『映画館と自宅の違いは何か?』どちらも鑑賞スタイルの王道ではありますが…

 映画とは本来は暗い映画館の座席に深く腰掛けて、劇場ならではの「隠れ家」感と普段とは異質な空間で生まれる開放感、そして相反する閉塞感の中、見ず知らずの他人と席を隣同士になりながら、多少の遠慮と緊張に包まれながら、じっくりと観るものであろう。

 そこには人間としての社会性とコミュニケーションが確かに存在する。自宅から、または職場や学校から映画館へと続く道のりは映画ファンにとってはむしろ映画を観ている時よりも至福の時間かもしれない。館内の照明がすべて消され、スクリーンにフィルムが映し出される瞬間と、この映画館への道のりこそが映画鑑賞前の最大のクライマックスかもしれません。

 映画館の座席に腰掛けると様々な人たちがいるのに気付くでしょう。彼等はその日は一人で観に行ったのであろうか、二人で観に行ったのであろうか、家族や団体で観に行ったのであろうか?一人で観に行った人は一緒に行く相手がいなかったから、一人だったのか。それともじっくりマイペースで堪能したかったのであろうか。

 カップル達は初デートに映画を選んだのだろうか、作品によっては大失敗することもあるのが映画の面白さでもある。直近の例では『パフューム』などは大失敗の例になるのではないだろうか。宣伝に騙されて観てしまった人にはお気の毒としか言いようがない。作品自体はジャン・ジャック・アノー監督作品を彷彿させるような出来栄えで、大人の映画マニアが観たならば十分に楽しめるものである。

 しかしデートには向かない。彼氏の選択肢の拙さがその後の彼等の関係にひびが入らなければ良いなあと思いながら、彼等を含めた観客の反応と作品を交互に観ていました。老人割引で観に来ている人も同様で、彼等は作品の内容を理解せずに、ただ安くで入れるから来ているだけである。

 また彼等のマナーの悪さは深刻で、高校生などの若い人たちよりも、むしろマナーの点では彼等が最悪である。

 老人に限って、「今の若い者はなってない!」などと陰口を叩くが、実際に注意深く見ていると、圧倒的にマナーが悪いのは50代以上の「大人?」と老人であることが多い。もちろん電車内でへたり込んでいる高校生を見ると、「今の若い者はなってない!」と言いたくなることもある。しかしこと映画館でのマナーにおいては「いい大人?」のほうのマナーの悪さが目につく。

 老若男女、いまだに上映中に携帯を鳴らす者がいる。シリアスな作品で、ポップコーンを貪り喰らう者がいる。メールを確認する者がいる。大きな音を平気で立てる者がいる。これらは他人への思いやり、つまり社会性が欠如してきていることを端的に物語る。

 非社会性は年齢に関係なく、蔓延りだしている。これらは映画ファンだけではない。非社会的な彼等は劇場で観る資格のない者たちである。社会性のない者は他人を不愉快にしていても、全く省みることもない。五感を研ぎ澄ませて観るべき映画を観に来ているとは到底思えない者が「お客様面」をして偉そうにしている様子はひどく滑稽である。

 見ているだけで「この人は映画ファンなんだろうか?」と思える人々が闊歩している館内は年々豪華になる劇場内の内装とは真逆に居心地の悪い空間になりつつある。無条件に割引したり、前売り券をばら撒いたりするのはちゃんと正規の料金を支払って、楽しみに観に来ている本来の「映画ファン」の楽しみを大いに奪っている現実に映画館や配給会社は気付くべきではなかろうか。

 劇場に行く度に、なにかしら嫌な思いをすることが非常に多くなっている実態はさらに新作映画への足を遠のかせる原因となっている。各地の名画座が無くなって久しいが、大阪にはまだシネヌーヴォが存在しているので、そこへ行った方が大いに楽しめる。

 映画館を一般人から、映画ファンの手に取り戻したいと願う、今日この頃である。もちろん映画ファンの力が至らないばかりに、最悪なマナーと酷い映画が大怪獣のように劇場環境を破壊してしまったのも事実であろう。

 年々劇場へ足を運ぶ熱意が薄れつつあるが、それでも劇場までの道のりと館内が暗転していき、スクリーンにフィルムが映写される瞬間を楽しむのは至上の喜びであることは変わらない。そして、その作品が素晴らしければ、帰り道はさらに良い気分で余韻を楽しめる。たとえその作品が駄作でも、劇場に行く喜びに変わりはない。ちょっと気が重いときもありますが。

 映写へのこだわりという点では自宅でのプロジェクター・タイプのホームシアターに切り替えるという選択肢もあるのでしょうが、あれは熱が放散されそうだから、夏は暑いだろうなあとか思うと、なかなか踏ん切りがつかない。せっかく買っても、設置環境が拙かったら、ごくわずかでも差し込んでくる光に悩まされるかもしれない。

 一方で、愉快、不愉快含め社会的なコミュニケーションに晒される劇場での映画体験とは違い、自宅でのDVD、WOWOWやNHKなどのBS、スカパー、地上波での鑑賞スタイルでは他人とのコミュニケーションがほぼ遮断される。

 関わってくるのは家族であり、友人であり、基本的に「身内」のみである。見ず知らずの人との隣席を嫌う人やなかなか忙しくて、劇場まで足を運ぶのが難しいという人には現在の映画を取り巻く環境は夢のような状況でしょう。

 ツタヤをはじめとするレンタル環境は素晴らしく、陽の目を観ない映画や忘れ去られて久しい映画を大量に発見できます。WOWOWやスカパーの一ヶ月に放送される映画の数は数百本以上であり、むしろどれを見るのか選択するだけでも大変になってきています。

 情報の取捨選択を迫られるのは初心者にとってはかなり難しくなってきているのではないでしょうか。そこでおススメなのはまんべんなくさまざまなスタイル、国籍、時代の作品を一ヶ月に数百本以上満喫できるWOWOWです。そのままWOWOWと契約しても良いでしょうし、スカパーにもWOWOWチャンネルがありまして、同一のラインナップでCSでも鑑賞することが可能になっています。

 個人的にもスポーツ中継も充実していて、サッカー・スペインリーグやテニスの生放送があり、音楽ライヴが多数あったり、演劇中継、『CSⅠ』などの海外ドラマなどラインナップがしっかりしているWOWOWを視聴していることが多いのが現状です。

 既に加入されている方々はこのチャンネルの有難みをご理解いただけるとは思います。未加入の方はぜひ映画の洪水に浸って欲しい。映画だけではなく、さまざまな芸術分野やスポーツへの見聞を拡げてくれるこのBSは優れものであろう。

 好みがはっきりとしている方にはスカパーはまさに第七芸術を見るには至高の「第七天国」といえる。ハリウッドのクラシックから最新作(スター・チャンネル3チャンネル)、サスペンスの王様ヒッチコックの作品群(ザ・シネマ)、ヨーロッパ映画のクラシックや60年代の夢のようなフェリーニ、ゴダール、キューブリック監督作品(シネフィル・イマジカ)などが大量にオンエアされています。

 邦画が好きな方には衛星劇場(松竹系)、チャンネル・ネコ(日活系)、日本映画専門チャンネル(東宝・大映系)、時代劇専門チャンネルなどがあり、宝の山に飛び込んだような気持ちになります。

 個人的に多く視聴するのはシネフィル・イマジカ、日本映画専門チャンネル、そして前述のWOWOWとなります。たまにNHK-BSでも掘り出し物が放送されるので、そちらのほうもチェックしております。多忙の中で見ていくのはかなり難しくなってはいますが、出来るだけ多くのフィルムを鑑賞していきたいものです。

 自宅型のメリットを最大限に活かせるのは自分の空いた時間に自由に見れるということでしょう。ビデオ、DVD、有料放送というソフト面、そしてハード・ディスク・レコーダーなどのハード面での進化は自宅型を大いに後押ししてくれています。

 ビデオではせいぜい6時間程度しか録画できなかったのがHDDなら50時間以上も録り貯めできるのは当初は考えられないことでした。海外旅行に行く度に周りの知人に「録画しておいてね!」と頼まなくて良いのですから。

 家で見るほうが快適だったならば、わざわざ劇場まで足を運ぶ必要もありませんし、不愉快な思いを味わうこともありません。こうしてみていくとリラックスしながら集中できる自宅型のほうにもかなりのメリットがあるのが分かります。

 ただし自宅型の方には絶対に守っていただきたいルールがひとつあります。それは前にも言いましたが、「一時停止は絶対にしないこと!一時停止は作品の『死』を意味するからです。」という一点のみです。それさえ守っていただければ、映画が伝えたいエモーションは理解できると思います。
 
 また特撮映画はできれば劇場で観てくださいということです。大画面であればあるほど、その実力が大いに発揮できるジャンルが特撮なのです。DVDを観ていると迫力をあまり感じなくなってしまうのは仕方がありませんが、特撮を見るときはDVDで見たときの1・2倍以上の幸福感を劇場の観客は味わっていたのだとご理解いただきたい。

 まあ、どっちにしろ映画は楽しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2007年07月01日 23:15
こんばんは。
先日もコメントしましたが、私は最近劇場にはいかなくなりました。まあ、それほど鑑賞したい作品がないというのが最大の理由にあります。昨年12月に「犬神家」リメイクを久々に劇場でみて、ついでに「カジノロワイヤル」を鑑賞し、やはり劇場はいいなあと思い、TVをずっとみていた「アンフェア」を鑑賞した位ですね。
でも、やはり本編は劇場で鑑賞するのが一番ですよね。画も音も。理想はひとりで鑑賞できれば正しくベストなんですが・・・。たしかに周囲の状況は腹立たしく思うことがあります。
昔、昔、「男はつらいよ」を劇場で鑑賞中、後ろの列に知恵遅れの男のがいて、上映開始直後から寅さんをみて、「トラ!トラだ!」と劇場中に響く声でひとりで口走ってました。厳密にいうと、もっといろんなことを発言していたのですが、誰がきいても障害者だとわかるものでしたが、誰もそういう子なので注意しませんでした。親がバカなんですが、私は作品の3分の1位で限界に達し、後ろを向いて、映画の音声よりでかい声で『さっきからうるせぇ、この野郎!』と気がついたら鬼のような顔で言ってました・・・・。
2007年07月01日 23:16
前の列からは小さな拍手が一部きこえました。

本編が始まったら、一言も、一切の映画以外の音をださないでほしいし、席の出入りも一切禁止してほしいですね。
家でも劇場での緊張感をもって鑑賞できればいいんですがね、私は前回の通り、再生ボタンを押すことの重みを自分なりに持っているのですが、なかなか難しいですよね、自宅は・・・。

>まあ、どっちにしろ映画は楽しいですね。
同感です!
2007年07月02日 07:40
 イエローストーンさん、こんにちは。
 お腹立ちはよく分かります。障害者の方ということもありますので、なんとも言い難いことではありますが、同伴者の常識を疑いますね。
 変にプライドの高い子供連れ(特に母親)や自己中心的なカップルなど自分たちは何をしても許されるべきなのだ、とでもいうような妙な特権意識を持っている知性レベルの低い人をたまに見かけますね。
 たとえ大声を出していても、隣の席に座る同伴者が「皆さん観ているから静かにしてね!」という一言があれば、たいていの人は納得して何も言わないと思うのですが、その障害者の人よりも性質の悪い同伴者の方の社会的な常識の欠如に腹が立ちますね。
 劇場に行くか、自宅で見るかは本当に難しくなってきました。サービスデーはありがたいのですが、来るべきではない者も多数紛れ込み、館内の雰囲気を悪くすることが多いので、むしろ避ける傾向にあります。
 一握りのならず者のために、全員が不愉快な思いをしてしまう。それが現在の映画館の現状ですね。
 音響や画面そのものでは劣りますが、一人で見るという自宅鑑賞のメリットは捨てがたい。
 うーむ、難しい。
トム(Tom5k)
2007年07月09日 01:42
用心棒さん、こんばんは。
確かに映画は映画館で、ビデオやDVDの一時停止はタブー。
基本ですよね。
しかしながら、それを実践できていない最近のわたし・・・。
考えれば、自分のなかに何が残るかを考えたとき、ガキの頃や若い頃に行った、愚にも付かない駄作の数々がわたしのメモリーに人生の想い出として強烈に印象付けられているように思います。

そして、恐ろしくマナーの悪い連中が独占している最近の映画館、メジャー映画しか上映できなくなってしまったシネマ・コンプレックス・・・わたしも同様の不満を持っています。

ただ、若い頃、彼女に振られて惨めな気持ちで酒を飲み、ふらふらと入った日活ロマンポルノ・・・の想い出もあります。
缶ビールの転がる音、「禁煙」表示が点灯しているにもかかわらず、煙草の白い煙が漂い浮かぶ館内、そのまま朝方まで寝入ってしまって、掃除のおばさんに起こされ、友人のバイトしているコンビニまで行って、勤務終了と同時に彼の安アパートに泊めてもらったことなんかを思い出すと、荒んだ映画館も人生の一部かな、なんて思うんです。
トム(Tom5k)
2007年07月09日 01:43
>続き
環境整備された文化ホールで、文部科学省特選の作品を観ることも大切なことですけれど、荒んだ実生活から、フィルム・ノワール作品を理解することも、また、「有り」なのではないでしょうか?
でもあのポルノ作品、何だったかな?題名忘れちゃったよ・・・。
では、また。

P.S.更新記事で、また勝手に用心棒さんの記事を紹介しちゃってます。いつも事後報告ですみません。
2007年07月10日 02:24
 トムさん、こんばんは。
 荒れた心にはボギーの出ているフィルムノワールとか、日活の野口博志監督や鈴木英夫監督作品が沁みてくるんですよね。
 とりわけ煙草の煙や夜のネオンが織り成す光と影をカメラが捉えた時のなんともいえない感情の昂ぶりはなんだったのでしょうかね。
 >日活ロマンポルノ
懐かしい響きですね。井筒監督などロマンポルノから巣立っていった監督は数多いですし、修行としては制約の多いジャンルだけに、腕の良し悪しが結構測れたかもしれませんね。
 >更新記事で
どんどんやってくださって結構ですよ。オタクイーンさん、トムさん、オカピーさん、にじばぶさんなどは映画マニアとしての同志だと思っていますので、使っていただければ、むしろ幸いです。ではまた。
2007年07月15日 17:51
こんばんは。
自宅鑑賞と映画館には大きな違いがあります。
自由と不自由さの差です。
自宅ではいつでも好きな時に見れます。ポップコーンと食べていようが、パジャマのままでも何でもかまいません。
しかし、映画館の場合は決められた時間や場所に自分を適合させなくてはなりません。他人の目がありますから多少なりともな格好に自然となるでしょう。(と言っても哀しいかな常識人に限られますがが‥)
上映期間を間違えると見たい映画に見られなくなるという結果を招く恐れがあります。色々と考えると映画館で見るのは大変です。ただ映画への集中という点で見ると映画館で見る方が真剣さがあるのではないでしょうか。途中で早送りもリピートも出来ません。お手洗いも前もって済ませて映画へ自分を限りなく合わせて行きます。それが違いだと思います。
追伸:マナーは個人の問題で、割引うんぬんかんぬんは経済行為の範囲だと思われます。



2007年07月15日 22:43
 ピーターキャットさん、こんばんは。
社会性を伴う映画館と私的空間である自宅での鑑賞の最大の違いと楽しさは、他人とのコミュニケーションという刺激、上映時間の制約と拘束いう二つの避けられない要素によってもたらされます。
 これらがフィルムへの集中と暗闇での開放感という映画館独特の高揚を与えてくれます。これを味わうのが映画館の醍醐味でしょうか。
 まあ一番良いのは自宅が映画館だったら何も悩まなくて良い、という夢のような環境でしょうか。ではまた。
トム(Tom5k)
2007年07月16日 01:16
>用心棒さん、こんばんは。
わたしもピーターキャットさんのコメントに賛同いたします。
映画の場合、不自由さ=良い環境 だとまで思ってしまいます。

>自宅が映画館
これって、憧れますけどね。
わたしの以前いた職場には多目的なホールがあり、客のいない真夜中に(残業にかこつけて)ひとりでDVDやビデオの鑑賞ができたんですが、
何故か虚しい環境でありました。
面白いはずの映画に何故か集中しきれないんですよ。映画館としての機能は充分なのですけど・・・(観覧席は移動型収納式で約200名収容、スクリーンもへーべーは忘れちゃったけど通常の映画館と同等の大きさでした)。
お金を払って、誰かと一緒に映画館に行くのが一番有意義だと感じます。わたしの嗜好、そして経験でいえば、札幌まで列車代をかけて、『山猫』を観に行ったこと(職場で観ることが出来たんですけどね)。西武のミニシアターで『若者のすべて』をようやく観ることの出来た歓び、
トム(Tom5k)
2007年07月16日 01:18
先輩の彼女をこっそり誘って、あとでばれて大目玉を食ったドロンのB級ノワール、友人がわたしのために試写会の抽選をして当選できたジョヴァンニ&ドロンのノワール、学校をサボって観に行ったドロンとミレーユ・ダルク共演作・・・まだまだ数え切れないほどありますけど、ぜ~んぶ、わたしの想い出です。

職場にいるのは、警備のおやじとわたしだけ、職場の多目的ホールで、歴史的傑作を観ても何が残るのかな?と思ってしまう今日この頃です。
だったら、場末の映画館で超駄作をみたほうが、ずっと人生の糧になるんじゃないかな?情緒的すぎて論理的ではありませんが、わたしの「映画に対する」のひとつの思いなのです。
では、また。
2007年07月17日 00:25
 トムさん、こんばんは。
>何故か虚しい環境でありました
 なるほど!環境だけ整えても独特の緊張感は生まれないのですなあ。
 たしかに田舎の最悪の音響の中で観たリバイバルのゴジラ映画はなぜかシネコンより迫力がありましたし、パイプ椅子で観る愛好者の集いなどの方がより集中できましたね。
 映画に必要なのはフィルム、観客、制作スタッフ、映画館の四点セットにプラスして、観に行った作品への思い入れかもしれませんね。
>場末の映画館で超駄作
 家でビデオやDVDで見た『戦艦ポチョムキン』よりも、ロシア映画祭の時にパイプ椅子で観た『戦艦ポチョムキン』が本物に感じました。ではまた。

この記事へのトラックバック