良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『宇宙戦争』(2005)まさか同じオチを21世紀に持ってくるとは!古典落語かい!

<<   作成日時 : 2007/11/23 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 素晴らしいファーストシーンとずっこけるエンディング!大量にばら撒かれたCMなどのキャンペーンだけを鵜呑みにして、そのままの勢いで映画館で観たならば、おそらく椅子からずり落ちそうになったであろう作品でしょう。その反応は正解です。

 だって、これはSFの古典なのです。それを落語で言うなら古典落語の世界なのですから。言わば『饅頭こわい』や『じゅげむ』などを現代風にアレンジしているのと大差無いのですから、オチが来たところで椅子からずり落ちてしまうのは正常な反応ではないかと思います。

 映画を観て、「みんな〜!無理に意味を探ったり、感動や驚きを求めに行く必要なんて無いんだよ!」とスピルバーグ監督が問いかけてくるような感覚で当時の僕は観ていました。

 お金が湯水のように使われているために、特撮部分の「粗」という点ではあまりぎゃあぎゃあと言えるようなツッコミどころはないのでしょうが、スピルバーグ監督作品だと身構えて、ヒューマニズムだのなんだのを期待していると、単純で都合良過ぎるストーリー展開や人物設定などに脱力してしまうこと請け合いです。
  
 旧作のラスト・シークエンスのところも、エイリアンたちが円盤から出てきたとたんに、地球のバクテリアか何かに空気感染して突然死してしまうというありえない展開でした。50年代ならばとにかく、21世紀を迎えたこの時代で、まさか同じオチを持ってくるとはあまりにも観客をナメているのではないでしょうか。
  
 エイリアンたちは円盤を作って、宇宙空間を飛び越え、わざわざ異星を侵略するほどの科学力があるのに、何故彼らは「観測」と「実験」という科学のイロハが欠落していたのかということこそがこの作品の最大のミステリーなのではないでしょうか。

 しかしまあ、何故スピルバーグ監督がこの古典落語のようなお話をわざわざトム・クルーズみたいなギャラが高い俳優を使って作り直さなければいけなかったのでしょうか。どうしてもリメイクがしたいのだったら、自身の唯一の失敗作として彼のキャリア上の汚点となっている『1941』こそ再度彼のやりたいように撮り直して欲しいものです。

 絶対に僕は喜んで劇場まで駆けつけるでしょう。だって、『1941』って、スピルバーグを巨匠監督だと思わなければ、かなり楽しいB級作品なんですから!言い換えると『1941』は過去に作った新作落語だと思えば、結構楽しめるはずですよ。

総合評価 62点
宇宙戦争
宇宙戦争 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
息子が面白かったよっていうんで劇場まで観にいきました。ダコタのギャーギャーが耳障りで、結局、何をいいたかったのか、この恐怖は何なのか、結局、駄目な父親も家族の愛のために頑張るんだってこと?ん?なんかよく分かりませんでした。「1941」はこれは何回みても、まずもって、やっぱり何回みても裸の美女が潜望鏡にまたがるシーンではガハガハと笑ってしまいます。スピルバーグは「激突!」だ!って思う。それと、やっぱり好きな「インディジョーンズ」これは好きです。4もやはり観にいくんだろうなって思います。同じ時期に公開された「スターウォーズ」は3回も観にいった私なもので(笑)。スピルバーグ「シンドラーのリスト」は?だったけど「ミュンヘン」はちっと評価しました。
シュエット
2008/03/06 10:57
 すいません!m(_ _)m
 コメントをお返しするのを完全に忘れておりました。
 スピルバーグ監督は真面目映画を撮りだしてからは正直興味が失せてきております。質が高いのは分かりますが、説教臭すぎるというか、なんとも作品にのめり込めなくなってきているのです。
 ぜひともセルフ・リメイクでの『1941』を作り上げて欲しいです。なんだったら『2000』とか『2200』とか未来作品でも楽しそうです。最後にアカデミー賞をコケにして、鼻で笑う彼の本領を観たい。
用心棒
2008/03/17 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
『宇宙戦争』(2005)まさか同じオチを21世紀に持ってくるとは!古典落語かい! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる