『水の中のナイフ』(1962) 鬼才ロマン・ポランスキー監督のポーランド時代の傑作。ネタバレあり。

 ポーランド時代の1962年製作のロマン・ポランスキー監督、初期の傑作として評価の高い作品です。倦怠期に入った休暇中の大使夫妻と偶然出会ったヒッチハイカーの三人のみで、一本の長編映画を作ってしまった、というたいそうシンプルな作品でもあります。

倦怠期の描き方はとりわけ優れています。何も起こらないのに、何かが起こるかもしれないという期待感が溢れるストーリー展開とカメラワークの巧みさ、そして結局は事件を何も起こさない結末を迎えさせる監督の判断は、ハリウッドの物語至上主義に慣れてしまっていた観客にとっては、かなり挑発的だったのではないでしょうか。

 まったく情報を入れることなく、無の状態で作品を見たため、最初にヒッチハイカーが大使の事をいろいろ聞きだそうとしていた時は、このヒッチハイカーが大使の暗殺を謀っている反政府のテロリストだろうかと勘繰りながら見ていました。しかし彼は本当にヒッチハイカーでした。「ヒッチ」つながりで言うと彼こそ「マクガフィン」だ。

 そして結局は事件らしい事件もなく、倦怠期に向かいつつある夫婦の人生の分かれ道にさしかかる所で作品は閉じられます。彼が自首した場合、いろいろと取調べを受けることになりますが、結局は釈放されることとなります。

 このとき彼、つまり夫は誠実という美徳と共に妻からの信頼を取り戻せるかもしれません。反対に知らぬふりをして逃げ去った場合、彼には何一つ法的な災難はふりかかりませんが妻からの信用と信頼を取り戻すことは永久に出来なくなります。

 彼が殺したと思っているハイカーは実際には死んでおらず、彼が取り乱してその場から妻一人を置き去りにして「湖」から逃げ出してしまったために、その後に起こった妻とハイカーの浮気を全く見ていない彼は、どちらかの選択をすることで生涯の評価を妻によって決められてしまうからです。

 このような意味においてこの別れ道のラストシーンはストーリーの展開とその結末としては素晴らしい。どちらにしろ彼女から生涯、見下されて生きていかなければなりませんが。
 
 妻にいいかっこを見せようとして、反対に最低の男として妻に評価を下されていく夫は、最後まで強がり、勝手で自己中心的な人間として描かれて、彼もそのように演技をしています。しかし細かい部分で動転しているという演技もしっかりなされています。

 妻役の演技も倦怠期の夫婦のけだるさとなまめかしさが良く出ています。ヒッチハイカーの演技については彼がまず十九歳という設定であることに無理を感じますが、演技自体はしっかりしています。

 狭い密室であるヨットの中と、湖により二重に閉じ込められた空間の中で、三人の密度の濃いコミュニケーションが展開されています。遠近感を非常に上手く、しかも偏執狂的に撮った主観ショットでは、自分を大きく見せて他人を小さく評価するというショットが多く用いられています。

 映像として面白いのは遠近法を用いているために横になったり顔などのクロース・アップになるときにその背景に映り込んでいる二人ないし一人の人物が、異常に小さく見えるという構図が盛んに見ることが出来ます。こんなに小さなヨットの中でこれほどの「遠い」映像を撮っているのは驚きです。
 
 そして何よりも美しく撮られているのは「水」です。最初は黒々していて不気味だった「水」が仲良く遊んでいるときにはきらきらと光り、殺伐とした雰囲気になるとまた暗くなっていく様子が登場人物の感情を表しています。

 「水」は「死」の象徴でもあり、ハイカーは夫により一度葬られてまた復活します。その後の妻との不倫は「生命」であり命への「感謝」でもあります。この美しい「水」はモノクロで撮られていますが、これがもしカラーで撮られていればどのような「水」をポランスキーが撮ったのだろうと想像することはとても楽しいことです。色はどのような色だったのでしょう。

 音も素晴らしく、抑制の効いたモダンジャズのビートがとても心地よく大人の雰囲気をかもし出しています。ほとんどのシーンが湖の上であり出演者は三人という最低ユニットのみなので、かなり低予算で制作された作品です。

 初期の作品からでも間違いなくポランスキーの素晴らしさは存分に発揮されています。初期作品であり当時のポーランドの社会主義体制の中で発表されたという意義を考えるととてつもなく大きな作品です。そしてすでに彼は独特の映像のスタイルを持っています。構図も素晴らしく光の使い方にもセンスの良さを感じます。素晴らしく綺麗で、グロテスクな作品。

総合評価 85点
水の中のナイフ
水の中のナイフ [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月09日 01:29
1970年代末から80年代前半にかけて第2次ポーランド映画ブームがあり、そのブームに乗って「灰とダイヤモンド」に始まる第1次ポーランド映画ブーム時代の名作を何本か東京の映画館で観ました。その一環でこの作品を見ましたが、シャープな映像とジャズィな音楽が頭に残っています。その点でヌーヴェルヴァーグに共通するもの、この作品ではその影響が強く感じられましたね。
用心棒
2005年12月09日 02:32
こんばんは。この映画を見たとき、ポランスキー監督のオリジナルな映像感覚に感心しました。
 後に『狂った果実』や『太陽の季節』を見て、同じような映像をポランスキー監督よりもずっと前に撮っていたことに驚いたのを思い出しました。
 日本映画だからとか、アジア映画だからと言って見ないでいては、感覚の幅が狭くなりますし、間違った知識がつきますね。
オカピー
2005年12月09日 16:51
こんばんは!
>「狂った果実」「太陽の季節」
 まさにまさに。僕もこの二本を観た時「日本のポランスキーだ」と思いました。ポランスキーより何年も前の中平康さんらにこの言い方は失礼ですけど、本当にびっくりしました。用心棒さんはさすがです!
 映画に限らず芸術を味わう時に自ら壁を作ってしまうのはその人にとって大きな損失ですね。その考えに従って、僕はどんな音楽も聴き、どんな映画も観、どんな文学も読みます。おかげで時間が足りません。
用心棒
2005年12月09日 19:47
 こんばんは。映画の見方で必要なのは、身構えずに作品に浸るのが第一ですね。
 ストーリーに追われすぎると映像を軽視してしまう危険がありますし、反対に映像ばかりにとらわれてしまうとストーリーの破綻に気づかない危険もあります。
 また音も曲者で、そちらにとらわれると映画表現の貧困をごまかすものに惑わされることもあります。
 巨匠監督の名前だけで、自分で判断することなく、権威に負けて、名作だと決め付けるのもとても危険です。難しい。でもとても楽しい。
 映画論や映画本も数多くあり、読む時間も取りたいし、映画を見る時間も欲しい。時間がもっと欲しいですね。
 最近、映画本ではフェリーニ監督の自伝『私は映画だ』を読みました。ブレッソン監督の『シネマトグラフ覚書』を読みたいのですが、ヤフオクでなんと5万円だったのには吃驚しました。しかたないので古本屋巡りでもしようかと思います。ではまた。
シュエット
2008年05月23日 22:18
用心棒さん、TBとメッセージありがとうございます。
P様とのやりとり、とても興味深く読ませていただきました>何よりも美しく撮られているのは「水」です。
水も含めてとにかく映像が美しかった。ナイフそのものに気をとられていて、「水」が象徴するものまで意識が深く至りませんでしたね。ただ、水、ヨット、ナイフ、太陽の光、水平線、ロープ…あらゆるものがここでは全て意味のあるものとして描かれているなってことはとても感じました。それだけで凄いなって思いましたね。あえて、そういうことを意識的にはみなかったのですが、観るたびに、やはり映像から伝わってくるテンションには惹きつけられ、一番好きだなって思います。
シュエット
2008年05月23日 22:19
<いつも長くなってしまいます。>
「狂った果実」「太陽の季節」写真などは見てますが未見です。小さい頃はじめてみたのがディズニー映画「眠れる森の美女」それから洋画一辺倒。でも偶然見た山中貞雄の「人情紙風船」の新鮮な驚きや、何気にテレビの深夜舗装で観た黒澤明の「わが青春に悔なし」を観たときの瑞々しさなどは忘れ難いものがあります。
「狂った果実」「太陽の季節」…ポランスキーも石原慎太郎もともに20代の若者。鬱屈した時代を味わった故の突き破るもの、相通じるものは同じでしょうね。2作品は写真などでよく観ますが未見です。相乗作用で「水の中のナイフ」もこの2作品も興味深く見れそうです。
私はどちらかというと感覚的に受け止め、その感覚を言葉にして感想を書いているので、こんな視点は、さらに作品に対する興味が深まり、嬉しいですね。ありがとうございます。早速にレンタルしてみます。
2008年05月23日 23:23
 シュエットさん、こんばんは!
>感覚的に受け止め
 それが一番だと思いますよ。頭で考えていることって、記事にしても大して面白くないものばかりになります。

 自分が感じたままを書いていけば、自然にそれは書き手の個性として独特の文章になっていくと思っています。

 僕はよく硬い文章だと言われますが、思ったままをダラダラ書き連ねているだけなので、そういうふうに言われたときには、実は自分では意外に思うことが多いですよ。

 『狂った果実』『太陽の季節』、それに『錆びたナイフ』をレンタルしてみてください。フィルム・ノワールやヌーヴェルヴァーグの匂いをあちらこちらで嗅ぐことが出来ますよ。

 ではまた!

この記事へのトラックバック

  • 「水の中のナイフ」

    Excerpt: NOZ W WODZIE 1962年/ポーランド/94分 「戦場のピアニスト」で数々の映画賞を受賞し、監督であるロマン・ポランスキーの名前が再び映画の表舞台に登場。有罪判決で国外逃亡中の身であ.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2008-05-23 21:42
  • 映画評「水の中のナイフ」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1962年ポーランド映画 監督ロマン・ポランスキー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-08-18 20:32