばジョージの「Only a northern song」を思い出します。

>ヨッちゃんはこのころから人の良さがにじみ出ていて、好感が持てました。

さすが!私生活では一番モテた男。
THE GOOD-BYEの「にくめないのがニクイのサ」は名曲です!
最後の方が「Please please me」っぽいです。

>またビートルズ専門店に何か探してきます!

良い物が見つかるといいですねー。
用心棒
2019年10月06日 08:30
おはようございます!

>ジョージ
後期にかけての曲って、『ブルー・ジェイ・ウェイ』『ジ・インナー・ライト』『ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー』『イッツ・オール・トゥ・マッチ』、そしてこのナンバーと実験的だったり、不思議な雰囲気を持っていますね。

個人的には後期の曲では『レディ・マドンナ』のB面『ジ・インナー・ライト』のインド的という第一印象を越えていく美しさ、『ジョンとヨーコのバラード』のシングル盤のB面に入った『オールド・ブラウン・シュー』のどことなく刹那でチンピラwwwみたいな雰囲気が一番好きです。

>モテた
彼自身もそうだから、過去にこだわらず、人柄で奥さんも選んだのでしょう。

義理堅い生き方がジャニーズとも揉めずに本人が言うところの❝定年❞を迎え、マッチやキンキとも当たり前のように共演できる唯一の元ジャニーズメンバーなのでしょう。

>良い
色々あるのですが、お金がかかってヤバいですよwww

ではまた!
用心棒
2019年10月06日 17:44
大事な曲を二曲忘れていました!

『サヴォイ・トラッフル』『ロング・ロング・ロング』も好きですww

Amazonでお菓子でサヴォイ・トラッフルやクリーム・タンジェリンを検索したこともありますよww

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月08日 18:25
こんばんは。

>『サヴォイ・トラッフル』

これも好きな曲です!以前書いたかも知れませんが、アナログ盤は左右のバランスが悪かったです。

>Amazonでお菓子でサヴォイ・トラッフルやクリーム・タンジェリンを検索

ご賞味できましたか?

>『オールド・ブラウン・シュー』のどことなく刹那でチンピラwwwみたいな雰囲気

ビートルズ事典で香月利一氏が「このヤクザな生活とは、おさらばさ。お前に会えて嬉しいぜ。俺はやり直すぜ。本当さ。」と和訳していました。

>人柄で奥さんも選んだのでしょう

ヨッちゃんはTHE GOOD-BYEのメンバーも大事にしていました。
ベーシストの加賀八郎さんが亡くなった時は号泣!
用心棒
2019年10月09日 00:00
こんばんは!

>バランス
それもアナログの楽しさwww

>賞味
残念ながら、売っていませんでした。イギリスに行くことがあれば、探してみたいですよwww

>香月
良い訳ですね!分かっていらっしゃる!

>大事
彼の人柄でしょうね。たのきん復活ライブとかあったら、楽しそうですが、まあ無理でしょう。

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月09日 17:13
こんばんは。

>『ブギ浮ぎI LOVE YOU』

これはトシちゃんのキャラが生かされた曲でしょう。
「アハハハハ!馬鹿だねえ・・・。」
そしてマッチの方が腕力が強いかと思ったら、腕相撲(ザ・ベストテンの企画)はトシちゃんの圧勝なんてのも思い出します。

>武田久美子

チョコレートのCMを思い出します。「銅像だから動け~ん!」

>良い訳ですね!分かっていらっしゃる!

結婚式でリンゴ・スターに仲人を頼んだ香月さん。
そう言えば今日はジョン・レノンの誕生日!

>それもアナログの楽しさwww

Your mother should know
右へ行ったり、左に行ったり。
用心棒
2019年10月09日 23:16
こんばんは!

>トシ
ザ・ベストテンにベスト出演したタモリが歌が上手い人の札を持って、歌手に話を聞いて回るコーナーがあり、トシちゃんのところに行くと札がペロッとめくれてしまい、歌上手が歌下手になるというブラックジョークをかまし、大爆笑を取っていました。

>武田
まあ、なんといっても貝殻でしょうねwww

>リンゴ
生き残っているだけでありがたい存在です!

>右
特にサージェント以降は遊んでいますね。というか、モノラルほど真剣に向き合っていないですし、色々な鳴り方を試している感じでした。

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月10日 07:52
おはようございます。

>歌上手が歌下手になるというブラックジョーク

トシちゃんも例の笑い「アハハハ!」と言ってました。
その前に山本譲二のところへ行ったタモリが色々言ったのですが、ムスッとした表情で「何を言ってるんだ!」と言った譲二さん。あまり冗談が通じない人なんでしょうね(苦笑)。

>モノラルほど真剣に向き合っていないですし、

そうそう!ステレオがまだ普及していない時代。モノミックスが主流。

>色々な鳴り方を試している感じでした。

Your mother should knowが典型ですね。
用心棒
2019年10月10日 15:39
こんにちは!

>譲二
あれ、山本譲二だったんですね。覚えていなかったですwww

>Your mother
マジカルのアルバムの収録曲って、なんかサーカスみたいでキラキラした印象が強いんです。低評価なんですけど、中身は中期ベストアルバムと言って良い内容なので、不当に評価されていると感じています。

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月11日 07:49
おはようございます。

>歌下手

そう言えば・・・1990年代後半の僕は様々な歌手・アーティストのコンサートに行きました。ジャンルや男女問わず。
田原俊彦のコンサートにも行きました。意外に(失礼!)歌が上手かったです。音域も広いし。踊りも上手い!アンコールでは『抱きしめてTONIGHT』。黒のTシャツと短パンと言うシンプルな衣装。バックの若手二人と踊って歌ってましたが、お客さん達がすごく盛り上がり、「さすが!銭が取れるタレント!」と思いました。

>中身は中期ベストアルバムと言って良い内容

シングル盤として出た曲も良いけど、Flyingも結構好きです。ビートルズには珍しいインストゥルメンタル楽曲。

さて、自転車出勤です!
用心棒
2019年10月12日 18:32
こんばんは!

台風が静岡方面に上陸するとのことでしたが、大丈夫でしたか?

こっちのほうは幸い雨風とも予想していたよりはマシだったので、各地もそうだといいなと思いながら、過ごしていました。

>flying
これって唯一の全メンバーが作曲に携わった曲なんですよね。リンゴの役割が知りたいところではありますwww

>様々な
ぼくもラフィン・ノーズ、有頂天、RCサクセション、倉田まり子、小泉今日子、スターダスト・レビュー、海援隊、ジプシー・キングス、石野陽子などは覚えていますwww

宝塚歌劇団も数回観に行っていました。

いろいろ見ておいた方が比較できるので経験値は若い頃に増やしておくべきでしょうね。

ではまた!
蟷螂の斧
2019年10月13日 19:36
こんばんは。昨日の台風は怖かったですね!用心棒さん、大丈夫でしたか?
こちらは何とか。そして今日は休日出張でした。

>RCサクセション

「雨上がりの夜空に」は如何でしたか?

>小泉今日子

どの時代に見たかによって随分イメージが違います(笑)。

>宝塚歌劇団も数回観に行っていました。

トップは誰でしたか?・・・なんて僕は宝塚の事は詳しくないです。

>ヨッちゃんはこのころから人の良さがにじみ出ていて、好感が持てました。

ギャグやコントに関しても。
中原理恵が、たのきん番組で「一番安心して見てられるのはヨッちゃん。一番危なっかしいのはマッチ。」と言ってました(笑)。
用心棒
2019年10月14日 21:24
こんばんは!

こっちは暴風域に入ってはいましたが、それほど風雨ともキツくはなかったですよ。ラグビーの外国選手たちがギシギシ揺れるホテル内の様子などをアップしていました。

オーストラリアやニュージーランドなどの島国の人たちは恐さを知っていますが、欧州の国々は経験したことのないような気象現象だったと思います。

>雨上がり
この曲はライブの締めに歌われることが多かったですね。ファンとしてはアナログシングルのB面曲を聴くのが楽しみでした。いまだに廃盤のままで、CD化されていないモノもたくさんありますよ。

>どの時代
『木枯らしに抱かれて』『FADE OUT』『学園天国』などを歌っていましたw
不倫しようが、何しようが、ファンは支えます!

>宝塚
当時は杜けあきという方がスターでした。『ベルサイユのばら』やその他にも数回観に行っています。独特の華やかな雰囲気は楽しいですよ。

>中原
そんな人いましたねwww
キャロライン洋子や伊藤つかさ並みに懐かしいですwww

ではまた!