良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マジすか学園』(2010)映画ではなくドラマです。バカにできない面白さでした。劇場版もアリかも。

<<   作成日時 : 2010/11/08 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 4

 スカパー!系のチャンネルにファミリー劇場という局があります。大昔の「ドリフ大爆笑」シリーズ、『だいじょうぶだあ!』(某出演者の度重なる不祥事のせいで、何度も放送中止になっている悲しいお笑い番組。)、『キャッツ・アイ』、『スラムダンク』、『ウルトラマン』、『太陽にほえろ!』など局の枠を超えたバラエティーに富んだラインナップなので、仕事から帰ってきた後やお休みの日に結構見ています。

 地上波を見ているとどうしてもなんというかヌルさというか、あちこちに配慮した挙句に何が言いたいのかさっぱり分からないドラマが多く、見ていても集中が続かないものが多い。スポンサーのご意向やら、クレーマーにビクビクするせいで、つまらない番組が増えてしまっている。

 
画像


 そんな中にAKB48が出演している番組が二つありまして、ひとつはメンバーがいろいろなチャレンジ企画に振り回されるネ申テレビ(神ではなく、“ねもうす”と読みます。)、もう一つが学園ドラマとなる『マジすか学園』です。もともとはテレビ東京系で放送されていたのでCS用番組というわけではありませんが、ヤンキーを扱っているので、オーバーですが、けっこう際どい内容ではあります。

 見ていただくと分かりますが、秋元康脚本ということもあり、このドラマの壊れっぷりやどす黒い描写はかなり楽しめます。しかもそれを演ずるのがわざわざそんなことをしなくても十分に人気のあるアイドル集団なのです。コミカルな中にも真面目に取り組んでいるのが分かるので多少の拙さは熱意でカバーできています。

画像


 主役と助演を務めるのは人気投票(総選挙)2位の前田敦子と1位の大島優子で、かなり違った性格のキャラクターに描かれていて、陰性の前田、陽性の大島という感じです。大島は不治の病に犯されているという設定なので、学園ドラマにもかかわらず、彼女の芝居はほとんどが病院の中でのものでした。

画像


 一方、主役の前田はダークな過去を持つ設定なので、ほとんど笑顔はなく、無口なために、台詞もかなり少なくなっている。笑えるのは彼女がマジ・モードになるときにメガネを取るというシーンが毎回出てくるのですが、それがウルトラ・アイをつけるウルトラセブンと逆になっていて、セブンはメガネをつけると変身しますが、前田はメガネを取ると変身する(何かに化けるわけではありません)のが毎回楽しめます。

 最初はアイドルが主演している、しょうもない番組なんだろうなあと思い、スルーしていたのですが、ある時に何気なく一挙放送を見ていると、見事にハマってしまい、気がつくと全話見ていました。決め手となったのは何だったのだろうかと思い巡らしましたが、おそらく物語が進めば進むほど、よりダークな心理面についての話が増えてくるからでしょうか。

画像


 他に、なぜ見れたのだろうと考えたら、多分彼女たちが上手くはないけど一生懸命に頑張っていたからだろうという結論に達しました。もともとキョンキョンや聖子らのアイドルは好きだったこともありますが、おニャン子クラブにはあまり魅力を感じませんでした。

 一方、AKBは歌にしろ、ダンスにしろ、おニャン子よりも圧倒的にレベルが高い。プロデューサーは同じ秋元康ですが、コンセプトが“会いに行けるアイドル”というとおりで、より身近であることからも根本的に売り方やキャラクターの質が違うのかもしれない。

画像


 秋元康については楽曲もかつての勢いを取り戻してきています。モーニング娘。で大金をつかんだつんく♂が誰の目にも才能の枯渇を感じさせるため、余計に秋元康の復活が目覚ましく思える。AKB48だけでもあまり詳しくはないぼくでも『会いたかった』『RIVER』『ポニーテールとシュシュ』『桜の栞』『へビー・ローテーション』『Beginner』などは知っていますので、20代以下ならばかなりの曲を知っているのでしょう。 

 それはともかく、『マジすか学園』は昭和テイストと平成テイストをミックスさせた不良女子校ドラマでありますが、コミカルな部分が多いですし、目くじら立てずに見る分にはかなり楽しめるでしょう。絶頂期のアイドルは必ず主演映画を撮ってきましたので、そろそろ彼女たちの作品も作られるでしょう。

画像


 そのときにはもしかすると企画にこの『マジすか学園』が上がってくるかもしれません。学芸会の延長だと最初から断りのテロップを流しているのもかえって潔い。前田敦子と大島優子をメインにほぼ全メンバーが出ていたようですので、さらに内容をより過激にして、各キャラクターをきちんと描き分けてから、R-15はさすがに回避するにしても、PG12程度のところまでの際どさで製作したならば、かなりの集客が見込めるのではないだろうか。

 かつてのモー娘。人気のころよりも彼女たちの方が人気はあるようですし、このCDが売りにくい状況の中でもシングルで100万枚近いセールスを叩き出すわけですから、色眼鏡で見ずにきちんと評価すべきでしょう。

画像


 ドラマで活躍が目覚しいのはファン投票一位と二位で主役でもある前田・大島コンビが当然露出は多いのですが、じつはMVPといえるのは第三位の篠田麻里子で、彼女はゴージャスで圧倒的な存在感を持っています。フィジカル的に彼女は大きく、他のメンバーよりも10cm以上は高いので、第9話から第10話の格闘シーンでも強そうに見えます。

 また第五位の渡辺麻友も身体は小さいのですが、自分の立ち位置や個性を分かっているようで、地味ながら印象に残っています。多くのメンバーがいるグループの中で自分の個性を押し出すのは大変ですが、彼女はなかなかの演技力を示しています。

 そのほかに良い味を出しているのはヒール役で壊れた少女を演じた松井玲奈、前田に秒殺される板野友美、前田に惚れる宮澤、前田のクラスメイト役のチーム・ホルモン(指原・高城・北原・小森・仁藤)も後半になってくると見分けがつくようになりました。

画像


<前田対戦成績>

1 前田○対チーム・ホルモン(指原・高城・北原・小森・仁藤)●(どつきまわして秒殺)
2 前田○対歌舞伎シスターズ(河西・倉持)●(手刀一閃)
3 前田○対学ラン(宮澤)●(1インチ・パンチ)
4 前田○対山椒姉妹(多田・宮崎・奥)●(ヒザ蹴り・かかと落とし)
5 前田○対彫刻(秋元)●(合気道系の投げ)
6 前田○対シブヤ(板野)●(頭突き)
7 前田○対ゲキカラ(松井玲奈)●(マウント攻撃)
8 前田○対トリゴヤ(小嶋)●(マウント攻撃)
9 前田&篠田○対矢場久根グループ●(打撃による総長KO)
10 前田○対サド(篠田)●(クロス・カウンター)
11 前田●対大島○(エキシビション・マッチ)
12 前田△対松井△(宣戦布告)

 「前田〜!」「マエダ〜!」と連呼されるので、ぼくは途中から前田日明を思い出してしまいました。そのため上記のような対戦表を書いてしまいました。ちなみに彼女の元タッグ・パートナーは高橋みなみでしたが、彼女の名前が高田ならば、UWFファンはさらに身近に感じたことでしょう。 

 グループ卒業後もテレビで活躍しているのは今のところは大島麻衣くらいですが、現役メンバーのなかでも人気のある大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、宮澤佐江、高橋みなみ、渡辺麻友、秋元才加、小嶋陽菜などはなんらかの形で残っていけるのではないかと思っています。

 実際、メンバーの何人かはドラマに進出してきてますし、バラエティにも徐々に出てきています。ぼくらでも見るようになってきているくらいですから、若い子達はもっとよく知っているのでしょう。ネ申テレビなどを見ていると、けっこう真剣に仕事やテレビ番組の構成などを考えている彼女たちを見ることが出来ます。


AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)
東宝
2010-05-28

ユーザレビュー:
サドに惚れました。私 ...
世の中マジしかねぇん ...
惜しい学芸会の延長み ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



桜の栞(A)(DVD付)
キングレコード
2010-02-17
AKB48

ユーザレビュー:
マジッスカロックンロ ...
自分は好きです。皆さ ...
…曲が薄っぺら…桜の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桜の栞(A)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



AKB48 ネ申テレビ シーズン3 【3枚組BOX】 [DVD]
東北新社
2010-03-05

ユーザレビュー:
RIVERという楽曲 ...
やはり!シーズン2で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AKB48 ネ申テレビ シーズン3 【3枚組BOX】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Beginner(A)(DVD付)
キングレコード
2010-10-27
AKB48

ユーザレビュー:
いい曲私はほとんどA ...
Beginner レ ...
PV以外は文句なし過 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Beginner(A)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後…』(2011)
 正式タイトルは『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』という作品です。非常に長い題名のため、タイトル欄に最後まで入れることが出来ませんでした。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2011/01/26 19:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
めっちゃっ!怖可愛\b とにかく、あっちゃん 可愛かったbでも、私の一番は、たかみな ですbbチョー大好きユだからAKB48が大好きなので毎日マジすか学園見るたびに録画しています!1日に4回ぐらい繰り返して見ていますaabb
AKB48
最高ユユユユ
ぶん
2011/02/19 20:43
 ぶんさん、こんにちは!

 たかみなさんはどうしても亡くなっている設定だったので、出番やからみも少なかったのが残念でしたね。

 グループ自体は彼女の存在があるおかげで成り立っている部分が多いですね。お正月のNHKの特番や映画では特に感じました。

 あっちゃんは転校する前の髪型の方が可愛らしかったように見えました。

 そろそろ何人かは卒業するのでしょうが、頑張って欲しいですね。

 ではまた!
用心棒
2011/02/21 16:15
用心棒さん、ゴジラを楽しみにされている時に何度も本当に申し訳ないのですが、あまりにはまってしまって、オカピーさんのところにも行けず、また、コメントに来てしまいました。
いま、強烈なインパクトになってしまった松井玲奈に夢中です。「ゲキカラ」オタクと言っていい状態ですよ(まじです(笑))。
すさまじいキャラクターでした。まるでグレート・カブキとタイガー・ジェットシンを一緒にしたようなキャラクターでしたね。凄まじい演技(なのか素の彼女にも、あのような側面があるのか???)でした。とにかく、私の大好きなキャラクターです。

そしれにしても、本当に若い人の可能性は良いも悪い無限ですね。

とうとう、マジすか2まで観てしまいましたよ(笑)。
では、また。
トム(Tom5k)
2014/07/26 23:02
 こんばんは!
おおっ!

怒ってる? ですね。

 玲奈ちゃんの演技は凄かったですね。目が飛んでますし、殴られても刺されても復活してくるゾンビのような生命力と華奢な体つきのギャップが良いですね。

 ちなみにゲキカラという役名の由来は彼女が当時、番組でゲキカラ部という部活を作り、何人かを引き連れて辛口で有名なお店の看板料理を食べ尽すというコーナーがあり、お肉は苦手だけど、トウガラシやハバネロで真っ赤な野菜やスープをどんと来い!という感じで完食し、大活躍していたのから採っているようです。
 
 もうひとつ、メロンパンが好きなので、メロンパン同盟というのでは彼女が会長だそうです(笑)

 彼女はSKE48で珠理奈と並ぶエースですし、現在は乃木坂46でも活動していて、かなり多忙のようですよ。

 >マジすか2
 続編はかなり暗いですよね。ゲキカラが甘口になってしまいましたが、刺されてからは本来のゲキカラに戻っていましたね。

 ではまた!
用心棒
2014/07/28 00:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マジすか学園』(2010)映画ではなくドラマです。バカにできない面白さでした。劇場版もアリかも。 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる