『トイストーリー4』(2019)三部作で終わったはずだが、大人の事情で復活。平均レベルは超えているが…

 夏休みに入っているため、どこの劇場に行っても、学生と親子連ればかりになっていて、いつも静かなのが当たり前の空間がかなり騒がしい。まあ、昔の映画館ではカツアゲ、タバコの煙、立ち見、トイレの悪臭、痴漢などの犯罪行為を見かけていたので、それに比べればまだましとも思えます。

 『ペット2』(続編ばっかだ!)が始まったばかりなので、どっちを待っているのかは分からないが、6:4の比率としても、ガキ含有率は相当に高そうです。静かにしててくれ、騒いでも放置するバカ親がいないでくれと願いながらの鑑賞です。

 ピクサーが送り出した大人気の『トイストーリー』シリーズは全作品を映画館で見ていますが、今回はガキ除けの字幕版上映がどこの映画館の予定表ページを見ても皆無のため、仕方なく吹替版を見る羽目になりました。

 劇場サイドも静かに観たい大人向けに1日1回程度でも良いので、オリジナル字幕版を掛けてほしい。さて内容に入っていきますと、全体通して見ていくと、そこそこの水準には仕上がっています。

toy4001.jpg

 ただし、今回の新作を見終えてから、どうもモヤモヤと引っ掛かる感情が消えない。それは彼らオモチャがこれまでのシリーズで踏襲してきた厳しい掟、つまり、いかなるときでも持ち主ファーストで行動するという絶対不変だったはずのルールをあっさりと破ってしまった点です。

 つまり、オモチャには持ち主が持って出て、遊んでいる最中に失くしたオモチャと、それらとは別にいつの間にか家から無くなったオモチャとがありますが、彼らは自らの意志で無くなった、つまり持ち主にとってはどうでもいいオモチャになってしまったら、いつまでもウジウジせずに新天地を探しても良いのだという新たな設定が加わりました。

 主役のウッディ(トム・ハンクス)は前までアンディという男の子が持ち主だったのが、彼の成長とともにボニーという女の子に変わり、大事にされなくなったからという個人的な理由から、あっさりと持ち主の女の子を見捨てて、彼女のもとを去る決断をします。

 しかしながら、ずっと見てきた者からすると、今回のウッディが下した決断に対して、どうも納得できない。過去に離れ離れになってしまったボー・ピープ(アニー・ポッツ)も埃をかぶったままなのは嫌だという理由で、勝手にアンティーク店から逃亡し、野生化したオモチャになっている。

toy4003.jpg

 彼女を追うようにバズ・ライトイヤーら長年苦楽を共にした仲間たちと別れ、彼女と行動を共にする決断をする。第三弾が最高の出来でエンディングを迎えたため、ファンとしては今回の続編公開に関しては期待と不安がありましたので、今回の出来を見ると良しにつけ、悪しきにつけ、半々の感情があります。

 新キャラとしてはプラスチック・フォークとキャンディとかを閉じるような針金で作った手や目玉の飾りをつけて完成したフランケンシュタイン的な"ゴミ"フォーキー、異様な怨念を持つ古い人形ギャビー・ギャビーなどが出てきます。

 生産時からの故障のために背中を引っ張っても、可愛い声が出ずに、それが原因で誰にも可愛がってもらえないというコンプレックスを持つ彼女は持ち主と暮らすことに憧れていて、それが異常行動として出てしまうギャビーは問題児的ですが、最終的には生きがいとなる女の子に友達として拾われていきます。

 見せ場を数多く与えられたのはウッディを無視(女の子がカウボーイを大事にするはずもない!)する持ち主の女の子ボニーが作ったゴミ人形ですが、お気に入りのオモチャという新しいアイデンティティを与えられます。ただ、今回の映画が盛り上がらなかった理由の大半はこのキャラにあります。なぜならば、可愛くないからです。劇場のショップでおもちゃを売っていましたが、お土産に買って帰ろうとも思わないし、喜ばれるとも思わない。

 どのキャラクターに多くの見せ場を作るかもマーケティング上、必要なのにこのキャラでは安全なオモチャが作れない。だって、フォークですよ。小さい子の目に刺さったら、どういう結果を生むか考えなかったのだろうか。娘に買ってとせがまれても、危ないからダメと言うか、そもそも可愛くもないので、このキャラを欲しがるとも思えない。

toy4004.jpg

 まあ、腐っても鯛なので悪い出来ではありません。暑いさなか、原付バイクで映画館まで行きましたので、モヤモヤ感は強い。本当にここ二週間くらい猛暑が続いていますが、隣国では週末に反日デモをしているようです。ろうそくを使うようですが、暑いでしょうね。

 別に2004年以前の状態に戻るだけなのに何を騒いでいるのか不明ですし、怪しい管理状態をきっちり分かるようにしてくれというだけです。またそもそも訳が分からないのは他人にモノを頼むのに何故あんな偉そうな、逆ギレした子供のような態度を取るのだろうか。

 ホワイト国に戻せとわめきたて、ドンキで売っていそうな馬鹿でかい国旗や首相のポスターをわざわざ作成して、すぐに破って燃やすという手間暇をかけるのは滑稽です。

 どうせ日本製品不買やら破壊をするなら、自宅に置いてあるであろうPC、デジカメ、サムスンのスマホ(中枢部品は日本製。)をすべて破壊して買い直せば、GDPは一時的にではありますが、飛躍的に上がるでしょう。

toy402.jpg

 フッ過水素は欲しいが他は不買だという支離滅裂な国と取引は難しいし、政権が変わるたびにルールを勝手に変更してくる相手とはまともな取引は出来ず、カントリーリスクが高いので、投資や旅行を躊躇するのが自然な感覚でしょう。日本としてはあちらがデカい声で騒げば、「そんなことはない!」と馬鹿でかい声で言い返すだけで良い。

 何も言わないと、平気で「日本は認めた!」とはやし立てる異常性を持つ内外のマスゴミがいるので、そこは面倒くさいけど言うべきです。仲良く喧嘩するのが一番です。テレビや新聞を見て思うのはいい加減に自分たちは左翼偏向側ですとか、ウチは右寄りですとか、私は民主系ですとか、自民系ですとか、旗幟鮮明にして意見を言ってほしい。

 あたかも国民全員がそう言っているのだと自分たちの都合が良いようにミスリードする内外の大手新聞社にはそろそろ退場してほしいと願います。ただし個人の狭い意見、つまりようつべで発信している人が主流になるとも思えない。いろいろ過渡期なのでしょう。

 総合評価 65点


トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]
トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット (期間限定) [Blu-ray]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント