良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『J・エドガー』(2012)アカデミー賞から無視されたクリント・イーストウッド最新作。

<<   作成日時 : 2012/02/06 21:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 4

 カルビン・クーリッジ以来、フーバー、ルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、そしてニクソンと8代で約50年に渡り、彼ら歴代アメリカ大統領たちの数多くの秘密を握っていた悪名高いフーバーFBI長官の名前をはじめて知ったのは今から25年くらい前でした。もちろん学校の世界史などでは出てくる名前ではなく、ドラマが最初でした。

 たしか全4巻程度のテレビドラマ・シリーズのケネディ大統領を扱った大河ドラマのビデオを見たときに、彼の名前が何度も登場しました。このときも大統領を補佐する立場の官僚という枠を大きく逸脱して、ケネディ兄弟やマーチン・ルーサー・キング牧師を忌み嫌い、セックス・スキャンダルで脅迫するような権力欲の塊のような稀代の悪役という設定だったような記憶があります。

画像


 そういったドラマでの印象のためか、フーバーという人については影の権力者でアメリカの裏社会やタブーを知り尽くしたダーティで強大な役人のイメージが強い。

 今回、クリント・イーストウッド監督の作品を観る前はアメリカ現代史の闇や恥部をさらけ出すような異色の作品をなぜこの大統領中間選挙前のタイミングで公開したのかを解りかねていました。

画像


 作品の出来が素晴らしいのであれば、アカデミー賞では完全に黙殺されたのは政治的なバイアスがかかることを回避したかった映画業界全体の思惑だろうかと深読みしてしまう。

 共和党、民主党のどちらかの陣営に有利に働かないようにする気配りだったのかも知れないという感じです。が、本来はそういうことを判断するのは有権者であり、臭いものに蓋をするような姿勢は表現の自由とは程遠く、極めて保守的なのではと憶測することも可能です。

画像


 しかし、それは作品の出来が素晴らしいという前提に基づいての話となります。ニュースでこの映画がノミネートから外れたということを何度も流れていましたが、じっさいに中身を見てしまうとなぜアカデミーがこの作品をノミネートから除外したかが解る気がします。

 クリント・イーストウッド監督作品で主演がレオナルド・ディカプリオです。彼はつくづくアカデミー賞に縁がない俳優です。この作品での彼の見た目は若い頃から老け役までを上手く演じているように見える。

画像


 作品名は“フーバー”ではなく、“J・エドガー”となっていますので、パブリック・イメージの彼を描くのではなく、知られざるプライベートの個人的な彼を描こうとしたのでしょうか。

 作品のテーマがよりフーバーの信念の深奥に迫るような重厚な趣を持っているのであれば、アカデミー賞向きに思える映画なのですが、ホモ・セクシャルっぽいバディ的描写や女装趣味などの性的嗜好が色濃く、個人的すぎたりといろいろな要因が重なっているのでしょうか、ご承知の通り、今回はノミネートすらもされていない。

画像


 映像の作り自体は良く出来ています。色調が薄暗く統一されていて、ノスタルジーも感じさせる綺麗な映像をずっと見ていられるので、美しい映像の作り方を楽しめる作品にはなっている。

 問題は前述したようにマイナスの感情が働いてしまう描写が多いのです。過剰なまでのマザコンぶりを映し続けるカメラ、ホモ・セクシャルや母親の臨終時に女装して悲しみに浸る図は不気味でしかない。

画像


 ノミネートからも除外されるほど酷い作品ではありませんが、出ても賞賛に値する作品とも思えない。何が中途半端なのだろうと色々考えていくと、すべてにおいて“浅い”からではないかという答えが出てきました。

 8代に仕えたフーバー長官のエピソードから今回映画に使われたのは(原作は未読。というよりこの作品には原作はないようです。)司法局の局長になる前に起こった、FBI設立のそもそものきっかけとなったミッチェル・パーカー司法長官の自宅爆破事件と顛末、フーバー大統領からルーズベルト大統領時代にかけたのリンドバーグ愛児誘拐殺害事件とその影響、ケネディ兄弟とキング牧師への攻撃、ニクソンへの脅威というところに焦点を当てている。

画像


 また個人的な関係については愛情過多の母親、ホモにしか見えないクライド(アーミー・ハマー)、個人秘書のヘレン(ナオミ・ワッツ)の三人しか登場しない。有名人なのに人間関係が異常なまでに少ない。このへんが彼をよりミステリアスな人物にしているのかもしれない。

 作品中に『民衆の敵』がフィルムで流されるシーンがあり、この映画の上映時にはまだギャングに人気が集まっていたのが、数年経つと観客がFBIの活躍に拍手するまでになっているのが興味深い。彼はマシンガン・ケリーの射殺やリンドバーグの息子の殺害事件を解決に導くという現実の活躍だけではなく、マスコミを利用してイメージを高めていくという現在の政治手法の先駆けとも言えるやりかたを実践している。

画像


 彼の功績といえば、指紋採取や筆跡鑑定の専門家などをスタッフに雇い、FBIに科学的な捜査手法を持ち込んだことが挙げられます。ただし盗聴を合法的に使用するだけではなく、自分の地位や組織の維持と強大化のために害になりそうな人物についてはあらかじめ盗聴したり写真を撮るなどして、相手を黙らせるというダーティなやり方を徹底していく。

 彼の思想は反共で貫かれていて、自分の理解できない者は皆反共の過激派というレッテルを貼っていき、排除していく。冷戦構造の中では彼の考え方はアメリカの国防意識と利益とも合致していたので、大概のことは彼の思い通りに進んでいったのでしょう。

画像


 業界はノミネートすらしないで、この映画を見てみない振りをしました。よって作品を判断するのは観客に任されたということなので、各々が本当にこの映画がノミネートにすら値しない代物なのか、素晴らしい作品なのかを判断したい。

 性的嗜好がノーマルではない人として描いているので、好き嫌いは分かれるでしょう。クリント・イーストウッド作品としては特筆するような素晴らしさがあるわけではないし、フィルモグラフィでも光が当たる作品にはなりえないのでしょう。それでも観客を二時間半に渡って惹きつける何かがあるのも確かです。30人以上いた観客は誰一人帰りませんでしたし、ほとんどの人は関西人にしては珍しく、エンド・ロールまでを見続けていました。

 総合評価 70点


FBIフーバー長官の呪い (文春文庫)
文藝春秋
マルク デュガン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FBIフーバー長官の呪い (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ケネディ(3巻組) [VHS]
コロムビアミュージックエンタテインメント
1989-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ケネディ(3巻組) [VHS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ダーティハリー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダーティハリー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「J・エドガー」
日々恙無く暮らし、お雛様も飾り、庭に植えたクリスマスローズの蕾がほころび始め、チューリップの芽も出始めて、出勤前にささやかな喜びにニンマリしているけれど、トキメキ映画がなければ、ブログアップする気も起きないこの頃。不定期アップになりそう。そんな私が久々に劇場に足を運んだ映画。J. EDGAR 2011年/アメリカ/137分監督: クリント・イーストウッド 脚本: ダスティン・ランス・ブラック 撮影: トム・スターン 出演: レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー... ...続きを見る
寄り道カフェ
2012/03/22 13:25
みつよしが選ぶ! 21世紀の偉大な映画ベストテン(予告編付き)
 先日、イギリスの放送局BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100(The 21st Century's 100 greatest films)」を発表しました(※)。  さすがに現在の私には100本を選ぶ気力も体力も知識もありませんが、昨年(2015年)10月にこのブログで公開した「これぞ傑作! 私の… ...続きを見る
みつよしのプロダクションノート
2016/09/05 19:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本作がノミネートから外れたってのは、本作をみてなるほどなって思いましたね。他のノミネート作品をみると夢やロマンや勇気を描いた作品。落ち目のアメリカの神経を逆なでする作品ともいえる。エドガーの足跡、彼の論理ってまさに超大国にのし上がっていったアメリカと重なってくる。しかしノミネートどうこうよりも、誠司の中枢にストレートに球をなげるなんぞ、イーストウッドのエネルギーには脱帽します。ディカプリオの眉間に皺の熱演には些か食傷気味ではありますが(笑)
同性愛も含め、アメリカ社会の抱える問題を抑えたタッチながら掬い上げているのも見事。超大国の内面にはどれほどの病んだ精神が潜んでいるか。アメリカの実態を曝け出した作品だとも受け止めました。
シュエット
2012/03/22 13:24
 こんにちは!

悪い作品ではありませんよね。本文でも触れましたが、関西人の観客がほとんどエンド・ロールが終わるまで見入っているという光景はあまり見かけませんので、みな何かしら思うところがあったのだろうなあと感心しつつ、映画館を後にしました。

 考えさせる内容をぶつけてきたので、アカデミーというお祭りには合わなかったんでしょうかね。

 ではまた!
用心棒
2012/03/22 13:48
こんばんわ。
他の方の英文学に関する記事ですが、アングロサクソンでは男の世界は文学の裏世界であり、現実。ですので、お天道様の栄誉とは別物という文化なのではないでしょうか?
http://senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2016/09/post-df2b.html
あ!台彎出身のアン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」で監督賞がありましたね。男の世界ということでは。


きやらはん
2016/09/15 21:55
こんばんは!

マッチョな世界を良しとして正当化する風潮はずっと続いてきましたし、日本でもオカマタレントがどんどん増えてきたのはここ10年くらいですよね。

ただよく見ると『ワイルド・バンチ』などでもアーネスト・ボーグナインが死に際にホールデンに向かって、這っていくさまはホモっぽいなあと思いながら見ていました。

>ブロークバック
あれ、衝撃的でしたね。まあ、日本でも戦国時代、戦場ではお小姓はそっち方面のための御付きですし、森蘭丸などは有名です。

>男の世界
なんか違う響きに聞こえてきましたww

ではまた!
用心棒
2016/09/16 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『J・エドガー』(2012)アカデミー賞から無視されたクリント・イーストウッド最新作。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる