『砂の惑星/DUNE』(1984)公開当初、大失敗作として語られたデヴィッド・リンチ作品。

 先日、チリが生んだ映画芸術の鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキー版のドキュメンタリーを記事にした後、1985年3月の公開初日に映画館で観て以来、30年ぶりにデヴィッド・リンチ監督版『砂の惑星/DUNE』を自宅で見ました。

 見終わって、まず思ったことは当時は受け付けられなかった作品ではありましたが、それほど最悪というレベルではなかったということに気付きました。

画像


 その後の映画修行の中で、数えきれないクズ映画に鍛えられてきたことが大きいのかもしれない。冷静に見ていくとデヴィッド・リンチらしく、ヴィジュアル的に優れた映像が多い。

 とりわけ色調の暗さとザラザラした統一感はしっかりしていて、抑圧され続ける人々の声なき声が聞こえてくるようですし、貴族階級であったり、宗教的な重厚感はただならない圧迫感を与えます。

画像


 ただ致命的なのはこれらがたった二時間ちょっとで無理やりパッケージされてしまっているために、感情がぶつ切りにされてしまうことでしょうか。

 本来10時間以上はあったであろう全編を総集編としてダイジェスト編集されてしまったモノを本編として見せられた感じなのです。例えて言えば、NHKが毎年の年末に数回に分けて一挙放送する大河ドラマの総集編をさらに編集して商品化したような感じ、もしくは『新世紀エヴァンゲリヲン』劇場用が悪名高いダイジェストだったときのあの怒りの感覚です。

画像


 プレス・リリース版のラッシュ・フィルムとしてこれを試写室のスクリーンに向かって、関係者の立場で観たならば、かなり大きな期待と満足感で包まれたことでしょう。しかし、ぼくらはこれを劇場用映画としてお金を払って観たのです。

 あまりにも粗々しくハサミを入れられたようにフィルムがぶった切られた感じ、もしくは繋ぎのシーンなどがそもそも撮影すらされていなかったのかは知りませんが、場面から場面への展開が急激すぎて、無理やり状況説明的な台詞や描写が多いのと図で関係性を示されたりするのには閉口する。

画像


 ライバルであるハルコネン家と主人公ポール(カイル・マクラクラン)たちの勢力、皇帝の勢力の位置関係が図で出てくるのですが、あとあと特に位置関係が重要になるシークエンスがあるわけでもないので無意味に思えます。

 主人公カイル・マクラクランやオヤジさん(ユルゲン・プロホノフ。彼って『Uボート』の艦長さんですね。毒吐いて死んじゃいます。)もあっという間にピンチに陥ったり、切り抜けたりで、美しい女性に出会ったかと思えば次の場面ではすっかり恋人になってしまっていたり、修行を始めたかと思えば、瞬きしている間にすっかり巨大オームのマスターになっていたりする。

画像


 主人公の成長を見守ることで得られる観客と主人公との一体感醸成というSF活劇だけでなく、物語性においてもっとも重要なプロセスを放棄してしまっています。だから映画館でこれを観たぼくらは主人公ポールに感情移入が出来ずにほったらかされたような白けた気持ちになったのだろう。

 物語は石油をめぐる中東産油地域と欧米勢の支配に対する圧力と抗争を寓話として描いているのだろうか。ホドロフスキー版ではスパイスにより、本来の自分に目覚めて、自分の感性を高めていくことを重視しているようでしたが、リンチ版では石油採掘利権を争っているように見えました。ギルドって、石油メジャーみたいですし、ジハード(聖戦)というワードも登場してきます。

画像


 浮き上がる巨塊ハルコネン男爵(ケネス・マクミラン)の不気味さ、サンドウォーム(ナウシカのオームみたいだが、こちらの方がオリジナル。すでに1974年のホドロフスキー版でイメージが出ています。)を乗りこなすまでの修行シークエンス、スティングとの短剣によるデュエルのシーン、神聖ではあるが禍々しい主人公の妹であるアリア(アリシア・ロアンヌ・ウィット)など多くの登場人物には生命力が満ちていて、映像自体のインパクトはかなり強い。

 妹アリア役のアリシア・ロアンヌ・ウィットの存在感は名だたる名優たちに囲まれていても際立っています。その後、彼女がどのような女優さんになったのかは知りませんが、圧倒的で鮮烈な印象を残した子役俳優はその後、なぜか大成しないようなので、あまり追いかけない方が良いのでしょう。

画像


 キャスティングされた俳優たちが実は実力派ぞろいだったのも後から気づいたことで、見ているとユルゲン・プロホノフ、ポール・スミス、リンダ・ハント、マックス・フォン・シドー、パトリック・スチュワートなど当時は気がつかなかったので嬉しくなりました。

 それでも一本の映画としては纏まりがなく、散漫な印象しかない。脚本の交通整理が出来ていない残念な作品なのかもしれません。素材が揃っているのに仕上がりが最悪な料理になってしまったのが鬼才デヴィッド・リンチ版です。なんでこんなごった煮になってしまったのだろう。謎は深まるばかりです。

画像


 総合評価 68点


デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX
Happinet(SB)(D)
2015-08-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray]
TCエンタテインメント
2015-06-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

さすらいの映画人
2017年08月01日 20:21
用心棒さんこんばんは。この映画、テレビで二時間半枠での放送を見て冗長に感じましたが、二時間枠で放送された時見たらテンポ良く感じました。自分だけかも?スティングはかっこいいですね。映画でデヴィッド・ボウイとの共演が見たかったですね。いまや実現しない共演・前にも書いたけど、イーストウッドとマックイーン、裕ちゃんと健さん、カツシンとマーロン・ブランド(アクの強いもの同士(笑))、ジョン・ウェインとゲイリー・クーパーなどなど。
2017年08月01日 21:07
こんばんは!

>二時間枠
編集マジックですね。テレ東が得意なヤツwww
冗長な作品を名作に仕立て上げる手腕を持っているスタッフが揃っている局が強いのかもしれません。

>共演
裕ちゃんと勝新は三船も交えて『待ち伏せ』で共演していますね。そんな感じで健さんと優作は『ブラック・レイン』で熱演していますが、出来なかった人たちにはいろいろと事情があるのでしょうね。

ジェームズ・スチュワートとゲーリー・クーパーの共演って、あるんですかね?ヒッチコック映画の主演俳優同士で見た記憶がありません。

ではまた!
さすらいの映画人
2017年08月08日 20:26
用心棒さんこんばんは。他にも見たかった共演はジェームズ・スチュアートとケイリー・グラント、宝田明と高島忠男、ブルース・リーと倉田保昭(友人同士だが会社の関係で共演できず)ですね。さて、この「砂の惑星」TVで見たのは、金曜ロードショーの二時間半バージョンと日曜洋画劇場の二時間バージョンです。テレ東のような(笑)強引さでないテンポが良いカットでした。
2017年08月09日 00:06
こんばんは!

ぼくはこの映画を友達と一緒に地元映画館の公開初日に観に行きましたwww

なんじゃこりゃ!?

帰りは行ったことに失敗したかなあと嘆き合いながら歩いていましたww

感想は上記の通りでしたが、あとになって見直してみると独特な魅力がありますね。

ホドロフスキーの完成版を見たかったですね。

ではまた!
キンブル
2019年09月11日 01:03
こんばんは、BS録画を今みてク○過ぎて「デューン 駄作」で検索して辿り着きました。
原作は読んでも無いですが香料が未来の肝ってところから全くドギマギ感が得られなく萎えてしまいました。
これならベーコンのトレマーズの方が何倍も娯楽です。
正直ブライアンイーノやパトリックスチュアート、スティングのクレジットで期待しましたが、”それっぽく見せよう”感がプンプンの芝居臭さや大戦映画の様な衣装や背景や映像感が尽くSFとは程遠く、反面教師というかどの分野でもこなすリドリースコットの偉大さに改めて感服しました。

どなたかの法則で「いい映画は最初の5分で決まる」と言うのを検証しつつ今まで映画を見ましたが、正に最初の5分の重厚感(を見せようとしているが)の無さが全てでしたね。我慢して中途まで見るんじゃ無かった。
用心棒
2019年09月11日 22:23
こんばんは!
かなり手厳しいWWW
期待が大きかった分、ぼくは公開初日に観に行って、ガッカリして帰ってきましたよWWW
ただそれはそれで今では良い思い出になっています。
駄作のほうが圧倒的に多いのが映画ですし、良いものに巡り会えた時には嬉しいです。

>イーノ
懐かしいですね。スティングも当時はポリスが絶頂期でしたから、洋楽ファンとしては楽しみに見に行きました。
そのため、ガッカリ感はスゴかった(笑)

ではまた!
キンブル
2019年09月12日 19:58
オースティンパワーズやブルースブラザースなんかを観てたらこちらは更に滑稽に見えますよね。
映画もドラマも「誰々が出てる」んじゃなくて「如何に効果的に配役し完結」しているかだと。

たそがれ清兵衛やブレードランナーやバクダッドカフェなどは適材適所の配役に優れた時代考証とストーリーと音楽が見事に融合してましたもんね。

スティングと言えばポールとロバートの映画スティングですよね。
用心棒
2019年09月13日 00:24
こんばんは!

>誰々
これは映画ビジネスが興行である以上、ある程度は仕方ないことでしょう。観客が映画館まで見に行くモチベーションのひとつがキャスティングであるのは誰もが認めるでしょうし、無名俳優だけでは口コミで世の中に浸透するまで時間が掛かります。

>ブレード
最初から認められていたわけではなく、長い時間が掛かりました。この映画の良さが浸透したのはビデオ時代の到来のおかげでしょう。同じように低俗と見なされていたヒッチコック作品を礼賛したのはゴダールやトリュフォーでしたし、真価が認められるには相応の時間が必要なのかもしれません。

>スティング
映画ファンにとってはあの映画でしょうし、音楽ファンにとってのスティングはポリス時代の彼でしょうねwww

ではまた!
キンブル
2019年09月13日 01:31
確かにハリソンフォードの映画はハズレ無し的な感覚(日本で言う役所広司かな?)で観に行きますよね。
実はブレードランナーはバンゲルスが好きで観に行ったんですが一人で映像美にハマって今でもパンフは大事に持っています。

シンクロニシティ懐かしいなNYの英国人も色褪せませんね!
用心棒
2019年09月13日 09:46
おはようございます!

>バンゲルス
なつかしいですね。僕の友人は映画ファンという訳ではありませんでしたが、テレビ放送であの曲を聴き、中古レコード屋さんでずっと探していましたwww

>英国人
スティングが最初のソロアルバム『ブルー・タートルの夢』を出したときにすぐに買いに行きましたよ。内容がジャズ色が強く、驚いた記憶があります。

イングリッシュマンも素晴らしい作品で、最初にラジオで聴いたときにスティングらしくて良い曲だなあとしみじみ感じましたよwww

ではまた!

この記事へのトラックバック