良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『桃太郎 海の神兵』(1944)手塚治虫が影響を受けた幻の名作が大船に眠っていたなんて。

<<   作成日時 : 2014/06/03 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 あらゆる物資が底をつきかけ、言論の自由などもなく、物質的にも精神的にもまったく何も無かった太平洋戦争末期の1944年の暮れに完成したのが『桃太郎 海の神兵』です。

 このアニメ映画は1945年には公開され、手塚治虫らの戦後世代のクリエイターたちに大きな影響を与えたと言われていましたが、戦後にわが国を統治したGHQの指示により焼却されたとされて、ずっと幻の名作扱いになっていました。

画像


 それが戦後数十年も経ってから、松竹大船のフィルム倉庫から奇跡的にネガが見つかり、ようやく公開されました。ビデオ期にはVHSテープが販売されていましたが、現在はDVD化されることもなく、中古のVHSテープが最低でも7000円以上で、高いものは12000円以上の高値で取引されています。

 ではいったいこの作品はどういう内容だったのでしょうか。主人公の桃太郎(海軍大将のようです!?)は人間なのですが、その他のキャラクターはすべて犬・サル・キジなどの動物が登場します。海軍所属の犬・サル・キジはもしかするとワンピースの海軍大将のモデルなのかもしれない。

画像


 鬼ヶ島(インドネシアっぽい。)を支配しているのは英語をしゃべっているので米英人のようですが、たしかこの地域を支配していたのはオランダのはずです。

 物語は海軍に所属するサルの海兵たちが故郷に帰ってくるところから始まります。海兵は皆の憧れとして描かれていて、快活な彼らは人柄も高潔で、幼い兄弟たちが川に流されて遭難しかけても勇敢にバンジー・ジャンプして救出します。

画像


 偵察隊が必死の覚悟で撮影してきた航空写真をもとに作戦を立案した桃太郎大将は革新的な奇襲作戦を思いつきます。それが落下傘部隊による急襲作戦で、特攻野郎モモチームでしょうか。

 物語的には桃太郎ですので鬼ヶ島へと鬼退治に出掛けますが、皇軍の武勇譚でもあるという側面を持つので、敵に無条件降伏を認めさせる場面などが加えられています。

画像


 また戦闘シーンが非常に近代的で、軍用機に乗り込んだ海兵たちが鬼ヶ島の上空から、対空砲火をかいくぐって、落下傘降下による奇襲作戦を仕掛けていきます。上空の強風という困難な状況のもとではありますが、勇猛果敢な桃太郎さんは率先して降下し、最前線で部下を鼓舞します。

 こういう場面で素晴らしいのは背景であったり、黒目の動きだったり、落下傘の装備が風に揺れたり、絡み付いたりしてくる点です。あえて面倒くさい構図や難しい画面の作り方をしているように思え、たぶんこれは製作者側の強い意志だったのではないか。

画像


 またとてもリアルに描いているなあと感心させられたのは降下してきた海兵たちがすぐに敵軍と交戦できるわけではなく、可動式大砲や機関銃、また銃剣や弾薬を落下傘で投下し、これらを受け取れるポイントを確保します。

 こういった機械的な動作をしっかりと行った上で、大砲を組み立てて、武器弾薬を海兵に配り、そしてようやく戦闘が始まるというあまりにも現実的な展開手順に驚かされます。

画像


 また、これほどまでに動画をスムーズに動かせているのは必見であり、今も昔もアニメ製作に関しては日本人は基礎的な能力が備わっていたのでしょう。

画像


 当時のスタッフの人たちはたとえ出来上がってくる作品がプロパガンダ的要素が色濃く、本来作りたい、もしくは主張したいこととは真逆のストーリーであったとしてもアニメを制作できることに喜びを感じていたのではないか。

画像


 台詞などは一見すると戦意高揚のための軍事寄り表現に聞こえますが、わが軍による残虐描写や威圧的なシーンも多く、これをみて戦意が高揚される子供がいるとは思えない。あちらのコードを使用して、こちらの真意を伝える。まさにこれこそが対位法でしょう。

総合評価 75点


桃太郎 海の神兵 [DVD]
松竹
2014-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桃太郎 海の神兵 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あの当時に、ここまで凝った長編アニメが我が国に存在していたのが本当に凄いですよね。なにしろアニメスタッフが次々と召集されて人手不足な上に、物資が不足しているので、一回使用したセル画の元の絵をわざわざ消して使いまわしながら撮影していたという極限状況下だったんですから!!それにも関わらずにこれ程のクオリティに仕上がったんですから本当に製作者の方々には頭が下がる思いです。

>犬・サル・キジはワンピースの海軍大将がのモデルかもしれない。

尾田氏はワンピのキャラは昔の日本映画やアニメのキャラを参考にしていると答えてるので、おそらくコレも意識してるでしょう。

それにしてもあの当時、子供向けアニメでこれ程リアルな戦闘シーンを描いてる事に脱帽ですよ!!敵兵を銃剣で突き刺す残酷場面がありますが、当時の海外の戦意高揚アニメはギャグ表現が大部分でリアルに敵を殺すシーンを描いたのは殆ど無かったんではないでしょうか?唯一、ニコニコ動画で「ソ連の対独プロパガンダアニメ」の中で、ソ連軍の列車を爆破しようとしたドイツ兵やヒトラーに扮したイノシシを巨大な銃剣で刺すシーンがありますが、残酷ではあるもののあれは所詮ギャグ表現の一環でしか無く、対してコチラの方はギャグ表現ではなく、緊迫した戦闘シーンとして真正面で描写してる所がポイントですね。

この作品といい前回の「煙突屋ペロー」といい、子供向けのアニメにも関わらず、戦争シーンをリアルに描いた作品があったからこそ「ヤマト」や「ガンダム」などの名作を生み出せる基盤になったんでしょう。

あとこの作品のウサギのキャラは、手塚治虫の初期作品のキャラの「ウサギの耳男」の元ネタですね。
ベラデン
2014/06/07 20:18
 こんばんは!
>残酷描写
そうですよね。あそこまでリアルに描かれていて、戦意高揚のためになるとは思えませんね。

直接的には軍の意向に沿っているように見せかけていますが、実際は戦いの悲惨さが伝わります。

やっと見れましたが、ヤフオクで落とそうとするとかなり高価ですのでなんとか廉価DVDで出して欲しいですね。

ではまた!
用心棒
2014/06/07 20:57
ニコニコ動画でまた凄い戦中アニメを見つけましたよ!!
「フクチャンの潜水艦(1944年)」という作品で、横山隆一原作の人気キャラクター、フクちゃんの戦意高揚アニメ映画です。これはフクちゃんの乗る潜水艦を舞台にした海洋バトル物なんですが、これが凄かったです。まず潜水艦による戦闘描写が細部にこだわってて、敵艦をひたすら撃破するだけでなく敵の攻撃で自分達の艦までちゃんと打撃を受けたり、それを補修する所などもちゃんと描写されていて非常にリアルです。OPの海中から潜水艦が浮上する場面は後の「ヤマト」を彷彿させ、敵潜水艦や敵空母などの対決シーンは後の「眼下の敵」を先駆けた描写があったり、小沢さとるの「サブマリン707」に多大な影響を与えている事でも大変な傑作なので、ぜひご覧ください。それでよろしければまたリクエストをお願いいたします。
ベラデン
2014/06/09 18:04
 こんばんは!

>フクちゃん
おおっ!まだ見ぬ強豪が大勢いますねえ。製作年が1944年でしたら、桃太郎と同じですね。

もしかすると爆撃で死んでしまうかもしれない、赤紙で招集されて戦地に送られるかもしれないという状況の下、やりたいことをやりきる気迫がこもっているのでしょうかね。また観に行かせていただきます。

ではまた!
用心棒
2014/06/09 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『桃太郎 海の神兵』(1944)手塚治虫が影響を受けた幻の名作が大船に眠っていたなんて。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる