『インストール』(2004)上戸彩がHな台詞を吐き、神木隆之介クンの演技が光るのみの作品。

 2004年に公開された、綿矢りさによる原作小説が映画化されたものであり、監督は片岡K(っていったい誰なんだ?)、主演に人気アイドル、上戸彩を迎えたのが、この作品でした。

 内容的には登校拒否の引きこもり女子高生が、暇をもてあまし、近所の小学生と仲良くなり、二人でネット風俗のバイトを始めるという、ありそうでなさそうなどっちでもいいようなストーリーです。

 何をして良いかもよく考えず、現実から逃避して、とりあえずネットにはまっていたら、時間だけがどんどん過ぎていき、気がついたら、6ヶ月間経っていたというのはありそうな話でした。

 原作を読んでいないので、なんとも言えないのですが、この程度の駄作だったんでしょうか。また演技としては神木隆之介クンは非凡な才能を見せてくれています。上戸彩についてはトップ・アイドルにHな台詞を吐かせたくらいで、彼女のファンには楽しめるかもしれませんが、そうでない人には無意味な台詞が続きます。

 ここで扱われるネット風俗、そしてネット環境自体もかなり古臭く感じられるのはこういったネットと女子高生という最新のテーマを映画で扱う難しさを感じてしまいました。上戸彩が女優として残り続けるか、神木隆之介クンが大出世しない限り、おそらくこの映画は忘れ去られるでしょう。

 映画として目新しい部分はなく、見せ方にセンスを感じるのは主役二人を対照的な人物として背景の色(白い襖の前で演技する上戸と、押入れの開いた襖の黒色の前で演技する神木くん)で分ける構図と、原色を多く取り入れている、椅子、テーブル、照明などポップな色の家具くらいです。

 ラストシーンで二人が池の前で別れ、別々の道に歩いていくが、池が円形なので、すぐに一緒の道に進んでいくというのが暗示されているのも興味深い。

 80年代に10代だった自分達の時代に、登校拒否をしていた友達たちのしていたことは、せいぜいファミコン、読書、TV三昧位しかありませんでしたが、いまでは大人でも休日になると、終日デスクの前に座っていられるほど充実したネット環境があります。

 学校にしろ、家庭にしろその価値を疑いだしてしまうと、どうしても空虚な感覚のみが頭を覆いつくしてしまい、このような引きこもり状態になってしまうのでしょうか。ネットにしろ、ゲームにしろ現実ではない仮想コミュニケーション的な部分が多くあり、これだけにかかわっていると現実の人生に影響を及ぼす人も出てきてしまいます。

 ネットでも風俗チャットならば他人格を装い、バイトでも出来るでしょうし、実際スパムメールのほとんどは出会い系が多い。他人格を装える事を悪用して、普段言えないような勝手な事を掲示板等に撒き散らす人も多く見掛けます。

 ゲームにはまっている人も深刻で、高校時代、昔の知人で登校拒否になってから、やっているのはファミコンだけという人もいました。様子を見に行っても、ファミコンの話しかしないので、徐々に足が遠のき、記憶からも消えていきました。

 バーチャルな物は所詮、バーチャルでしかない。大学生の頃、ファミコン・ゲームにはまりまして、たしか『信長の野望』やら『三国志』などのRPGをひたすらやり続けていました時期がありました。

 しかし、こういった生活を半年くらい続けていて、夕方から朝方にかけてやっていたある日に、ふと「これが一体何になるんだろう?」という疑問が湧いてきた瞬間にゲームというツールのすべてが虚しくなり、周りを見るとスナック菓子、カップ麺、缶コーヒーが部屋中に散乱していて、「これではまずい」と思い、朝から掃除を始めて、昼過ぎには中古屋にゲーム関係のものを処分しに行きました。以来、一度もゲームはやっていません。

 引きこもりの人も多いようですが、なにか急にきっかけがあれば、元の世界に戻れる人がほとんどなのではないでしょうか。アナキン・スカイウォーカーがシスでもジェダイに戻るように、彼らも小さなきっかけで戻ってこられるのではないかともいます。

 ゲームより現実世界のほうが、より難しいゲームなのですから、ゲーム好きにはぜひとも現実ゲームに戻ってきて欲しいものです。道を右に行くか、左に行くかで変わってくる人生もあるかもしれません。

 作品としては全ての部分で未消化というか、消化不良な感じを受けます。描き方によってはもっとエグミのある濃い作品に仕上げられたかもしれません。

総合評価 45点インストール スタンダード・エディション
インストール スタンダード・エディション [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2006年06月09日 13:17
 TB致しました。
 片岡KはTV演出家らしい。こやつら却って気取った演出をしますよねえ。現場で鍛えた人間はこんな上っ面の演出はしないもの。

 今時の若者は全く贅沢なもんですなあ。平凡なのが嫌で登校拒否か。
 ゲームする時間があるなら、本を読め、映画を見よ、そして人と触れよ。私ならそうします。

 「現実世界の方がより難しいゲーム」・・・名言です。思い切ってゲームを止められた勇気と共に賞賛致します。
2006年06月09日 16:25
 オカピーさん、こんにちは。
>片岡KはTV演出家らしい。
 そうなんですか、やっぱり。もうひとつ気になったのは、上戸彩が冷蔵庫を開けるシーンがでした。

 開ける瞬間にカメラが切り替わって、冷蔵庫内部から上戸彩を見るという映像があったのですが、こんな下世話な撮り方を平気でやってしまう者がまだいる事に驚きました。
 
 彼のオリジナル・テクニックならば一向に構わないのですが、たいした意味もないシーンをこんな使い古された撮り方で入れるくらいならば、いっそカットしたほうが良い。

 『下妻物語』の監督が新作を出しましたが、恐いもの見たさで行こうかなと思う反面、TV的演出が好不評あった前作と比べ、進化してなかったらまったくの無駄使いになるので、レンタル出るまで待とうかななどと考えております。

ではまた。
ラノベ小僧
2018年07月09日 15:43
綿矢りさの小説で読んだことあるのは「夢を与える」ぐらいですね。
当時は結構話題だった記憶がありましたが…読んだけど記憶にない作品ですね。「インストール」も「夢を与える」出版時にダ、ヴィンチで激賞されまくってたような…
2018年07月11日 00:46
こんばんは!

新人作家として脚光を浴びても、その後続かない人が大半ですね。彼女は残っている方だと思います。

>激賞
マスコミが騒ぐのに限って、出来はイマイチかなあ…

ではまた!

この記事へのトラックバック

  • 映画評「インストール」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2004年日本映画 監督・片岡K ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-06-09 13:10
  • 「Little DJ ~小さな恋の物語~」福田麻由子(まゆこ 真由子)、神木隆之介(龍之介)

    Excerpt: 「Little DJ ~小さな恋の物語~」福田麻由子(まゆこ 真由子)、神木隆之介(龍之介)13歳・神木隆之介(龍之介)と12歳の福田麻由子(まゆこ 真由子)が初恋…名子役同士の競演となるわけだが、子.. Weblog: 映画村 racked: 2007-06-19 16:22
  • 映画「インストール」 神木隆之介主演

    Excerpt: 映画「インストール」を録画で観ました。 あの「蹴りたい背中」で受賞した若き美人作家、綿谷りさのデビュー作の映画化です。 ある日突然部屋の荷物を整理し、引きこもりになった主人公の女子高生が近所の小学生と.. Weblog: 栄華通信  珍竹隣映画ブログ racked: 2017-05-12 02:53