良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジョーズ』(1975)誰もが知ってるあのテーマ。音楽とジョーズ目線の映像が秀逸!

<<   作成日時 : 2011/02/25 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

 みなさんはスティーヴン・スピルバーグ監督作品中で、一番好きで思い出に残っているのはどの映画だろうか。一番良く出来ている映画ではなく、一番売れた映画でもない。もっとも楽しく、しかも何度も繰り返し見た映画です。

 楽しくという括りをつけるだけで『シンドラーのリスト』『アミスタッド』『カラー・パープル』『太陽の帝国』は外れてしまう。良い映画ではあるし、綺麗な映像をたくさん見ることが出来ますが、楽しいという印象はない。とは言いながら、上記の作品は高校生や大学生、そして社会人になってから劇場まで観に行った作品群ではあります。

画像


 『カラー・パープル』のマキタタの歌などは今でも覚えていますし、『太陽の帝国』での夕暮れ時のシーンで、少年の敬礼に対する返礼をする若い兵隊たちの凛とした様子などは大変美しく、観てからもう20年以上は経っていますが、しっかりと目に焼きついております。良い映画は目に沁みますので、これらは良い映画なのでしょう。

 スピルバーグ監督は上記の映画のように、どんどん大作主義になっていったので、それに相応しいような深刻なテーマが多くなっている。しかし、それは昔からのスピルバーグ監督作品を観てきた40代以上の映画ファンからすると痛し痒しであり、もろ手を挙げて歓迎する状況ではありません。

画像


 ぼくが好きなのは『激突!』『未知との遭遇』『ジョーズ』『1941』『ジュラシック・パーク』であり、名作とは呼ばれてはいるけれども、『ET』には今でも馴染めない。

 多くの映画ファンが普通に楽しめるような高水準の娯楽作品をコンスタントに供給出来る監督が数少ない中では彼の才能を深刻な大作だけに使うのはもったいない。

画像


 『ジョーズ』は公開当時から話題の映画で、あちこちの電柱にポスターが貼ってあったのを覚えています。しかしながら、当時は劇場まで観に行くことは出来ませんでした。実際に全編をはじめて見たのは小学校の高学年だったと記憶しています。その夏の海水浴がとても怖かったのも覚えています。

 話は脱線しますが、ぼくは学生時代に長崎に住んでいて、夏休みになると海にみんなで泳ぎに行っていました。たしか中二くらいのときに沖合いまで泳いで行った帰りに、ふと後ろを見ると、どこかで見覚えのある三角のヤツ(背びれ)が三つ、10mほど後ろから付いて来るのが見えました。

 ぼくらは4人で泳いでいましたが、だれかが「うわあ!サメが来よる!」と叫んだので、みんながパニックになり、われ先に泳いで逃げようとしました。するとぼくらを追いかけてきたように見えた三角のヤツらは急に向きを変え、逸れていきました。そしてヤツラはピョンとジャンプしました。

画像


 かれらはサメではなく、イルカだったのです。正体に気づいたぼくらは一気に脱力し、のんびりと泳いで海岸まで行きましたが、本当に人騒がせなヤツラでした。

 話を戻しますが、さっきの話のように海は見えないのと自由に動けないという二点において、夜よりも恐ろしい。魚から見れば、素早く自由に泳げない我々人間は赤ん坊と同じであろう。ジョーズは怖い映画ですが、なぜ怖いかとよくよく考えてみると、それは彼奴めがなかなか姿を現さないということに尽きます。

 冒頭から、伏線を上手く引き、最初は定番の夜の犯行からスタートしていく。犠牲者のバラバラの死体だけを見せて、怪物の姿は一切見せない。サスペンス要素を引っ張るだけ引っ張って、遂にその全体を現すまで、実に80分近くを費やす。いきなり出てくるのではなく、鰭だけとか、前頭部だけとか、顔全体とかを小出しに姿を晒し、観客にその全貌を想像させ、恐怖を増してゆく。

画像


 そして80分経った頃に捕獲船の周りを泳がせて、全貌を現し、その大きさが8m以上もあることを知らしめる。ここは最大の見せ場でもあるのだが、この瞬間から海洋サスペンス・ホラーから動物パニックのスペクタクルな映画に変わる。大鮫との戦いにシフトしていくのであるが、映画としての興味は薄れていってしまう。

 まあ、ビーチをパニックに陥れるヤツは当然恐ろしいのですが、ヤツが現れた時に女・子どもを差し置いて、しかも子どもたちのゴム・ボートを奪い、われ先に逃げようとする野郎どもの様子もまた恐ろしい。海岸では踏み倒された高齢者や蹴飛ばされている子どもたちの姿が描かれている。人間性は咄嗟の時やピンチのときに表れるものですが、この映画の中にもさり気なく、しかもしっかりと示される。

 最近の軟派な描写ばかりの満足できない映画しか製作できない現状は嘆かわしいが、ギリギリの表現を使って、ゴチャゴチャ訴訟を起こされるよりは中途半端な画で誤魔化す方がリスクが少ないのであろう。

画像


 視点の使い方も素晴らしく、ジョーズ目線を巧みに使って、観客の恐怖を倍増させるアイデアはスピルバーグ監督の演出の上手さでしょう。ここまでのハラハラがこの映画の醍醐味であり、監督の卓越したセンスがよく出ている部分です。

 フリッツ・ラング監督の『M』を見たときに、真っ先に思い出したのが『ジョーズ』でした。見た順番は反対でしたが、どちらも見せない怖さを突き詰めて表現した傑作です。

 また両方とも音による恐怖の演出に優れた作品でもあります。お馴染みのジョン・ウィリアムズの『ジョーズのテーマ』は映画史に残るサントラであるだけではなく、テレビなどでも頻繁に使用されています。

 また『M』はサイコ・ホラーの代表的な作品ですが、デュッセルドルフの殺人鬼を演じた怪優・ピーター・ローレが吹く口笛は風船と共にモノクロ画面が作り出す薄気味悪さとマッチしていて非常に印象的でした。

 『ジョーズ』では夜の代わりに海を使い、さらに明るい西海岸の燦々と太陽が照りつける中で、ショッキングなシーンを次々に紡ぎ出している。ジョーズで恐ろしい描写としてはジョーズ視点で海の底から人間の足を見つけ出し、気に入った足に噛み付く視点が非常に気味が悪い。

画像


 いかに人間が海上では無防備であり、地球を制したと思っていても、それは所詮陸上でのことでしかないことを皮肉に語る。全編を通して、人間への皮肉な視点は常に存在する。それは鮫対人間だけではなく、地元民対よそ者という部分においてです。

 ニューヨークからビーチのある町に赴任してきた署長に対し、地元の有力者は非協力的で、通常の生活化においては彼の意思はまったく通らない。彼の能力が発揮されるのは非日常の事態が起こったときのみである。

 一般の会社でもそうですが、普段はエリートコースの者が優遇されるが、突発事態が起こったときには駆り出されるのは現場で地べたに這いつくばって働いている出世コースから外れた者になる。かりに彼らが失敗しても彼らのせいに出来るからであろう。

 もっとも恐ろしいシーンを真っ昼間に持ってくるのは異化作用としても効果的でした。最後の退治シークエンスが呆気ないという声もあるでしょうが、案外凄まじい恐怖を切り抜けた後というのはあんな感じになるのではないか。

画像


 日常生活に訪れるさまざまなピンチもだいたい過ぎてしまえば、のほほんと何となく終わっていくものです。最初に『ジョーズ』を見てから、十数年経ってから、アメリカのロサンゼルスのユニバーサル・スタジオで彼の姿をアトラクションで見かけたときにはとうとう彼もキングコングとともに見せ物小屋行きになってしまったのかとガッカリしました。

 なにはともあれ、この作品は『激突!』『ゴッド・ファーザー』『地獄の黙示録』などとともにシネフィル・イマジカなどのスカパー映画チャンネルで放送していていれば、ついつい見てしまう作品のひとつです。何度も見ているし、最初から最後まで、どうなるのか百も承知ですが、見てしまいます。そういうのが本当に良い映画なのかもしれない。

 この映画が今でも愛されているのは当時、ショッキングだっただけではなく、特撮部分以外の人間ドラマがしっかりと描かれていたからこそではないでしょうか。捕獲船船長が熱く語る様子は生々しいし、血と汗の臭いがする。出てくる男たちはみなそれぞれに男らしく、キャラクターもしっかりとしていて、ぶれずに分かりやすい。

 テーマが高尚だったり、人道的なものも確かに良いのでしょうが、ぼくはやっぱり『ジョーズ』や『ジュラシック・パーク』を作ってくれる彼が好きなのです。

総合評価 90点



JAWS/ジョーズ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント
2009-07-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by JAWS/ジョーズ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『JAWS/ジョーズ』(1975)
海水浴シーズン到来を間近に控えた海辺の町で、一人の女性が行方不明となり、やがて無残な死体となって打ち上げられた。赴任してまだ日が浅い警察署長のブロディは人食い鮫と判断し海岸を閉鎖しようとするが、貴重な観光財源を失うことを恐れた市長の猛反発に遭ってしまう。 だが第二、第三の犠牲者が出てしまい、責任を感じたブロディは市長を説得、海洋学者のフーパー、鮫狩りの達人クイントと共に沖合へと船出してゆく――。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/10/20 23:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
本作は本当に何度も鑑賞しています。
仰る通りで、音楽とあの海面すれすれのアングル、とてもスリリングで、そして恐怖を感じます。
ロイ・シャイダーや船長と学者達の描き方もなかなかいい。私はパニック映画に分類していますが、傑作ですね。
それと、「太陽の帝国」は好きな作品で、劇場だけで3回鑑賞しましたが、当時は賞狙いとも言われ、この手の作品を撮り続けましたが、やはり私も彼の娯楽作品の方がすきですね。
イエローストーン
2011/04/17 09:43
 こんばんは!

 ジョーズ・シリーズはそのあと何本も製作されましたし、鮫映画も星の数ほどありますが、これと同レベルのモノは一本もありませんでした。

 このあと類似の海洋パニック物や動物物では『オルカ』『ピラニア』『アリゲーター』などを覚えています。

>3回鑑賞
 おおっ!3回はすごいですね。夕暮れ時のシーンがけっこう多く、綺麗な映画でしたね。たしか『ラスト・エンペラー』がその年の三月公開で、この映画がゴールデン・ウィーク公開だったような気がします。

 どちらも第二次大戦や日中戦争が中心になる映画でした。そういえばジョン・ローンって、今は何やっているんでしょうね。
用心棒
2011/04/18 01:21
用心棒さん、こんにちは。
わたしは、小6のときに映画好きの父親と見に行きました。
怖かったですね。当時の客入りも異常なほど多入りだったと思います。
わたしとしては、この作品の後のスピルバーグ作品は、どうも???何故か、ぬるく感じてしまう!
直接監督したものは、『未知との遭遇』『ジョーズ』『1941』『ET』『トワイライトゾーン』『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド』『フック』などを劇場鑑賞しており、いつも『ジョーズ』を超えているか否かの視点で鑑賞するのですが、なかなか、あの驚きを超える作品と思えるものには出会っていません。
それにしても、ローバト・ショーのラストは、本当にトラウマになってしまいましたよ。残酷な場面でしたね。わたしは、あんな残酷なシーンを描写・展開させる才能において、彼が映画作家として超一流だと思うわけです。
では、また。
トム(Tom5k)
2011/05/22 10:47
こんばんは!
>ローバト・ショーのラスト
たしかにあれは恐いですね。最初に見てから30年以上も経っていますが、船を徐々に破壊していき、あの大口を開けて飲み込む場面は迫力がありましたし、身体を引きちぎられていく瞬間は恐ろしかったですね。

つい最近、二匹目のドジョウ狙いの『ピラニア』も見ましたが、レベルが違いますね。

>スピルバーグ
出来るのにやらないのか、やろうと思っても周りがやらせないのかは分かりませんが、持っている才能の7割くらいで仕事している感がありますね。

もう地位もあるし、そろそろ本能のままに一本作って欲しいですね。

ではまた!
用心棒
2011/05/22 19:30
はじめまして。
中1まで、年に1,2回スター・ウォーズ4,5,6を観る他は映画なんてほとんど興味なかった私でしたが、中2の夏休みにジョーズをなんとなくレンタルした結果、世界が変わってしまいました。まさしく鮫のように、私をくわえて映画の海に沈めてくれた作品です。
これを観なければ夏が始まりません。
何度観ても、壊れたボートの底からベン・ガードナーの死体が出てくる所は飛び上がるほどびっくりします。
それと、エンディングの遠景で浜が映るところ、2人が無事に上陸しているのに気付いたのはずいぶん回数を重ねた後でした。もっとしっかり観なきゃあだめですね。
イル
2012/02/14 23:50
 イルさん、こんばんは。
>スターウォーズ4,5,6
お仲間ですね(笑)ぼくも大好きなシリーズで、エピソード4(むかしは普通にスターウォーズでしたが、いつの頃からか4となり、副題も“新たなる希望”になっていました。)から6は各々数十回は見ています。

『帝国の逆襲』で賞金稼ぎ6人衆(ボバ・フェット、デンガー、4ROM、IG-88、ボスク、ザッカス)が出てきますが、ほんの一瞬なので、DVDやビデオで何度もストップして隅々まで見ていました。

スピルバーグやルーカスって、細部にもこだわっていますので、見れば見るほどに新たな発見があって、楽しいですね。

ではまた!
用心棒
2012/02/15 00:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ジョーズ』(1975)誰もが知ってるあのテーマ。音楽とジョーズ目線の映像が秀逸! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる