良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『映画の端境期』食欲の秋、スポーツの秋などいろんな秋があるが、映画館は閑散…。

<<   作成日時 : 2016/10/12 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 まずは昨日のワールドカップ予選についてですが、オーストラリア相手に勝てそうな局面が何度もあったものの決めきれずに引き分けに終わりました。

 何故さっさと動きが鈍くなっていた選手を代えて、対応しなかったのかとイライラする一方、変に選手を交代させて、チームのバランスが崩れるのも嫌なのだろうと思いながら見ていました。

 後半の早い時間帯、PKによる失点がありましたが、原口君を責めるのは酷というもので、彼はフォワードの選手であるにもかかわらず、ペナルティエリアまで戻ってきて守ろうとしていたわけです。

 たまたまファウルを犯してしまいましたが、結果論に過ぎないですし、今予選のキーマンになっているのは彼なので、萎縮せずにガンガン相手ディフェンスを切り裂いてほしい。

 むしろ責められるべきは監督でしょう。ゲーム後のインタビューで本田君を責めていたようですが、選んだのは監督であり、動きが悪かった状況であればそういった選手を交代させられる権利を唯一持っているのは監督です。

 ぼくらも最終予選はいつも何かしら問題が起きるのは当たり前なので、気持ちを太く持って応援すべきでしょう。

 フランス大会予選時に、国立で韓国に負けた試合の後、加茂監督が立て直すきっかけを失いながらガタガタに崩れていっても、岡田監督に代わって以降はなんとか本大会までこぎつけましたし、マスコミの無責任な記事に振り回されずに信じましょう。

 とここまで書いてきて、映画も同じだなあと感じました。俳優(選手)が下手だとか、演出(戦略と戦術)がまずいとか、脚本(ゲームプラン)がなっていないとか、批評家は好き勝手言うとか、なんだか似ているように思えました。

 サッカーのお話はこれくらいにします。今年の夏は観測史上もっとも暑くなる可能性があると言われ、インドでは最高気温が50℃を超える日もあると脅されていましたが、たくさん来た台風以外はそれほどのこともなく過ぎ去り、いつの間にか過ごしやすい秋が訪れています。

 実際には八月中旬くらいから蝉やカエルの鳴き声に代わり、コオロギや鈴虫などの秋の声を聞くことが僕の住む田舎町では多くなってきていました。

 また松茸(いつ死んでも後悔しないように年に数回は河豚や松茸など値段が高い旬のモノも食べるようにしています。)、秋刀魚や柿がお店の店頭に並ぶようになると秋を実感します。

 良い季節になっていますが、映画の新作について言えば、夏休みとお正月休みの端境期ということもあり、一番地味になる傾向が強く、観客動員を見込めない配給側も夏映画を引っ張れるだけ引っ張り、秋の目玉を出してこないため無風状態でなんとなく営業しているようです。

 一応は『ハドソン川の奇跡』とか『ジェイソン・ボーン』とかもありますが、かなり地味です。邦画もレンタルで十分でしょう。だったら、秋は新作を止めて旧作のリバイバル上映を打ち出してみてはどうだろう。

 何もモノクロサイレントまで遡るわけではなく、東宝直営ならばジブリやゴジラの一挙上映、東映系なら戦隊モノ一挙上映、松竹ならば寅さんやガンダム作品一挙上映など固定ファンを予測できる企画を打ち出せば閑古鳥が鳴くことなく熱いファンを呼び込めそうですが企画すらないようなので無理なのだろうか。

 CSやBSの映画チャンネルでは新規ファンの掘り起こしと復古趣味を兼ねて定期的にロングヒット・シリーズや監督別や女優別などの特集が組まれているが、肝心の本丸である映画館ではこういった試みはなされず、細々と経営を続けている名画座がその役割を担っている程度です。

 まあ、儲からないとやらないわけで、これまでも当たらなかったから、リバイバル上映をしなくなっていったのでしょうが、旧作同時上映(昔は当たり前だった二本組。)の1000円くらいで回転させれば、モールの場合、周りのテナントにも一部の客は流れますし、映画館から自宅ビデオ派に進んだ流れの一部でも映画館に逆流させる試みとして成功するのではないか。

 若いお金がないカップルだったら、1000円で四時間近く相手と暗闇の中で一緒にいられる場所を作ってくれるなら喜んで行くのではないか。古いフランスやイタリアの洋画でも良いでしょうね。

 とりあえずぼくは『艦これ』や『ガールズ&パンツァー』のアニメ版をまとめて見ています。西住みほちゃんも「あきらめたら負け!」と言っています。映画も日本代表も見捨てずに、あきらめないで応援しましょう。





ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2014-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さんこんばんは。堀口ではなく原口です。彼も未完の大器から脱却できるでしょうか?かつて浦和で背番号9を背負っただけの逸材ですから。さて、確かに秋公開の映画って冬への繋ぎって感じですよね。秋の夜長に映画シリーズの一気見もいいですね。以前僕の友人が「ゴッドファーザー」三部作の一気見をして疲れたそうです。僕も対抗して「ロード・オブ・ザ・リング」の一気見をしてやはり疲れました(笑)用心棒さんはシリーズものの一気見したことありますか?
さすらいの映画人
2016/10/14 19:44
こんばんわ。
昭和館的映画館(アーケード街にあったりしました)は懐かしいですね。
猥雑な感じで、風俗観念的にはパチンコと同列な地位だったと思います。
映画館が廃れた原因の一つに、わざわざ危険?を犯さなくても良い娯楽に興ずる時代に変化したことがありますよね。
しかも映画館には猥雑さが際立つことが地方ではありました。酒臭い親父が映画を興醒めさせる挙動をしていたり、時には男色魔が忍び寄ってきたり(「宮本から君へ」という漫画でも、そんな場面がありますね。)。当然に女性が独りでなんて行ける文化施設とは程遠い存在に成り下がりました。
同じような存在に喫茶店があります。
昔はアブナイ刑事ならぬ大人が屯す雰囲気でした。しかし最近では垢抜けた大人の社交場です(沖縄県では今でも賭場ですが)。
特に関西や中部を訪ねると家族連れがいたりして面白いと感じます。
映画館も昭和の猥雑さを隠蔽して形式だけ復活させるよりも、喫茶店や居酒屋的に飲食の場として復活した方が良いのではないですか。規模も本当に店舗で良いと思います。
各地の名画座が希少価値だけでしか経営の立ちゆかない現状、スクリーンは一先ず休戦で、良い映画への大衆回帰が優先なのかな。などと秋の夜長の下手の熟考、休むに似たりでした。
きやらはん
2016/10/14 22:20
こんばんは!

>堀口
ありがとうございます。直しておきました。堀口元気だとがんばれ元気ですねww

>一気見
ぼくもロード・オブ・ザ・リングの一気見をしたことがあります。あとはエヴァンゲリオンのテレビ版を朝から晩までかけてやったことがあります。

「おめでとう」がまるで最後まで見続けた僕に向けて言ってくれているような感じましたww

その他なら、大学生のころに調子に乗って、ガンダム全43話を3日で見終えたことがあります。そのあと5年は観たくなかったですよ。

実際、つぎにまとめて見たのは12年後でした。ルパン3世のファーストシリーズは何度か一気見したことがありますw

よく考えると僕はかなりヒマみたいですwww

ではまた!
用心棒
2016/10/15 00:07
こんばんは!

>猥雑
その通りですね。ぼくもほんとうに酷かった時代を知っていますよ。なぜかいつも小便臭かったり、イカ臭かったり、痴漢がいたり、禁煙とサインが出ていてもお構いなしにタバコを吸っていましたね。そういえば、おっしゃる通り、女性の一人客なんて見たことなかったですね。

>喫茶店
これも同感です。飛び込みで入った喫茶店で異様な雰囲気と視線を浴びて、失礼しましたと帰ったこともありましたが、あとで聞いてみるとその筋の方の愛人さんがやっている店だったりということもありました。

同じような店で妙な視線と優しさでいっぱいの店があり、これもあちらの筋のお店だと聞かされました。

まあ、そのときは嫌だなあと思いましたが、今になると人生経験の一つだと言い聞かせておりますww

ではまた!
用心棒
2016/10/15 00:17
用心棒さんこんばんは。僕もTSUTAYAでよくDVDを借りるのですが、5年以上ぐらいから戦争・西部劇・歴史ものもひっくるめてアクション映画のコーナーに、コメディやサスペンスも含めてドラマのコーナーに置いてあります。探しにくいなぁ。洋画邦画問わず今も昔も豪華キャストの大作は盛んですが、豪華キャストの作品って大人向けの作品でも一種の幼児的な要素ですよね。人気のある奴を並べておけ・・・といった感じで。
さすらいの映画人
2016/10/26 18:56
こんばんは!

>TSUTAYA
たしかに売り場のリニューアルがされるたびに見にくくなってきていますね。あと、無駄に多い韓国ドラマコーナーが邪魔で嫌ですwwあんなのよりも音楽ビデオとかカルチャー系を増やすとかしてくれる方がありがたいです。

>人気のある
オールスター・キャストにすると誰か好きな人が出ているから宣伝しやすいのかもしれませんね。

ではまた!
用心棒
2016/10/26 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
『映画の端境期』食欲の秋、スポーツの秋などいろんな秋があるが、映画館は閑散…。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる