良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ロッキー4 炎の友情』(1986)最強の敵ドラゴ登場!JBもシャウト!

<<   作成日時 : 2018/02/14 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 数多いロッキー映画の中で映画ファンの評価が高いのは2作目までで、3作目からは娯楽映画として量産体制に入り、家族でも安心して見ることが出来る娯楽コンテンツとして、あまり考えることなく、消費されるだけの存在になりました。

 それでも『ロッキー4 炎の友情』までは大ヒットシリーズとしてそこそこ話題になっていました。ロシアからの刺客として登場したドラゴ(ドルフ・ラングレン)は最大の敵としての資格、つまり強く、大きく、憎たらしく、冷たいイメージを身に纏い、悪役に相応しいヴィジュアルが他の対戦相手にはなかった魅力に満ちていました。

画像


 1980年代中盤当時の状況を説明しなければ、30代以下の人にはピンとこないでしょうが、アメリカとソビエト連邦(今のロシアとウクライナなど)は政治的にも軍事的にも対立し、現在の米中関係よりも深刻な緊張感が世界を覆っていました。

 それが少しずつソビエトが崩壊に向かい、ゴルバチョフが打ち出したペレストロイカが浸透する状況下で製作されたのがアメリカの国威発揚映画の担い手となりつつあったシルベスター・スタローンのランボーシリーズやこの『ロッキー4 炎の友情』でした。

画像


 『ランボー3 怒りのアフガン』ほどのゴリゴリなマッチョな感じはなかったこの作品は何とか娯楽作品としてのクオリティーを保っています。共演者にブリジット・ニールセンという大きなブロンド美人を起用していますが、彼女は当時のスタローンの浮気相手(?)であり、その後結婚し、すぐに離婚します。

 ストーリー自体はシンプルでエキシビションマッチに登場したカール・ウェザース(アポロ)をリング上で殴り殺したドルフ・ラングレンに対して、かつてのライバルの敵討ちのために復讐するというものです。

画像


 単純明快で誰にでも筋書きが読めるお話です。まあ、単純でもそれなりに楽しめた理由はメカゴジラのように冷酷で人間の感情に欠けるドルフ(共産主義への嫌悪感をたいげんしていた)への分かりやすい憎悪とヒーローだったロッキーへの感情移入が出来たからでしょう。

 『ロッキー3』での『アイ・オブ・ザ・タイガー』で有名になったサヴァイヴァーは途中に『ベスト・キッド』の主題歌『モーメント・オブ・ザ・トゥルース』をはさみ、この映画に提供した『バーニング・ハート』が彼らにとっては最後のスマッシュヒットになってしまいました。

画像


 音楽面では“JB”ことジェームス・ブラウンも忘れられません。リングに登場して、大御所に相応しい貫録で新曲『リヴィング・イン・アメリカ』を熱唱する様子が印象深い。もっとも本人はあまりあの曲を好きではなかったというのを読んだことがあります。

 この作品の後はロッキー・シリーズもランボー・シリーズも迷走し、スタローンのキャリアも危うくなっていき、『ジャッジ・ドレッド』で底辺まで落ち込みますが、『エクスペンダブルス』で復活しました。『ジャッジ・ドレッド』もそこそこ笑えるので、それほど嫌いではありません。

 中身はスカスカで内容も単純ですが、なぜか覚えているのは中学生のころに見たからでしょうかねw

総合評価 60点


ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
何と
用心棒さんと「ベスト・キッド」でサヴァイヴァー及び『アイ・オブ・ザ・タイガー』『バーニング・ハート』の話をしていたら、いつの間にかロッキーWの記事

>ジェームス・ブラウン

まさに大御所

>本人はあまりあの曲を好きではなかった

それは初耳です

蟷螂の斧
2018/02/18 20:47
こんばんは!

>W
そうなんですよwww
お話をしていたら、久しぶりに見たくなり、ついでに書いちゃいましたw

>大御所
当時のライブでもあまり歌わなかったという記事を読んだことがありますよw

ではまた!
用心棒
2018/02/19 00:02
用心棒さんこんばんは。この映画、音楽も良かったです。主題歌・挿入歌ではシリーズ一番だと思います。「バーニング・ハート」、「ハーツ・オン・ファイヤー」などなど。さて、以前「南部の唄」のコメント欄にも書きましたが、今ドラゴのような描き方をしたら「差別だ」とか「偏見を招く」など言われかねませんね。現在地上波のゴールデンタイムで流すのは厳しいと思います。他にも「ドラゴン怒りの鉄拳」、「若き勇者たち」、「グリーンベレー」、「バターンを奪還せよ」とか。確かに前時代的ですが・・・。
さすらいの映画人
2018/02/19 20:04
こんばんは!

地上波は特に堅苦しいですね。ちょっと何か言うと似非人権派に叩かれますしwww

輩や野党の戯言なんか無視するのが一番ですし、クレームを成長のために有難いとか抜かしている企業のお偉方は実際に酷い客に向き合う現場の気持ちなど全く考えない綺麗ごとだけの事なかれ主義の成れの果てですからね。

テレビ局なんかもそうでしょうね。クレーム対策法とかを制定し、鬱陶しい迷惑電話や謝罪強要などをしたら、懲役とか罰金とかの罪を決めるべき時期に来ているでしょう。

ストレス発散にお店やテレビ局を利用しないでほしいですね。

ではまた!
用心棒
2018/02/19 20:37
用心棒さん、こんばんは。
いつもレスをありがとうございます
さて、一つだけ質問してもいいでしょうか?
この「ロッキー4 炎の友情」の上映時間は1時間31分短いですねー

>中身はスカスカで内容も単純

そうです
もしかして、1980年代は上映時間が短くて内容が単純な映画が流行ったと言う事でしょうか?肩の力を抜いて見れる
人によっては、「2時間以内に収める事が出来ない映画監督はダメだ。」と言う人もいます。

>当時のライブでもあまり歌わなかった

自分が表現したいものとは違ったのでしょう
蟷螂の斧
2018/02/21 19:46
こんばんは!

80年代は観客の回転率を上げるために内容よりもリズム良く90分間以下で終わるというのが主流でしたよね。スタローン映画はかつては『フィスト』みたいに120分以上になっていましたが、『コブラ』とか『オーバー・ザ・トップ』、ランボー・シリーズも90分台ですし、お金が大好きだったのでしょうね。

ではまた!
用心棒
2018/02/21 20:52
用心棒さんこんばんは。90分前後の映画もかえって潔いし、見やすいし、二時間枠にぴったりだと思います。長い映画の名作はたくさんありますが、ただ長いだけの作品も多数。ウォルター・ヒル監督も上映時間長い作品少ないですよね。
さすらいの映画人
2018/02/22 20:20
こんばんは!

>90分
短くまとめられる人は長く伸ばしても問題ないでしょうね。

>二時間枠
まさにそこですね。公開してまず稼いで、ソフト化して再度稼ぎ、出がらしのお茶のようにテレビ放送してまた稼ぐ。さらにそのあとCSに売って、また稼ぐ。

スポーツも映画もマネー・ファーストですねえww

>ウォルター
『ウォリアース』『48時間』『サザン・コンフォート』が好きです。

ではまた!
用心棒
2018/02/24 01:15
>『コブラ』とか『オーバー・ザ・トップ』、ランボー・シリーズも90分台

なるほど。ありがとうございます。
昭和30年代・40年代の大映市川雷蔵や勝新太郎の映画はもっと短いですよね。そして他の映画と2本立てだったのかな?

>『フィスト』

一度見たい映画です
蟷螂の斧
2018/02/24 18:34
こんばんは!

同時上映の形態は当時、テレビに娯楽のトップの座を奪われた映画会社が人気復活のために仕掛けた作戦だったようですがそれも行き詰まり、老舗の映画館や映画会社自体もつぶれていきましたね。

>フィスト
昔見たんですけど、あまり覚えていないww
CSで放送したものを録画してあると思うので、機会があれば見直しますww

ではまた!
用心棒
2018/02/24 21:56
ロッキーシリーズで観たのは本作と最近観た1だけですね。
ロッキー4は「ロッキー、ザ、ファイナル」の公開記念放送で観ました。スタローンの吹き替えと言えばささきいさおで慣れてたので、
羽佐間道夫の吹き替えが新鮮でした。後、初めてドルフ、ラングレンを観た映画ですね。
ラノベ小僧
2018/02/26 01:07
用心棒さんこんばんは。ゴジラ映画でも機龍二部作?でも90分未満でした。てっきりハム太郎に合わせたのかと思ったけど、プロデューサーが二時間半ぐらいのSWに対して、メン・イン・ブラック2は短かったので、その長さを目指したみたいです。日本映画の大手の作品も確かに短かったですね!
さすらいの映画人
2018/02/26 17:55
こんばんは!

大ヒット映画シリーズって、なぜか縁がないヤツがありっますねww

昔から知っているし、機会があれば見ようと思い続けて数十年というのがけっこうありますよww

>吹き替え
新鮮ですね!ぼくはジャッキー・チェンの声が変わったらショックかもしれませんねw

ではまた!
用心棒
2018/02/26 18:54
こんばんは!

>90分
90分が長いか短いかはさておき、短編でも異常に長く感じることもありますし、4時間越えてもあっという間と感じることもありますね。

>大手
いろいろ思惑もあるのでしょうが、回転率とか見飽きない上映時間の統計とかもあるのでしょうかね?

ではまた!
用心棒
2018/02/26 19:03
>それも行き詰まり、老舗の映画館や映画会社自体もつぶれていきましたね。

そう言う事でした・・・名古屋の老舗映画館。消毒剤のニオイ、下駄のトイレ。閉館間際に見に行った思い出

>CSで放送したものを録画してあると思うので、機会があれば見直しますww

僕もフィストを見る努力をしたいです
蟷螂の斧
2018/02/27 20:55
こんばんは!

>消毒剤
場末独特の怪しさも地方映画館の魅力の一つでしたww
疲れ切ったオバサンが黙々とビニール手袋をしながらトイレや通路を適当に掃除しているイメージかなあ…

>努力
気合入り過ぎではwww

スタローンです!気楽に見ましょうww

ではまた!
用心棒
2018/02/28 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ロッキー4 炎の友情』(1986)最強の敵ドラゴ登場!JBもシャウト! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる