良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)今年最大のお祭り開始!

<<   作成日時 : 2015/12/21 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 8

 12月も残すところ、あと10日余りとなり、忙しさが増していくなかではありますが、本日は無理やりに有給を取り、こそこそと近くのシネコンに到着し、ソファーに腰を掛けていると、目の前でライト・セイバーのように傘を振ってくるヤツがいました。

 おかしな奴には関わらないようにしようと知らんふりをしていると、彼が話しかけてきたのでよく見ると、なんと会社の同僚で、彼も休みを取っていたのです。

 しかも当然別々にネット予約をお互いにしてきたのにも関わらず、席が隣だったというあり得ない展開となりました。これもフォースのお導きでしょうか。ただ向こうもオッサンなので運命の出会いとはなりません。会社には内緒だとお互いに固く約束しておきました。

 そんなこともあり、バタバタしていましたが、銀河サーガの最終エピソードだったはずの『スターウォーズ エピソードV シスの復讐』の公開からはすでに十年の歳月が流れています。

 数年前から新シリーズの製作が決まり、ジョージ・ルーカスがすべての権利をディズニーに売却したと聞いたときには僕の中ではスターウォーズは完結していました。

画像


 ディズニーが版権を掌握したということはこれから展開されるのは世界的マーケティングに基づいた老若男女の最大公約数をまあまあ満足させることに重点を置いた無難な脚本と圧倒的な資金を活かしたタイアップ・ビジネスによるビジネスマンたちに富をもたらす大金の臭いが全面に出てくる欲望まみれの作品群になるのだろう。

 それは貪欲という暗黒面に堕ちた製作サイドによって感情と行動をコントロールされてしまう帝国時代のリアルな再現である。ディズニーはまさに金という暗黒面を駆使して、自分達に大金を貢ぐ一般大衆を洗脳するシスである。暗黒面に飲み込まれてしまわないように最大限の注意を払う必要があります。

 とまあ、こんな感じで大いなる不安と共にスクリーンの前で上映を待っておりました。出だしに20世紀フォックスのファンファーレが鳴り響かない違和感が現実を思い知らせましたが、ディズニーをアピールするあのお城のロゴが現れず、ルーカス・フィルムのマークが映し出されたのでまずは安心感がやって来ます。

 そしてジョン・ウィリアムズのメインテーマが鳴り響き、銀河の星空とともにテロップが流れてくる頃には暗黒面の不安は消え失せました。今ではエピソードWと呼ばれているオリジナル版に魂を奪われた世代にとっては嬉しくもあり、不安も増していく続編シリーズはひどすぎた『スターウォーズ エピソードT ファントム・メナス』でのちょっとした失望感があったからです。

 今回のシリーズ第一作目は主人公が若い女の子(デイジー・リドリー)で脇を支えるのが黒人俳優(ジョン・ボイエガ)という不安なキャスティングではありましたが、スターウォーズ世界から浮き上がることなく、自然に溶け込んでいました。

画像


 特にデイジーのさっそうとした躍動感はエピソードTに登場したころのナタリー・ポートマンを思い出させる。これは血筋がナタリー(アミダラ)の娘キャリー・フィッシャー(レイア)の娘(レイ)という流れになるであろうからだろうか。

 ジェダイの血筋はアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の間に生まれたルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)と双子の妹レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)がオリジナル三部作の物語を進めてきました。

 小説ではハン・ソロ(ハリソン・フォード)とレイアには三人の子供が生まれ、一番下の子供が暗黒面に落ちてしまい、ルークが彼を救い出すという展開だったと記憶しています。

 ただこれは新しく生まれたシリーズであり、小説に縛られるわけではないでしょう。そして出来上がったのが今回の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でのベン(アダム・ドライバー。シスなのにダースとは付かず、カイロ・レン)とレイ(デイジー・リドリー)の関係性でしょうから、たぶん二人は兄妹と読むのが正しいのでしょう。

 旧作では父親であるベイダー卿と一人息子であるルークの争いを描き、父親のジェダイ勧誘に屈しなかった息子に「だったら、妹を仲間にするもんねえ〜」と言ってしまったために、父親は逆ギレした息子に倒される。

画像


 今シリーズでは兄妹喧嘩にルーク叔父さんが関わっていくという展開になりそうです。親殺しというDNAは受け継がれていて、父親を瀕死の重傷に追いこんだ叔父と同様にベン(ベン・ケノービ)から採ったのでしょうね。)はエピソードWでのオビ=ワンの死にざまやルークのエピソードXでの転落を思い出すやり方で父親であるハン・ソロを刺し殺す。

 最大の問題点と最大の安心感が同時に沸き起こる不思議な作品でもあります。作品全体を通して見ていくと古くからのファンとしてはホッとしました。うるさすぎるマニアが生き残っているこの映画シリーズに置いては何をやっても文句が出てきますが、概ね多くのファンは納得する出来にはなっていたと思います。ただしそれは大満足というレベルではないことも付け加えておきます。

 まずは問題点から始めるとこれまでの6つのエピソードのどこかで見たような既視感が全編を覆うことです。砂漠の惑星はスター・ウォーズの物語世界の根源であるタトゥイーンでしょうし、スター・キラーのイメージは氷の惑星ホスでしょう。

 緑の惑星(エンドアやダゴバなど。)、水の惑星(ナブー)、未来の建築物に囲まれた惑星(コルサント)を見てきた者にとっては新しさはない。

 ちょこちょこ挟まれるエピソードも既視感いっぱいで、デイジーがタコダナ(モス・アイズリーに似たエイリアン酒場がある惑星。もちろんカンティーナを彷彿とさせる楽団も登場。)の秘密の部屋に入っていく下りは暗黒面に誘惑されるダゴバの洞窟シーンを思い出す。

画像


 しかしながら、スター・デストロイアー(インペリアル級の6倍の大きさらしい!)の巨大な影が惑星を覆い尽くすショットや巡洋艦が砂漠に放棄されたシーン、撃破された四足歩行の戦車AT-AT、タイファイターやXウイングなど旧三部作に登場したメカが再び登場してくるとニヤニヤしてしまう。

 砂漠の惑星ジャクーでデイジーが乗り回すスピーダーの形が興味深く、今まで見てきたタトゥイーンでのモデルはスリッパ型でしたが、今回のモノはまさかの縦型でした。

 彼女はメカの天才のようで操縦したことのないミレニアム・ファルコンを意のままに操る。これをもってご都合主義というのは簡単ですが、彼女がフォースを受け継ぐ家系の一人、つまりレイアの娘かルークの娘と考えれば、有り余る才能で宇宙船を駆っても不思議はない。

 そもそも敵方の最新兵器がデス・スターの10倍くらいの大きさの巨大惑星破壊兵器という時点でなんだかなあという気にもなりますし、巨大惑星破壊兵器に破壊工作を仕掛けるのが入ったばかりのストーム・トゥルーパーあがり(ジョン・ボイエガ)と年老いたソロ爺さんとチューイだけというのはあまりにも雑です。

 そもそもストーム・トゥルーパーって、ジャンゴ・フェットのクローンだったはずです。それが小さい頃に連れ去られてから、戦闘マシーンとしての教育を受けたが生まれ故郷では無慈悲に殺戮できないだけでなく、脱走したうえ、レジスタンスを逃がし、途中で女の子にも手を出す。

画像


 ジョン・ボイエガ自体の存在感はしっかりしていますし、戦闘訓練を受けたという設定は分かりますが、いきなりシス候補生(ダースと名乗っていない)カイロ・レンとライト・セーバーでの戦闘で対応できるなど言うのはよほど彼が強いか、シスが弱すぎるかのいずれかであろう。

 トゥルーパーの出自から考えると自己判断して脱走する彼には違和感がありましたが、人間としての深みを出していけば、慣れるのでしょう。ここの演出に失敗したら、ジャージャー・ビンクスの二の舞になってしまうでしょう。

 ハンとレイアの子供とすれば醜男と言われても仕方ない顔立ちはかなり残念なアダム・ドライバーはちょっと手こずってからジョンを倒した後についさっきフォースに目覚めたばかりの小娘に結構な良い勝負をするもののなんと倒される。

 おじいさんはヘイデン・クリステンセンなのだから、もう少しルックスを重視したキャスティングが必要だったと思います。シスの下で修行をし続けたアダムと普通の女の子だったデイジーがすぐに対等にやり合えるというのはあまりにも非現実的です。

画像


 彼は秘密基地に陣取っているのにあまりフォースが強くないのしょう。最新兵器内部に簡単に侵入されてしまい、父親や父親の相棒たちはたいした抵抗もなく、大規模な破壊工作に成功してしまう。ファースト・オーダー側(帝国軍の残党で、今回の敵方。NWOみたいなネーミングですなあ。)のセキュリティの弱さはあり得ないレベルです。

 まあ、そのへんは大目に見ましょう。たぶんカメラが入った攻撃はソロじいさんと御一行の活躍のみで、その他の部隊は人知れずコンピューターをサイバー攻撃したり、カメラが壊されてしまったために活躍の様子が撮れていなかったのでしょう。

 またスター・キラーへの攻撃方法も昔ながらの側溝侵入アンドXウィングの精鋭部隊による爆撃というやり方で、進化がありません。なかでも一番の難点は敵役の魅力が薄いことでしょう。強大だったシスの暗黒卿であるダース・ベイダーやダース・モール、皇帝ダース・シディアスのような圧倒的な能力を持っていないカイロ・レンではレベルが違い過ぎて憎たらしさが全くない。

画像


 東宝のゴジラもそうですが、シリーズ後半のクライマックスになって倒されるまでは圧倒的な破壊力を求められるのが敵の価値そのものであるので、このシリーズ第一作目は魅力を増すことに失敗しています。修行を始めていないデイジーに倒される程度であれば、出てくる必要性がない。

 直接対戦させずにトゥルーパーの親玉だったキャプテン・ファズマあたりとの対決で止めておけばよかったのにと思いました。修行前のデビュー戦からシスと当たらせてしかも勝たせるという演出はこの後の展開を苦しくしてしまうのではないか。

画像


 文句ばかりを書いているように見えるかもしれませんが、ぼくはかなり楽しめました。J・J・エイブラムスは難しい仕事をやってのけ、CGだけに頼らない温かみと力技で大多数の観客を黙らせることに成功しています。

懐かしのメンバーがあちこちにカメオ出演していて、GNK(ゴンク)が出てきたときには拍手しそうになりました。「ゴンク、ゴンク、ゴンクデスヨ!」がかすかに聞こえる。セリフでは「I HAVE A BAD FEELING ABOUT THIS!」や「MAY THE FORCE BE WITH YOU!」が懐かしい。

 エンドア星攻撃でも指揮権を持っていたアクバー提督やナイン・ナン(あごが垂れ下がったギョロ目のエイリアン。)がしっかりと活躍していますし、相変わらずペチャクチャうるさく恋の邪魔をするC3POとルーク失踪後にひきこもりになっていたR2D2も出てきます。

 小道具でいえば、クリーチャーがチェスの駒になっているデジャリック・ホロゲームが出てきたり、ルークが修行時代に使っていた球形のリモートがほんの少し映りこんでいます。

 登場人物たちもお馴染みのメンバーがスクリーンに戻ってきました。マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、そしてキャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)。彼らは30年ぶりの復帰です。

画像


 各々30年の歳月を重ねています。ハリソン・フォードはスターウォーズ後も大スターとしての道を歩み、ハリウッドでも確固たる地位を保っています。

 キャリー・フィッシャーに関しては今ではルーカス・フィルムの重鎮としての活躍もあり、今回の役柄は責任者としての風格も漂っていて、しかも気品のあるお姫様としての貫禄も備わっています。

 マーク・ハミルが登場するのは最後の場面のみで、ベイダー卿との戦いで落とした片腕が痛々しい。身体がかなり横に大きくなっていますが、最後のジェダイの風格はしっかり残っていたのが嬉しい。ただ最後のジェダイが彼だというのは「?」です。レイアもジェダイの才能を持っていますので、修行を最後までしなかったという意味なのでしょうか。

 今回の作品はルークとの邂逅で幕を閉じますが、もしもったいぶられて後姿のままでエピソード[に繋げられてしまったらどうしようと思っていました。ここまでは見せてくれたので良しとしましょう。

 残念なのはハリソン・フォードの雄姿がもう見れなくなってしまったことです。ただ彼も高齢なので健康面も考慮しての今回でのサヨナラだったのかもしれない。高齢者と言えば、今回のエピソードZにはイングマール・ベルイマン作品での演技が印象深いマックス・フォン・シドーが出演していて、個人的には嬉しかった。

画像


 数々の不満があるとしても、なんだかんだ言っても多くのマニアは作品シリーズを映画館であと二本は5年以内に確実に見られるだけでも嬉しいですし、結局観に行ってしまうのだから、ゴチャゴチャ言わずに観に行きましょう。

 今シリーズの主役となるデイジー・リドリーの活躍を観に行きましょう。とても可愛らしい彼女がだんだん本物のジェダイに成長していく姿を見ましょう。

 あと最後になりましたが、今回の上映に当たり、さすがに20世紀フォックスのファンファーレを出すのは無理だとしても、最後までディズニーのお城を登場させないというファンへの気遣いを示してくれたディズニーには感謝したい。次からはラストのルーカス・フィルムロゴのあとであれば、ディズニー城を出しても良いのではないかと個人的には考えています。

画像


総合評価 77点


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-11-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
エピソード7、最大の期待を込めて観ました。ファンへのオマージュ満載で、懐かしかったし、楽しかったです。でも、エピソード6からの延長のようで、目新しいものはあまりなか ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2015/12/30 00:31
映画評「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督J・J・エイブラムズ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/12/12 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さんこんばんは。僕はまだ未見ですが、セブンイレブンで購入した前売券があるので、近日見ます。しばらく上映してるので。前売券買ったときに特典の新聞をくれたので嬉しかったです(もらえるの知らなかった)。ディズニーとスター・ウォーズは昔東京ディズニーランド(その名称ももう変えるべきだ。地域密着の時代なのに)でスターツアーズなるアトラクションがあった縁もあったのでしょう。それにしても監督のJJエイブラハムズは「スター・トレック」「M:I3」も手がけたので凄いです!今後007かジャック・ライアンかボーンか・・・それともスタローンやジャッキー、シュワちゃん主演作を手がけるのか?スター・ウォーズシリーズのみならずエイブラハムズ監督の新作の動向も注目ですね。
さすらいの映画人
2015/12/22 21:55
 こんばんは!
エイブラハムズという人は凄いですね。うるさすぎるマニアを多数抱えるスターウォーズとスター・トレックを黙らせることに成功しているわけですから!

『HAKAISHA』でしたっけ。あれを見た時に多くの人は批判していたようですが、ぼくはけっこう楽しめました。

 こうなったら、ターミネーターの新シリーズは彼にやって欲しいですよ。

>地域密着
フラワー商店街を活性化させるためにも密着していくべきでしょうが、外国人を集客するには東京という名前は必要なのでしょうね。

 ちなみにガンバ大阪というクラブがありますが、正確には吹田市にあるので、ガンバ吹田にすべきだと思っていますww

ではまた!
用心棒
2015/12/23 00:06
用心棒さんこんばんは。エイブラハムズ監督はうるさ型の「M:I」シリーズ及びトム・クルーズ(彼の映画もスタローンやジャッキーのようにジャンル化してる)のファンをも黙らせましたね。初日に劇場にコスプレ姿の人がいましたが、野球やサッカーなどスポーツの会場やロックのコンサートのノリですね。007でタキシード姿やマトリックスやMIBでグラサン姿の人はいませんでした(笑)エピソード1に出てきた相当嫌われたジャージャー・ビンクスですが、ウルトラセブンに登場した怪獣・ガンダーに似てるなぁと思いながら見てたので気になりませんでした。明日放送があるので久しぶりに見ようと思います。
さすらいの映画人
2015/12/24 20:25
こんばんは!

エイブラハムズ監督はマニア向け映画を再構築する際には欠かせない人材になっていますね。

エヴァや進撃の巨人も彼がやれば、圧倒的なクオリティをともなう作品になるかもですねww

>ガンダー
なつかしいですね!氷の寒さで凍死しそうになるモロボシ隊員の姿と影絵みたいな宇宙人を思い出しました。

いまだに『遊星より愛をこめて』が欠番のままですが、ネットにアップされていることも多いですし、もういい加減に出すべきですね。

円谷プロも公式には存在しませんと言っていたのに、ブログに記事を上げると肖像権を言い出して、画像撤去を求めてきますし、なんか変ですよ。

>放送
ぼくは松崎しげる、大場久美子、渡辺徹バージョンのスターウォーズを再度見たい気がしますww

ではまた!
用心棒
2015/12/24 23:41
始めまして。レビュー拝見させていただきました。
EP7の全否定でも全肯定でも無い冷静なレビューを探してたどり着きました。
管理人さんとかなりの部分で同じ印象を抱いています。
見てる最中は興奮していたのですが、見終わった後に物足りなさが残りました。
未知の領域に挑戦する精神こそスターウォーズらしさだと考えています。
「こんな映像見たことないぞ」と驚かせる何かが欲しかったです。
PS4のスターウォーズのゲームのほうがよっぽど未知の領域に挑戦してるように思えました。
ぱとりっく
2016/01/01 15:57
こんばんは!はじめまして。

>興奮
昔から見てきたので、なんやかんや言いながらもなんとか楽しもうと良いところを探しますし、せっかく観に行くのだから楽しまなければ損ですよね。

小姑みたいに不満点ばかりを探すのは不毛ですし、ゴジラ映画などでも書いたのですが、へなちょこ作品だったとしても、ゴジラやスターウォーズを見られない世界よりも何はともあれ新作を楽しめる世界の方が良いと思いますよw

ではまた!
用心棒
2016/01/02 01:17
用心棒さんあけましておめでとうございます。今年もマニアックな作品にたくさん出会えるといいですね。さて、僕もようやく見ました。オールドファンも意識した作りにもなってますね。BB8がかわいかった!エピソード1〜3よりもCGを少なめにしたような気がします。ロケも多いような・・・。カイロ・レンはダース・ベーダーやダース・モールほどの存在感はありませんが、屋外での対決は素晴らしいです。しかも雪原!次回作以降ではレイたちも出て欲しいですが、ランド・カルリシアンも出して欲しいです(笑)今年も宜しくおねがいします!
さすらいの映画人
2016/01/07 18:41
こんばんは!
そして明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

>CG
そうなんですよ。ルーカスはエピソード1で新技術に頼り過ぎて自爆しましたが、エイブラハムズはたぶん旧シリーズで育ったのでしょうから、僕らファンと目線が近いのかもしれませんね。そもそもB級映画の最高傑作SFというのが起点なので手作り感があるぬくもりこそが魅力なのだと再確認できますね。

ディズニーの気遣いもファンとしては嬉しかったですし、大事にあと二本を僕らに見せて欲しいですね。

ではまた!
用心棒
2016/01/07 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)今年最大のお祭り開始! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる