良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フクチャンの潜水艦』(1944)懐かしのフクちゃんがアラクマさんと一緒に米軍と交戦!?

<<   作成日時 : 2014/06/13 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先日、記事にした『桃太郎 海の神兵』と同じく戦争末期の1944年に戦意高揚映画として人気キャラクターのフクちゃんを主役(アラクマさんやキヨちゃんもいたのでビックリ?)に起用して製作されたのがこの『フクチャンの潜水艦』です。

 フクちゃんではなく、フクチャンと表記されているのは何故なのか。フクちゃんと表記されているのが当たり前だと思っていましたが、戦中はフクチャンだったのでしょうか。

画像


 4コマ漫画時代にはセリフが全部カタカナだったそうなのでその影響かもしれませんが、なんとも言えません。

 ちなみにぼくが知っている『フクちゃん』は昭和50年代後半(1982〜1984)に放送されていたテレビアニメでした。もちろんフクちゃんは軍人さんではなく、大学帽をかぶり、下駄をはいて短髪に刈り込んだ小さな子供でした。

画像


 僕が通っていた学校にも用務員さんがいましたが、その方がアラクマさんにそっくりだったので、当然あだ名はアラクマさんでした。音楽が印象的で、オープニング曲よりもエンディングに流れていた『明日天気にな〜れ』の方をよく覚えています。

 ふ〜く ふく フクちゃん

 ふ〜く フクちゃん

 スベって 転んで

 立ち上がる

 ゲタゲタ笑おう

 モリモリ笑おう

 明日天気にな〜れ


 この歌を唄っていたのはなつかしのこおろぎ’73です。作曲も小林亜星と両方とも昔よく見た名前です。こおろぎ’73って、子供向け番組にも出ていましたし、お弁当箱の歌もあって、「これっくらいのお弁当箱に〜♪おにぎり おにぎり ちょいと詰めて〜♪」みたいな感じの歌詞のインパクトが未だに忘れられません。筋の入ったふきの佃煮を食べたくなり、母親に買ってきてくれるよう頼んだ思い出があります。


画像


 今回はベラデンさんからのご紹介で「まだまだスゴイのがある。」とのことでしたので、動画サイトを探して、すぐに再生しました。上映時間は約30分間以上ありますので、物資が不足していた状況下ではかなりの気合いが入った長編アニメだと言えます。

 仕事ぶりは丁寧で、『桃太郎 海の神兵』と同じく武器の扱いを懇切丁寧にディティールを大切に描いています。戦闘シークエンスでも機関銃を撃つにも角度調整をしていたり、急速潜航するにしてもハッチを閉めるときに水が浸水してきたり、何といっても攻撃を受けた場所を修復するシーンまであるのです。

 しかも板っ子一枚下は地獄なので、機材を落とすことなど厳禁のためか、すべてケーブル(当時は何だったんでしょうか。)で繋げられています。また武器弾薬や食料などが尽きかけると輸送艦からの補給を受けます。

画像


 敵地深く潜行しているため、輸送船団も擬装して島で待機しています。しかもクレーンなどないので避難訓練のときに上から降りる布の筒みたいなやつで物資を輸送艦から潜水艦に運んでいたりしますので、見た方はリアルな描写に驚かされることでしょう。

 映像ももちろん凝っていて、軍艦が突進してくる後ろの海面では水飛沫が立っていますし、上空には黒煙が吹き上がる様が同時に表現されています。

 たぶんロサンゼルスと思われるアメリカ本土までたった一隻の潜水艦で殴り込みを掛けるのは宇宙戦艦ヤマトのようでもあり、『沈黙の艦隊』なども影響を受けているのではないでしょうか。

画像


 挿入歌として古川ロッパの『潜水艦の台所』が歌われます。これがかなり楽しく、主題歌よりもこちらの方がインパクトが強い。途中でカルピスらしきものが見えますが、気のせいだったのでしょうか。

 ストーリー展開としては機雷や網を潜り抜け、たった一隻で空母を主力とする敵艦隊を大苦戦の末に撃ち破り、意気揚々と富士山まで帰ってくるというかなり強引な持って行き方ですが、このようなストーリ構成は敗色濃厚な戦局に対してのかすかな希望だったのでしょうか。

総合評価 75点


古川ロッパ傑作集
インディーズ・メーカー
2010-01-16
古川ロッパ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古川ロッパ傑作集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SP復刻による日本映画主題歌集5戦前編 (1941〜44)
日本コロムビア
1995-09-30
映画主題歌

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SP復刻による日本映画主題歌集5戦前編 (1941〜44) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フクちゃん〈1〉 (1983年) (奇想天外コミックス)
奇想天外社
横山 隆一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フクちゃん〈1〉 (1983年) (奇想天外コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもまたまたリクエストして頂きまして、ありがとうございます。この作品は主役がフクチャンであるはずですが、他の乗組員の方が出番が多く、フクチャンはあくまで乗組員の一人でしかない設定が今見ても斬新だと思います。というかそれよりも真の主役はフクチャン達ではなく潜水艦自体だと思えてきます。

同時期の欧米のプロパガンダアニメを見ても、兵器をリアルに描写した作品ってあまり見掛けませんでした。兵器や武器も子供向けにデフォルメされており、ゴムみたいにクネクネ曲がったりしてリアリティは0です。それ以前にギャグアニメなので戦争のキナ臭さを殆ど感じさせず、敵の兵隊や独裁者も滑稽なおバカキャラとしてしか描写されてないのが殆ど。要するに向こうでは「戦争はちょっとしたゲームの一環でしかない」感覚だったんでしょう。

それに対してこの作品は、兵器の描写はギャグなんかで誤魔化さずリアルに描写されてるのが印象的です。勿論、この作品にもギャグ場面はありますが、あくまで堅苦しい船内でのちょっとした息抜き程度に留められており、海外アニメみたく手足が生えて動物みたいに変化したり、人間の様に意思を持って笑ったり怒ったり、といった荒唐無稽ギャグはありません。あくまで兵器は兵器として描写されており、敵の空爆でフクチャンの潜水艦が被弾して浸水する場面は「所詮これは無機質の鉄の塊である」と理解します。
これが海外アニメならば潜水艦に手が生えて爆雷や魚雷を投げ返したりとかのギャグ場面になっていたでしょう。

ラストの敵空母が魚雷で沈没する場面に、敵空母に描かれた眼の模様がよく見たら沈む際に目を回してるように見えます。勿論確証はありません。もしかしたら作画が安定してなくて目を回してる様に見えるだけだったかもしれません。もし本当に目を回してるのであれば芸の込んだギャグ描写だと思います。


ベラデン
2014/06/18 17:20
こんばんは!

作画の感じがどことなくポパイを思い出させましたね。あそこまでリアルに描くのは驚きですし、現在のアニメでも誤魔化している部分をしっかりと表現しています。

 このアニメを見ていたら、中学時代に見て、いまだに強い印象が残っている『Uボート』が頭に浮かびました。

 あの映画はラストシーンが悲劇的でしたが、この作品では希望を込めたハッピーエンドでした。

 昔から日本はアニメ技術が進んでいたのですね。

ではまた!
用心棒
2014/06/18 19:16
用心棒さんこんばんは。僕もテレビアニメ「フクちゃん」見てましたよ!「怪物くん」の後番組だったから継続して見てました。横山隆一先生の作品では「おんぶおばけ」もありましたね。フクちゃんがこんな昔にも映像化されてたとは…。こういった貴重な映像は見てみたいものですね!
さすらいの映画人
2014/06/19 19:33
 こんばんは!

>怪物くん
ああ!そうだったんですね!怪物くんの後だとは気付きませんでした。

>おんぶおばけ
懐かしいですね。これを見た友達が後ろから飛びかかってきて、「おんぶおばけ〜!」といいながら、おんぶ状態になりましたよ(笑)

 ぼくもまさかフクちゃんが映像化されているのは全く知りませんでした。フクちゃんの潜水艦はニコニコ動画で見れますよ!

ではまた!
用心棒
2014/06/20 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
『フクチャンの潜水艦』(1944)懐かしのフクちゃんがアラクマさんと一緒に米軍と交戦!? 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる