良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴジラVSメカゴジラ』(1993)平成版初登場のメカゴジラ。しかも人類所属の最新兵器!

<<   作成日時 : 2017/01/12 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 平成ゴジラシリーズが『ゴジラVSモスラ』からヌルイ描写ばかりで子供向けに大きく舵を切ったことを察知したときに大人ファンのぼくらはこの日が来るかもしれないとうすうす不安を覚えていました。

 しかし本当にミニラの跡継ぎとしてベビーゴジラが登場し、しかも孵化に人間の管理のもと、つまり人に育てられる悪夢の日が来てしまうとは残念でした。

 ゴジラも地球人が作った新兵器、メカゴジラの圧倒的な火力の前に打ちのめされて、まさかの口から泡を吹いての失神KO負け寸前まで追い込まれてしまう。

画像


 それでも初戦で片を付けるはずはないと考えていると、思った通りに優勢もしくは技ありで決まりかけていたのが、メカゴジラお約束の体力消耗からの電池切れ、もしくは過剰な負荷からのショートは平成版でも健在です。

 どうみても勝っているのに両者リングアウトという昭和のプロレス・ファンしか分からない、なんとも不満が残る展開が当然のように繰り広げられる。

 最終戦でも知能戦では優っているものの太古の野生と核エネルギーが融合したゴジラのスタミナの前ではなんとかお引き取りいただくくらいが関の山でした。

画像


 なんだか分からないラドンとベビーゴジラの無用な登場が本来我々が見たかった久しぶりのゴジラ対メカゴジラのシングルマッチを台無しにしています。

 前々回の『ゴジラVSキングギドラ』では大スターの両者がシングルでぶつかるという史上初のマッチメイクでファンの心を掴みましたが、今回は余計な要素が焦点をぼやけさせてしまい、集中しにくくしてしまいました。

 せっかくのビッグマッチなのに変則タッグになっている感じでファンの期待に応えない東宝の思惑にイラつかされる。無理矢理続けていくのが苦痛であれば、三作で完結させるというハリウッド方式を採用すれば、とりあえず三本一纏めで評価されるでしょうから、歪みを増幅させることも減ってくるだろう。

画像


 またシナリオは東宝に言いくるめられたプロではなく、見たいという欲求に正直なアマチュアと腕に自信があるプロが俳優のオーディションのように公募して、ファン投票で決定すれば良作を見られる可能性が上がるのではないか。

 ストーリー流出を嫌うならば、ランダムに選ばれた10人くらいの投票で決めれば良いだろう。大ヒットを飛ばした『シン・ゴジラ』の後に続く作品をどのように作り上げていくのか。

 ただし何度も書いておりますように観客各々に色々と意見があるでしょうが、ゴジラのいない日本よりも、ゴジラが暴れる日本のほうが楽しい。

画像


 1984年版に登場したスーパーX以来、スーパーX2などちょこちょこと出てきて、ぼくらゴジラ自衛隊ファンを喜ばせていた東宝でしたが、今回はガルーダを送り出してきました。

 最終形態としてメカゴジラとの合体攻撃を仕掛けたり、まさかの『キングコング対ゴジラ』『フランケンシュタイン対地底怪獣』でもお馴染みの高島忠夫が出演するなど、なかなかの(?)活躍を高島親子が見せていました。

 こういう登場の仕方も楽しいですね。病気療養が長引いて、ようやく復帰されたようですが、無理をせずに元気な姿を時々で十分なので、見せて欲しいものです。

画像


 平成版初号メカゴジラのパイロットはオジサンの原田大二郎や宮川一朗太でしたが、機龍を駆る釈由美子のほうがカッコ良いし、可愛いなあ。平成版ゴジラ・シリーズではもっとも魅力的なヒロインだった(個人的には!)と思います。

 昔付き合っていた彼女が釈ちゃんそっくりだったので、見ると思い出すときもあります。そっくりだったが、顔がそっくりだと性格も似るのだとしたら、かなり恐いということだろうか。

画像


総合評価 60点






ゴジラ×メカゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝
2014-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴジラ×メカゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こんばんわ。
シンゴジラの次はメカゴジラなのですかね?
時々それを宣伝するようなメカゴジラ画像を見かけますものね。
今度はエヴァVSゴジラの趣になるのでしょうから、パイロットは不登校っぽい少年と超絶美少女の組み合わせになるのでしょう。それとも石原さとみ再登場でしょうか。
間違ってもスカヨハ攻殻のようにハリウッド女優を起用するとかは止めていただきたいものですね。
きやらはん
2017/01/12 20:02
こんばんは!

>メカゴジラ画像
ええっ!?そうなんですか。今回の記事はずっと書き続けているゴジラ映画で前回にVSモスラを書いたので、その次に来るのがたまたまVSメカゴジラだっただけなのです。

お話の筋がエヴァ的になるのならば、パロディとして楽しめそうですね。どんな感じになるか分かりませんが、目いっぱいゴジラ映画を楽しみますよwww

>さとみ
ミサトさん的な配役になるでしょうが、どうせなら釈ちゃんと機龍を使ってほしいと望むゴジラファンですww

ではまた!
用心棒
2017/01/12 23:33
用心棒さんこんばんは。実は初めてゴジラを劇場で見たのはこの作品なんです!前作のvsモスラ、次のスペースゴジラよりは楽しめます。この年公開された「ジュラシック・パーク」にプテラノドンが出なかったからラドンはかなりプテラノドン的な感じでしたね。ただし、メカゴジラが狛犬っぽいのは不満でした。現在は納得できますが。後の機龍は初代メカゴジラ+Gフォースメカゴジラを合わせた感じですね。
さすらいの映画人
2017/01/16 21:02
こんばんは!

>初めて
第一回目の戦闘時にゴジラの急所を集中攻撃していき、倒す寸前まで持って行ったところまではかなり迫力があり、映画館で観るには楽しい映画でしたね。

>プテラノドン
ジュラシック・パークをはじめて見た時は衝撃的でしたねえ。なつかしいなあ。もう20年近く前になってしまうんですね。

>狛犬
たしかにwwww

機龍の方がカッコイイです!

ではまた!
用心棒
2017/01/16 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゴジラVSメカゴジラ』(1993)平成版初登場のメカゴジラ。しかも人類所属の最新兵器! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる