良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『検察側の罪人』(2018)検察側よりも製作側の罪人が大問題!

<<   作成日時 : 2018/08/28 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 木村拓哉と二宮和也というジャニーズの先輩後輩初共演が話題になっているこの作品ですが、ファン以外がジャニーズ色が濃いモノを観れば、どのように映るのか。

 それが今回、劇場まで観に来た理由です。単純に作品として成立しているのか。それともあれはダメ、これはNGという忖度が働いている作品なのかを見極めたい。

 SMAP解散後の活動はいまいちで芳しいとは言えないキムタクや周りのスタッフはそろそろ焦っているでしょうし、起死回生となるのだろうか。

画像


 オープニングであざといまでにシンメトリーを意識させる映像を次々に繰り出してきたので、映像や構図にこだわった作品になるのかと思いましたが、最初だけでした。二人の検察官の考え方の違いを描こうとしていたのでしょうか。

 それらを考えながら見ていましたが、結果的には残念ながら、恐らく大失敗に終わっています。まずキャスティングがどうのこうの言う以前にストーリーが破綻していますし、繋がりを放棄していて、さっぱり訳が分からない状態に陥っています。

 検察の切れ者管理職であるはずのキムタクが20年以上前の、家族でもない知り合いの無念を晴らす私怨から、あっさり強盗殺人事件(真犯人は大倉孝雄)とは無関係のクズ(20年前の事件及び37年前の少年犯罪事件の犯人。酒向芳。かなり濃いので忘れられない顔です)を犯人に仕立て上げる。

画像


 20数年前の事件の復讐という一点に拘り、自ら殺人事件を引き起こし、ヤクザ(松重豊)に始末を頼んでしまいます。

 同時進行でキムタクの大学時代の同期で財閥令嬢と策略結婚した政治家の暴露テープをどうするかというテーマが出てくるが、マクガフィンにすらなっていない。

 なんじゃこりゃ?そこまで強く感情移入するような伏線も特に描かれず、ラストの意味も良く分からないまま、唐突に二宮和也の絶叫とともにエンドロールが始まり、訳が分からず置いてけぼりの少ない観客を放り出し、チケット代だけをちゃっかり持って行かれました。

画像


 二宮君はそこそこ良いシーンもありましたし吉高もいつも通りで、もっと言えば異常な犯罪者役の酒向芳のインパクトが強すぎて、キムタクは霞んでしまっています。

 ただキムタクがどうのこうの言うよりも、ストーリー展開に問題があるので、キムタク・バッシングには加わるつもりはありません。良い作品を選ぶスタッフに恵まれて欲しい。元SMAPのなかではずっと注目していますし、連ドラで『HERO』なみの人気作が出てば、また世間の評判も一転するでしょう。

 まるでワールドカップ前はさんざんだった本田選手の評判がセネガル戦でゴールを決めたとたんに180度変わり、手のひらを返したように称賛したマスコミやサッカーファンのように。

画像


 総合評価 32点


検察側の罪人 上 (文春文庫)
文藝春秋
2017-02-10
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



検察側の罪人 下 (文春文庫)
文藝春秋
2017-02-10
雫井 脩介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
検察側の罪人
都内で殺人事件が発生した。 東京地検刑事部のエリート検事・最上は被疑者の中から一人の男・松倉に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。 松倉は過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。 最上を師と仰ぐ駆け出しの検事・沖野と、沖野の事務官・橘は、最上の強引な捜査方針に疑問を持ち始める…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/09/08 19:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『検察側の罪人』(2018)検察側よりも製作側の罪人が大問題! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる