良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『狂った一頁』(1926)奇跡的に見つかった日本発の前衛映画。未だ発売されず。

<<   作成日時 : 2014/01/26 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

 タイトルは『狂った一頁』と書いて、“くるったいっぺーじ”と読みます。『カリガリ博士』に代表されるドイツ表現主義やセルゲイ・エイゼンシュタインが唱えたモンタージュ手法の集大成である『戦艦ポチョムキン』が映画界を席巻していた1920年代はサイレント黄金時代でした。

 日本でも前衛的、もしくは実験的な流れに刺激された溝口健二『血と霊』、衣笠貞之助『狂った一頁』『十字路』が公開されました。

画像


 『血と霊』は杜撰なフィルム管理や第二次大戦の業火が重なり、現状では『狂恋の女師匠』『唐人お吉』(一部は現存。)と同じく、フィルムは確認されていません。

 もしかするとどこかの土蔵や外国のフィルム倉庫からひょっこりと出てくるかもしれません。また衣笠貞之助の『狂った一頁』も同じく焼失したと考えられていました。それが1971年に衣笠の自宅から奇跡的に発見され、自らも編集に加わったのちにアメリカで1975年に公開されました。

画像


 しかしながら、現在は発売されている『十字路』とは扱いが異なり、精神病院を舞台にしているストーリーであったり、気味悪さや興味本位の感覚で精神障害を捉えているのが問題視されているためか未だに正式には販売されていません。

 富国強兵が一段落して、どこか停滞していた大正末期から昭和初期の世相であったにせよ、男尊女卑思想が定着していた時代に家庭の中心的な存在であったはずの夫が精神に異常をきたした妻が入院する精神病院に小間使いとして仕えていて、隙を見て助け出そうとするという内容はショッキングです。

画像


 またそれが夢か現実なのかも判別できないのは難解すぎる。劇中、夫は病院院長を鈍器で叩き殺しますが、次の日には彼は通常通り、患者を診察しているので、すべては小間使いとして働く彼の空想であることが明らかになる。

 完全版は70分間という上映時間のようですが、一般的には衣笠貞之助自身によって新たに編集されて、サウンドが付け加えられたバージョンが知られています。

画像


 ぼくが見たのもサウンド版で上映時間が約1時間の短縮バージョンです。1920年代のフィルムとしては撮影技法に特化した、かなり実験的な作品に仕上げられており、ストーリー性よりも、映像技術の可能性を広げていこうとするサイレント映画黄金時代の勢いを感じます。

 多くの人が難解過ぎるとの意見を持っているようですが、実際に見るとそれほど難しくも思いませんでした。実験的な撮影技法の羅列に戸惑うでしょうが、ストーリー展開はちゃんと追って行けます。

画像


 ここが驚異的で、実はこの作品はサイレント映画なのでセリフが全くないのはもちろん、サイレントでよくある字幕も全くない。

 こういったサイレント作品というとぼくが知っているのはF・W・ムルナウ監督の『最後の人』でこれもたしか字幕が一つも入らない究極のサイレント映画でした。字幕なしでも理解できる(人によりかも。)映像にすぐれた作品でした。

画像


 外国作品、とりわけドイツ表現主義の模倣と言ってしまえばそれまでですが、それまでになかった表現を自分達でもやってみようとする姿勢を持つ映画人たちを称賛すべきでしょう。

 なんだこりゃと言われるのは百も承知で撮影して、あまり海外の映画技法や新しい情報がなかったはずの一般客がチャンバラやメロドラマなどの劇映画を楽しみにしているスクリーンにいきなり難解な作品を上映してしまう訳ですから、製作側にも覚悟が要ります。

画像


 原作は川端康成ですが、おそらく当時の多くの人は作品を理解していなかったというのが真相なのかもしれません。実際、一般の観客だけでなく、映画関係者だったとしてもこのような訳が分からない前衛映画にたいしてどのような反応を当時は示したのだろうか。

 ただただ映像自体が珍しかった時代だったので、見た人はそれなりに楽しんだのかもしれない。なんかよく分からないけど、写真が本物みたいに動いていて楽しいなあという程度だったのだろうか。

画像


 撮影技法としてはスローモーションの多用、高速パン、特殊レンズの多用、二重露光、コマ落とし、ダッチ・ティルトの原型(斜め構図の撮影。)、クロス・カッティングなどさまざまな技法を試しています。ちなみに撮影助手として円谷英一(のちの円谷英二です!)が参加しています。

 特にダッチ・ティルトの原型的なショットは不自然な斜めの角度で対象を捉えることで観客の不安感を増幅し、居心地の悪さを与えます。精神病院での出来事や患者の精神状態の異常さを覗き込むような禁断の映像を見るという普通ではない体験を際立たせています。

画像


 これ以外の他の撮影テクニックも異化作用を持たせていて、意図的なモンタージュによって作られる、畳みかけてくる狂人の攻撃性には恐怖を感じるでしょう。

 ドリー撮影の使い方はかなり工夫されていて、画面奥から手前に移動車を引いてくるとともに合成画面を画面手前から奥へ引っ込めていく。すると片一方は手前に浮き上がってきて、もう一方は奥へ引いていく。

画像


 歪んだレンズは特異な空間である独房のような精神病棟の異常さをよく表しているのであろうが、こういう映像や暴動を起こす精神異常者の群れの恐ろしさは患者への間違ったイメージを植え付ける可能性があることなどが、この作品をなかなかソフト化に向かわせない原因かもしれない。

 鉄格子の使い方も印象的で、患者を隔離する鉄格子、その患者たちをまとめて隔離する病棟と診察室との鉄格子があり、さらに建造物と敷地とを隔てる扉、そして敷地と一般社会である娑婆とを隔てる正門と高い壁。

画像


 そしてカメラは衣笠監督が見せたいもの、つまり作品世界を映し出すが、カメラ自体が出ている人々とスクリーンを眺めている観客を隔てている。

 今回はサウンド版でしたが、実際はサイレントだったこの作品でもっとも“音”を感じるのはオープニングで、真夜中に豪雨が降り注ぎ、激しい嵐という天候で若い女が踊り狂う場面が来るのですが、クラシックの楽団(楽器のみ)が激しく演奏する様子と踊り狂う女、そして嵐の稲光がリンクするさまは圧巻です。

画像


 この映画の劇中、もっとも強烈な印象を残すのはずっと独房に閉じ込められていながら、ひたすらに舞踏を踊り続ける若い女の動きであり、彼女の舞踏がとにかく凄まじいのでぜひ見る機会があればしっかりと注目しておいてください。

 劇中の狂人たちはこのように多くの障壁で一般社会と隔離されているが、この状況は彼らが外部と遮断されているのか、それとも多くの危険から彼らを守っているのか。

画像


 一般社会に暮らすわれわれ健常者と呼ばれる多くの国民の方が実は危険に囲まれているのではないだろうか。どちらが安全に毎日を過ごしているのだろうか。

 もし昔にタイムスリップ出来たならば、伝説的な映画が実際にはどのような受け取り方をされたのかにとても興味があります。八時間にも及ぶシュトロハイム監督の完全版の『グリード』はどんな作品だったのか、溝口健二の『血と霊』や『狂恋の女師匠』は淀川長治さんが生前語っていたような傑作だったのだろうか。

画像


 見てしまえば、なんてことはないのでしょうが、残念ながらぼくらは失われたフィルムを見ることは出来ません。見れた人が羨ましい。

 綺麗で素晴らしい音響と大スクリーンに映写される、毒にも薬にもならない暇潰しのシネコン作品か、はたまたタバコの煙が立ちこめ、酒臭くて、トイレの変な臭いが充満して、音が割れ気味で小さなスクリーンではあるが、心に残る素晴らしい作品を見るか。

 どちらを選ぶかは非常に難しい。ただし言えるのは昔の映画を映画館に行かなくても、自宅で鑑賞できる現在の状況は素晴らしいのは確かです。

画像


総合評価 87点


十字路 [DVD]
ディスクプラン
2009-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十字路 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「狂った一頁」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1926年日本映画 監督・衣笠貞之助 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/11/07 09:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコニコ動画で全編視聴しました。いやー中々の秀作でしたね!大正時代の日本でこんなシュールで不気味な前衛映画を作っていたのが本当に凄いです。当時のドイツ表現主義やルイス・ブニュエル等の作品と比較しても十分対等できるクオリティの作品に仕上がってます。今見ても斬新な映像表現があり「大正時代にこんなシーンを生み出していたのか!!」とショックを受けましたね。

特に一番印象に残ったのは、やはりあの踊り子の患者ですね。写真にもありますが、あの踊り子の表情がどう見ても現代の女性にしか見えないのが衝撃でした。平成の現代でも普通に通用する容姿でしたよ!

今から80年以上前にあんな今風の顔立ちをした女性がいたのが本当に凄いです!!(ニコニコ※でもそこがかなり指摘されてましたw)
それと彼女が生脚を大胆に披露しながら踊り狂う場面は封建的な当時としては、かなりキワドイ刺激的でエロチックな場面だったんでしょうねw

この作品を見た海外の映画サイトではどんな反応をしているか非常に気になりますね。そこのところのコメントとかも取り上げて頂けたら有り難いです。
ベラデン
2014/02/02 22:51
 こんばんは!

>現代の女性
そうですよね。ぼくも彼女の顔立ちにはかなり驚きましたし、90年近く前にあの舞踏シーンを世間にさらすのは衝撃的だったと思います。

 >海外の映画サイト
これの全編映像をYouTubeにアップしていたのは外人さんのようですので、評価は高いんじゃないでしょうか。

溝口作品『東京行進曲』の見つかったフィルムを最初にDVD化したのもフランスでしたし、評価は高いと思いますよ。

個人的には消失したと考えられている『血と霊』を生きているうちに世界のどこかから見つけてもらい、大阪の名画座で見たいと望んでおります(笑)

ではまた!
用心棒
2014/02/06 00:08
感想というより解説みたいになったものをアップしました。TB入っているでしょうか?

アウトラインは案外解りやすいですが、それ以外の現実場面が台詞なしなので解らず欲求不満がたまりました(笑)

しかし、歴史的な作品ですから、面白いとか面白くないとか、そういうものを越えた感銘がありましたね。
「戦艦ポチョムキン」とか「市民ケーン」とか「野いちご」とか、そういったものを初めて触れた時の感激に匹敵すると思います。

>完全版は70分間
サイレント映画のリアルタイムの上映時間表記はどうも現在の映写機での時間より長いものが多いようです。
ヒッチコックや小津のサイレント作品(の当時の上映時間表記)は概ね僕が観たバージョンより1割くらい長く、16コマと24コマの問題とは別に、相対的に昔の映写機は遅かったのではないかと推測しています。
正確には解りませんが、この作品もカットはないのかもしれませんね。
オカピー
2016/11/07 21:15
こんばんは!

さきほどオカピーさんのところにも伺い、コメントを入れさせていただきました。

>映写機
ピッチが違えば、けっこう上映時間は変わってくるでしょうね。レコードでも友人の家のプレーヤーで録音したものと自分の家で録音したものとでテープ残量が違っていたりすることがありました。

まあ、当時の映画館事情では客の回転第一でしょうから、少々速めに上映していた可能性もありますねww

また色々とフィルムが出てくれば楽しいですね。

ではまた!
用心棒
2016/11/08 00:31
こんばんは。

言い忘れておりましたが、記事に勝手に用心棒さんの名前を使わせていただきましたので、宜しくご承認ください。

「霊魂の不滅」はまだ確認していませんが、楽しみにしております。
前に発見した「アッシャー家の末裔」も見ておかないと。

それでは、また。
オカピー
2016/11/08 22:42
こんばんは!

>承認
どうぞ、ご自由にお使いくださいwww

>霊魂
『ハウリング』や『散りゆく花』で衝撃的だった扉破りがこの映画ですでに出てくるので初見の時はかなり驚きました。奇妙な雰囲気を持つ作風をお楽しみください。

>アッシャー
黒澤監督が生前この映画についてサイレントなのに風の音が聞こえるようだと評されていたので見た時はなるほどと思いました。

ではまた!
用心棒
2016/11/09 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
『狂った一頁』(1926)奇跡的に見つかった日本発の前衛映画。未だ発売されず。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる