良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アクセス・ランキング』はじめてですが、12年間での集計です。

<<   作成日時 : 2017/06/08 01:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 2005年にブログをはじめてから、いつの間にか10年以上が経ちました。先日、よく遊びに来ていただいているさすらいの映画人様とのお話の中で、アクセスについて触れることがあり、今回の記事を思いつきました。

 さまざまな珍品を探し求める傾向が高まるにつけ、この国では自由な表現が許されていないことに気づかされました。たしかにホラーの直接的な表現や昔は大丈夫だったのに今では規制されているものまでたくさんあります。さっそくですが、アクセス数の多かった順番にベスト20まで書かせていただきます。

1位 バリゾーゴン(罵詈雑言)(1996)   渡邊文樹監督           アクセス 143000

2位 ギニーピッグ2 血肉の華(1985)
   日野日出志監督          アクセス 91000

3位 ザザンボ(1992)
   渡邊文樹監督            アクセス 56000

4位 サイコ(1960)
   アルフレッド・ヒッチコック監督   アクセス 45000

5位 鬼畜大宴会(1997)
   熊切和嘉監督            アクセス 43000

6位 ゴジラVSビオランテ(1989)
   大森一樹監督            アクセス 34000

7位 思春の森(1977)
   P・ジュゼッペ・ムルジア監督   アクセス 33000

8位 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969) 
   石井輝男監督            アクセス 32000

9位 丑三つの村(1983)
   田中登監督              アクセス 31000

10位 ギニーピッグ 悪魔の実験   
    小椋悟プロデューサー       アクセス 30000

11位 ダンボ(1941)       
    ベン・シャープスティーン監督   アクセス 29000

12位 BLOW THE NIGHT 夜をぶっとばせ(1983)
    曾根中生監督            アクセス 29000

13位 震える舌(1980)        
    野村芳太郎監督           アクセス 28000

14位 スターウォーズ ジェダイの復讐(1983)
    リチャード・マーカンド監督     アクセス 27000

15位 未知との遭遇(1977)     
    スティーブン・スピルバーグ監督  アクセス 26000

16位 天国と地獄(1963)
    黒澤明監督               アクセス 23000

17位 ホーリー・マウンテン(1973)    
    アレハンドロ・ホドロフスキー監督  アクセス 22000

18位 女獄門帖 引き裂かれた尼僧(1977)
    牧口雄二監督              アクセス 22000

19位 市民ケーン(1941)
    オーソン・ウェルズ監督        アクセス 22000

20位 マッド・マックス/サンダードーム(1985)
    ジョージ・ミラー監督           アクセス 22000

以上、ベスト20でした。リンクを貼りましたが、数が多すぎて体力が残っていません。興味のある方はリンクで記事をお探しください。

しかしまあ、マイナー作品がほとんどになるとは思いませんでした。これからも視聴困難作品群に光を当てていきます。ちなみに次点は強烈に批判された『マンディンゴ』と東宝特撮映画三作目『獣人雪男』でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さんまだ明るいのでこんにちは。アクセス数が凄いですね!僕がこのブログに会ったのは7年前です。どんどん自由に表現しずらい状況になってます。危険なスタントをさせないならともかく出演者の顔や服を汚すなとか過保護過ぎになっているし、商標登録や著作権、肖像権がうるさ過ぎる気もします。それにもうやめた方がいいと思うのは逮捕など不祥事を起こした有名人に対しては上映や放送打ちきり、商品の撤去、テレビでは映像、ラジオでは曲をかけないとか・・・。臭いものには蓋をしろという状態です。一方外国の有名人が不祥事を起こしても同じことはせず。どうなってるのでしょうか?OJシンプソン(裸の銃を持つ男3)やジャン・クロード・ヴァン・ダム(ユニバーサル・ソルジャー2)が捕まっても映画公開中止にならなかったし。でもOJシンプソンや何度も反戦デモで逮捕されてるマーチン・シーンは来日不可能でしょうね(笑)
さすらいの映画人
2017/06/09 18:24
こんばんは!

今日もニュースで小出絡みの作品が軒並み抹殺されようとしていますね。私生活と仕事は別だと思いますし、被害者(?)というひとが酒場にいる時点で提供した飲食店が罰せられるべきであり、客である彼がたまたま俳優だったから問題化されただけでは。ガードが甘いのは彼だけでなく大元は店ですよね。

それに酒の席では「この娘18歳!」とか言いながらどう見ても三十路越えのオバハンが出てくることは日常茶飯事なので老け顔だったら、アルコールが入った頭ではまず見抜けないと思いますww

>外国の
言い出したら、ローリングストーンズもポール・マッカートニーも永久に入国不可でしょう。

>マーチン
クジラ漁反対派なのでしょうが、だったら、すべての食事は生命を殺めた末の死骸ですので、何も食べずに飢えて死ぬべきです。あれはだめ、これは問題なしというのはただの差別でしかないと思います。

ではまた!
用心棒
2017/06/09 20:17
続きです!

さすらいの映画人さんからはじめてコメントをいただいたのは『獣人雪男』だったんですね!今回の集計で気づきましたww

ではまた!
用心棒
2017/06/09 20:21
用心棒サン、ランキングご苦労様でした。
邦画?の健闘を拝するに、我が国の邦画復興は安いカウンターカルチャー気取りよりも、マスコミや圧力団体の正当性に挑戦する意気込みあれば、たちまち達成されるように思われてなりません。
これからも御健筆を振るわれますよう祈念申し上げております。
きやらはん
2017/06/13 20:12
こんばんは!

結局、上位に来たのは良しにつけ、悪しきにつけ、限界を振り切った作品群が多く選ばれているように思えます。

主張が5%(ほとんどは無思想)くらいで当たり障りなし演出が95%くらいになっている現状では歴史に名を残すのは難しいでしょうね。

ではまた!
用心棒
2017/06/13 20:44
用心棒サン、次回のランキングも楽しみですね。
日野日出志…。
床屋とか食堂に普通に置いてありましたよね、彼の漫画。
現代の深夜枠アニメが過激を狙った表現を盛り込んだりしていますが、世界観は全く桁違いですね。
現代の作品はシーズン終わると忽ち忘却が訪れる消耗品に過ぎませんが、彼の作品は忘れたくても忘れられませんね。
どうして我が国は「海のゴンズイ」(ジョージ秋山)とか名作を消し去ろうと試みる連中をのさばらせてきてしまったのですかね。
今度から連載・出版や放映の停止を試みる連中は、ニコニコ超公開討論(裁判)といった趣で、世間の素直な反応に受け容れる(晒される)手続を経ない限り受け付けない制度を定めるべきだと思いますね。
きやらはん
2017/06/15 21:44
こんばんは!

>ゴンズイ
なつかしいですね。ジャンプでしたっけ?

島流しに遭ったひとたちが出てくる話だったような気がします。無理に逃げてもサメが近海にいて、食べられてしまうという描写があった記憶がありますが、1983年〜1985年くらいに連載されていたような…

さすがにおぼろげにしか覚えていませんが、黒人少年と思われるゴンズイのインパクトが強かったですね。

朝鮮が作る慰安婦はフィクションなのですから、こちらはドキュメンタリーで戦えばよいでしょう。

ただし異種格闘技戦ですねww

ではまた!
用心棒
2017/06/16 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アクセス・ランキング』はじめてですが、12年間での集計です。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる