『殯(もがり)の森』(2007)河瀬監督自身、二度目のカンヌ映画祭受賞作品。

 河瀬直美監督がカンヌ映画祭グランプリを受賞した『殯(もがり)の森』は冷静にストーリーのみを追っていくと、恐ろしいほどに単純な映画であると言わざるをえない。


<以下ネタバレバレなので、観に行く予定のある方は要注意です。>

画像



 冒頭に土葬される風習の村での葬式の様子が克明に描かれる。俯瞰と長回しで捉えられた時の侘しさ、響き渡るお経のクリアな音声、オフスクリーンから吹いてくる風のざわめき、ドキュメンタリー風の葬儀の様子など早くも河瀬直美監督らしい映像美が炸裂している。

 新米の女性介護士(尾野真千子)のミスで、認知症患者のおじいさん(うだしげき)が奈良の田舎の深い山中(たぶん奈良の田原地区でしょう)に脱走したため、彼女が彼を探し回り、捕まえようとするも、彼をコントロール出来ずにさらに奥山に入り込んでしまい、ついには遭難してしまう。雨なども重なり、暗い山の中で最低の一夜を過ごす。

画像



 彼がこれ程までに深い山中にこだわったのは奥地に、33年前に土葬された彼の妻の墓があり、彼は妻の元に帰りたいというだけの理由により、このような事態を引き起こしてしまう。夜が明けると地元の青年団(?)がヘリを飛ばし、彼らを救助するという内容です。つまり、かなり間抜けで人騒がせな、ふたりの登場人物ではあるが、それ以上でもそれ以下でもない。

 これに限らず、河瀬監督の作品では、映画を成り立たせるための大きな軸ともいえる、ストーリーの明快さはあまり眼中には置かれてはいない。その場その場で揺れ動く登場人物たちの感情のひだを紡いでいけば、それでよいと考えているのであろうか。

 ドラマチックな作風を拒否する姿勢はデビュー当時から変わっていないとも言える。観客に与えられる各登場人物の情報は恐ろしく少なく、観る者は注意深く、時に聞き取りにくい台詞を聞きながら、頭の中で人間関係の図を作り上げなければならない。

 作品は「長編ですので、観客のみなさん一人一人が二時間掛けて、自分で関係図を掴んでくださいね!」というスタンスです。言うなれば、非ハリウッド的なのです。大向こうを唸らせるドラマチックさやアピールの大きさはありません。

 人間の生き死にと愛の深さを語っていこうとする。その試みは立派であるが、描ききれていたのだろうか、観客のせめて半分は理解できたかといえば、答えは「否。」である。たとえ呆けてしまっても、亡くなった妻への愛を抱き続ける夫の愛の深さを感じ取るべきなのかも知れません。が、全体を通して見ていくと表層的であるように思え、肝心な愛の深みを感じ取れませんでした。

 演出的にはいつも通りの奈良の豊かな自然に囲まれた山々の深さと今回の作品からはじめて大きく採りあげられるようになった静かで、薄暗く、ときに荒々しい森中の映像が光っています。ほとんど自然光を照明に使っているためにかなり観難いシーンもありますが、彼女のスタイル、つまりドグマ95的なドキュメンタリー・タッチの作風を併せて考えると、むしろそれはそれで良い。

 森の「緑」、緑色にもいろいろな緑としての幅があることに気付かせてくれる。昼でも薄暗い森中での濃い緑と強い日光によるハレーション気味の木漏れ日が生み出すモノクロのような映像には目を瞠らされる。

 奥行きを強く意識していると思える手持ちカメラによる縦構図の作り方などは評価してよいのではないだろうか。今回も彼女の作風の一つである手持ちカメラによる映像がかなり多い。決まっていると思えるシーンも幾つかありますが、しかしながら失敗していると思えるシーンが多々ありました。

 なにがなんでも手持ちを使う意味がないのだが、こだわりが強すぎるようでした。むしろ光っているのは固定カメラによる撮影部分です。被写体自体に強い生命力があるのですから、カメラが無駄に動く必要はないということをそろそろ理解して欲しい。それは妥協ではなく、映画作家としての進歩なのだから。手持ちカメラは、この作品に関する限り、かなりの情緒を削いでしまっているように見える。

画像



 今回の映像で最も美しく、そして印象に残っているのはお茶畑で行われる「追いかけっこ」シーンでの俯瞰映像でした。規律正しく綺麗に刈り込まれているお茶畑はまるで瓦葺屋根のようであり、そこで追いかけっこをしている二人が妖精のようにも見えてくる。まさに映画的な映像感覚であり、こういうところがカンヌでも評価されてきたのでしょう。

 夜から朝になる手前の暗がりの池に落ちる雫とそれによって生まれる波紋の映像はとても美しい。ストーリー的にはグダグダですが、映像の美しさは今も健在で、随所に美しい映像を堪能できることでしょう。

 森の中から空を仰ぎ見る時の日光の優しさ、ケアハウスの皆で野菜畑に辿り着いた時に日光と雲の影響で瞬時に変わっていく光の強さはある意味、劇映画に慣れている者としてはとても新鮮でした。黒澤監督ならば「その雲、笑わせろ!」と照明スタッフに怒鳴りつけるところなのでしょうが、河瀬監督はそのまま使いました。

画像



 演技ではなんといってもヒロイン役の尾野真千子と素人俳優うだしげき(僕の家の近所の古本屋さんの主人だそうだ。もしかすると何回かは知らずに顔を合わせているかもしれません。)のモデル的(ロベール・ブレッソンが言うところの)な演技の素晴らしさに尽きる。

 ネオレアリズモ的な地に足がついた生命力の強さは職業俳優とはまた違うピュアな印象を受けました。『萌の朱雀』の妹役の彼女がここまで素晴らしくなったのも驚きでした。

 またこの作品の最大の功労者はベルギー人デヴィッド・フランケンである。かれによってデザインされた素晴らしいサウンドによる貢献はあまりにも大きい。森の木々が風で軋む音、その生命の音はこの作品の中でも頻繁に登場してきます。

 あるときは画面左から右へ、またあるときは画面手前から奥に向けてと縦横無尽に風音がスクリーンを駆け抜けていきます。しかもそれはオフ・スクリーンの拡がりを観客に知らせてくれる。閉塞しがちなテーマの中での彼がやってのけた仕事の意義の大きさは誰よりも監督自身が理解していたのではないでしょうか。

 風だけではなく、さまざまな蝉の声も使われていました。季節的な物音が皆無になってきている都会の人々にとっては懐かしさを蘇らせてくれる音作りだったのかもしれません。その他、印象に残った音には響き渡る、お経の静けさ、豪雨、濁流の荒々しさと激しさがこの静かな映画では良いアクセントになっていたのかもしれません。

 ただ全体を通して見ていくと作品のテンポやカットのリズムが停滞してしまい、一般のファンが観た場合に多少集中力を失ってしまうかなあ、という印象が強くあります。長回しへのこだわり、ドキュメンタリー・タッチへのこだわり、手持ちカメラへのこだわりなど河瀬監督独特の作風があるので、それを貫くのも良いのですが、フィルムを積み重ねて行ったときに喚起されていく観客自身が感じるだろうイメージと監督が提示するイメージにかなりギャップが生まれているのがはっきりと出てしまった一本です。

 一つ一つのカットが良く言えば丁寧、悪く言えば冗長なのが気にかかりました。特に何かが起こるわけでもないシーンで何度も同じような動作を繰り返したりするのは時間の無駄でしかない。結果として多くの観客が集中力を失い、だれてしまっているのが残念でした。

 編集を上手くやれば、もっと締まった作品になっていたのは間違いないだけになんとも口惜しい。ハリウッド的な誰でも分かる娯楽作品にしか興味がない人には絶対に理解できない世界観でした。カンヌ映画祭らしい選択による受賞であったのでしょうが、興行的にはかなりの苦戦が予想されます。

画像



 上映後に席を後にする観客たちのほとんどの顔には失望と困惑の色がありありと浮かんでいました。なんと表現してよいのか分からないといった様子でした。帰り際にオバちゃんが隣のオバちゃんに「『釣りバカ日誌』にしとけば良かったね!」と言っていたのが妙に耳に残っています。

 多くの観客の心を代弁した言葉なのかもしれません。おそらく河瀬監督作品のなんたるかをまるで知らずにたまたま観た人々だったら、当然そうなるであろうといったところでしょうか。個人的には映像美を楽しめました。この映画はストーリーを追うと腹が立ってしまいますが、映像感覚を観ていると、そしてサウンドデザインに興味が行けば、十分に楽しめます。

総合評価 70点

この記事へのコメント

ぶーすか
2007年09月03日 11:18
<帰り際にオバちゃんが隣のオバちゃんに「『釣りバカ日誌』にしとけば良かったね!」
うーむ、これには爆笑してしまいました。一緒にテレビで観ていた母も、途中で寝てしまったし…。私も中盤までは集中が途切れないようにして観るのに苦労しました。でもラストは泣けましたよ。もうちょっと編集に工夫を入れて、テンポが良かったら取っ付きやすいのかなぁ。
2007年09月04日 01:14
 ぶーすかさん、こんばんは。コメントとTBをありがとうございました。

 僕もオバちゃんたちの話に少々頷いてしまいましたよ!お話主体から映像主体に感性のモードを切り替えないといけない映画でした。

 おそらくハリウッド的というか、ストーリー重視のファンが観られた場合、圧倒的多数で駄作の烙印を押されるでしょう。

 しかしこれが評価されたのはカンヌです。ベネチアでもカンヌでもそうですが、ヨーロッパではお話はもちろんですが、フィルムの美しさが重視されますので、映画の評価の基準も違ってきますよね。
 それを知らずに「カンヌで大絶賛!」などという配給会社の宣伝どおりに受け取ってしまうと、とんでもない目に遭いかねません。
 映像で目に栄養を与えるのが欧州映画、スキャンダラスなお話と映像で目に刺激を与えるのがアメリカ映画といったところでしょうか。
 ではまた。
2008年01月17日 22:42
TB致しました。

カンヌ・グランプリに踊らされて失望するのはカンヌ映画祭の傾向など全く知らない一般の人なら仕方がないですが、映画マニアが同じレベルの不平を言うのは勉強不足と憤っている小生であります。

用心棒さんはさすがです。
セミ・ドキュメンタリー映画が持つ欠点を見据えて客観的に評価されています。
手持ちカメラや長回しについては、僕の意見と大体同じようです。リアリズム作家は、長回しが無駄を生むことに気付くべきでしょうね。
2008年01月17日 23:54
 オカピーさん、こんばんは!
 この前、BSで放送されていましたね。まだ奈良では引き続き、映画館で掛っています。
 最近のハリウッド物しか知らない映画ファンには、この作品を理解することは到底出来ないでしょう。
 映画とは文字通り「映つされた画」であり、そもそも物語が主体ではないというのが理解されていません。
 「日本映画はスケールが小さいし、金が掛かっていないからダメ」、「ヨーロッパ映画はもったいぶってて、しかも話がゆったりしていてイライラする」とか言ってる自称ハリウッド映画ファンにはこの作品は単なる失敗作に映るんでしょうね。
 長回しも良し悪しで、緊張感や雰囲気を生み出すために使用するのであれば良いと思いますが、単なる趣味でするならば、恐ろしくダラダラした印象のフィルムになりかねませんね。
 ではまた!

この記事へのトラックバック

  • 「殯(もがり)の森」

    Excerpt: ●殯(もがり)の森 ★★★ 【NHKBS】妻に先立たれた認知症の男と、我が子を失った介護士の女性が、この森をさまよううちに、次第に心を通わせ、肉親の死を乗り越えていく作品。「萌の朱雀」でカンヌ国際映.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-09-03 11:13
  • 「いのち」のメッセージ

    Excerpt:  無知のなせる業か、残念ながら、私は知らなかった。  少なくとも、この前の土曜日だったか、日曜日だったかのNHKのクローズアップ現代の再放送に接するまでは。。。  その意味では、「無知」ということ.. Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE) racked: 2007-10-10 08:24
  • 映画評「殯の森」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2008-01-17 14:34
  • 映画「殯(もがり)の森」

    Excerpt:  とても味わい深い作品。テレビの録画で見たのですが、2日続けて2回も見てしまいま Weblog: さるのつぶやき racked: 2008-01-19 22:50