『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)緑のジャケットはコアなルパン・マニア向けの証。

 宮崎駿監督の監督デビュー作品となった記念すべき作品がこの『カリオストロの城』でした。ではこの映画は大ヒットをしたのかというと「否。」と答えざるを得ない。では出来が悪いかと言えば、それにも「否。」と答える。つまり素晴らしい映画が必ずしも大ヒットするわけではないという典型がこのルパン三世映画化第二弾作品(第一弾は複製人間マモーが出てくるヤツ)と言えよう。

 30年近い月日を経た現在ではこの作品の持つ大きな価値は誰しもが認めるところではありますが、これが封切られたのは1979年なのです。1979年というとピンと来ない方もあるかとは思いますが、この当時に流行っていたアニメというと劇場版も公開され大ヒットしていた『宇宙戦艦ヤマト』をまず第一に思い出します。

 『機動戦士ガンダム』が爆発的人気になるのは次の1980年での再放送時、その後の『伝説巨人イデオン』『太陽の牙 ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』も立て続けに放送されていく過程でした。つまりSF全盛時代に入っていたのです。

 この次にブームになるのは今風でいえば「萌え」的な、あだちみつるの『タッチ』『陽当たり良好』『みゆき』に代表されるさわやか青春漫画のアニメ化、さらには高橋留美子が少年サンデーに連載していた漫画で、コスプレ等でいまだに高い人気を誇る『うる星やつら』などがサブカルチャー的人気を誇っていました。

 これらの流れから振り返っていくと、当時のアニメ・ファンの感覚からすると、「いまさらルパン?」というのが偽らざる感想だったのではないでしょうか。実際僕も封切られた当時にはガンダムに夢中になっていましたので、この作品には見向きもしませんでした。

 また「ルパン」という対象自体が面白いのは分かっていても、せいぜいTVの再放送でやっていれば見る程度だったのです。特に「赤い」ジャケットのルパンはもはやヒーローではなく、30分を埋めるだけの消費財になっていました。

 もちろん宮崎駿が関わっていた、「緑の」ジャケットのファースト・シリーズ(1971~1972)は大好きで、後々になって思い出してみて記憶に残っているのは全て全23話からなるこのシリーズの作品ばかりでした。

 『ルパンは燃えているか?』『七番目の橋が落ちるとき』『殺し屋はブルースを歌う』『魔術師と呼ばれた男』『偽札作りを狙え』『さらば愛しき魔女』『誰が最後に笑ったか』などはとりわけ思い出に残っています。

 子供向けではない大人でしか理解できないような深読みも可能なファースト・シリーズにはハッピーエンドで終わらないエピソードも多く、まるでアニメ界のアメリカン・ニュー・シネマのような奥行きのある作品が記憶に残っています。

 つまり当時は悪しきイメージを僕に与えた「赤」の印象が強く、大好きだった「緑」に戻ることなど思いもよらず、しかもTVの再放送は行き当たりばったりで放映されたために、ファースト・シリーズのエピソードとセカンド・シリーズのエピソードを違う曜日(普通の放映と再放送が同じ週にあったりしました)に見ることも多かったために、作風の違いに戸惑ったりしました。

 子供ながらに赤ジャケに違和感があったので、一生懸命見るのは「緑」、とりあえず見るのは赤となんとなく決めて掛かっていました。何故赤に馴染めなかったのかというと、今振り返ってみれば、それはおそらく赤ジャケの軽さに対してだったのではないかと思います。

 常に軽快でノリの軽い赤ジャケとは異なり、どこか憂いというか人間臭さを持っている緑の違いだったのです。この部分に感情移入できた僕は当然ながら第二シリーズ以降の軽ノリには拒絶反応がありました。このような状況だったので、劇場用映画が公開された時にも観には行きませんでした。

 のちにTV放送があったときにはじめて「緑」の彼を見て、行けば良かったと後悔しました。興行成績は確か悪かったと記憶しておりますが、行かなかった人には僕と同じような気持のために行かなかった人もいるかと思います。

 「緑」ジャケットを着る時のルパンはファースト・シリーズのファンのためと制作者が何かを語りたいときにに制作されたもの、「赤」ジャケットを着る時のルパンは世間一般のファン向けとお金のために製作されているのではないかと勝手に決め付けています。ライブハウスのステージが「緑」、スタジアムライヴが「赤」のような気がします。観客の反応が厳しいのは「緑」なのは当然でしょう。

 声優を務めたのはルパン(山田康雄)、次元大介(小林清治)、石川五ヱ門(井上真樹夫)、峰不二子(増山江威子)、銭形警部(納谷悟朗)という常連メンバーにジョドー(永井一郎)、庭師(『アルプスの少女 ハイジ』でのアルムおんじの声の宮内洋平)、クラリス(『風の谷のナウシカ』でのナウシカの声の島本須美)らを加えた豪華な顔ぶれです。

 また峰不二子の声には二階堂有希子を起用して欲しかったという気持ちが強い。一般に不二子の声は増山江威子が有名ですが、ファースト・シリーズでの二階堂の声は小悪魔的な不二子の魅力を存分に出していました。マリアンヌ・フェイスフルをベースにして生まれた不二子なので、大人っぽさの強い増山よりも二階堂の方が適任だと思います。

 13代目石川五ヱ門もファースト・シリーズでの森山周夫から井上真樹夫に替わっている。五ヱ門はもともと台詞が少ないキャラのためにあまり気にはならないというのは良いのだか悪いのだか良くは分かりません。どうせならばオリジナルメンバーで声をやって欲しかった。

 そして今回出色の出来栄えだったのがクラリス役を務めた島本須美でした。のちの『風の谷のナウシカ』でのナウシカ役も射止めた彼女の声は透明で清潔で、全宮崎駿監督作品中でもとりわけ人気の高いキャラクターであるクラリスとナウシカが同じ声だというのは興味深いところです。また彼女の面影はハイジでのクララを思い出させましたので、園丁役の宮内洋平がアルムおんじに見えてしょうがなかった。コアファン向けの洒落だったんでしょうか。

 音楽でも山下毅雄、主題歌を歌うチャーリィ・コーセイの黄金ラインナップが参加していないのも画龍点睛を欠くといったところでしょうか。細かすぎるかもしれませんが、ファンとしては細部までこだわって欲しかった。

 音楽的には第二TVシリーズの効果音が用いられている。それはそれで明るさがあり良いのですが、主題歌が必要だったかどうかは定かではない。次の作品『風の谷のナウシカ』で、安田成美の微妙な主題歌がヒットした時に、作品世界のシリアスさとのギャップに、正直言って戸惑った僕としては当然ながらこの作品でのそれにも馴染めませんでした。

 映画を宣伝していく上で必要なことなのかもしれませんが、制作者たちが納得しているようには見えないサントラはいまでも数多く、ましてや30年近くも前ならば、より露骨にそういった部分が会社からのプレッシャーとして圧し掛かってきたのでしょう。

 監督初挑戦ということもあり、無名の存在だった宮崎にはいろいろと制約が多かったのでしょう。声優の選択と音楽という重要なパートについても自分の意見を全面に通せない状況だったのです。

 ラッシュ試写で、声優たちとの作品とキャラクター設定についての演出の確認でも、ルパン役の山田康雄に猛反発されたそうです。ラッシュののちに仕上がりを確認し、そのレベルの高さに舌を巻いた山田は謝罪し、そののちは気合を入れてアフレコに臨んだそうです。声優たちも気合が入ったこの作品は全てにおいて可能な限りのレベルアップがなされている印象を強く持っています。

 ストーリーとしては売り出し中の若い泥棒だったルパン(山田康雄)がかつて挑んで、見事に大失敗した偽札工場の原版強奪に再度挑戦するというのが話のきっかけになっています。これに失敗した時に、重傷を負った彼を介抱してくれたクラリス(島本須美)が財宝目当てにカリオストロ伯爵に結婚を迫られていることに憤りを感じたルパンがかつての復讐を兼ね、彼女を誘拐するという挑戦状を叩きつける。「ルパンの恩返し」といった趣もあります。

 カリオストロ公国の光の部分であるクラリス(大公)、陰の部分であるカリオストロ(伯爵)を画面に映し出すとき、宮崎の視線はクラリスだけでなく、カリオストロにも好意的に見える。理想と現実の違いを体現させたのがクラリスとカリオストロであり、成長するルパンは宮崎監督自身を投影させたものであろう。

 つまり、ここでのルパンは一般に良く知られた、不二子をはじめとする女たちを追いかける、明るいだけのTVでのルパンではなく、陰のある人間臭さのある等身大の30過ぎの男としてのルパンです。1971年に放送されたルパン・シリーズから10年近い年月を経て、一人前の男として成長していくルパンを宮崎監督は描き出しました。

 クラリスを抱こうとしても抱けない、むしろ意思を持って彼女を抱かない自己を持つようになったのがこの映画で描かれるルパンでした。このシーンからその後に続いていくシーン群は全てが見所といっても良い。基本的に彼は純粋な女性に対峙する時には表面上はオチャラけていても、ここぞでは真摯に向き合う。

 台詞の重みにも大いに気を使った作品でもあります。オープニングからつねに「おじさま」と呼んでいたクラリスは最後の最後でようやく「ルパン」と呟く。この瞬間から彼女はルパンに恋したことを観客に告げる。止めを刺す銭形の一言「ルパンはあなたの心をまんまと奪いおった」は秀逸でした。

 演出面では二項対立を張り巡らせ、上下を巧みに使う縦構図に優れた作品でもあります。大公家と伯爵家、華麗なる装飾で埋め尽くされた城内と偽札工場と牢獄のある地下、澄んだ青空と暗く陰惨な地下、法を守る銭形と城を守るジョドーの対比、東西構造の中での政治と犯罪の軋みからくるインターポール上層部と銭形の正義感との葛藤など見た目の明るさに騙されてはいけない暗さとの対比があるのです。

 これらの陰惨で欲望に満ちた暗さがしっかりと描かれているからこそ、多くの場面で用いられるナンセンスなギャグがより効果的になってくるのではないでしょうか。宮崎駿監督作品中では最初で最後の漫画的表現の多い映画でもあります。遊びの部分を徐々に失っていく宮崎アニメの古き良き時代の名残りともいえるのかもしれません。

 明るいシーンと暗い夜や地下のシーンとの対比は『未来少年コナン』を思い出させる。残され島やハイハーバーは明るく自然がいっぱいのユートピア的世界であり、それと対をなすインダストリアの暗さと人工的な造形により、さらにお互いの存在を強く引き立てることでも効果的であったように、カリオストロでも宮崎監督のセンスが作品を支配している。

 見ていて、伯爵がルパンとクラリスを追い詰めていく場面ではチャーリー・チャップリン監督の『モダン・タイムズ』を、結婚式に向かうシーンではセルゲイ・エイゼンシュテイン監督の『イワン雷帝』を思い出させるシーンがあったのはクラシック・ファンには嬉しいところです。

 ハードボイルドなシリアスさが魅力であったファースト・シリーズでしたが、もちろん光の部分の楽しさを忘れているわけではありません。冒頭でのカジノ襲撃からの逃走で使われる浮き上がるような走り、それに続くフィアットに乗ったまま偽札をばら撒いていくシーン、クラリスを助ける時に車で山肌を駆け上っていくシーンは全て繋がっていく。映像の繋ぎ方が素晴らしい。一気に作品に引き込んでいく手腕はさすが宮崎監督です。

 フラッシュを焚いたような、またはスポットライトを浴びせられているような画面で展開される一連のアクション、斬鉄剣の切れ味、三段跳びで高い城を乗り越えていくクラリスとの邂逅シーン、ローマ水道を逆流するように泳いでいくシーンなどはいかにもギャグによる映像表現を持ち味に使える漫画的な描写である。ギャグとシリアスの対比があればこそ、作品の質が高まって行ったのではないか。

 こういった漫画的な描写をもって、これをリアリズムの欠如と取るのか、娯楽性の追及と取るのかは観客一人ひとりの判断に任される。後年の堅苦しい作品でファンになった人にはどう見られるのかは分かりません。またアニメというジャンル自体を馬鹿にしている人からすれば、こういったシーンはいかにも漫画的な嘲笑すべき対象なのでしょう。

 しかしファースト・シリーズを愛する僕は当然ながら、この作品を支持します。クライマックスでの時計台での攻防シーンはアニメ的に素晴らしいアイデアの連続であり、残酷さとギャグがちりばめられた素晴らしい出来栄えです。ラストに向かって一直線の素早い走りのような後半の展開は疑問に思うこともありますが、この作品にはこの尺でちょうど良いとも思う。

 何度見ても新鮮さを堪能できる良い作品である。ルパンには緑ジャケットが一番似合う。

総合評価 93点
ルパン三世 - カリオストロの城
ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

影月
2016年09月05日 13:49
こんにちわ
どうも古い記事へのコメントですみません

しかしながらファーストルパンマニアでカリ城を評価するって人は余りいないものですのでつい……

多くの緑ルパン愛好家にとってはどうもこの作品は受け入れがたいものなようでネットで本作のレビューを見ると「ルパンじゃなくてジブリ」とか「こんなのはおじ様はルパンじゃない」とか、まあそういったコメントを非常に良く見かけます

ただ私はこの評価に関しては常々疑問でして、カリ城のルパンがルパンらしくないとは思わないし作品の筋としてはケチのつけようがない……日本の娯楽映画としては極めて高い水準にある作品だと思っております。

はっきり言ってこれ、同年代の007より面白いと思いますよ?
テンポが良くて無駄がない、存在感のある敵と魅力的なヒロイン
そして華のある主人公とキチンと役割を果たす脇役たち、日本史上これほど王道をしっかりと描いた映画ってのは他にはあまりないのではないでしょうか?

しかし一部のルパンファンにはこれが気に入らないようですね。
よくわからない謎の「ルパンらしさ」という漠然とした基準を元にこれを駄作と位置づけている輩も大勢おります。

多分この手の人っていうのはどこか弄れ気味で非常に歪なハードボイルド像を持っているのではないでしょうか?
王道的なノリも気に入らないのかもしれませんね。

尤もカリオストロ城を高く評価している私ですがこの記事にもある通り漫画的表現に関しては少々やりすぎじゃないかなと思うところもあります。あのへん何というか良くも悪くも宮崎駿的で
私としては演出は高畑勲風味のほうが好きですね。

この作品は漫画的表現を最小限にしたところでその魅力は落ちないと思いますしむしろそうしていたらより格式高い映画に仕上がった気も致します。



2016年09月05日 14:35
こんにちは!

>一部の
これは言いたい人には言わせておけばいいのではないでしょうか。エヴァと同じで、何やっても文句を言う人はいます。ただ彼らは作品を商品として仕上げなければいけないクリエーターやプロデューサーではなく、無責任に批判的言動をアップしているだけです。

個人的には赤ジャケ以降は好きではありませんが、この作品は赤と緑の特徴をブレンドしながらバランスを取った良作だと思います。

それとゴチャゴチャ文句を言う人はたくさんいますが、それも含めての人気でしょうから、色々な意見があっても自分がどう感じたかをしっかりと持っていれば、反対意見も受け入れられるでしょうし、冷静に接すれば、そもそも喧嘩にならないと思うのです。

ゴジラ映画でもよく書くことなのですが、駄作であっても、問題作であってもゴジラ映画が公開される未来が良いですよ。

なんにせよ、映画は楽しいですよw

ではまた!
きやらはん
2016年09月06日 21:04
古い記事なれど、味がありますね。
作品も味があった、ということなのでしょう。
良くも悪くも請負の立場を明確にしてルパンを描いた謙虚さ?が作品になった好例だと思います。
その後の宮崎氏や高畑氏が、政治も含む信条に溺れてしまった感からすると、ますますですね。
庵野氏が自由に過去の名作と創作を行き来しています(そういえば巨神兵も彼の手に罹りましたね笑)。
そのうちルパンも!?と期待しつつ見守りますが、ルパンは難しいかな、とも思っています。ルパンこそ「誰々のルパン」という作品が存在しえない、と鑑賞の度に思うからです。
原作はモンキーパンチですが、我々が思っているルパンは彼の作品とイコールではない時点で、既に作品自らが独立した魂を解放した、と思っています。

2016年09月07日 00:21
こんばんは!

>モンキーパンチ
かなり違いますよね。ぼくは小学生のころ、お兄ちゃんが大きい友達の家でルパンの漫画本を読んだことがりましたが、あまり面白いとは思いませんでした。

画がワイルドだったのと僕の好きな緑ジャケのイメージともだいぶ離れていたからでしょう。
>作品自ら
緑、赤、ピンク、原作、映画版とそれぞれにファンがついているでしょうから、色々と難しさもあるでしょうが、ゴジラと同じでクリエーターごとに個性が出れば、十分に楽しく語れるでしょね。

ではまた!
蟷螂の斧
2017年05月19日 22:33
用心棒さん。こんばんは。
僕がこの映画で印象に残っている場面。
ルパンと次元がカップに入ったうどんを食べる。
ルパンがお揚げをハフハフと熱そうに、でも美味そうに食べる
「赤いきつね」かな?「緑のたぬき」ではないでしょうね・・・

>人形の出来も素晴らしく

当時としては珍しく、声優さんではなく、役者さんやお笑いタレントが「声」を担当していました。
2017年05月20日 02:26
こんばんは!

ルパン三世といえば、ぼくはこの映画とアニメ第一期の緑ジャケットシリーズです。

批判もあるそうですが、好きなものは好きなのでどうでもいいと思っています。

>声優
言われてみればそうですね。人形劇では『プリンプリン物語』などNHKは当時のアイドル石川ひとみや三波春夫の息子豊和も出ていました。

ではまた!
蟷螂の斧
2017年05月21日 09:22
>島本須美

クラリスのイメージが強過ぎて、暫くは仕事が来なかった・・・
そして「赤」の最終回でようやく・・・と言うのを思い出します。

>三波春夫の息子豊和

「紅孔雀」。エンディングテーマも爽やかでした。
共演は連想ゲームで有名な水沢アキ
2017年05月22日 00:26
こんばんは!

>島本
小山田真希ですね!
クラリスはぼくにとってはアニメ史上最強のヒロインです。第二期シリーズは赤のルパンですが、宮崎自身は不満だったようですね。最終話『さらば愛しきルパンよ』にはラピュタのロボット兵の原型も出てきますし、宮崎ファンには興味が尽きない作品です。

>紅孔雀
なつかしいですね!ソフト化されないということはビデオテープ使い回しのために残っていないということでしょう。

ではまた!
蟷螂の斧
2017年05月22日 21:20
>ビデオテープ使い回しのために残っていない

大河ドラマ1970年代後半の傑作「花神」も総集編だけです

>最終話『さらば愛しきルパンよ』

あれは見応えがありました30分で、うまくまとめました。
そして、それ以外にもう一つ傑作があったでしょう?赤のルパンで
2017年05月23日 00:04
こんばんは!

>総集編
そうなんですよね。見たいのは70年代後半以前なのですが、ほとんどないようですね。

>もう一つ
『死の翼アルバトロス』ですかwww

ではまた!
蟷螂の斧
2017年05月24日 18:55
>見たいのは70年代後半以前なのですが、ほとんどないようですね。

民放の時代劇は保存してあるものが多いのに・・・

>『死の翼アルバトロス』

そうです
あの作品が大好きです不二子が色っぽい

閑話休題。
ロジャー・ムーアさん、長い間お疲れ様でした・・・
「黄金銃を持つ男」が一番好きです
ken
2017年05月24日 21:39
今日見たら最近のコメントがあったので
懐かしさも込めてコメントさせていただきます。

この映画。。。ちゃんとロードショーで観ました!
いつもはピンクがかかっている新宿の映画館。
後ろの子供が『ねえ~まだヤマトはでないの~』と親を困らせてたのがうるさかったです。
すごく面白くて。。。でもその夜に放送されたパート2が酷すぎて落胆。。。
パート2の最終回にニセモノがでますが
あれは『パート2のルパンはニセモノなんだよ』ということを暗示しているようで。。。
でも実は映画第1作の方が面白かったと思ってます。
あれはロードショー行けなかったなあ。。。(名画座で観ました)
『風魔一族』も声が変わって酷評されてますがなかなかいいです。
『ルパン』というコンテンツでいろんな作風があってもいいと思います。
押井監督の幻のルパン。。観たかったです。


2017年05月24日 22:37
こんばんは!

ロジャー・ムーアが亡くなりましたね。ぼくは『私を愛したスパイ』でのロータス・エスプリの潜水シーンが強烈に印象が残っています。スーパーカーブームのころでもあったので、ロータスは水の中も走れるという誤った情報も生み出していましたよww

民放はスポンサーがいて放送しているということもあり、資金も豊富だったのでしょうね。

ではまた!
2017年05月24日 22:45
こんばんは!

第二期最終話はファンの間でも物議をかもす内容でしたが、ぼくは緑ジャケットシリーズが好きなので、宮崎駿の強い思い入れを感じます。

まあ、良い悪いではないですがおっしゃる通り、クリエイター次第で様々なルパンが生まれるのはルパンというキャラならではでしょうね。

個人的には峰不二子の声は二階堂有希子が一番好きです。コケティッシュというか、可愛らしさと上品なファム・ファタールが同居した彼女の声はキャラクターに合っていると思います。二代目はどちらかというと毒婦な感じに見えます。

ではまた!
蟷螂の斧
2017年05月26日 18:45
>ロータスは水の中も走れる

夢があった時代でした。1970年代。

>資金も豊富だったのでしょうね。

そうです。そして思うのは当時のNHKの方が評判が良かった
2017年05月26日 20:19
こんばんは!

1970年代は小学生真っただ中で、毎週多くのアニメを見て、毎日再放送の特撮やアニメを楽しみ、12チャン映画の洗礼を受け続け、映像の栄養を浴びるように取っていましたよww

NHKって、当時は子供にとってはあまり面白くないチャンネルでしたが、人形劇などはしっかり見ていましたよw

ではまた!
あまま
2021年05月26日 07:13
典型的な赤ジャケ嫌いのめんどくさいファンじゃんwww

この記事へのトラックバック