良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『死亡遊戯』(1978)いまでも思い出す巨人カリーム・アブドゥル=ジャバーとの死闘!

<<   作成日時 : 2012/07/28 18:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 11

 『ドラゴン危機一発』(1971)『ドラゴン怒りの鉄拳』(1971)、そしてハリウッド製作の『燃えよドラゴン』(1973)で全世界的な第一次カンフー・ブームの立役者となったブルース・リー。

 彼の最後の出演作としてこの『死亡遊戯』(1978)があります。しかしながら、リー本人はこの映画が完成する前の1973年の『燃えよドラゴン』が公開される前にはすでに死去していました。

 死因はアナフィラキシー・ショックで、原因となったのは当時の恋人が持っていた鎮痛剤をリーが服用したためと言われています。ぼくが子どもの頃の80年代には映画のフィクションの世界と現実とを混同したリーが格闘家と戦い、そのときの負傷が原因で死亡したというのも友達のうわさ話や雑誌でまことしやかに語られていました。

画像


 ハリウッドでせっかくカンフー・ブームが到来しているのに、最大のスターが死亡していて新作が作れない。それでもお金が欲しくて諦めきれない香港映画界はブルース・リーが生前撮り貯めていたフッテージ・フィルムを最大限に利用して、足りない分はギャングから顔を隠すために整形をしたのだという強引なストーリー展開と数人の代役の俳優で最大の問題を乗り切ります。

 もちろん突っ込みどころは満載で、何よりも代役俳優たちが未熟で、動きの一つ一つがリーには遠く及ばない。継ぎ接ぎだらけのフランケンシュタインの怪物程度の仕上がりではあります。ファンを喜ばせる要素もあり、『ドラゴンへの道』の撮影中に天井から照明が落下してくるというシーンがある。

 また『ドラゴン怒りの鉄拳』のラストシーンでのカメラへの跳躍してくる場面がありますが、この映画ではリーが顔を撃たれてしまい、そのまま死亡し、葬式シーンに繋がれていく。この葬式シーンは実際のリーの葬儀のフィルムも要所に使われているというのを雑誌で読んだことがあります。

画像


 映画のストーリーそのものはかなり酷く、無理やり感が強い。それでもオープニングで過去作品の名場面をフューチャーした、007シリーズのようなカジノを髣髴とさせるスタッフ・ロールの出来は良い。

 ストーリーだけではなく、編集の繋がりやコンテや明暗の繋がりもメチャクチャで、あちこちに映画としての綻びがあるものの、敵のアジトである楼閣での一階ごとに配置された強敵たちとの一騎打ちシークエンスは他を忘れさせるほどに飛び抜けて素晴らしい。

 とりわけ2メートルをゆうに越える巨人のカリーム・アブドゥル=ジャバー(バスケットボールの選手で大スター。リーのジークンドーの弟子でもあった。)との対戦は語り草になっています。

画像


 この映画の最大、そしてブルース・リー最後の見せ場であるハキム(カリーム)との戦いは子供心にもカリームの巨大さが異様に映ってました。

 リーが罠だと知りながらも、ボスが仕組んだ殺人ゲームの舞台である楼閣を登って、慣らし運転のようにヌンチャクや棒術で二人の刺客を倒して、また一段上ると、三階の薄暗い室内でサングラスを掛けて、表情の窺い知れない黒人が座っている。

 大巨人カリームがぬうっと立ち上がるときにリーが見せる「なんだこのバカでかいヤツは!?」という表情は観客の思っている反応と同じで、妙にクスクスと笑ってしまうほど可笑しい。

画像


 リーとカリームが対峙する様子を引きでとらえたショットは何度見ても圧巻です。まるで大人と子供の戦いのようで、アポロン対ゴリアテのギリシャ神話の対決を見ている感じです。

 ぼくらが知っていた大巨人はジャイアント馬場かアンドレ・ザ・ジャイアント、または007に出てくるジョーズくらいでした。巨人の彼らはのそのそと動いていたが、カリームは巨大なだけではなく、動作が異常に素早いので、さらに驚かせてくれます。

 リーとの対戦は終始殺伐としていて、急所攻撃やチョーク攻撃が当たり前のように飛び出してくる。形式化した時代劇で見るような主役を立てるための殺陣とは別物の陰惨なアルティメットのスタイルや大昔に見た第一次UWFでのセメント・マッチを見せつけられる感じでした。

画像


 この映画は先にも語りましたように、継ぎ接ぎだらけでメチャメチャな仕上がりとなってしまいましたが、リーがきちんとコントロールして最後まで完成させてから亡くなっていたとすれば、よりクライマックスが引き立つ、素晴らしいカンフー映画になっていたのは確実です。

 そう考えると彼の早すぎる死はやはり惜しいし、あと数本は名作をモノにしていれば、その後の香港映画の流れも随分と変わっていたのかもしれません。

 ただあくまでも推測の域を出ませんので、より大きく化けていたか、尻すぼみになっていたかは誰にも答えが出せない。たとえ中途半端な断片であったとしても、何十年経ってもまったく色褪せない彼の躍動する魅力がフィルムにはしっかりと焼き付いています。

画像


 いまでも『燃えよドラゴン』のテーマがかかるとニコニコしてしまいますし、ジョン・バリーが付けた『死亡遊戯』の音楽もかなりカッコいいし、サントラLPが欲しいなあと小学生のころに思っていました

 ぼくが最初にブルース・リー映画をテレビで見たのは『燃えよドラゴン』で小学4年くらいでしたが、次の日はもちろん教室や校庭のあちらこちらで「アチョ!アチョ!アチョー!ホオォ〜!」の怪鳥音とともに蹴り合いが行われていました。

 けっこうバチバチに殴り合っていましたが、お互いに喧嘩馴れしている世代ですので、蹴るのはお尻だったり、二の腕だったりしたので不思議に誰も怪我などはしませんでした。

画像


 これに付け加えると、ブルース・リーといえば、ブンブン振り回すヌンチャクが必須アイテムで、大きいお兄ちゃんがいる家にはかなりの確率で部屋にヌンチャクのオモチャが転がっていて、みんなで振り回していたものです。

 もちろん当たれば痛いのは分かっているので、だれも他人には向けませんが、自分でブンブン振り回しているうちに下手を打ち、おのれの肩口や脳天にぶち当てて号泣するというシーンを何度も見ましたし、ぼくもヌンチャクの痛みを味わう体験をしました。

 映画のストーリー展開は複雑なお話しではなく、あってないようなガイドライン的な役割しかない。ブルース・リー映画はあくまでも彼と彼のアクションを楽しめば、それで十分なのです。

画像


 各階に待機しているカンフーの使い手を一人一人倒していく過程を楽しむためにはそこまでの時間をDVDで早送りするなどの野暮なことをせず、代役やストーリーがショボくても、きっちりと付き合わねばなりません。

 タランティーノの『キル・ビル』でユマ・サーマンが着ていた黄色いトラック・スーツの元ネタとなる殺人バイカー集団との抗争が見られるのもこの映画ですし、ブルース・リーの葬式シーンも出てくるので、見所は豊富にあります。

画像


 今回はおよそ三年振りにDVDで見ました。小さい頃に見た映画は欲目もあるでしょうが、今見ても、やはり楽しい。このリー映画の後、カンフー映画の人気はコミカルなジャッキー・チェンが受け継いで行きます。

 この映画にはデブゴンことサモ・ハン・キンポーが格闘家役で出演し、しかもシリアスに闘っています。その後のデブゴン的な動きや笑いの要素は一切ないので、見たことのない人は違和感を覚えるかもしれません。

画像


 ジャッキーやデブゴンの楽しいカンフー映画には馴染めないブルース・リー世代のファンは彼を忘れることはなく、今でもヌンチャクを渡されれば、思わず「アチョー!」と叫んでしまい、「考えるな!感じろ!」と言ってしまうでしょう。

 映画そのものを冷静に評価すると50点以下になるでしょうが、クライマックスの格闘シーンはそれらを補ってあまりありますし、なによりもブルース・リーの遺作だと思えば、お蔵入りさせずにリリースされただけでも御の字でしょう。

総合評価 63点


死亡遊戯 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死亡遊戯 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯2003 スペシャル・エディション [DVD]
パイオニアLDC
2003-07-21
ドキュメンタリー映画

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯2003 スペシャル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



燃えよドラゴン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-06-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 燃えよドラゴン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



死亡遊戯/ナイト・ゲーム (Game of Death/Night Games)
Silva/Rambling
2011-02-25
ジョン・バリー (John Barry)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死亡遊戯/ナイト・ゲーム (Game of Death/Night Games) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



燃えよドラゴン
ワーナーミュージック・ジャパン
2007-02-21
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 燃えよドラゴン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さんこんばんは!僕はジャッキー(ユン・ピョウやサモハンも含む)&少林寺世代ですが、ブルース・リーや倉田保昭の作品も追って見ましたよ。「死亡遊戯」のテーマ曲は最高にカッコイイです。使用されてる写真は宣伝用ですね。本編ではカリームはシャツを着てますね。近年の大巨人はK-1のチェ・ホンマンやセーム・シュルト、野球のダルビッシュ有ではないでしょうか。ブルース・リーや倉田保昭など初期のカンフースターのファンはジャッキーや少林寺に馴染めない人が多かったようにジャッキー&少林寺世代はチョウ・ユンファや金城武のようなイケメン俳優に馴染めないのと同じですね(笑)ではまた書きますね!
さすらいの映画人
2012/07/31 19:59
こんばんは。

>イケメン
無理ですよね(笑)カッコいいんだから、強くなくてもいいでしょって思います。

リーの映画はどこか殺伐とした感じと哀愁を帯びた彼の目に魅力があります。

武術は命のやりとりをする危険な技術であり、武道を極めていくと、ジャッキーやデブゴンのような笑いの要素はなくなっていくのが自然ですよね。

そうは言っても、ジャッキーの『蛇拳』『酔拳』『拳精』などの初期作品やサモハンのデブゴンも思い出に残っていますし、見たら楽しいですね。

ではまた!
用心棒
2012/08/01 21:04
1985年。月曜ロードショー。
今はなき(?)βのビデオで録画しました。それをDVDに焼き直した物を今でも持っています
荻昌弘さんの解説が始まる前。
主役のビリー・ロウ(ブルース・リーその他)が白人空手家のロバート・ウォールに後ろから両腕を掴まれるが前転して蹴る場面。スローモーション。スタントマンはユン・ピョウ

>役に立たない年寄りが一番多く持って行くのが役所を筆頭にまだまだ残っていますね。

本当に腹が立ちます。

>3時間越えが普通だったので、2時間を我慢できないのは映画ファンではないでしょうね。

ドキッ!・・・
蟷螂の斧
2016/07/11 22:01
こんばんは!

>β
なつかしいですね。昔、VHSとβとでどっちにしようかと迷ったときに小さい方が狭い日本の家にぴったりだと思ったのでβにしましたが、見事に当てが外れてしまい、3年後にVHSを買い直す羽目になりました。

>3時間
最近だったら、ロード・オブ・ザ・リング三部作などピーター・ジャクソン監督くらいですかね。

ではまた!
用心棒
2016/07/12 01:07
>サモ・ハン・キンポーが格闘家役で出演

僕は、こちらが先でした。その後デブゴンを知りました。
でも、却ってホッとしました
「死亡遊戯」で、両方の肋骨を折られてグロッキー
しかし、その彼が「燃えよ!デブゴン」シリーズで大活躍

>小さい方が狭い日本の家にぴったりだと思ったのでβにしました

なるほどね。残念です。僕の場合は大特価でβのビデオデッキの方が安かったから・・・確かにβのビデオテープの方が保存状態は良いのですが。

>ブルース・リーが生前撮り貯めていたフッテージ・フィルム

マニアの間では・・・。
野原での決闘場面。残っているのは写真だけ。
映像は焼却されてしまったそうです。
勿体無い
蟷螂の斧
2016/07/12 17:51
こんばんは!

リーはあまりにも早く亡くなってしまいましたね。せめてあと10年くらいはバリバリやって欲しかったですよ。

結果として、伝説になることもなく、昔のアクションスターという位置づけになっていたのかもしれませんが、それでももっと元気で素早い、危険な眼差しを見ていたかったですね。

>焼却
むかしはフィルムの扱いは雑だったようですし、仕方ないですね。

ではまた!
用心棒
2016/07/13 01:33
こんばんは!

リーはあまりにも早く亡くなってしまいましたね。せめてあと10年くらいはバリバリやって欲しかったですよ。

結果として、伝説になることもなく、昔のアクションスターという位置づけになっていたのかもしれませんが、それでももっと元気で素早い、危険な眼差しを見ていたかったですね。

>焼却
むかしはフィルムの扱いは雑だったようですし、仕方ないですね。

ではまた!
用心棒
2016/07/13 01:34
ブルース・リーにヌンチャクを教えたダン・イノサント
闘う前に「タン!タタタンタン タンタン!」とお互いに音を鳴らす。日本だけではなく、世界共通のリズムでしょうか?気になります

>あと10年くらいはバリバリやって欲しかった

仰る通りです10年が無理なら、5年、3年、1年・・・。本当に残念です

>むかしはフィルムの扱いは雑だったようですし、仕方ないですね。

NHKの大河ドラマや朝の連ドラはビデオに重ね撮り。仕方ないです。
蟷螂の斧
2016/07/13 19:49
こんばんは!

>大河
昔はビデオテープがかなり高価だったようで、ドラマはもちろんですが、『ひげよさらば』や『プリンプリン物語』などの人形劇が好きだったのでソフトを探しました。

しかしながら、数話以外はほとんど残っていないようですね。残念です。1980年代の有名な木村のフリーキックが決まったサッカー代表の韓国戦もフルタイムのモノはNHKに残っていなかったそうです。

ではまた!
用心棒
2016/07/13 22:07
>世界と現実とを混同したリーが格闘家と戦い、そのときの負傷が原因で死亡した

「ドラゴンへの道」を見た時に僕が思った事。
「どう見てもチャック・ノリスの方が強いだろ
しかし、それから随分時がたって知って驚いた事。
チャック・ノリスやジム・ケリー(燃えよドラゴンの黒人空手家)が現役だった頃の映像。youtube。フルコンタクトではなく、寸止めのポイント制なんですね。それを見ると、香港の危険地域で百戦錬磨だったブルース・リーは、やはり強かったのかな?と思ってしまいます
また、そう思わせるのが彼のカリスマ性なのでしょう。

>1980年代の有名な木村のフリーキックが決まったサッカー代表の韓国戦

何とも勿体無いです
蟷螂の斧
2016/07/17 01:07
こんばんは!

>寸止め
格闘家の知人に聞くと必ずしもフルコンが最強というわけではないそうです。理由としてはフルコンの場合、顔面への正拳突きは反則になっていることが多く、身体への突きや蹴りが主体になっているそうです。

 それでは一撃必殺にはなりえず、我慢大会だとのことでした。いざ総合格闘技などで対戦すると普段の寸止め試合では急所に入れないが、ルール上オッケーになると正確に突きを入れる寸止めの格闘家のほうが対戦相手としては恐いと言っていました。

>何とも
昔のドラマや番組でソフト化されないものにはそもそも素材が残っていないということもあるようですね。

ではまた!
用心棒
2016/07/17 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
『死亡遊戯』(1978)いまでも思い出す巨人カリーム・アブドゥル=ジャバーとの死闘! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる