『大巨獣ガッパ』(1967)日活唯一の怪獣映画!なぜか熱海で大暴れ!

 日本が生み出した、怪獣映画主人公の金看板と言えば、1000人中、800人が「ゴジラ」だと即答するでしょう。残りの200人のうち、180人は「ガメラ」に決まっていると誇らしげに反論するかもしれません。

 そして1000人のうち、残った20人(つまり2%)のうちの15人が申し訳なさそうに「わからない」と答え、残る5人(いるかいないかの5人)のなかで、4人が「大魔神」と言い、最後一人が、しかし決意を胸に秘めた態度で、「おれはガッパだ!」と答えるのではないでしょうか。

 はじめて、ガッパを見たのは小1か小2の時で、もちろん白黒テレビでした。『大魔神』でも書いたのですが、カラーよりもモノクロの方が、怪獣達は強大に見えるのは自分だけなのでしょうか。熱海を破壊しまくるガッパは巨大であり、羽根の力で海岸沿いに暴風を起こす様子は台風のようでもあり、他の怪獣にはない迫力を持っていました。

 次に見たのは高校生の頃で、徐々に個人経営のビデオレンタル屋(海賊版を堂々と貸していました)が乱立し、ツタヤがチェーン展開し始めたレンタル黎明期でした。この頃のツタヤって、ビデオを持っていない人たちのために、アタッシュケース式のビデオデッキを一緒に貸していました。なつかしいです。一緒に『赤影』やら『ジャイアント・ロボ』なんかも見た記憶もあります。

 このときにはじめてガッパがカラーで撮られていることに驚いたものです。カラーだと、どうしても粗が見えてしまい、幻滅してしまう事が多い。ガッパも御多聞にもれず、がっくりしてしまいました。

 で、今回また20年振りにガッパに会うことができました。こちらも大人になっていますので、細かい事は気にせずに、プロレスのレフェリーのようなあたたかいまなざしで見入った次第です。でも、やっぱり、ひどいものはひどい。

 熱海を襲うというのも、時代を感じます。僕は小学生の頃、神奈川に住んでいたのですが、CMで「イトー(伊豆半島)にいくなら、はっ!とっ!やっ!~♪はとやにきめた!♪」というハトヤの歌が耳にこびり付いていたのも今では懐かしい思い出です。CMといえば、関東では「文明堂のカステラ」、「ナボナ」、関西でも「キラキラポール」、「トイチの奈良漬」があり、結構刷り込まれています。

 熱海や下田が、温泉と海岸のある、夏のリゾート地であることを知っていたので、あまり抵抗はないのですが、関西から西、そして東北の人が見たら、なぜ熱海なのか解らないのではないか。

 解らせるために、わざわざガッパは日光まで渋く観光しに行ってくれています。東照宮や華厳の滝を見に行って、当地の観光をアピールしています。

 お話自体は『キング・コング』と『モスラ』の設定を足して、薄めて、2で割った感じになっていて、新鮮味はありません。ただガッパの凄いところは、彼らが登場するファーストシーンに集約されています。暗闇の洞窟中から出現する時、暗がりも手伝い、恐い感じの出方をするガッパのすぐ後から、もう一匹のガッパが出てきたのには本当に驚きました。

 普通、怪獣は一匹で登場するのが暗黙のルールです。何匹もいっぺんに登場させてしまうと、ありがたみがなくなってしまうので、この二匹同時というのは結構インパクトがありました。あまりかっこ良いとは言えない造形のガッパなので、数で誤魔化したのでしょう。

 伊豆に来る途中の海で、キング・コングかジョー・ヤングに蛸の活け造りでもご馳走になったのか、なぜか茹蛸を咥えて、熱海の町を破壊する親ガッパが笑いを誘います。片方の親ガッパは真面目に町を破壊し、人を踏み潰したりしているのですが、もう片方はいい加減に破壊します。

 熱海城を壊すのは、いかにもついでにやりました感がぷんぷんしていて、よろしくない。彼らは誘拐された、子ガッパをさがし求め、関東地方太平洋岸のひとびとを脅して飛び跳ねます。京浜工業地帯を破壊するシーンでのディティールの細かさはいかにも日活らしく気に入っています。

 普通、怪獣映画でコンビナートを破壊する時、怪獣はいきなり石油タンクに向かって、火や光線を吐きつけて、周りを火の海にするのが常道です。しかし、ガッパは違います。まず彼は躓き、足をガスのパイプラインに引っ掛けて、引っこ抜いてしまい、ガスを流出させます。

 次に彼は石油タンクをひっくり返し、そのときにでた火花でガスと石油に引火させて、火の海にしました。やっている事は同じなのですが、ここまで細かいと笑えます。ぜひとも電柱を踏んで、棘が刺さったみたいに、抜いて欲しかったのですが、流石にそこまではやってくれませんでした。

 そのかわり、親子対面場面で、母ガッパが感激のあまり泣き出すシーンがあり、おおいに萎えさせてくれます。この子ガッパの顔がかっこ悪く、ミニラとドッコイドッコイのルックスです。スターにはなれない宿命を負った造形でデビューさせた日活の責任はかなり重い。

 子供が遊ぶ塩ビ(塩化ビニール)人形は、怪獣がかっこ良い東宝ゴジラ物、ウルトラシリーズの円谷物ばかりで、大映が放ったガメラでも苦戦を強いられている状態でした。うちにもミクラス、ウィンダム、バルタン星人、ゼットン、キングギドラがいました。

 そのなかに、ガッパが来ても、東宝や大映にとってはたいした驚異ではなかったのではないでしょうか。デザインが最悪で、映画自体もヒットせず、マーケティングに失敗し、記憶から消えてしまったのが、この可哀想な怪獣ガッパなのです。迷走する日活の象徴と言えるかもしれません。

 ゴジラのG、ガメラのGに次ぐ、第三のGとなるガッパでしたが、結果は散々でした。東宝、大映、日活の順ですね。東宝、大映(買い取られてしまいましたが)のスターは復活できましたが、ガッパファミリーは無理でしょうね。

総合評価 42点
大巨獣 ガッパ
大巨獣 ガッパ [DVD]

この記事へのコメント

トム(Tom5k)
2006年05月07日 22:38
用心棒さん
『グワンジ』に引き続いてのコメントをお許しください。
日本が生み出した怪獣映画主人公の金看板、もう1匹忘れてはいませんか?1000人ではなく3000人中の1人であるわたくしとしてはコメントせずにいられませんでした。松竹が放ったSF大作『宇宙怪獣ギララ』です。
わたしはこれもリアルタイムで、父に連れられて観に行った記憶があります。残念ながら、内容はほとんど憶えていないのですが、舞台が宇宙で、宇宙ステーションだけは鮮明に記憶しています。
あとで知ったことですが、なんと主題歌は倍賞千恵子さんだったそうです。
2006年05月07日 23:03
 トムさん、こんばんは。
おおおおっ!ギララ!無限大に大きくなるやつでしたね!たしか昔、カードで持っていましたよ。
 一度小さい時に何かで見たような見てないようなおぼろげな印象しか残っていませんでしたが、怪獣大百科(ケイブンシャ?)などには必ず載っていました。
 >主題歌は倍賞千恵子さん
さすがは松竹ですね。いっそのこと、笠智衆さんか寅さんとデュエットさせてたら、今度の映検の試験に出るようなカルト映画になったかもしれませんね。
 しかし、怪獣映画は語りだしたらきりがないですね。今度、メカニコングとキングコングが戦うやつか『フランケンシュタイン対バラゴン』?を探し出したら、また記事にしようと思っています。
 それは四000分の一のファンのために書こうと思います。いったい何人のかたが読んでくださるのかは、はなはだ疑問ではありますが...。ではまた。
 あとウルトラセヴンやウルトラQの記事とか書いたら、読んでくれる人っているんですかね?
2010年02月03日 19:45
「大巨獣ガッパ」よりさきに、松竹が「宇宙大怪獣ギララ」とうのをつくってますね。「ギララ」は「大巨獣ガッパ」のような怪獣親子の絆という、特殊なテイストでつくられてはおらず、「ゴジラ」や「ガメラ」のように怪獣一匹を人類の科学力で倒すという怪獣映画の王道的内容。怪獣ギララは、デザインこそカエルのようでしたが、夜の出現シーンではかなりカッコよく描かれています。この「ギララ」は寅さん映画にでたともあって「大巨獣ガッパ」よりはカルト的な知名度があって、以前に平成版として復活しました。
2010年02月03日 22:55
 こんばんは!

日本が誇る特撮怪獣スターはすべてイニシャルが“G”となるのは偶然なんでしょうかね?ゴジラ、ガメラ、ガッパ、ギララとすべてGですね。

ギララが再び登場したのは驚きでしたが、嬉しかったのを覚えています。またゲハラもGだったのは怪獣映画ファンのこだわりでしょう。

>夜の出現シーン
そうですね。コンビナート破壊シーンも含めて、よく作り込んでいましたね。

毎年お正月とか年末に怪獣映画が公開されていましたが、需要がないのかまったく特撮映画が作られなくなってしまい、寂しくなりましたね。また観たいものです!

 ではまた!
2010年02月18日 22:52
はい、まあ、僕も「ギララの逆襲」の公開には驚いたし、嬉しかったです。
それで、DVDを購入してワクワクして電源オンしました。
が・・・・・・・
はい、まんまと騙されました。
この「ギララの逆襲」、ギララの造形はいいとして肝心のストーリーが明らかにギララをバカにしてるとは思えませんでした・・・。誰だよ監督・・・ん?「河崎実」?
今度は誰かガッパを映画化してくれないかなー?もちろん真面目な映画で。

ゴジラ、ガメラ、ガッパ、ギララのイニシャルがすべたGではじまるんですよねー。そこで、僕も思いつきました。
GOZiLA
GAMELA
GAPPA
GiLALA
みてください!(英字まちがってらすいません・・・)
みんな「A」で終わってます!
これも偶然なんでしょうね・・・別に制作会社の意図でもないんですよね。
2010年02月18日 23:42
こんばんは!

>みんな「A」
おおっ!すごいですね。初めて気づきました!

ということは次の怪獣は…

まさかのグズラでしょうか?
ちなみにギドラもありでしょうかね?

韓国のはヤンガリー、北のはプルサガリで最後がガリになるんですかね?本国での発音がよく分からないのでなんとも言えませんが、怪獣の語感というのも国によってあるようで面白いですね。

名前でも楽しめて楽しいですね!ではまた!
2017年12月23日 08:29
ひどい下げ(`ヘ´)プンプンインド人映画化しないかなぁシルクハット歌を歌ってます(*^o^*)シルクハット

この記事へのトラックバック

  • 『大巨獣ガッパ』(1967)

    Excerpt: 雑誌の創刊5周年記念企画の一端として、南海の楽園を模したレジャー施設設置計画が持ち上がった。 記者やカメラマン、大学の生物学研究室の面々で探検隊が編成され、南海の珍しい生物を探すことになったのだが、.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2009-01-21 22:31