良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドクター・モローの島』(1977)子どもの頃に見て、エンディングがメチャクチャ怖いと思った映画!

<<   作成日時 : 2011/11/13 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 16

 『ドクター・モローの島』は小学生から中学生のころに何度も放送があり、そのたびにテレビを見ていました。僕らが見たのはヒロインのバーバラ・カレラが遺伝子操作の薬品が切れて、牙の生えた野獣に戻っていき、ドクター・モローのバート・ランカスターによって獣人にされかけていたマイケル・ヨークが人間として文明世界に戻っていくという皮肉なバッド・エンディング・ヴァージョンでした。

 このエンディングの印象が非常に強い作品だったので、数年前にCSで放送されたときに“来るぞ!来るぞ!”と身構えていたところ、何も起こらずにハッピーエンドのように終わってしまって、イスからずり落ちそうになりました。

画像


 この映画にはじつは別パターンのエンディングがあり、放送されたのはアメリカ公開版で、アメリカ版では最後のボートでの変身シーンがなくて、そのまま漂流していくという終わり方なのでした。

 このときの脱力感が尾を引いて、結局今日まで四年間以上書けないままでした。ちょっと前にゾディアック事件に興味を持ち、何枚かのDVDを見ていたうちに『猟奇島』のDVDを購入しました。

画像


 それがきっかけとなり、島つながりで『獣人島』が頭に浮かび、「そういえば『ドクター・モローの島』って、この『獣人島』のリメイクだったなあ…」と、ふとこの作品も気になっていき、Amazonやヤフオクで探してみたところ、DVDまでがまさかのハッピーエンド・ヴァージョンのみで、バッド・エンディングのほうは収録されていないことを知りました。

 この作品に関してはバッド・エンディングのヴァージョンでないと印象には残りにくい。獣人への変化があるからこそショッキングだったわけで、ここをカットしてしまうと作品のレベルがダウンしてしまいます。

画像


画像


 はじめてモロー博士の作り出した獣人たちを見たときは非常に怖かったのを覚えています。まあ、昨日の晩に久しぶりに見ていると、特撮の粗さが目につき、ゲンナリしてしまいますが、アイデア一発の映画ですので良しとしましょう。言いたいことは人間が神になろうとすることの傲慢さとその報いがどうなるのかという警告にも見える。

 DNA操作による新種開発は今でこそ政治的で倫理的にはとてもデリケートな問題を含むが、当時は普通にSF題材のひとつとして機能していました。原作はH・G・ウェルズなのですが、この人って、いったいどんなセンスを持っていたのでしょうか。

画像


 遺伝子操作を伴う食糧問題も含めて、数十年先、100年先に大きな問題になることをなぜ大昔に予見しえたのでしょうか。預言を寓話のような味付けをして、斬新な題材を分かりやすく小説化する想像力はどこか人智を超えている。

 それにしても、人間を野獣にしたり、野獣を人間に進化させて新たな生命体を造り出す生体実験という発想はいつからSFの空想上の設定だったのが現実に起こり得る脅威に変わったのだろうか。

画像


 生命を造り出すことが許されるのは神のみであるという考え方が支配的だったであろうウェルズの時代にあっては彼の小説は保守的な地域や教会関係者にとってはどれもスキャンダラスだったことでしょう。

 SFの定番登場人物となるマッド・サイエンティストが主役のこの映画も“典型的”な作品であり、そもそも『獣人島』のリメイクでもあるのでオリジナリティに溢れているわけではない。

画像


 しかしながら長い間に渡り、惹きつけられる魅力はどこにあるのだろうか。『猿の惑星』『2001年宇宙の旅』を見た後ではこの作品の特殊メイクは陳腐で安っぽく、子供騙しに思えます。

 ただぼくがこれをはじめて見たのは小学生の低学年の頃でしたので、見事に子供騙しに引っかかったのでしょう。ヒロインが凶暴化して主人公に襲いかかるであろうクライマックスはハッピーエンドに慣れたぼくには鮮烈な思い出を残し、幅広い表現方法への免疫の役割を果たしてくれました。

画像


 小さい頃に打った予防接種みたいなものだったのかもしれません。子どものときの注射って、かなり痛かったが、実際に同じ注射を大人になってから打っても、そんなに痛みもない。

 最近の映画を見て思うのはトラウマになりそうな作品に出会えないなあということです。画一的というか、後々のDVD化も含めて作品を製作しているような腰が引けたものが多い。もしくは過激という名のスプラッターや過激映像で売り込もうとする俗悪な見せ物映画ばかりで、しかもCGを使いまくるためにリアルさがまるでない。リアルさだけではなく、血が通っていない作品をレンタルでよく見るのもなんだか寂しい。

 この作品は名作と言うわけでもないのに何度もリメイクされるのはなぜだろう。90年代にもマーロン・ブランドがモロー博士を演じた『DNA』が公開され、ぼくは見に行ってきました。

画像


 白塗りのマイケル・ジャクソンもどきのようなマーロン・ブランドはかなり気味が悪く、ぶよぶよしていておぞましかったのが印象に残っています。特撮技術が向上していたので見応えはありましたが、マーロン・ブランドのモロー博士が殺されて以降はまったく覚えていません。

 1977年度版に出てくる獣人はどうしても素晴らしかった『猿の惑星』の特殊メイクと比べてしまうので、トラウマのようにどこか心に引っかかってしまう。それでもぼくにとっては思い出に残る作品の一本であることに変わりはない。

総合評価 70点

画像



ドクター・モローの島 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドクター・モローの島 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



D.N.A. ドクター・モローの島 [DVD]
ギャガ・コミュニケーションズ
2007-12-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by D.N.A. ドクター・モローの島 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドクター・モローの島/神になりそこねた男
ドクター・モローの島THE ISLAND OF DR. MOREAU/監督:ドン・テイラー/1977年/アメリカ やっぱり70年代のSF映画はいいものだなあ…。 わたし、高階良子の漫画が好きだったんですよ。子供のころに友達から十数冊もらい、引越しのさいに全部処分し、大人になってから十数冊セットでヤフオクで落札、引越しのさいに全部処分し、結局自分でずっと所有することがないんですね、こう書いていてまた欲しくなってきたのでAmazonで検索してみたら中古160円とかだからまた買おうかな…。で、... ...続きを見る
映画感想 * FRAGILE
2011/11/18 20:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん、こちらははっきり覚えています。
確か、同時上映は、題名は忘れましたが、デビット・ジャンセン主演の航空機もののパニック映画でした。
「マンディンゴ」と同じ時期の公開だったような気がします。
わたしもラストシーンがショッキングでしたが、映画公開時には、スクリーンやロードショーなどの映画雑誌の事前の映画紹介で知っていたのでリアルなショックは緩められていたのですがバーバラ・カレラのメイクが他の獣人たちよりリアルであり、彼女の悲しい表情(わたしには、そう見えました)が、印象深かったことを覚えていますよ。
それにしても、エンディングが二種あるとは初めて知りましたよ。
ハッピーエンディングだと映画のレトリックが活かされずに中途半端な作品で終始したものになってしまいそうですね。
では、また。
P.S.
「蛇娘と白髪魔」DVDが届き、44年ぶりに鑑賞しました。不思議にも6シーン以上は、幼いときの記憶とピタリ一致し、自分でも驚いているところです。
トム(Tom5k)
2012/04/17 21:32
こんばんは!

ドクター・モローって、子どもの頃にしょっちゅうテレビ放送されていましたね。

平成になってからはテレビで見た思い出がまったくないので、80年代までのSFだったのでしょうかね。

>中途半端
そうですよね。この映画はアメリカン・ニュー・シネマ的な終わり方をすることで、見た者に深く印象を与えることが出来ると思います。

>「蛇娘と白髪魔」
子どもの頃の記憶って鮮烈ですね。何気ないシーンをなぜか覚えていますね。ぼくもふたたびビデオで見ました。いま記事を書いているので、もうしばらくお待ちください。

ではまた!
用心棒
2012/04/18 00:36
最近、買ったDVDも、やはりラストシーンはカットされてましたが、エンディング曲だけは、悲壮感漂う曲の間々でした。「猿の惑星」に並ぶ、衝撃のラストだったのに。
プージ
2013/12/27 08:02
 こんにちは!

>カット
やっぱりDVDもカットされているバージョンなんですね。がっかりですねえ。

昔見た映画の衝撃的なラストシーンの中でも指折りのショッキングな幕切れだったので、ぜひともバッド・エンディングのラストをソフト化してほしいですね。

ではまた!
用心棒
2013/12/28 10:53
そうだったのか・・・。
たった今見終えましたが、僕が見たのはハッピーエンドの方だったんですね。ガッカリしました

>25日に撃ち込まれたとしても、デート中

デート。楽しんで下さい。
蟷螂の斧
2017/09/19 23:00
こんばんは!

>ハッピー
映画館まで観に行った場合はハッピーエンドが良いですし、家で見るときはたまにはバッドエンディングも良いですね。

局の編集の仕方によっては違う作品に見えることもありますし、邦題をわざと変えてしまい、新作に見せかけるという裏技もありましたねww

>デート
まあ、知り合ってから四年ですし、可愛い娘みたいなものなので、いつも振り回されていますよw

ではまた!
用心棒
2017/09/21 00:35
>バッドエンディング

もしかして、マイケル・ジャクソンのPV「スリラー」特にラストはこの映画のバッド・エンディングの影響でしょうか?
もしもそうならば、所見がバッドだった用心棒さんが羨ましい限りです僕の人生、そう言う事が多いんです。

>邦題をわざと変えてしまい、新作に見せかける

世の中、所詮・・・かな?

>知り合ってから四年ですし、可愛い娘みたい

用心棒さんの人生楽しそうです。
蟷螂の斧
2017/09/21 20:01
こんばんは!

>バッド
こればっかりはタイミングですよね。ただ当時は映画の終わりはハッピーエンドが普通だと思っていましたので、変な感じでモヤモヤするなあという気分でしたよw

>邦題
各局が契約を数年おきに結んで一本を回しているという状況だったようなので、仕方なかったんでしょうね。

>可愛い
今日の朝も二人でドトールに行ってカフェラテをすすりながら、モーニングを食べましたよw

さすがにこちらもスケベ心がないので安心して付いてきますよww

ではまた!
用心棒
2017/09/22 17:43
>変な感じでモヤモヤするなあという気分でしたよw

「スリラー」を知ってる人ならばニヤリでしょうか?

>各局が契約を数年おきに結んで一本を回しているという状況

それもまた稼ぐ知恵かな?

>こちらもスケベ心がない

ジェントルマンですな

>バーバラ・カレラ

この人は「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」の悪女役が秀逸です
キム・ベイシンガーを食ってしまいました。ついでにボンドも食った?
蟷螂の斧
2017/09/22 18:04
こんばんは!

>スリラー
あのPVをはじめて見た時は衝撃的でしたね。

>知恵
パッと見で新作かなと誤解させるテクニックは昭和ですなあww

>ジェントル
純粋な目で見られると薄汚れた僕ら世代でもおかしなことは出来ませんよwww

>食った
喰われたんでしょうねえw

ではまた!
用心棒
2017/09/22 19:40
>喰われたんでしょうねえw

でしょうね・・・

>薄汚れた僕ら世代

用心棒さんは若い頃(今も若いでしょうが)に色々やったんでしょうね

>あのPVをはじめて見た時は衝撃的でしたね

マイケルは、どれだけ稼いだのだろう?
でも早死には勿体無い

>特殊メイク

しかし・・・彼らと猛獣の格闘。
あれは、どうやって撮影したのでしょうか?
迫力があります
役者さん(あるいはスタントマン)は大丈夫だったのかと心配になります。
蟷螂の斧
2017/09/23 15:40
こんばんは!

とりあえず訴えられるようなことはしていませんww

>早死
ビートルズのメンバーもそうですが、いくら使いきれないほどの大金があっても死んでしまえば使えませんし、残った家族にもいい影響は与えないでしょうね。

>格闘
昔の映画って、どうやって撮ったのだろうという作品も多いですね。『猛獣大脱走』『ウィラード』なんかはどう見ても本物に火がついていますよねww

>僕ら世代
まあ、血のつながらない娘だと思っていますよw

ではまた!
用心棒
2017/09/23 22:38
>いくら使いきれないほどの大金があっても

2020年の東京五輪のスタジアムを考案して採用されたけど、その後却下された人も・・・

>とりあえず訴えられるようなことはしていませんww

文は人なり。用心棒さんならば大丈夫でしょう。

>バート・ランカスター

「フィールド・オブ・ドリームス」での演技が素晴らしかったですやっぱり名優です。
蟷螂の斧
2017/09/25 19:06
こんばんは!

>却下
亡くなりましたね。妙なデザインばかりの人でしたが、維持費とか大変そうですね。

>訴え
言った者勝ちみたいなところがありますから、基本は他人に関わらない方が良いということでしょうね。

>名優
年齢を重ねて、脇役になった人には独特の味がありますね。チョイ役で出ている人のほうに注目するときもあります。

ではまた!
用心棒
2017/09/25 20:07
>チョイ役で出ている人のほうに注目するときも

大映時代。勝新太郎や市川雷蔵の数々の主演作を見ると、「この人、よく見るなあ。」と思う役者さんがいますよね悪役専門の伊達三郎とか

>維持費とか大変そうですね

そこなんですよ五輪終了後、どうするんだろう?って感じです。
蟷螂の斧
2017/09/26 23:55
こんばんは!

>大映
各社、必ず端役で出演する俳優さんたちを大勢抱えていましたよね。みな社風を分かっているので、世界観にしっくりときていて自然な仕上がりになっていました。

>終了後
建設業は作る時と作った後のメインテナンスがあるので二度おいしいと言われていますね。

八ッ場ダムなんかもそうでしょうが、国の都合で作る時も大金がかかり、出来てからもメインテナンス代が半永久に掛かるので、建築系は仕事は無くなりませんね。既得権でしょう。

ではまた!
用心棒
2017/09/27 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ドクター・モローの島』(1977)子どもの頃に見て、エンディングがメチャクチャ怖いと思った映画! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる