良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ランボー』(1982)スタローンをロッキーとともに支えたランボー・シリーズの第一作目。

<<   作成日時 : 2011/11/05 19:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

 シルべスター・スタローンをはじめてテレビで見たのは30年近く前の『ロッキー』でした。そのときの印象は街のごろつきのような風貌で、ぶっきらぼうでゴニョゴニョ言ってて、何を言っているのか分かりづらい彼でした。このしゃべり方が逆にリアルで、庶民的でもありました。

 素人っぽさというか、ハリウッドの華やかさとは縁遠い風貌の彼は『ロッキー』のリングでスポットライトを全身に浴びて、一気にスターとなっていきました。この映画が意味したのはアメリカン・ニュー・シネマの終焉であり、時に安易なアメリカン・ドリーム復活の瞬間でもありました。

 それは彼のせいではありませんが、スタローンは手に入れたチャンスを逃さずに続けて『ロッキー2』を公開し、またまた大ヒットさせて、自身の地位の基礎を固めていきました。

画像


 ぼくがスタローン作品ではじめて劇場に観に行ったのは残念ながらロッキー・シリーズではなく、この『ランボー』でした。『ロッキー3』の公開は1982年の夏で、主題歌『アイ・オブ・ザ・タイガー』を歌っていたサヴァイヴァーのシングル盤はなんとか買いましたが、お小遣いでやりくりする中学生のぼくはこのシリーズよりも超話題作だった『ET』を選びました。

 『ランボー』は同じ年の暮れのクリスマス・お正月映画の目玉のひとつだったのを覚えています。オリジナル・タイトルは『FIRST BLOOD』で意味としてはどちらが先に仕掛けたかいうことのようです。先に手を出した方が悪くなるというのは刑法の常識ですが、仕返しもやりすぎると過剰防衛となってしまいます。

画像


 空手やボクサーなどの有資格者は素人相手の場合、たとえ向こうが悪くともやり返した場合は過剰防衛と取られてしまいます。この映画の場合もたとえ相手が先に嫌がらせをしてきたとしても、自身がグリーン・ベレー出身者でしかも戦場の英雄だとすれば、話は複雑になっていく。

 ベトナム戦争帰りの特殊部隊グリーン・ベレーの優秀な隊員、つまり人殺しのプロフェッショナルだったランボーは祖国のために戦ったはずなのに帰国すると非難され、職にもつけず、戦死した戦友の遺品を彼の家族に返す旅に出ている。

画像


 そんな彼に田舎の住民は冷淡で、警察も嫌がらせばかりする。ついに我慢の限界を超えた彼はひとりで州兵や警官隊と渡り合い、彼らに大打撃を与える。

 この復讐劇はベトナムに従軍して、傷ついて帰還した兵士たちの心情と不満を具体化した映画であり、派手な戦闘シーンはもちろん見所ではあるが、ただのアクション映画の範疇を超えて、生命を吹き込まれている作品です。

画像


 トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)との会話はとくに興味深く、軍に残れずに普通の市民生活に返らざるを得ないのに、ベトナムの人殺しとして後ろ指をさされ、まともな職につけなかった世代には一定の共感を呼んだのではないか。

 この映画が大ヒットしたのはそういった彼らベトナム世代の心情を上手く利用していたのとサバイバル・シーンや密林でのランボーの戦術の巧みさと表現のリアルさにあったと思う。崖から飛び降り、大木を伝って、国家権力と戦い、生き延びていく捨て身のシーンを予告編に使用していたCMは思い出に残っています。

画像


 残念なことに実際にベトナム戦争に従軍して、心身ともにボロボロになって帰還してきた兵士たちの間ではこの映画の評判は芳しくなかったそうです。それでもグリーン・ベレーで格闘教官をしていた柘植久慶氏は第一作目には好意的でした。

 ただし第二作目に関してはしょせんフィクションであり、基地の位置や防御体制について、著書で色々と苦言を述べられていました。沼地の中に基地があるのは守りにくいし、武器保管や衛生面を考えても湿地はおかしいという趣旨だったと記憶しております。

画像


 実際に『ランボー2』『ランボー3 怒りのアフガン』を見た人ならば同意してくれる方が多いでしょうが、第二作目と第三作目はランボーの哀愁が薄れ、派手なアクション映画になってしまっていて、ランボーも天才的な殺人センスが強調されすぎている。

 しかしこの第一作目のランボーはどこにも居場所がない傷だらけの帰還兵であり、ロッキーが賞賛を浴びたリングでの闘いではなく、世界中の人々が非難した密林での殺戮が勲章となった。ランボーは市民生活には戻れなくなっていて、阻害されているが、いざ、追われて森でのサバイバルになると活き活きとキャラクターが立ってくる。

画像


 サバイバルでの動物的な動きの敏捷さとのんびりした市民生活に同化できないイライラした姿のギャップの描き方は秀逸で、独白シーンのシリアスさと派手なアクションのバランスが素晴らしい。

 数多くのベトナム帰り兵士を題材にしたアクション映画がありますが、そのほとんどはすでに忘れられようとしている。そのなかでもこのランボー・シリーズ、なかでもこの一作目の『FIRST BLOOD』、そして『ランボー2 怒りの脱出』は今見ても色褪せていません。

 ちなみにタイトルはオリジナルの『FIRST BLOOD』よりも邦題の『ランボー』の方が好評だったため、二作目からはこちらがメインになりました。それでも下のほうには『FIRST BLOOD 2』と入っています。

画像


 帰還後に再び森に立てこもった彼はそこでは無敵で、多くの州兵や警官隊を傷つけ、結局は再びトラウトマン大佐に引き取られていく。

 その目は虚ろでストップ・モーションがかかり、センチメンタルなエンディング・テーマが鳴り響く。最近この映画をDVDで見ましたが、アクション映画というより、閉鎖的かつ排他的な田舎町のいざこざに巻き込まれただけにも見える。

画像


 ただ一方的に地元警察が悪いとも思えない。彼らは彼らなりの論理で愛する町にトラブルを起こしそうなベトナム帰りの兵士を追っ払おうとしただけなのです。その警察の若手に『CSI:MIAMI』のホレーショ刑事役でブレイクしたデヴィッド・カルーソーの姿を発見した時は思わずニヤニヤしました。

 保安官(ブライアン・デネヒー)も『コクーン』に出ていたような気がします。その後はロッキー・シリーズ同様に続編が作られ、結局4本のランボー映画が残されています。『ランボー2』も劇場まで観に行きましたが、さすがに三作目は行きませんでした。個人的には何故か『ナイト・ホークス』が印象深い。付け加えるならば『フィスト』もなぜか覚えています。上手くはないが、印象に残るアクション俳優という位置付けでしょうか。

 たぶんぼくら世代の映画ファンは、今となってはみんな彼のファンだったと公言するのは多少の勇気がいるでしょうが、10代半ばで映画好きになっていくきっかけになったのは『ロッキー』『ランボー』であり、シュワルツェネッガーの『ターミネーター』であり、ブルース・ウィリスの『ダイ・ハード』だと分かっている方は多いでしょう。

総合評価 85点


ランボー [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2004-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランボー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ランボー トリロジー スペシャル・エディション DVD-BOX (初回限定生産)
ジェネオン エンタテインメント
2009-02-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランボー トリロジー スペシャル・エディション DVD-BOX (初回限定生産) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ランボー 最後の戦場 [DVD]
ポニーキャニオン
2010-02-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランボー 最後の戦場 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ロッキー (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロッキー (特別編) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!「ランボー」シリーズハマりましたよ〜。近年この作品見ると警察の職権乱用に対する批判も感じられますね。スタローンのファンを公言するのには少々勇気がいると書かれてましたが、シュワちゃんやジャッキーも同様なのでは?でも僕はジャッキーのファンということを堂々と公言してますが(笑)また書き込みますね!
さすらいの映画人
2011/11/07 18:38
 こんばんは!
>職権乱用
この田舎町の警察の署内での取り調べシーンは凄かったですね(笑)

>勇気
映画ファンを長くやっているとだんだんヨーロッパ映画やアカデミー賞を取るような作品を必要以上に高評価しがちで、アクションやコメディや特撮を軽視する人が増えてくるような気がします。

楽しいものは楽しいと言える素直さを持ち続けたいと思っています。

ちょっと前にシュワちゃんの出世作やジャッキーの作品も書きましたが、ぼくも彼らのむかしの作品『ターミネーター』『ツインズ』『酔拳』『蛇拳』『拳精』は大好きですよ。

 ではまた!
用心棒
2011/11/07 22:02
トラウトマン大佐がランボーをショットガンで撃ち殺すエンディングも用意されてた様です。
パラダイス・アレイ
2011/11/13 08:51
 こんばんは!
>ショットガンで撃ち殺す
 実際、原作では最後に射殺されるという結末だったようですね。

 殺人マシーンに仕立て上げたトラウトマンがランボーを撃ち殺すというのは強烈ですね。

 なんかトラウマになりそうな結末ですし、それはそれで作品のレベルが上がっていたかもしれませんね。

ではまた!
用心棒
2011/11/13 18:11
1982年の「ランボー」(First Blood)が、全米各地の400館以上の映画館で、5月15日に一夜限りのリバイバル上映が行なわれることになり、新たにデジタル・リマスターで復刻したバージョンでは、ラストでシルベスター・スタローンのランボーが死んで終わる驚きのエンディングが話題になっています
ランボーが死んじゃう?!と聞けば、ビックリな感じですが、原作「一人だけの軍隊」では、ベトナムでの戦争体験で生きることに絶望したランボーが、結末で自ら死を選んだような描写で終わっていたはずなので、それが本来あるべき終わり方だったかもしれません。
野蛮なアクション映画シリーズと思われがちの「ランボー」シリーズですが、そもそも第1作「ランボー」は、ランボーの苦悩を通し、戦争と国家という大きなものに翻弄される個人のやり場のない怒りを描いた佳作であり、もし死んで終わっていれば、アメリカ映画の歴史に、今とは別な意味で残れた名作になっていたでしょう。
しかし、映画のランボーは生き残ってしまい、シリーズ化され、PTSDはどこへやら?というようなヒーローに変貌し、原作者のデヴィッド・マレルも調子に乗って、続編を書いたことで、原作のファンを裏切ってしまったわけですね。
http://www.youtube.com/watch?v=cg7wy4X0Y8c&feature=player_embedded
上記引用、ここで、観れます。Sガンじゃありませんでしたこのラストシーンから、あのテーマでもよかった。
パラダイス・アレイ
2011/11/13 19:09
 こんばんは!

たった今、見てきました!すごいですね!

あのテイクを使っていたら、80年代ベスト10に入っていたかもしれませんね。

You Trained Me.
あんたは俺を作り上げた。
You Hate Me.
あんたは俺を憎んでる。
You’ll Kill Me.
だから、あんたは俺を殺すんだ。

みたいな感じでしょうか。

救いのないエンディングでしょうし、続編を作れなくなるので、お金には結びつきませんが、彼の地位は間違いなく上がっていたでしょうし、いまよりもっと尊敬されていたかもしれませんね。

あれだけの騒乱を起こしたのに、すっと終わっていく公開版のエンディングにはちょっと収まりが悪いなあと思っていたので、あのテイクのエンディングをみて、納得がいきました。

貴重な情報を教えていただきまして、ありがとうございました。

ではまた!
用心棒
2011/11/13 21:32
http://www.youtube.com/watch?v=-wjMilEXPJE
このED曲もこのエンディングを歌ってる気がしてなりません。
いずれにしても大好きな映画に変わりはありません。
パラダイス・アレイ
2011/11/13 22:30
こんばんは。

さまざまな思惑が絡み、修正する部分はされるけど、気がつかなかった部分が残ったりして、何度も見たファンだけが色々な矛盾点とか痕跡に疑問を持つのかもしれませんね。

30年近く経った映画について、今日になって理解度が深まることもあるのが楽しかったです!

ではまた!
用心棒
2011/11/13 23:12
こんばんは。

私は、映画としてあくまでも主役主観で鑑賞するようにこころがけているのを除いても、ランボーに同情します。警官は偏見が強く、構うなとう彼を見下し、必要以上に追いすぎた、事を起こす前に何の根拠もなく、排除するという、ある意味での私は職務怠慢であると想います。ちっとムキになりすぎかな(笑)。

とても衝撃的な作品でした。劇場で鑑賞しましたが、アクションだと想ったら反戦映画。

国の為に戦ったはずの彼らへの目。そして、
あの大佐相手に泣き言を言うランボー、そこが核だと想います。

みごとな反戦映画だと想います。
イエローストーン
2011/11/29 17:43
 こんばんは!おひさしぶりです!

この映画には思い入れの強い方が多いでしょうね。80年代の作品中では衝撃的でした。

その後、どんどんと続編が制作されて、第3弾が公開されるころにはレベルが下がってしまいましたが、この映画の価値が下がるわけではないでしょう。

>反戦映画

そうですね。アクションという範疇ではありませんね。

ではまた!
用心棒
2011/11/29 19:26
S・スタローンの持つ「力強さ」と

アクション俳優らしからぬ「哀しげな雰囲気」を

生かした作品であるという印象を受けました。

2作目以降が色あせてしまったのは

「力強さ」ばかりが取り上げられ

「哀しげな雰囲気」が無視されてしまったせいで

強さのみを高める方向へと進んでしまったからでは

ないでしょうか。

これからもよろしくお願いします。 
GHM
2012/05/01 23:40
 こんにちは。

>哀しげな
そうですね。力強さと哀しさが同居している作品は厚みが増してきますので、繰り返し見ることが出来る作品になります。

 ランボーもロッキーも最終作は初心に戻ったようで、見応えのある作品に仕上がっていて嬉しかったのを覚えています。

 こちらこそよろしくお願いいたします。

ではまた!
用心棒
2012/05/02 14:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ランボー』(1982)スタローンをロッキーとともに支えたランボー・シリーズの第一作目。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる