良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハイキック・ガール』(2009)武田梨奈ちゃんはアクション界のニュー・スターになれるか?

<<   作成日時 : 2011/10/25 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 最近、レンタル屋さんに行くと若いギャル風やセクシー系グラドルらしき女の子を無理やりアクション映画や突飛なSF&劇画チックの映画に出演させて、チープなパッケージのジャケットで勝負しているジャケ借りの作品を棚に並べているのをよく見かけます。

 そんななかにあった一本がこの『ハイキック・ガール』及び『KG』でした。主演はどちらも武田梨奈で彼女は女子高生で、しかも黒帯を持つ本物の有段者で全日本チャンピオンでもあります。格闘シーンでの腰の入れ方もしっかりしていますし、作り物ではない動きの切れもある。

画像


 パッケージにあるようにあの高さまで足を上げて、ハイキックをかまし、アクションの殺陣をやり続けるのは素人では無理があるし、スタントを立てるだろう。もちろん彼女はボディ・ダブルなしですべてのシーンを自身で演じている。

 ルックスも切れ長でキツメの眼が凛としていて、媚びていない。気の弱い男たちには支持されるかもしれません。とてもスレンダーな女の子なので、これから20代中盤になるにつれ、色気も増してきたら、アクション女優として特異な地位を築く可能性を秘めています。

画像


 問題は演技がまだまだ拙く、棒読み口調なのが気になりますので、しっかりとした演技メソッドの中で修行を積めば、個性的な特技を持っているわけですから、大化けするかもしれません。個人的には『告白』『アバター』で主演を務めた橋本愛とともに注目している若手です。

 ただせっかく空手チャンピオンという本物の魅力を持っている彼女なのに、出た映画の演出と脚本が酷すぎて、半分も魅力が伝わっていない。彼女の個性は派手な演出よりも控えめの方がより分かりやすく出そうな気もします。

画像


 彼女を台無しにしてしまったのが演出です。やたらと繰り返すリプレイのスローモーションが致命的に下世話で鬱陶しく、せっかくのスピードを失わせ、作品を停滞させてしまっている。

 劇画タッチを狙ったのでしょうが、脚本も上滑りで現実離れし過ぎていて、感情移入するのは非常に難しく、奇を衒ったのか、普通にストーリーをまとめられていませんし、何がしたいのかがさっぱり理解できません。

 共演者にAKB48・チームKのキャプテン、秋元才加も出演し、両者の格闘シーンも出てきます。秋元も合気道経験者なので、型はしっかりしていますので、安心して見ていられます。

画像


 彼女たちのみではなく、格闘シーンに登場する演者は武道経験者のようなので殺陣は素晴らしいのですが、さきほど言いましたようにいちいちリプレイとスローモーションが出てくるので、逆にチマチマした作り物のように見えてしまう。素材をまったく活かせていない的外れな演出にはムカムカしてきます。

 演者の殺陣の技術が優れていてもそれだけでは良いアクション映画を撮れるわけではありません。基本は監督がどのような方向性とセンスを持って、作品のレベルを上げていけるかだと思います。

画像


 千葉真一主演で『直撃!地獄拳』などの一連の東映アクション映画を撮っていた石井輝男監督や北村龍平監督ならば、もっと彼女の魅力を引き出せたかもしれません。

 つまり武田梨奈に必要なのは演技訓練と良い監督にめぐり合うことでしょう。まだまだやせっぽっちでおとなしい素人少女の雰囲気が抜けない彼女ではありますが、それがまた魅力でもあります。

 主題歌も彼女が歌っていますが、ギャルっぽい歌声がかなりギャップを感じさせます。

総合評価 43点


ハイキック・ガール! [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハイキック・ガール! [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



KG KARATE GIRL【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2011-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by KG KARATE GIRL【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



女忍 KUNOICHI<通常版> [DVD]
ポニーキャニオン
2011-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女忍 KUNOICHI<通常版> [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



武田梨奈 AngelRina【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2011-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 武田梨奈 AngelRina【DVD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
用心棒さん,こんにちは。
本作,レンタルDVDソフトにて観賞致しました。
コレ,カメラや脚本がヒドイですね。
始まってスグに「しまった!」と感じてしまいました。おそらく詳しいストーリーに関しての御記憶は今となっては定かではなくなっておられるかと存じますが,ヒロインがクライマックスにおいまるで活躍しなかったり,強敵悪役キャラらしき人達が登場するも全然魅力が無かったりと,いいとこなしの作品でした。
1970年代のTVの青春ドラマの方がシッカリしている感じであります。
外国のアニメ・ファンが日本製のアニメを評価しつつ日本製映画は何故駄目なのか?と疑問を呈したりしているのをネット上で見ておりますと,このような作品はいったい誰がどこで間違えたのだろうか?と思ってしまいますデス。
snowman
2014/05/04 18:47
 こんばんは!

>記憶
はい!ほぼ覚えていません(笑)

せっかく有段者をそろえているのにまったく分かっていない演出が大幅に加えられていて、的外れもいいところでしたね。

>日本映画

ダメ要素を100とすると、たぶん脚本が70パーセント、演出が30パーセントでしょうか。

演技がだめでもストーリーがしっかりしていて、映像にセンスがあれば、作品の本質は伝わりますので、製作するときにもっと脚本を作り込み、ただ撮ればいいという製作時間の少なさを解消すれば、質は上がるのではないでしょうか。

予算がないからといって、商品を作ってしまえば、納期には間に合うのでしょうが、結局はすぐに忘れられるゴミにしかなれないのでは。

ではまた!
用心棒
2014/05/04 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ハイキック・ガール』(2009)武田梨奈ちゃんはアクション界のニュー・スターになれるか? 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる