良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『続編、さらに続編』映画業界に未来はあるのだろうか?観に行くけど(笑)

<<   作成日時 : 2015/05/18 20:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 今年も半年が過ぎ、気がついてみるとまだ一回も映画館まで観に行っていません。なかなかこういうこともなくなっていた近年ですが、CMなどで気になっていた映画があっても、モチベーションが低いためか、すぐに忘れてしまいます。

 そうしたなか、『アナと雪の女王』のパイロット版を『シンデレラ』の前座に使い、マーケティングに活かしたり、後半になると『ジュラシック・パーク』の続編や『スターウォーズ』の続編が“大作”として注目を浴びています。

画像


 これでいいのだろうか。“アナ雪”はともかく、たしかにかつて世界的に大ヒットした作品で、スターウォーズのシリーズに至っては親子三代のファンも現われるであろうサーガ(まるで大阪のじいちゃんの代から阪神ファンだと胸を張る人々を思い出す。)ですし、ジュラシック・パーク世代も人の親になっているほどの時間経過があります。

 SF映画ならではのお楽しみではありますが、ハリソン・フォードやキャリー・フィッシャーがまた出てくるのは嬉しいようであり、見たくもないような気もあり、複雑ではあります。小説ではハンとレイアは結婚し、三人の子供を育てますが、たしか一番下の末っ子“アナキン”が暗黒面に落ち込んでしまい、それをルークおじさんが救出に向かうという筋書きだったような覚えがあります。彼の家系の男の子は青春期にグレるのでしょうか。

画像


 敵方も大物はすでになく、スローン大提督くらいだったので、まるでそれは曹操・孫権・劉備・諸葛孔明などが亡くなった後も続いていく後半の三国志の無味乾燥ぶりを思い出させます。今回の映画がどのようなストーリーを作り上げていくのかは分かりかねますが、良い意味で期待を裏切ってくれれば、マニアとしても嬉しい。

 ジュラシック・パークの続編も映像技術以外の筋書きは想定内に収まるでしょうから、3D料金を取るためだけにCGに走るのでしょうね。ただ思うのはかつては最高峰だったスターウォーズ・シリーズやジュラシック・パークよりも、ハリポタや指環シリーズの方が物語や見せ方が壮大になってしまっているので、映画ファンはそれほどの驚きを与えられないのではないか。

画像


 そういっているうちに発表された断片にはイルカと思われる哺乳類を恐竜が餌として捕食するショーの場面が用いられていますが、これって動物愛護協会は何も言わないんでしょうか。世界中の人が見るであろうハリウッド作品には何も言わないのかね。子供も見るんだから、猛抗議しそうな描写だと思うが、しょせんは相手を選んで批判しているのでしょうか。

 そんなことはともかく、そもそも両作品ともマニアの期待値が高すぎるので、納得させられるかどうかは疑わしい。もっとも興行収入は圧倒的でしょうから、だれも気にしないのでしょう。まあ、なんやかんや言っても、ぼくは観に行ってしまうでしょう。


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-09-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2011-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
どの続編の公開よりも、このブログ再開(?)がいちばん嬉しいです!ハリソンつながりで考えると、ブレードランナー…当時は革命的な近未来描写だと感嘆しました。色々な映画に詳しくないので凝縮ですが、こちらの評論を読むのが(ほぼ)日課です。これからも頑張ってください!
ピースくん
2015/05/18 23:44
 現在の映画界は

「ビジネス」として洗練されることによって

かつての「怪しさ&博打性」が消毒され

 堅実さを求める世界になり

 「内容の善し悪し」よりも

 「客の入り具合を予測しやすい」題材が

 重宝される状況となり

 後世に残る作品というのが

 出にくい状況になっているように思います。

 同時に、鑑賞者側も

 インターネット等で情報を掴み

 「確実に願望(感動したい等)を

 叶えてくれる作品」

 「知名度のある作品」に集中し

 ハッタリの利いた宣伝や

 あえて「馬鹿馬鹿しい映画」を

 わらって楽しむ度量を

 失っているような気がします。

 (その二つが重なり合って

 「続編の嵐」が映画界を覆っているのでは

 ないでしょうか?)

 個人的に今の映画界に必要なのは

 マーケティングや賞を無視して

 好きな題材に大金をつぎ込む

 「道楽者」ではないかと思います。

 これからもよろしくお願いします。

                  西村哲也
西村哲也
2015/05/19 20:09
 ピースくんさま、こんばんは。

 とりとめのないことばかり書き連ねているのでお見苦しい点も多々あると思いますが、楽しみにしていただいているのは書き手としては嬉しいです!

 >ブレードランナー
 ハリソン翁はスターウォーズについては好意的ですが、もう一方の代表作についてはあまり好きではないようですね。近未来の日本チックなゴミゴミした情景は鮮烈でしたし、ビルから落下しそうなハリソンをレプリカントが救うラストシーンは印象的でした。

 ブレードランナーもなかなか記事が書けない作品の一つですよ〜。何書いても叩かれそうだし(笑)

 またボチボチ書いていこうと思っていますので、お暇なときにでもお立ち寄りくださいませ。

 ではまた!
用心棒
2015/05/20 00:11
 西村さま、こんばんは。

映画界があまりにも商売臭をまき散らし続けていますので、ゆったり気楽に見れるB級作品にお目に掛かれなくなっていますね。昔だったら、同時上映作品にけっこうな掘り出し物があったりして大いに楽しめた世代でしたので、今の若い娘たちに比べると恵まれていたのかもしれませんね。

 これを疑似体験しようと思えば、見たい作品を観終わった後に選択肢なしで今すぐに見られるスクリーンに飛び込み、素直に作品に接するという作業と二倍の料金が必要になってしまいますね(笑)

 住みにくい世の中になって久しいですね。

ではまた!
用心棒
2015/05/20 00:16
用心棒さんお久しぶりです。なかなか新しい記事が出ないからてっきり「卒映」してしまったかと思いましたよ。さて、シリーズものやリメイク作品が多く「ネタ切れ」と言われる映画界ですが、無声映画や黄金期にも続編やリメイクものは結構あるのですね。88年に発売されたリメイク映画の歴史の本もあるし。歴史は繰り返すという言葉がありますが、映画の歴史もまた繰り返されるんですね!
さすらいの映画人
2015/05/22 18:49
用心棒さん、お久しぶりです。お忙しそうですね。
「マエストロ」と「ビリギャル」を観ましたよ。
どうってこと無い作品かもしれませんが、両作品とも結構楽しめました。無駄なお金を使ったとは思っていません。

DVDは、シドニー・ポワチエとイングマル・ベイルマンに凝っています。素晴らしいですよね。
それから、相変わらずアラン・ドロンです(笑)。「地下室のメロディー」「若者のすべて」がBD化され、「高校教師」が新バージョンが出たのでいずれも購入してしまいました。画質は多少劣っていても既に所持しているのですが、情けないほど物欲に負けてしまいますよ。
でも、「パリは燃えているか」のDVD化はうれしかったですね。アメリカ版の英語バージョンで少し残念でしたが、概ね満足しています。
いま、「あの胸にもういちど」のBDと「黒いチューリップ」のHDマスター版としての再販の2作品の購入を迷っているところです。贅沢で幸せ(悪い意味で)だと我ながら思います(笑)。笑ってやってください。
今年のブログはアラン・ドロンのホワイトカラーについて3記事アップしました。暇な時にでもご高覧ください。

用心棒さんも身体には気をつけて頑張ってください。
では、また。
トム(Tom5k)
2015/05/23 00:15
 さすらいの映画人さま、こんばんは!

>無声映画
そうなんですよね。ホラー物はけっこうあるようですし、最先端の技術だった映画なので、機材を手に入れた人は自分が見たあれを自分も作ってみたいという純粋な習作だったのかもしれませんね。別にパクろうとかではなく、自分にも作れるかなあという楽しさでしょうか。

繰り返しと言えば、マッド・マックスも続編が出るみたいですし、これにも行っちゃいそうです。だって、高校時代の彼女と観に行った懐かしい映画の続編ですもの(笑)

ではまた!

用心棒
2015/05/23 00:47
 トムさん、こんばんは!

>ビリギャル
有村架純ちゃんのやつですね。あまちゃん闘魂三銃士のなかでは遅れて出てきた彼女ですが、個人的には『告白』以来、ひそかに見続けている橋本愛とともに気になる若手の一人ですよ。

>BD
これねえ、ぼくもDVD持っていても買ってしまう作品が何本もあります。ビデオやDVDでは判別がつかなかった画面や色合いの細かな部分がしっかりと見えるので、より楽しめますよね。たばこの銘柄のデザインだったり、森を映しているにしても、葉の色の違いがはっきり判ったりするので楽しいですね。

ではまた!
用心棒
2015/05/23 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
『続編、さらに続編』映画業界に未来はあるのだろうか?観に行くけど(笑) 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる