良い映画を褒める会。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『イウォーク・アドベンチャー』(1984)スターウォーズ番外編!いけ!いけ!コアラ大将!

<<   作成日時 : 2010/08/13 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 前回の『スター・ウォーズエピソード3シスの復讐』でようやく全6作品に及ぶスター・ウォーズ・サーガの記事を書き終えました。しかしながらスター・ウォーズには知る人ぞ知る、裏三部作とも呼べる3作品の関連映画(この作品ももともとはテレビ用プログラム。)が存在します。

 そもそもジョージ・ルーカスはなぜスター・ウォーズの番外編製作の許可を与えるときにいつも訳の分からないキャラクターで作らせるのであろうか。伝説の一夜限りのテレビ・ショー『スターウォーズ・ホリデー・スペシャル』ではチュー・バッカの家族をフューチャーしましたが、今度は公開当時でも賛否両論あったキャラクターであるイウォークを主役に持ってきました。

画像


 ファン目線でいえば、ボバ・フェット、ヨーダ、グリード、グリーヴァス、もしくはジャバ・ザ・ハットを主役にした番外編を製作したほうが大いに盛り上がれそうなのですが、何故か彼らはお呼びでないようです。悪役の方が魅力的なスター・ウォーズなので、さまざまなサイド・ストーリーをどんどん後付けして行ってくれた方が楽しめます。

 それはともかく、ジョージ・ルーカスが自分の汚点として何とかしてキャリア・リストから消し去ろうとしていた『スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル』についてはちょっと前に記事にしましたが、残る2作品にも光を当てようと思い、昔のビデオを押し入れから引っ張り出してきました。

画像


 今回取り上げる作品名は『イウォーク・アドベンチャー』で、アメリカ本国ではテレビ用でしたが、わが国ではどうだったのだろうか。全く記憶に残っていません。一応は劇場公開されたようですが、記憶には残っていません。ビデオ・レンタル時代にはどこのビデオ屋さんでも、パッケージが色褪せたこのタイトルが一本だけ置いていました。

 しかしDVD時代に突入すると、この作品はもちろん、『エンドア魔空の妖精』もまったく見かけなくなり、比較的出来の良い『ウィロー』『ラビリンス』までも店頭から撤去されてしまいました。まあ、その代わりに『THX-1138』は比較的容易に見つけられるようになったので、文句は言えないかもしれない。

画像


 現在この作品『イウォーク・アドベンチャー』はDVD化もされているので、レンタル以外であれば比較的入手しやすい状況になっています。内容的には正直どうかなあという作品なので、マニアのニーズしかないでしょうから、一般のファンが見ても楽しめるとは言い難いので、購入の際には覚悟を決めて、楽天やAmazonでクリックするようにしてください。

 あくまでもスター・ウォーズ世界にどっぷりと浸かっているマニア用のアイテムであることを理解するべき作品でしょう。そもそもこの映画に登場しているイウォーク自体が賛否両論あるキャラクターで、『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』の時から、すでにぼくらの間では不評でした。

画像


 女の子たちは可愛いと言って、喜んではいましたが、ぼくらは馴染めませんでした。イウォークを気に留めることもなく時間は過ぎて行き、大学生になって、あちこちにレンタル屋さんが出来たとき、何気なく置いてあったこの作品を見たときには感慨深くなり、ついつい借りてしまいました。

 いつのまにこんなのが出ていたんだろうと思いましたが、あまり深くも考えずにデッキに入れてみました。出来は予想通りで、特筆すべき点はなく、時間だけが過ぎていきました。見所を無理やり探していくと何点かはあるはずだと思いつつ、見続けましたが、特にはありませんでした。

画像


 内容について語っていきますが、辛抱強い人でもおそらく30分位で、明日の仕事を考えたり、ぼおーっと画面を眺めるようになっていることでしょう。基本的に子供向けに作られていることもあり、ほとんどの字幕がひらがなとカタカナになっているのも脱力感を味わう一因です。

 ロケ地の小さな森の中で、小さなコアラ大将であるイウォークと人間の子供の兄妹が何故か協力しながら、怪獣ゴラックスを倒し、両親を救い出します。上映時間が110分もあるのは苦痛でしたが、コーヒーを飲んだり、なんとかしながらエンド・ロールまでたどり着きました。

 はるかなる銀河の彼方にはこういうつまらないエピソードしかない星系もあるんでしょうかね。

総合評価 40点

画像




スター・ウォーズ イウォーク・アドベンチャー [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2005-05-27

ユーザレビュー:
イウォークアドベンチ ...
とにかく可愛い!スタ ...
微妙な位置付けの作品 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・ウォーズ イウォーク・アドベンチャー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『イウォーク・アドベンチャー』(1984)
<スター・ウォーズ・ユニバース>の最強生物(笑)、森のクマさん大活躍の「スター・ウォーズ」番外編。 全米ではクリスマスに放送されたTV映画ですが、日本では翌年の夏休みに公開。といっても、8月の中旬から下旬まで、僅か2週間という短いものでした。 「スター・ウォーズ」本編じゃなきゃ、お客さんは呼べないと踏んだんでしょうかね。それでも今は亡き新宿はミラノ座という大劇場へ見に行った記憶がありますが、もしかすると穴埋めプログラムだったりしたのかしらん。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/09/03 21:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!映画ファンの方のブログをウロウロと
拝見して回っているsnowmanと申す者です。
どうぞよしなに。
本作は小生,本邦公開時に劇場にて観賞致しました。
1本立てだったのか2本立てだったのかは失念致し
ましたが,観たという事実は記憶に残っております。
内容に関しては御指摘の通りでありまして,登場する
兄妹にしても肝心のイウォーク族にしても魅力的には
描かれておらず,物語もまた波乱万丈とはいかず,よって
おそらく当時の劇場観賞者の方の多くは,この四半世紀
昔の作品の内容を記憶に留めていないかと存じます。
ジョージ・ルーカス氏の成功は多くの映画ファンの知る
ところではありますが,そうでないモノも確実に存在
していたということで,光と影ってヤッパリあるもの
なんですネ。
snowman
2010/09/23 18:30
 こんばんは!
ジョージ・ルーカスのおかげで、ぼくらは人生のかなり長い間を楽しませてもらいましたが、なかにはこのような影と呼んでもいい作品群も相当数あります。

まあ、それはそれで楽しめるし、お話のネタにはなりますので、良いんですけどね。

>兄妹
かれらって、たしか次の作品で呆気なく殺害されてしまったような記憶があります。

ではまた!
用心棒
2010/09/24 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『イウォーク・アドベンチャー』(1984)スターウォーズ番外編!いけ!いけ!コアラ大将! 良い映画を褒める会。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる