『刑事コロンボ 秒読みの殺人』(1977)TVシリーズなのですが、日本では「映画」ですね。

 刑事コロンボ・シリーズというと、本来はTVフォーマット用の番組なのですが、たしか日本では『水曜ロードショー』で定番として長期放映されたため、「映画」として受け取られている作品群ですね。実際の出来栄えも素晴らしいものが数多く存在し、記憶に残っているものも多数あります。その中のひとつが、今回とり上げた『秒読みの殺人』です。

 はじめて見たのは小3くらいで、映画技師のフィルム交換の見事さと、実際の仕事ぶりに興味が湧きました。なかでも映写室の中には、二つのオープン・リールの映写装置が備えられていて、一巻ごとに交互に交換して映写していくというのは、本当に驚きでした。交換の早業と、それをトリックに使うアイデアの斬新さが強く印象に残りました。

 のちに『ニュー・シネマ・パラダイス』を観た時も、真っ先に思い出したのが、この『秒読みの殺人』だったのです。テーマは全く違いますが、あの映画での映写室でのやりとりからは、コロンボの記憶を呼び戻されたのです。

 それまでは映画を見ていて、何故か時折、右上に出てくる丸い模様のようなものが見えても、何かゴミでも映ってんだろうと思っていましたが、あれがフィルム交換のタイミングを示す、目印である事にはじめて気付かせてくれた、映画の教科書でもあります。

 その後、何度かTVで見たり、ビデオで見たりしましたが、今回、再び約10年ぶりに見る事になりました。普段、映画を吹き替えで見ることは全く無いのですが、刑事コロンボ・シリーズ、Mr.ブー・シリーズ、ジャッキー・チェン出演作のみは別で、吹き替えの方が楽しく見ることが出来ます。

 小池朝雄=ピーター・フォークなのです。身体はピーター・フォークで、声は小池朝雄で、違和感が全く無いのです。勿論、ピーター本人のしわがれた声も大変魅力的であり、どちらでも楽しめるのですが、小さい時からの刷り込みのためか、声は小池さんの方がしっくりきます。

 さて作品ですが、オープニング・シークエンスの会話の中で、とても印象に残るものがありました。それは映画製作の現場の責任者と、アシスタント・プロデューサー(以下AP)との間で交わされたもので、映画の編集についての会話シーンです。

 徹夜らしき現場で、撮影をやっとの事で撮り終えた製作者に対して、APが「じゃあ、後の編集はやっておく」と伝えると、製作者が「一番良い所を持っていくな」と笑いながら答えるシーン、つまり、編集こそが映画の醍醐味である事を、観客に解らせる、このオープニングの出来栄えは最高であり、今回このような会話シーンがあったことに、はじめて気が付きました。

 コロンボシリーズを見続けた理由は一体なんだったのだろう。この作品群はミステリーという枠には納まりきれない魅力があるように思えます。そもそも作品開始後、10分以内にほとんどの被害者は殺され、加害者と映画ファンのみが、犯人を知っているという優越感はなかなか他の作品では味わえない。

 コロンボを愛おしく思う、理由の第一は、我々がコロンボよりも、真実を知っているという事ではないでしょうか。彼がどうやって、真実に迫っていくのかを応援しながら、神の視点で見る作品、それがコロンボなのです。我々より下に位置するが、必ず問題を解決する、むさ苦しい神の子が、この映画の主役です。そういえば『ベルリン 天使の詩』でも元天使でしたね。

 TV映画というと、映画ファンは冷たい視線を送りがちではありますが、優れた作品も存在している事に改めて気付かされました。何処の現場でも、製作は一所懸命にやっているんですね。

 ただの謎解きだけではなく、いろいろな業界の内幕をも、皮肉を込めて、またユーモアたっぷりに作品に盛り込んで、製作され続けてきたのが、この『刑事コロンボ』シリーズなのでしょう。大好きなシリーズでもあり、最近レンタル店でもDVDが多く在庫されつつあるので、全部見直せたら良いなあと思っています。
総合評価 78点

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めとろん
2006年06月14日 21:50
検索サイトからやって来ました。めとろんと申します。ぼくもコロンボ大好きです!
"我々より、下に位置するが、必ず問題を解決する、むさ苦しい神の子が、この映画の主役です"
との一節に、しびれました!鋭いですね~。感動しました。また来ます!
2006年06月14日 22:32
 めとろんさん、こんばんは。そして、はじめまして。

 ええっと...。ほめすぎです!

 好き勝手に書いているだけですので、お気軽に遊びにいらして下さいね!
蟷螂の斧
2019年11月14日 07:52
おはようございます。
先日「忘れられたスター」を見ました。悲しかったです。特にラスト。

>評判が悪すぎたので、寅さんに申し訳ないなあとフォローしたのかもしれませんね。

なるほど。いろいろな事情がありますね。
用心棒
2019年11月14日 10:02
おはようございます!

コロンボ作品はずっと見続けていたのでたぶんこれも見ているとは思いますが、さすがに内容を覚えていないですwww

>事情
1970年代にキャスティングに違和感があっても、寅さんのせいには出来ないでしょうねwww

ではまた!
蟷螂の斧
2019年11月15日 06:06
おはようございます。

>我々より下に位置するが、必ず問題を解決する、むさ苦しい神の子

なるほど。そう言う事なんですね~!

>加害者と映画ファンのみが、犯人を知っている

そして加害者がどんどんコロンボに追い詰められる。苦しい言い訳をするようになる。

>声は小池朝雄

子供の頃、予告編でピーター・フォークの声を初めて聴いた時、違和感がありました。やっぱり小池朝雄さんです。54歳で亡くなったのは残念です。
用心棒
2019年11月17日 00:28
こんばんは!

ヨレヨレでボサボサ、シワガレ声で猫背で、風体が上がらないからこそ、彼が対峙するセレブな犯罪者たちは油断し、彼に隙を与えて自滅するというパターンが多かったですね。

中学生や高校生の頃はテレビ放送があると必ず見ていましたよ!

>小池
54歳でしたか…。

ぼくはあと数年で死ぬ感じですねえ。生きたかったでしょうね。

ではまた!
蟷螂の斧
2019年11月17日 08:05
おはようございます。

>彼が対峙するセレブな犯罪者たちは油断し、彼に隙を与えて自滅する

僕みたいな低賃金労働者から見れば痛快です!

>生きたかったでしょうね。

石原裕次郎は52歳。林家三平 (初代)は54歳。美空ひばりは52歳。
50代で亡くなった人は結構多いです。
そう言えば川島なお美さんは54歳。昔お世話になった人も多かった事でしょう。
用心棒
2019年11月17日 08:55
おはようございます!

>僕みたいな
セレブって言葉は年収で見るのか、資産で見るのが正しいのかは案外知らないで使っていますね。具体的な定義ってあるのでしょうかね?

なんかどうでもいい芸能人をセレブ呼ばわりしていますが、言葉が軽くなっている感じがしますwww

たぶん全世界人口の99%は本物のセレブから見ると貧乏人なので、99%側の僕らの世界は結果としては割りと平等な社会なのでしょうwww

その意味では格差社会を騒ぐアメリカ民主党、日本の野党こそが社会の亀裂を深めて、自分たちの党の勢力を拡大しようとしているだけの我利我利亡者なのかもしれませんwww

ではまた!

この記事へのトラックバック