良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マンディンゴ』(1975)アメリカのタブー“奴隷牧場”を暴いた問題作!『ルーツ』の裏側を知れ!

<<   作成日時 : 2011/10/25 01:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 6

 60年代後半から70年代中盤にかけてのアメリカ映画界で、『トラ・トラ・トラ!』で知られるリチャード・フライシャー監督が撮った問題作はふたつほどあり、一本はつい先日、記事にした『絞殺魔』であり、もうひとつが1975年公開の『マンディンゴ』です。

 ハリウッド映画ではメジャーであるパラマウントがジェームス・メイソン(農場主)、ペリー・キング(ハモンド)、スーザン・ジョージ(ブランチ)、そしてケン・ノートンらのしっかりとした俳優陣を使って製作した大作映画ではあります。

画像


 当時は大ヒットしたにもかかわらず、長い間に渡って、DVD化されていなかったのは差別用語と差別発言があまりにも多いので、パラマウントがリリースするのに二の足を踏んでいたからだと言われています。

 ちなみに上のDVDのジャケットではジェームズ・メイソンが黒人の子どものお腹に足を乗せています。理由は持病のリューマチを治すのには自分の足を“動物”のお腹に乗せておくと病気が動物に移るという迷信を信じた彼が奴隷の子供に足を乗せているというシーンから取られています。

画像


 また公開当時から批評家にさんざん叩かれて、見せ物映画のレッテルを貼られてしまったが、歴代最低映画のワースト10にも常にランクインするなどの話題性もあるので、怖いもの見たさもあり、ついにリリースされたということなのでしょうか。

 ただ拝金主義で問題も多いハリウッドではありますが、こういう問題作を隠さずに見る者の判断に委ねるところがわが国とは違います。

 この映画で彼が描いたのはアメリカの超ヒット大河ドラマとして名高い『ルーツ』での欺瞞への反発からだったのでしょうか。それとも映画化するに際し、誰も引き受けなかったために職人監督の彼が手がけただけというのが真相だろうか。

画像


 製作もディノ・デ・ラウレンティスで、彼もネオリアリズムの傑作である『道』『カビリアの夜』やヌーヴェルヴァーグの代表作『気狂いピエロ』に出資するなど、ちょくちょく顔を出してくる独立系名物プロデューサーのひとりでした。

 今回この作品を取り上げたきっかけはCS放送のフーディーズTVを見ていたときに、チャーミングで可愛いラテン系のお姉ちゃんがやっている一本の料理番組でした。

画像


 何気なく放送を見ていたところ、画面のクレジットに彼女の名前が入り、その表記にジャーダ・デ・ラウレンティスとあったのです。まさかとは思いましたが、気になっていたので次の日の放送を冒頭からチェックしていると、彼女はあのディノ・デ・ラウレンティスの孫娘であることが判明しました。

 彼にこんなにチャーミングな孫娘がいたことに驚きました。すでに彼女は結婚していて、ホーム・パーティ用の料理を作るときなどは旦那さんや親戚たちが一緒にそろい、楽しそうに番組を進めていきます。

画像


 普段はなんとも思わないであろう料理番組がぐっと身近に感じました。彼女が作る料理は当然ながらイタリアンで、主に家庭料理を扱っているので、見ていて楽しめます。

 かなりずれましたので本題に戻ります。『ルーツ』では放送倫理規制、いわゆるヘイズ・コードで巧妙に隠されてしまい、明らかにせずに避けて通っていたアメリカの恥部である奴隷の歴史の闇のディティールを描いたのが『マンディンゴ』でした。

 『ルーツ』でもクンタキンテの苦難に満ちた壮絶な人生がセンセーショナルに取り上げられ、わが国でも放送されていました。ただこのドラマではクンタキンテの家庭の温かさ(キジーの髪の毛を撫でたりする。)だったり、登場人物も良い人の比率が多かったりと綺麗ごとで塗り固められている側面がある。

画像


 しかし物事の本質をえぐり出そうという映画製作姿勢で知られていたフライシャー監督が通り一遍に作品を送り出すわけはない。彼はそういった綺麗ごとを排し、厳しく、そして皮肉たっぷりの映画を製作する。

 この映画のポスターを見れば、それは一目瞭然で、それはまさに『風と共に去りぬ』を笑い飛ばすブラック・ユーモアに満ちているし、彼が何を批判したかったのかが分かる。

 名画と呼ばれる『風と共に去りぬ』はたしかに歴史的に価値のある傑作であり、ハリウッド映画最大のアイコンでもありますが、見る人が見れば、怒りがこみ上げる作品でもあるという証明がこのポスターなのでしょう。

画像


 俺は生まれた この時代に
 
 自由の無い この時代に 自由が欲しくても 手が届かない 

 自分のものは この心だけ そうとも俺のものは心だけ

 幸せがどういうものか 知りもしない 

 分からないよ 誰を責めるべきか

                     『Born in This Time』

画像



 作品中、この哀しい歌詞で歌われるブルース・ナンバーはオープニング、クライマックス前、そしてエンディングの合計3回歌われる。この歌はとても印象的ではあります。ただこの曲よりもモーリス・ジャールが付けたこの映画のサウンドが異様で、のどかな古き良き時代を思い出させるようなクラシック調の調べの数々がとても気持ち悪い。

 おそらく対位法の効果を狙い、見る者にその異様な光景を印象つけようということなのでしょうが、『アルプス一万尺?』をヴァイオリンで弾かせているのに合わせて、手かせと首かせを付けられた奴隷たちを行進させたりするので、長閑な音楽の流れるところには異様なシーンが続いていくことが多い。

 フライシャー監督とディノ・デ・ラウレンティスは人身売買の被害者である黒人奴隷の悲惨さ、しかも奴隷の男女をかけ合わせて、新たな奴隷を作り出す奴隷牧場という悪魔のシステムをはじめて商業映画で暴き出しました。作品は人を人と思わない、傲慢で無知な鬼畜の所業の数々とそういった人種差別をしながら、キリストに祈るという滑稽なほど間抜けな南部白人たちのおぞましきエピソードの連続です。

画像


 黒人をまず人間とは認めていませんので、彼らの面倒を診るのは獣医ということにまずは驚かされる。まるで『ドクター・モローの島』のようです。ドクター・モローも人種差別の寓話として見ていましたので、間接的には奴隷牧場を描いていた作品はあります。

 しかしこの作品では白人たちが真正面から見たくないものと向き合わされる。白人男と黒人女、白人女と黒人男という異人種のあいだの性交(もちろん主導権は白人側が握っている。)が何度も描かれていて、人種差別の滑稽さが浮き彫りになる。

 黒人たちは白人の性欲を処理する道具でしかなく、人格は認められていないのです。そのため父親は白人なのに、奴隷に産ませた子供を平気で奴隷として売りだそうとします。

画像


 また閉鎖的な白人社会内では、つまりキリスト教圏だけではなく、多くの宗教では近親相姦がタブーであるはずなのに、実際には行われている。スーザン・ジョージは実の兄に犯され、処女を奪われる。この兄は変態で、SM趣味を持ち、黒人少女たちを犯すときも後ろ手にして、ベルトを外し、鞭のように叩き続ける。

 当時の倫理観は白人同士にしか通用しなかったようですが、たとえ異人種間の不義密通であろうとも、産まれたばかりの乳児を獣と呼び、父親自らが始末するシーンなどは正視に耐えません。

 さらに父親(ペリー・キング)は自分の蛮行にはまったく良心の呵責も感じていないものの、欲求不満の妻が腹いせにマンディンゴの男(ケン・ノートン)と不義密通した結果、生まれた黒い赤ん坊を殺し、妻を毒殺し、さらに相手であるマンディンゴを釜茹でにし、干草を摘むピッチ・フォークで突き刺して殺害する。

画像


 逃亡した上、白人一家を皆殺しにして反乱を起こした奴隷リーダーに対する見せしめのリンチも描かれていて、ビリー・ホリデイが彼女の代表曲である『奇妙な果実』で歌った状況が映画にも出てきます。これら以外にも、支配者である白人たちの様々な愚劣な恥部を白日の下にさらけ出していく。

 クライマックスのひとつに黒人同士を戦わせて、殺し合いをさせるパンクラチオンのような、現代風に言えば、バーリ・トゥードのような見せ物に白人たちが狂喜するシーンがある。まあ、ケン・ノートンはモハメド・アリとも戦ったことのあるトップ・クラスのボクサーでしたので、彼にとっても見せ場でもあります。

 ただこのシーンも皮肉っぽく見ていくと、ボクシングという世界も黒人同士が殴り合いをするのを白人たちが興奮して楽しむという構図がまったく変わっていないことに気づかされる。

画像


 作品を見ていくと白人のほとんどすべては救いようのない愚か者として描かれ、黒人たちのほうが高い人間性と知性を感じさせてくれる。どちらがレベルが低いかは明らかで、キリスト教も南部では違う解釈で広まったのかと思わせる。

 衝撃度は見せ物映画として悪名高いトッド・ブラウニングの『フリークス 怪物團』よりもある意味、強烈な作品でした。最低映画として語り継がれる『プラン9・フロム・アウタースペース』『ピンク・フラミンゴ』『エアポート80』などと並んでしまうほどの作品なので、アメリカ人はよほど見たくないのでしょう。

画像


 ぼくがこれを見たのは高校生か大学生の頃の夕方のテレビ放送で、ガニメデを処刑するときの釜茹でのシーンなどの衝撃的な内容は今でも記憶に残っています。

 こうした作品を見るといつも思うのですが、最近は差別を回避して隠蔽する傾向が強いので、こういう作品は製作されにくいでしょうし、放送もないでしょう。しかし、こういうことがあったこと、隠蔽しようという意図は常にあることを忘れてはならないと思います。

画像


 ちなみにマンディンゴとはアフリカのマリ帝国に住んでいた黒人種族であり、もっとも力強く美しいとして、非常に高価な値段で取り引きされていたそうです。まるで競馬のサラブレッドや血統書つきのペットを買っているようで、吐き気がします。

 南北戦争でもし南軍が勝利していたならば、という想像をすると かなり恐ろしい。奴隷解放が百年以上も先延ばしになっていたかもしれません。

 見せ物映画という括りで判断してしまうと、狭い物の見方に陥る可能性がありますが、グイグイと引き込まれる力強さは他の映画には見られない。これを見終わった後に思うのは昔の映画って、良い悪いや好き嫌いは別にして、作り手の強い思いがビシビシと伝わってきたなあということです。

画像


 そういう映画を地上波で見れたのはぼくら40代の世代まででしょうから、映画の神に感謝しなければならないのでしょうね。なんでもかんでも規制したがるのはそのことで自分がその作品を闇に葬ったという間違った優越感もあるんじゃないだろうか。

 まあ、その作品で傷つくという人がいるのなら、当然配慮しなければならないとは思いますので、18禁にするなどの対応をすれば、十分ではないだろうか。

総合評価 85点


マンディンゴ [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2011-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マンディンゴ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



悪い種子 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-10-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪い種子 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



追想 [DVD]
キングレコード
2011-09-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 追想 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



トラウマ映画館
集英社
町山 智浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トラウマ映画館 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アクセス・ランキング』はじめてですが、12年間での集計です。
 2005年にブログをはじめてから、いつの間にか10年以上が経ちました。先日、よく遊びに来ていただいているさすらいの映画人様とのお話の中で、アクセスについて触れることがあり、今回の記事を思いつきました。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2017/06/08 01:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
これねぇ、例のほら町山君の「トララマ映画館」読んで、実は購入したんです。したものの、まだ観れずにいます。用心棒さんの記事でウォーミングアップして近々にでも絶対観なければ…と思っているシュエットです(笑)
シュエット
2011/11/07 15:26
 ぼくも彼の本を読んで、この映画のことを思い出し、ついつい買っちゃいました(笑)

 しかしながら、アマゾンから届いた次の日に、近所のGEOに行ったら、普通に旧作の新入荷コーナーに並んでいてかなりショックでした(泣)

 まあ、観る価値はありますよ。ついでですが本日、例の町田さんの本にもあった『裸のジャングル』のVHSを手に入れましたので、近々記事にしてみますね!

 ではまた!
用心棒
2011/11/07 18:08
用心棒さん、こんばんは。
この作品はリアル・タイムで映画館で観た記憶があります。
たぶん、併映されていた作品が本命だったと思うのですが、覚えていないんですよね。
さて、この作品は、そうとう過激な内容のようですが、全く記憶になく、公開当時も特に話題にもならず、普通に公開され、それなりに普通に興業されていたように思います。
公開されたのは、わたしが中学生のときなんですが、それにしても、全然覚えていません????
ただ、ケン・ノートンが出演していたことだけが記憶に残っていますよ。
内容からいっても、かなりショッキングな印象が残るはずなんですがね???
では、また。
トム(Tom5k)
2012/04/17 21:12
 トムさん、こんばんは!

不思議ですねえ。けっこう強烈な作品で、高校生のときにテレビ放送されていたのを見て、かなりショックを受けたのを覚えています。

ノートンが俳優として無難にこなしていたのを見たときに、外国のスポーツマンは何でも出来て凄いなあという印象がありました。

PS 『蛇娘と白髪魔』を探し出し、二回ほど見ました。いま記事を書いている最中ですので、もうしばらくお待ちください。

ではまた!
用心棒
2012/04/18 00:26
キンタじゃなくてクンタです
ワオ
2013/09/29 01:55
 訂正しておきますね。
用心棒
2013/09/29 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マンディンゴ』(1975)アメリカのタブー“奴隷牧場”を暴いた問題作!『ルーツ』の裏側を知れ! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる