良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ウォルマート』(2005)儲かるのは会社だけ。従業員の生活と地元経済は壊滅!

<<   作成日時 : 2012/02/22 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 日本もアメリカも大企業のお偉方の最大の関心事は自分の任期中の株主総会を上手くやり過ごすことです。そのために必要なのは売上・利益・顧客数などが前年度より純増していくことか、メーカーならば新技術の実用化が肝要になります。

 この4点セットをクリアすれば、そして会社ぐるみの不正スキャンダルがなければ、彼の椅子は安泰です。昔と違い、強欲な株主たちは大幅な配当を要求するので、すぐに当座の利益を出す必要性に迫られる。

 手っ取り早く、利益を出すために利用されるのがリストラであり、給料を含めた人件費の削減であり、福利厚生のカットであり、サービス残業と言われる強制労働です。

 不景気な世の中では地域の就労層の基盤である三十代から五十代だけではなく、大学生たちまでが本来働きたかった会社に就職出来ず、希望とは程遠いような入れた会社で働かなければならない。

 大学を卒業しても、就職が決まらない学生もいるようです。ニートや国民保険料や年金の滞納の問題は深刻だが、すべて若い人たちのせいとは思わない。

 払えない環境を作っているのは自民以来の政策のためでしょう。少子化や高齢化をヒステリックに騒いでいるが、子供を育てにくい環境を放置し、年寄りばかりを優遇する制度を作り出したのは自民党ではないか。続く民主党も代わり映えしない。自分たちの選挙のことしか頭になく、国の大計を図る暇はないらしい。

画像


 我が国でも労働実態が社会問題化していますが、世界一の小売業者であるウォルマートでも奇妙な出来事が起こっている。会社は大儲けしているのに、社員やパートの従業員は赤貧の暮らしに喘いでいる。

 ウォルマートの規模は全世界で年商40兆円を超え、店舗数は7200以上、従業員数は210万人に達する。彼らは南米や中国での徹底的なコストダウン、福利厚生を顧みない従業員搾取と組合運動の殲滅、地元商店街の破壊、事実とかけ離れた虚偽のイメージ戦略により、その存在を強固にしていく。

 コストダウンには南米や中国の安い労働力が無慈悲に使われる。真夏に扇風機も当たらないような劣悪な労働環境で満足な給料も住居も与えられずに朝から晩まで低賃金で働かされ、サービス残業や文書改竄を強いられている。

 このような現実には思わず目を背けたくなるかもしれない。または他人事だから、気にもとめないという者もいるだろうが、大量生産の格安商品がマーケットを荒らすと自国の産業が打撃を受け、倒産が増えて、結果的には消費者だったはずの者が失業者に変わってしまう。

 発展途上国を食い物にする現状は百年近く前の悪名高い富岡製糸工場や女工哀史という言葉を思い出させる。疲れきった中国のウォルマート現地法人工場で働く労働者がカメラのインタビューで観客に問いかけてくる。

 「なぜそんなに商品が安いと思いますか?われわれが低賃金で搾取されているからですよ!」と怒りの声を上げるが、アメリカ人に彼らの叫びは届くのだろうか。

画像


 儲かるのは創業者一族と一部の幹部のみで、他の者は奴隷に過ぎないという見事なまでの中央集権制の王朝なのです。なぜウォルマートだけが生き残り、誰からも悪事をばらされなかったのかというと、この会社は共和党に最大の政治献金をし続けているからです。

 創業者一族の資産は40兆円を超えるが、一族の年間寄付金は60万円という少なさで、年間収入の1パーセントにも満たない。ちなみにビル・ゲイツは年間収入の半分以上を寄付金として使っている。

 ごうつくばりの守銭奴で従業員と買い物客の生き血をすする化け物というのがこの会社の正体のようです。犯罪発生の多さや環境意識の低さもかなり報道で取り上げられているようで、駐車場のセキュリティが杜撰で、多くの買い物客を犯罪被害者にしている。

 強盗・ひったくり・殺人・傷害・強姦被害が多発していて、原因を把握しているにもかかわらず、経費をケチり、何も手を打たない。監視カメラが見ているのは従業員の組合運動の動きのみであり、顧客の安全はまったく考慮されていない。

 いつまでも横暴が続くわけはなく、ネット社会の到来により情報が共有化されることで、これまで隠し通してきた膿が一挙に噴き出し、従業員や市民運動による訴訟問題や環境破壊報道、ドキュメンタリー映画の公開や報道でのアンチ・ウォルマート・キャンペーンのため、ウォルマートは新規出店に苦戦し、数十店舗の出店が行政と市民運動により禁止されてしまいました。

 地元社会と共存共栄できない小売り業者に繁栄はない。さすがに最低最悪なイメージが強くついてしまったウォルマートはハリケーン・カトリーナによる甚大な被害を受けたニューオリンズへ最大の規模の救援物資を無料提供したそうですが、今さらの感は拭えない。

画像


 こうしてアメリカの実情を描いているこの作品に対して大きな怒りを覚えますが、翻ってわが国の大企業がやってきたことも地元商店街潰しなのです。顧客としての巨大ショッピング・モールはとても魅力的で、一度に買い物が済ませられるので、とても便利で合理的です。

 共働きで時間に余裕がないわが国ではスーパーやショッピング・モールはなくてはならないのも確かです。どうやったら皆の生活が上手く行くのだろうか。

 フルタイムのパートの平均年収は170万円で、これで家族を養わねばならない。贅沢をしなければなんとかなると思うのは大間違いで、彼らの住むアメリカには国民保険制度はなく、会社ごとにある異常に高い保険制度の料金を支払わされることになる。

 生活するのも苦しい彼らには病気になるのも許されないのです。お金がないので、お昼休憩でもランチにありつけず、ボーッと椅子に座り、休憩時間を過ごす。

 医療保障が最悪なこの会社では会社の指示で、社員やパートタイマーに国から生活保障を受けるようにレクチャーする。会社が本来担うべき社員の福利厚生を自治体や国家に肩代わりさせようという卑劣で悪質な体質を隠しているのがウォルマートだということが明らかになってくる。

 なぜ値段が安いのかは従業員の生き血を吸っているからという答えが出てきます。こんな状態でもこの企業は解雇をちらつかせて、従業員を脅しながら、彼らに笑顔を強要する。

画像


 サービス残業と低所得、男女差別に人種差別とクズとしか言いようがない。全米で30件以上の従業員からの集団訴訟を起こされているのが実情なのを見ると、いかにマスコミの特集などはプロパガンダのようなもので、経営側の一方的な美辞麗句を並べているだけに過ぎないのかが分かる。

 税制面ではかなりの優遇を受けていて、出店するときの電気や水道のインフラはすべて自治体が負担して彼らを迎え入れているのに、出店し周りのお店を破壊しつくした後には市民税を払わなくてもいい地域で再出店して、もとのお店は閉店してしまい、巨大な廃墟のみが放置される。

 社外に向けては健全な体質をアピールするが、待遇改善を求める組合潰しは露骨で、従業員同士を仲違いさせるのに躍起になっている。地元経済の崩壊は深刻で、ウォルマートの出店で従来の職場を失った人々が生活のために仕方なくウォルマートに最低賃金で勤める。

 ウォルマート以外の小売業はすべて倒産してしまっているので、低所得はまたウォルマートで買い物をせざるをえない。ただでさえ少ないお金が再びウォルマートに戻っていくという悪魔の錬金術がアメリカの郊外の地域で横行している。

 仮に生活をきちんと保障した上ならば、自由競争の世の中では他者から責められる謂れはありません。しかしながら、従業員を食い物にし、自治体にまで負担を強いるようでは存在する意義はない。

 安売りを支えるのは中国を始めとするアジア地域の安い労働力である。モラルの欠片もないあの国のがウォルマートの生産を支えている。大量にゴミが出ると、平気な顔をして不法投棄する始末で、この映画を見た後ではウォルマートにたいしては最低最悪の印象しか残らない。

総合評価 70点


Wal-Mart: The High Cost of Low Price [DVD] [Import]
Disinformation
2005-11-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wal-Mart: The High Cost of Low Price [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



松嶋×町山 未公開映画を観る本
集英社
町山 智浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 松嶋×町山 未公開映画を観る本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、お久しぶりです。忘れられちゃったかもしれませんが、変なHNの豆酢です。フランスより帰国以降、いろいろごたつきまして、自分もブログも別所に引越しをしてしまいました。
現在、ブログのリンク状況の確認作業を行っております。「舞踏会の手帖」よろしく、昔交流くださった方々を訪ね歩いている状態ですね。
用心棒さんが力のこもったレビューを書き続けていらっしゃるお姿を見る事が出来て、本当に嬉しく思っています。
このドキュメンタリーは未見なのですが、以前、「インサイド・ジョブ」を観た時に知った“アメリカ式自己チュー資本主義”の実態を思い出しました。ウォルマートの良くない噂はなんとなく耳にしていましたが、これほど悪辣だったとは。しかし、翻ってみれば、原発事故以降の大企業と政府の行動もまた、たぶんにウォルマート的であるともいえますよね。暗澹たる気分です。

実は、自分のブログからよそ様へTBやコメントを差し上げるのは止めようと思っているところです。私がこちらにコメントさせていただくのも、おそらくこれが最後になるでしょうが、用心棒さんのレビューはずっと拝読させていただきますね。これからもひっそりとよろしくお願いします。
豆酢
2012/03/01 09:28
 おひさしぶりです!

もちろん覚えていますよ!

 ブログをやっているとさまざまなゴタゴタに巻き込まれてしまうことも多々あり、いっそやめたほうが楽かなあと思いましたが、好きな映画のことを書きたい気持ちは強く、今でも続けています。

>TB

寂しくなりますが、お気が変わることがございましたら、お気軽にお声かけください。

追伸 コメントを受け付けてくださっているのであれば、遊びに行かせていただきますね。

ではまた!
用心棒
2012/03/03 00:23
用心棒さんお久しぶりです。ちなみに今年初投稿。最近映画館やレンタルビデオ店の糞従業員のせいで人間不信に陥り映画はもっぱら持っているDVDやビデオ、テレビ放送のみです。映画館ではシネコンで「ブラック・サンデー」を見に行った時の事。シネコンなので指定席で僕の見る席が占領されていて、前を通ろうとしたら、その席に座ってる奴に拒否され、従業員に言ったら相手にされず…。上映中だったから自己責任でしょうか?トラブルがあっても保身のために何もしないのでしょうか?だから開いてる席で観賞。それ以来映画館には行けず、一方レンタルビデオ店では予定日前に返却したのに延滞料を請求されました。返却した作品を確認して店員のミスだったが謝らず…。それ以来DVDは借りてません。でもこの記事を読んで勇気が沸いて来ました!訴訟は起こせませんが、抗議する事は出来るので、こういった仕打ちを受けても奴等と戦うつもりで映画館やレンタル店に復帰しようと思います!ほんとに最近の店や娯楽施設で働く奴等は最低な奴ばかり!なお「ウォルマート」は未見です。過激になってごめんなさい。
さすらいの映画人
2012/03/05 19:46
 こんばんは。

 おひさしぶりです。いやあ、最低な目に遭いましたね。映画ファンではない若いヤツラはバカばっかりだし、かといって年寄りも自己中が異常に多く、映画館に行くといやな目にあう確率は結構高くなっていますね。

 スタッフの人に不快な思いをしたことは今のところないです。この前もぼくは一番乗りでスクリーンに入ったのですが、かなりエアコンの温度が高く、スタッフの人に暑いから下げて欲しいことを伝えたら、すぐに下げてくれました。

 レンタル屋さんでも嫌な体験をしたことはないですが、コンビニは応対がなっていないことが多々ありますね。特に学生バイトはメチャクチャなのが普通になっているので、自動販売機くらいに思えば、腹も立たないですよ(笑)
用心棒
2012/03/06 00:33
どうも、久しぶりの果心さとるです。

町山智浩のドキュメンタリ映画で存在を知ったのでしょうか?

私はこの映画はまだ未見ですが、日本でも安い安い!ばかりが強調され、てめえらの命まで安くなっているのにようやく気付いた世間にはうんざりしますね。

すぐに東北のことについて、マスメディアはわーわー報道していますが、取材地が近い、お涙頂戴の話がとれる、ということで、ニュースソース目的だけで近づいているとしか私に思われませなんだな。
そんなに心配するんだったら本社を東北に移して取材すればいいのに、そんなことする会社はありませんがね。わたしもしません。
そして口だけの心配もしません。マスメディアみたいにがんばれ、東北とか安っぽい言葉は絶対に出さないようにしようと思います。

大体、見守って黙って手を差し伸べたらそれでいいのに。
「俺はこんなに助けてやってんだぞ、カネ出せ!」
みたいにしか今のマスメディアには見えない。

因みに自民党を圧勝させたのは小泉だがその下で踊らされていたのは、マスメディアだったのをお忘れなく。

その自民党を大圧勝のおかげて安い安い、世の中がより前進して、中国、韓国にどんどん追い抜かれているのは政治の悪口ばかり書いている

マスメディア

ということをお忘れなく。

では。

果心 さとる
果心 さとる
2012/03/11 12:50
 こんばんは。

諸悪の根源はマスコミでしょうね。中共のイヌであるかれらは日本がまとまらないように仲たがいさせるのが仕事ですものね。

東北の人を助けろという一方で、農作物や瓦礫処理が地元に来ると分かった途端、そんなものは持って来るなとヒステリックにわめく地元民を見るにつけ、日本もトコトン腐ってきたなと実感している毎日です。

沈んでいく船に乗っているのが分かっているのに何も出来ない自分に自己嫌悪しますね。

ではまた!
用心棒
2012/03/12 00:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ウォルマート』(2005)儲かるのは会社だけ。従業員の生活と地元経済は壊滅! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる